FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


...を開いて頂けることになりました(感涙)。

11月の公開勉強会(大阪)時、関東から来られた方たちと「もう1回、こんな風に『翻訳を学ぶ会』をやりたいですよね」と盛り上がり、その場のノリで開催日時が決まりました(小規模セミナーや勉強会の開催は、こうやってその場のノリで決まっていくのだということを学びました)。

開催日時:3月3日(日) 12時30分開場、13時開始
開催場所:東京都区内施設(別途連絡)

(現在、東京事務局の方々が、「少しでも広い施設を」(...いや、そんなに広くなくていいんですけど...)と奔走してくださっています。申込みくださった方には、別途開催場所をご連絡致します。課題に取り組んでいただく時間も必要ですので、開催場所があいまいなままの告知になりましたこと、ご容赦ください。)

詳細は、以下の告知・申込み画面をご確認ください。
1月19日(土曜日)正午(12時)から、申込みを受け付けます。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0156gy101ytip.html#detail

今回は、前回とは異なる課題を用意しました。
初回要約時に、管理人さん以外のメンバーが等しく「何これ分からへ~ん(怒OR泣)」と反応した、いわくつきの(笑)案件です。
そんなエッセイを課題にするのは自殺行為ではないかという意見もありましたが...
てことで、ワタクシたちにとっても大きな挑戦であります。

東京、というと、「管理人さんと対等に斬り合う&それを楽しむ方が多いオソロシイ場所」という印象(先入観)しかなく、果たして生きて再び大阪の地を踏むことができるのかどうか。
もう、すべてを管理人さんに委ね、ワタクシは、ひたすらホワイトボードと向き合っていようと決意を固めています。

そのホワイトボードの内容も、会場の皆さんの声によって変わってくると思います。会場の声を反映したものになるからです。前回ご参加くださったTerryさんは、それを「ライブ感」という言葉で表現してくださいました。(上の2行のあとではまったく説得力がありませんが)ひとりでも多くの方にライブにご参加いただけると嬉しいです。そうやって、全力で要約や訳文に挑んでいくという作業は、しんどいけれどきっと楽しいはず。3月初旬の、確定申告まっただ中という無慈悲な日程設定、私生活もなにかと慌ただしい時期かとは思いますが、予定を調整してご参加いただけましたら幸いです。

最後になりましたが、今回の東京での公開勉強会は、「『翻訳を勉強する会』公開勉強会 in 東京」事務局の方々のご協力なしには実現しませんでした。中心になって奔走くださる星野さん、高橋(あ)さん、その他、会場探しにご協力くださいました皆さん、当日運営をお手伝いしてくださる皆さん、本当にありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。

それでは、多数の方の(...いや、秘書的にはそんなに多数でなくていいんですけど...)ご参加、お待ちしております!!
関連記事
2019.01.15 19:31 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「大阪でもレッスン」招致事務局・とりあえず今年も「臨時」スタッフのSayoです。

セミナー開催まで2週間を切りました。

少し早いですが、ご出席の方への最終案内になります。
ご出席の方は目を通してくださるようお願いいたします。
(出席されない方は読み捨ててね)
会場をよくご存じの方は、「会場への行き方」部分は、軽く読み流してください。

*****

再掲になりますが、勉強会会場は以下のとおりです。

場所:神戸大学学友会大阪クラブ・大阪凌霜クラブ セミナールーム(大阪駅前第1ビル11階)
https://www.osaka-ryoso.com/(凌霜クラブHP)
https://www.1bld.com/floor/floor_11.html#container_inner

1 会場への行き方

JR大阪駅方面から来られるかたは、桜橋口を出てヒルトンホテルの方向を目指してください。徒歩5分弱です。
桜橋口と大阪駅前第1ビルの位置関係は下図のとおりです(地下通路もあります)。
https://www.mapion.co.jp/m2/34.70163687,135.4951046,16/poi=L27205020000000000012
(一目盛分拡大すると、「大阪駅前第1ビル」の名称が表示されます)

地下鉄四つ橋線・西梅田駅をご利用の方は、7番出口が、駅前第1ビルへの地下通路に続いています。

地下鉄御堂筋線・梅田駅をご利用の方は、南改札を出てください。
その後は、こちらにお借りした「行き方」の指示に従ってください。
https://seminar-times.com/partner/map-osaka-conference-room/midousujiumeda/
(こちらのSeminar Times様のサイトには、他の駅からの道順も記載されています。JR大阪駅からの行き方は、桜橋口ではなく、中央出口から地下通路を通る方法が記載されています。所要時間はどちらも同じくらいかと思います)

駅前第1ビルの建物の中央にエレベータが何基もありますので、11階まで上がってください。
神大クラブの倶楽部受付とセミナールームが建物の両翼に分かれる配置になっており、たまに間違って倶楽部の方にいかれる方がおられます。
セミナールームの扉に「翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識」と書いた紙を貼っておきますので、目印にしてください。
上記11階フロアマップの⑫の位置になります(ちなみに、倶楽部は⑤ですが、20日は日曜日ですのでクローズされています)

2 当日受付

受付開始は11時30分です。

今回は、QRコードで受付を行います。
申込み画面の「当日の受付方法」の説明をよく読み、事前にQRコードをご準備ください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01j9u2zyw1xp.html#accept

また、懇親会に出席される方、後述の書籍の購入申込みをされた方は、受付で代金をお支払いください。
当日資料も受付でお渡しします。

3 昼食

講義開始が12時と早い時間ため、持参した昼食をお摂りいただけるよう、11時から会場を開放します。
会場の近くにいくつか百貨店があります。会場のある駅前第1ビルの地下2階にもコンビニがあります。
(以下の地下2階フロアガイドの⑫の位置です)
https://www.1bld.com/floor/floor_b2.html#container_inner

会場にゴミ箱はありますが、食べ終えた弁当箱や包装紙等は必ずお持ち帰りください。
また、会場にはペットボトルクーラーがありますが、そちらから飲み物を出されますと、別料金が発生し、後日クラブまで支払いに来なければなりません。
お手数をお掛けして申し訳ありませんが、あらかじめ飲み物をご用意くださるようお願い致します。
コンビニの他、11階にも自販機(会場とは反対側の端になります)があります。

4 懇親会の出欠

出欠の返事がまだの方は、必ず1月12日(土曜日)22時までに、お送りしたメールに返信する形でご連絡ください。
その後に急用や体調不良でキャンセルされる方は、1月18日(金曜日)22:00までにご連絡ください。その後はキャンセル料(全額)が発生します。また、当日、急な事情で勉強会や懇親会に出席できなくなった方は、osaka-lesson@studiokoala.com までご連絡ください。懇親会を当日キャンセルされる方で、メール連絡ができないという方は、お送りしたメールに記載している携帯電話番号までご連絡ください。ご協力宜しくお願いいたします。
出席される方は、当日受付け時に参加費をお支払いください。

5 課題

翻訳フォーラム様から、出席者の方宛のメールで事前課題が出題されています。
メールにもあるとおり、提出の必要はありません。出題者の高橋講師が仰るとおり「楽しみながら」挑戦してみてください(と言っている私もやらねばならないのでした>そのうちね)。

6 書籍の頒布

西練馬さんの著書「悩み別にみる 辞書の選び方」を希望者に頒布します(詳細は課題メールに記載)。
一部取扱い書店や通信販売もあるようですが、基本的に通常ルートでの入手が困難なレア書です。
「どんなときにどんな辞書にあたればよいか」を整理したいという方は、是非この機会にお求めください。
高橋講師が西練馬さんから預かってご持参くださいます。
希望部数を把握する必要がありますので、希望者は、1月15日(火曜日)までに、指定の方法でお申込みください(若干多めにお持ちくださるとのことですが、数に限りがありますので、できるかぎり事前にお申込みいただけますようお願いいたします)。
当日受付にて代金と引換えにお渡しします。
http://lexicography101.net/erabikata/


当日は、昼食・休憩・散会(16時)後退室(16時45分頃)までの時間を利用して、できるかぎり参加者同士の交流を図っていただければと思います。

それでは、当日会場でお待ちしております。
皆さま、気をつけておこしください。
暖かい晴天のセミナー日和の天候となりますよう、祈っております。
関連記事
2019.01.08 00:23 | 大阪でもレッスン2019 | トラックバック(-) | コメント(0) |

シフト勤務の旦那が31日、1日と出勤だったので、例年にも増して「正月を迎える」感のないわが家の年末年始。
ということで、年末、少しだけ念入りに掃除し、大ものを洗濯し、「新年を迎える準備よし」としました(<そこまでいい加減でいいのか<自分)。
そのとき、実家から持ち帰った私物の最後の箱も整理しました。

そこで発掘したのが25年前の退職挨拶状。
OLの日々は自分の中で遠い昔のことだったので、平成になってから5年間も働いていたのかとびっくり(確かに「お局さま」という立ち位置にはいた)。

わたしはその挨拶状に「今後は翻訳という未知の分野で頑張っていきたい」と書いていました。

職場はよい雰囲気で居心地もよかったけれど、少し前から、仕事自体には行き詰まりを感じていました。結婚の予定はなかったけれど、かといって、そこで長く働く自分も想像できませんでした。
そんな中で始めた翻訳の勉強が思いのほか面白く、これを仕事にしたいと思うようになり、2年間収入がなくても生活できるだけの貯金を貯めたところで退職しました。平成5年(1993年)のことです。

その頃わたしは出版翻訳がやりたいと思っていました。「実務翻訳」という言葉はまだ市民権を得ておらず、そういう世界があることをよく知らなかったということもありますし、自分の名前で訳書が出るということに憧れもありました。
けれど、思い返してみれば、原文の読みも浅く、段落のつながりや文脈に思いを巡らせることはありませんでした。調べものも今とは比べものにならないほど大変だったとはいえ、言葉の選び方もおざなりで、一文一文を上手く訳せて満足していました。翻訳をなめていたと思います。

今、当時の自分と話ができるなら、「その心構えで出版翻訳なんか到底無理だから」とびしっと言ってやりたいです(今なら自信を持ってできる、ということではありません<念のため)。

結局、退職して2ヵ月後に派遣翻訳者として工場で働くことになり、その後、実務翻訳者の道を歩んできました(その後いくつもの回り道や停滞期を経たので、翻訳者としてのキャリアはもっと短いですが)。
辞めた当初の目標とは違ってしまいましたが、それでも今まで続いたのは、「必要とされている」感が心地よかったこと、好きなことをやって報酬が得られたことも大きな理由ですが、何より、英語で書かれたものを日本語らしい表現で伝えるという作業が好きだったからだと思います。翻訳を目標に退職したという選択自体は間違っていなかったかな。

25年前、わたしは、自分がどんな翻訳がしたいのかよく分かっていなかった、漠然と思い描いてはいても、少なくとも言葉にはできていなかったと思います。
今は、こまごま書けばいろいろありますが、突き詰めれば、著者の伝えたいことが読者に無理なくきちんと伝わる、そんな翻訳がしたいと、とりあえず言葉にまとめられるところまでは来ました。

25年かかったけれど、それでもここに辿り着けてよかったと、今は思っていますが、25年前のわたしに「しっかりと『自分が理想とする翻訳』を言葉にできるようになるまでに25年かかるよ」と伝えたら、いったいどんな顔をするでしょう。意外にしぶといヤツではあるので、それでも「なにくそ」と翻訳は辞めていないかもしれませんし...全然別のことをやっているかもしれません。

思いがけなく年末に過去の自分と出会い、来し方を振り返り、今思うところを再確認することができました。

同業の方、そうでない方、たくさんの方に教えられ支えられてここまで来ることができたと思います。
本当にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
2019.01.03 00:27 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

総括

十人十色・大阪編(1月6日)は、もう遙か昔、2~3年前のできごとのような気がします。それでいて、1年あっという間だったような。
変化の少ない毎日を過ごしていた私には、さまざまに「濃い」1年だったようです。

翻訳以外

実家の仏壇を処分しました(私は実家の最後の人間なのです)。
来年は、実家の売却はともかく、中身をすべて処分するところまでいければ。空家になったのが2010年1月、さすがに「ひと目に曝すのどうよ」と思われるものはほとんど処分しましたので、そろそろ業者に任せてもいいかなと思っています。
面倒くさくて先延ばしにしてきた実家の処分ですが、義父母も目に見えて老いてまいりまして、「とにかく仏壇だけは」と立ち上がった2018年、来年は「とにかく中身だけは」何とかできれば。幸い来年の翻訳フォーラムは早いうちから予定がオープンになりましたので、その時期を外すべく鋭意画策中であります。

翻訳

ジツは、11月以降、仕事が減りまして、仕事がない期間が数日続くことが2~3回ありました。12月中旬以降、多少盛り返した感がありますので、一過性のものだったかもしれませんし、そうでないかもしれません。昨今の機械翻訳化+CAT使用優遇→必須の増加(あくまでも私の扱う分野ということです)と関係あるかもしれませんし、ないかもしれません。そういうことは、これまでもあったのですが、ここ数年は(こちらからお願いした場合は別として)数日打診がないことはなかったので、少なからず不安な時間を過ごしました。不安の源は、1. 収入が減る(ウチは今基本私の収入+預金切崩しで生活しています)+2. 「自分はもう必要とされていないのかもしれない」感の2つです。どちらも同程度に辛かったですね。

これまでは、そうした徴候がみられたら、すぐに自分の希望に合いそうなところを探して新規取引先を開拓してきたのですが、今回は、すぐに行動に移すかどうか迷っているうちに時間が経過し、今に至るという感じです。義実家関連のことも理由のひとつですが、これまでは、とにかくどんな形でも必要とされたかったのですけど、今は「自分がやりたい翻訳ができるところで必要とされたい」気持ちが強く、そうなると、アプローチしたいところもなかなか少なくなってまいりまして。現状、2~3社に絞って書類準備までした段階です。今メインでお仕事を頂いているところも、それなりに面白い仕事を下さるので、しばらく様子見ですが、大事にしていきたいと思っています。

で、あくまで自分比ですが、結構、勉強したり参考書籍を読んだり(しつこいようですがあくまで自分比です<念のため)できたので、それはよかったかな。

そんな風に、11月から12月にかけて少し悶々としましたが、全体を通していえば、(社員やユーザー)教育資料、パンフレットなど、個人的に「面白い」と思うタイプの翻訳もそれなりにあり、内容としては結構充実していたと思います。また、少し別の方向にも一歩足を踏み出した年でした。こちらでの新しい出会いも大切にしたいです。

また、今年は、初めて勉強会やセミナーの運営に関わらせていただきました。1月に「十人十色・大阪編」、7月に「翻訳フォーラム・大阪でもレッスン!」、11月に自分たちの勉強会の「公開勉強会」と3つの勉強会を(事務局として)開催しました。来年も年明け早々、「翻訳フォーラム・大阪でもレッスン!その2」、3月に「公開勉強会・東京編」が控えています。春以降は、いつも何かしら細かい準備をしていたような気がします。そして分かったことは、「自分、意外に事務局に向いてるかも」ということ(一緒にやって下さっている方が、私のことをどう見ておられるかは分かりませんが)。細かくネチネチと地味に事務仕事をやっつけるの嫌いじゃないです(<そこかよ)。

もともと、(翻訳に携わる年月もそれなりに長くなりましたので<年数だけは)、ブログで情報提供する以外にも、こうして自分を育ててくれた翻訳の世界に恩返しをしたい+大阪でも東京のようなセミナーができたら、と思って始めたことでした(同時期に同じ思いの事務局メンバーがいらっしゃったことは幸運であったと思っています)。「自分が体験してよかったものを全力で呼ぶ」というのがワタクシ的基本方針でして(あくまで自分はそういう風にしたいってことです)、今後、そうしたセミナーをどれだけ体験できるか分かりません(まず出かけていく必要があるので)。状況の許すかぎり、体験し、感動し、その感動を関西の同業の方とも分かち合いたいと思っています。いつまでできるか分かりませんが。そして、その間に、この流れが途切れないよう、「セミナーを開催する」ノウハウ的なものをもう少し蓄積できればと思っています。

という感じで、なんのかの言いながら、翻訳中心の生活を送ることができた1年でした。
来年は、どうなるかは分かりませんが、朝、目を覚ましてつつがない1日を祈り、夜、平穏に翻訳に向かえたことを感謝しつつ床に就く、そんな生活を1日でも長く続けられたらと思います。

昨年末は、「来年の抱負」に、
「やりたいときにやりたいことをやる」「動くときは動く」
と書いています。
世間から見ればしょぼい内容でしたが、自分的には、いちおうどちらも達成できたかなと思います。そこは褒めてやろう>自分。

来年の抱負は特にないです。
しいていえば「よく学び、よく翻訳する」
年々テキトーになっていくような気がしますが(笑)。

こちらを読んでくださる皆さんが、穏やかに幸せに新年を迎えられますように。
そして、健康で「嬉しいこと」の多いしあわせな1年を過ごすことができますように。

来年も「屋根裏通信」をどうぞ宜しくお願いいたします。
関連記事
2018.12.29 23:07 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
この頃、勉強会やセミナーの告知や報告など、情報提供系の記事が多くなってきた。

...ちょっと偏ってるなあと思う今日この頃。

そうした記事は、確かに「伝えたいことがきちんと伝わるように書く」練習にはなっている。書き始める前に、箇条書きの形で下書きし、ストーリーを考えることも多い。
また、ちょっと迷ったら必ず、「その表現は適切か」を確認するために国語辞典、てにをは辞典、ウエブサイトなどを確認するという姿勢は、翻訳する際にも役に立っていると思う。
けれど、テーマや内容が限られてくるので、今ひとつ表現の幅が広がらないような。

...といろいろ考えていて、それは、自分が普段あまりきちんと自分の周囲の物ごとを観察していないせいもあるかもしれないと思うようになった。

わたしが「いいなあ」と思う文章を書かれる同業者の方は、みなさん、とてもバランスがとれている。
実に明解な、論理的な文章を書かれる一方で、何気ない日常を切り取り、そこから連想を広げたりもなさる。

今の自分に足りないのは、そういう、日常をきちんと観察し適切な言葉で描写し自分の考えをのせる、という訓練なのかもしれない。
訓練だけで文芸作品を書けるようにはならないけれど、自分の周りのものに向けるアンテナの感度を上げることで、考えの幅も広がり、その結果、表現の幅も広がるかもしれない(そのためにはまず、さまざまな種類の文章をインプットしなければならないけれど)。
わたしは、これまで「いろいろ考えるヒト」ではあったけれど、意識が内を向きすぎていたような気がする。そのために、興味の幅が狭くなってしまっていた。

来年は、もっと「外」にも目を向け、そこで感じたこと・考えたことも文章にしていきたい。

あ、もちろん、希望的観測です<念のため。
関連記事
2018.12.25 23:50 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |