FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

Yahoo! 災害情報

今回の震災に際し、すでに義援金詐欺にあたると思われる行為も行われているとか。
そのニュースを知った旦那がのたまいました。
「ロクな死に方しよらへんで」
ホンマやで。
Sayoさん家で鋭意呪っておきましたです。

万一、切羽詰った事情があってしたのだとしたら
(それでも十分5寸釘ものの行為だと思いますけれど)
3年後でも5年後でも10年後でもいい、
生きてゆく余裕ができた時に、
その全額+利息分+気持ちを寄付してほしい。
被災地はまだまだ復興途上にあるはず。


昨晩、旦那と久し振りの「すぽると!」を見ておりました。
旦那の帰宅が遅い我が家では、
「ZERO」を見ながら食事→「すぽると!」に移行
という流れが定番です。

その中で、サッカーの長友選手の映像が流れました。
CLのバイエルンと長友選手の所属するミラノの一戦です。
後半最後に出場した長友選手のパスが点につながります。
長友クン、嬉しくて、ハグする相手を求めて走る、走る。
(いや、実際はそうじゃなかったかもしれないですが)
・・・でも、そのへんにミラノの選手は誰もいない。
・・・ハグする相手が誰もいない。
それでも、長友クンは走る、走る。
ちょっと恥ずかしそうに、でも、一生懸命。
その一生懸命な姿がとても可愛くいとおしくて、
「誰もおらんし~」
と笑いつつ泣いてしまったSayoなのでした。

そんな風に笑ったのは、震災の一報以来初めてかもしれない。
どんな時にも笑うことは必要なんだなあと
何だかしみじみ思ったりしたのでした。

その日の「すぽると!」では
スポーツ界の選手からのエール、
試合の前に行われる黙とうの様子、
「わたしたちは日本とともにいる」というメッセージなどが
次々と映し出されていて、
被災地の方々が今一番必要としているものは、
生きるための物資だと分かってはいるのですが、
それでも、その方々にこの映像が伝わってほしいと
心から思いました。


少し前「Pay it forward」という映画を観たことがあります。
アメリカで観たので、
内容もしかしたら間違って理解している部分もあるかもしれないのですが、
ひとりの少年が始めた「親切を先送りする」という行為が、
どんどん広がっていくというような話です。
「シックスセンス」に出ていた少年が、中学生くらいに成長して主演していてびっくり。
「受けた親切のお礼はいらないから、誰かにその分親切にしてあげてね。
そして、その人にも、誰かに親切を分けてあげるように頼んでね」
ということなのですが。
何だか妙にこの映画のことが思い出され、
残り少なくなったこの人生(人生折り返し点はとうに過ぎましたからね)
そんな風に生きたいと、真面目に考えてみたりしたのでした。

月曜日に雀の涙募金もさせて頂きました。
自分の稼ぎだけでは本当に雀の涙になってしまうので、
旦那の稼ぎもきっちりむしっておきました。

そうしてSayoは、淡々と仕事を(仕事以外のことも)こなす日々です。
こんなおばさんでも、
いつ何でどんな風に必要とされることがあるかもしれない。
ので。
自分の仕事はこなしつつ、きちんと頭のまわる健康な状態でいたいです。
2011.03.17 15:51 | 震災 | トラックバック(-) | コメント(0) |
Yahoo! 災害情報


何だかね。
今春、卒業したての出身校の子たちが街頭募金したらしいです。
その前日に別の高校の子たちが別の場所で募金活動をして、
誘われて参加した卒業生が「私たちも」と呼びかけたら
瞬く間に賛同者が集まったらしい。

電車の中で化粧したりお弁当を食べたり、
騒音レベルの大声で会話しあったり、
狭い道一杯に広がって歩いて避ける気配もなかったり、
ぶつかられたのに睨まれたり、

そんな若い人たちを
「イマドキの若者は」
と一括りにしたこともありました。
(年取った証拠ですね)

でも。
↑のような話を聞いたり、
TV報道でお年寄りを労わる若い人たちの姿を見たりすると、

日本は大丈夫、と思います。
時間はかかっても立ち直るよねと。


でもね。
今は、皆、悲惨な光景を目の当たりにして
「自分も何かしたい」「何かしなければ」という、
ちょっと熱に浮かされた状態になってしまっているような気もします。
私自身も、ちょっとそのような状態であることを白状致します。

その気持ちが間違っているということではありません。
誤解なさらないでくださいね。

ただ、そういう気持ちをずっと持ち続けることが大事だと思うのです。
すぐに息切れしてしまわないように。
思いやりの気持ちが、一過性の、今だけのもので終わらないように。
それから。
「被災された方々は、今、何を一番必要としているだろう」
「被災地にいない自分は、どんな形でその必要を満たす貢献ができるだろう」
と考えてみることも。考え続けることも。


また震災についてアレコレ思うところを書き綴るかもしれませんが、
「屋根裏」は徐々に通常営業に戻って行こうと思います。


最後に。
恐らく不眠不休で働いておられるに違いない、
警察・消防・自衛隊・医療従事者・原発の職員の方々、
(原発はまだ予断を許さない状況で、
近くの住民の皆さんの心痛はいかばかりかと思いますが、
その状況を少しでも良い方向に持っていこうと、
必死で働いておられる方がいることに変わりはありません)
そして、その他の場所で、
私たちに普通の生活を提供すべく頑張って下さっている
たくさんの方々に感謝致します。

少しでも多くの方々が、their loved onesと再会できますように。
2011.03.15 12:20 | 震災 | トラックバック(-) | コメント(0) |
Yahoo! 災害情報

地震の被害の全容が明らかになるにつれ
・・・言葉がありません。

TVの中の悲惨な状況が、
同じ日本国内で起こっていることとは信じられない
平和な光景が目の前にあります。

金曜日の地震発生後、最近よく一緒にお仕事をさせて頂いている
東京の翻訳会B社さんにメールをしました。
「多少の被害はありましたが大丈夫です」
との返信を頂き、ホッと致しましたが、
恐らく、皆さん帰宅に難儀されたことと思います。

そのB社さんからの月曜朝納品のお仕事がありましたので、
とりあえず、仕事に戻りましたが、
やはり気になって時々TVを見てしまいますし、
そうやって仕事ができることの有難さとか、
さまざまなことを考えてしまって、
なかなか集中できません。

専門技能を持たない自分のような人間が、
今現地に行っても何もできないことはよく分かっているのですが
被災した方々を直接助けるすべのない、自分の無力さを感じます。
何かしたいのに、何もできない自分がもどかしい。

B社さんのお仕事は暫く続きます。
とりあえず自分にできることは、
きっちり仕事をし、きちんと生活していくことかなと
自らに言い聞かせつつ仕事に励んでいます。

明日は、郵便局で少しばかりの募金をするつもりです。
自己満足、かもしれませんが。
被災者の方々が切に必要とされている支援が行き渡りますように。

結局、月並みな言葉ですが、
「祈る」という言葉しか浮かんできません。
さまざまなことを祈ることしかできません。
一人でもたくさんの方々の救助を、一日も早い復興を。


今回の地震ではツイッターがずい分威力を発揮したとか。
けれど、世の中には携帯さえ使えない高齢者の方も、
まだまだたくさんおられるはずです
(実家の両親がそうでしたし、義父もそうです)。
もし今後同じような場に遭遇することがありましたなら、
そして、もしも少しの余裕がありましたなら、
そうして、その情報が
「安全を左右する正しい情報」であると確信できましたなら、
あなたの周りの、不安でいるに違いない高齢者の方を、
どうぞ少しだけ助けてあげてください。
2011.03.13 19:14 | 震災 | トラックバック(-) | コメント(0) |
こちら関西でも、今日(もう昨日ですが)の地震を感じました。
ちょうど郵便局で用足し中だったのですが、
最初はめまいかと思いましたが、
吊看板が揺れているのを見て地震と知りました。
阪神淡路の時のような長い揺れで怖かったです。
報道に心が痛みます。
とりあえずは祈ることしかできないSayoですが、
皆様のご無事をお祈りいたします。
被災された方々が一日も早く元の生活に戻れるよう祈っております。

12日 追記

先ほどまで個別の災害ダイヤルを掲載しておりましたが、
Yahooに、同ダイヤルを含む各種情報をまとめた画面がありましたので、
そちらへのリンクに変えておきます。
すでにご存じかと思いますが、参考まで。

Yahoo! 災害情報
2011.03.11 19:08 | 震災 | トラックバック(-) | コメント(0) |