屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


勉強会の(自分の中での)試行錯誤の話です。
「勉強会」関連の記事は、自分の考えを整理するために書いている場合もあるので、適宜テキトーにスルーしてください。

次回の勉強会は、皆の都合がなかなか合わず、6月に入ってからということになりました。
次回は「翻訳回」なので、先月要約を行った箇所から、全4パラグラフを訳して提出します。

課題の「A Song of Ice」(Elizabeth Kolbert)の元記事(The New Yorker)はコチラ→
https://www.newyorker.com/magazine/2016/10/24/greenland-is-melting

このエッセイの流れはとても分かりにくい。「そこにその段落いる?」「なぜにそう始まる?」と思えてしまうような段落が多く、最初から最後まで掴み所のない感じでした。
その意味では、前回課題(「The Art of Saving Relics」)は、流れが掴みやすかったような気がします。
「Scientific American」と「The New Yorker」という掲載媒体の違いも関係しているのかもしれません。

ということで。
翻訳作業は例によってギリギリになりそうな予感ですが(まだまだ先と思うとつい安心してしまうのよねー)、ここで、復習も兼ねて「次回の要約回から、要約の前にやってみるよー」と思っていた「流れの確認」をやってみることにしました。
いちおー要約対象だった全40段落についてやってみたのですが、一部だけ掲載します。
提題とか具体例とか言換えとか、もっと簡潔に書こうと思ったのですが、なかなか難しく、「とりあえず、あとで自分が見て流れが分かるもの」を目指すことにしました。

上のリンクだと、グリーンランドの地図の少しあとの
The first attempt to drill through the Greenland ice sheet was made in the early 1960s at a United States Army outpost
から
When a D-O event occurred, bands of hunter-gatherers presumably picked up and moved on. Either that or they died out.(IIの前まで)
の部分。
アタマの数字は、要約対象段落の通番です。
一部暗号のようなものもありますが、そこはスルーしてやってください。

15 別の掘削の試み(米軍基地) 場面の転換・つかみ
16 15の実際(結果)=CORE
17 COREから過去の気候を特定
18 特定結果1(既知)
19 特定結果2(未知)
20 結果2への反応
21 他でも結果2を確認→名前がつく(DO Event)
22 DO Eventトリガ不明・推測
23 推測の言換え
24 トリガを知ることの重要性&その理由
25 過去のDO Eventの時期とそのときの人類の対応

(段落24と25は、次回の翻訳対象箇所です)

これだけだと分かりにくいですが、「Main Pointの段落はどこやねん」を考えながら40段落やってみると、要約だけのときより、少し全体が整理されたような気がします...錯覚かもしれませんが。

訳文を練るのはまた別の作業になりますが(そして、その力はまだ決定的に不足しているのだった)、少なくとも、セミナー等の課題のように「全体をざっと通読してから課題箇所を訳す」よりは、もう少し俯瞰したところから訳文を考えることができそうな気がします...気のせいかもしれませんが。

「量を読み、きちんと読み、理解し、訳す」ことを目標に始まった勉強会ですが、「それなりの量の文章をどう読み、訳文に活かしていくのか」を自分の頭で考えることが一番重要なんじゃないかと思い始めた今日この頃です。
そのために「こうしてみよう」とか「こうした方がいいんじゃないか」ということは、他の方の言葉がきっかけになっていることも多く、顔をつきあわせて議論することの大切さも実感しています。

そうやって読み返すうちに、早く手を切りたかった今回の課題も、なんだかそこそこ可愛いものに思えてきて、これが、あばたもえくぼってヤツですかね(と思って明鏡さんに聞いてみましたら、「ほれてしまえば、相手の欠点も長所のようにみえるものだ」と仰いますので、やっぱりちょっと違うかもしれない)。
2018.05.12 22:59 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
第3回勉強会
新たな課題に取り組む回です。

今はまだ勉強会も試行錯誤の時期なので、しばらくの間、ワタクシ(ワタクシたち)の試行錯誤(迷走ともいう)ぶりを公開していきたいと思います。

当初、「要約を課題にすれば、1本の記事を最初から最後まできちんと読むだろう」という仮定の下に、「要約→訳出」の2回で1課題完結という方法で船出したわけなんですが、3回目の課題(要約)に取り組みながら、「このまま漫然と要約を続ける、というやり方でいいのか」という疑問が頭をもたげてきました。

「私は何を目的に『要約』をしているのだろう?」

「今のままでよいか」という漠とした疑問は皆さん持たれていたようで、第3回勉強会は、「要約と勉強会内でのその揉み方について今一度考えよう」から始まりました。こんな風に臨機応変に対応できるところは、少人数の勉強会のよさかなと思います。
ただ、もう1週間以上前のことで、全体に記憶が曖昧になっている上、管理人さんのコンパクトな要約が素晴らしく、「どういった点に気をつければそのような要約ができるのか」的な話ばかりが記憶に残っていて、「何のために」の部分がはっきりしません。

その中で、管理人さんの「みな、自分の課題を意識しながら要約するのがよい」という言葉が記憶に残っています(このとおりの文言ではありませんが)。

そう。つい忘れがちなんですが、勉強会なのですよね。「教えてもらう」場ではなく。
同じ大きな目標と課題にに向かって取り組み、「よりよい翻訳」を模索するけど、それぞれが力を入れる点、気をつける点、伸ばしたい点は違ってもよいはず。そして、その点は自分で考えなければならないはず。

ということで、まず「何のために要約するのか」を考えてみました。
全体要約では、「書かれていることを読み取り、書き手の意図するところ、もっとも言いたいことを簡潔にまとめる」ということが要約の目的になるのかなと思います。

では、パラグラフ毎に要約を行う(このやり方は当面踏襲することになりました)勉強会ではどうだろう?
「きちんと訳す」ことが最終目標としてあるので、「書かれていることを読み取り、書き手の意図するところを簡潔にまとめる」ことに加えて、「全体の流れ(パラグラフ間のつながりやそこにそのパラグラフが置かれた意味)を掴む」ことも、勉強会での要約の目的になるのではないかという気がします。そこが、「全体要約」とビミョーに違う点なのかなと。あくまで自分が考えるところですが。

私は、これまで、「要約だけ読んでも全体の流れがきちんと分かるか」ということを意識して要約してきたのですが、それだけでは「目指すべき要約」には足りないように思えてきました。
次は、流れを意識しつつ、それだけにとらわれず、全体の中でそのパラグラフがどんな位置付けにあるのかをもっと意識しながら、もっと削った(簡潔な)要約を行う、ことに挑戦しようと思います。とにかく私はムダに饒舌なので。
自分の中である程度目標が定まったので、「要約の技法」についても、もう少し学んでみたい(時間があれば<「時間はつくるもの」と言いますよ、言いますけどね...)。

勉強会としては、「要約量が多すぎて雑になる」ということで、次回から要約の量を減らすことになりました。

この先も、ワタクシも、そして勉強会も、まだまだ試行錯誤(迷走)するでしょう。
軌道に乗るまでの勉強会というものはそういうものなのかもしれません。だたし、「キモ」の部分は大事にしないといけないと思いますが。


さて、第3回・第4回の課題は「A Song of Ice」(Elizabeth Kolbert)です。
「Gleenland is Melting」というタイトルでThe New Yorkerに掲載されたもの。
https://www.newyorker.com/magazine/2016/10/24/greenland-is-melting
The New Yorkerの記事は、本数(1ヵ月)に限りがありますが(4本?)、無料で読めるようです。

とにかく、分かりにくい記事でした。読んでいる途中も、読了してからも「だから(何やねん)?」という疑問符が消えることがなく。
自分だけがそうなのかと思ったら、皆さん、同様に苦戦されたようでした(そして、ちょっと安心したのだった)。

あまり分かりにくかったので、1巡目を終えたところで、The New Yorkerという雑誌(スイマセン、名前くらいしか知らんかったもんで)や著者の経歴についても調べました。
すると、そこから想定読者をある程度類推できたり、「何でこんなにわかりにくいねん」の理由がおぼろげながら理解できたり。
(といって、「分かりにくさ」が軽減するわけではないのですが)
主題は地球温暖化の影響なのですが、本文中に言及があるため、氷河以外に、グリーンランドの地理や政治経済についてもある程度調べざるを得ません。
いつもとはまったく違った世界で、これが、「普段とまったく違う分野の翻訳を勉強する」ということの面白さであり大変さなのでしょう。
まあ、正直、グリーンランドはもうええけど(←しんどかった記憶しかない)。

というわけで、次回は、「A Song of Ice」の一部パラグラフの訳出が課題。「分かりにくい」文章とは、まだ縁を切れないのでありました。トホホ。
2018.05.02 18:22 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
先日、第2回目の「1年勉強会」が開催されました。

前回課題は各段落の要約でしたが、今回課題は指定の数パラグラフの翻訳です。
事前に、各人が提出した翻訳をまとめたファイルがFB上のグループページにUPされるので、各自それを印刷し予習をして勉強会に臨むという、こんなしんどい勉強会に誰がした!!! (...まあ、「こうしましょう」という提案に、ワタクシも賛成しましたよ、しましたけどね...)

というわけで、当日は、持ち寄った訳文をもとに、訳しにくかった箇所、理解があやふやな箇所等の検討です。ときには、「アナタのその訳語どうでしょう」という指摘も頂いたり。なので、「やさしい言葉で容赦ない」と書いてみましたが、いずれも頷ける指摘でしたし、対象はあくまでも訳文で、なおかつ「その訳文をこうしたらもっとよくなる」という気持ちが感じられるものでした。
ですから、最後まで楽しく勉強できたかなと思います。帰宅したら目の下にクマがおりましたが。

今回の反省点は、「一度訳語を選んだら、同系統の訳語の中でしか推敲ができなかった=大胆な発想の転換ができなかった」「スルーすべきでない箇所をスルーし、どうでもよい(さほど重要ではない)箇所で悩んだ」「全体的に読込みが足りなかった」といったところです。同じ過ちを繰り返す自分の未来が見えるようですが、少しでもこうした点を減らして、1年後には多少なりとも成長していたいものです。

皆さんの訳語や訳文にはハッとさせられるものがたくさんありましたが、面白いもので、そうした訳語をそのまま自分の訳文で使おうとすると、浮いてしまいます。各人の全体のトーンが微妙に違うので、違和感を覚えてしまうのでしょうか。とはいえ、そのまま忘れてしまうのももったいなく、「どこかで何かの機会に使えるかも」といくつかの語を控えさせて頂きました。「自分と異なる発想を知ることができる」というのも勉強会のよさかなと思います。

今回、課題に取り組んでみて、改めて「普段、本当にせまい語彙の範囲で翻訳しているなあ」と思いました。仕事の文章は「こういう場合はこう訳す」というものが多く、もちろん、その中で「分りやすさ」「伝わりやすさ」を心がけるわけですが、「言葉や表現を思いつく」ための苦労は、こうした一般的な文章ほどではありません。
この「語彙の範囲がせまい」というのは、ここ2年くらい痛切に感じていて、それが分野を限定しない翻訳勉強会をやりたいと思った理由のひとつでもあります。


さて。
今回の課題は、SARAH EVERTSの「The Art of Saving Relics」。「The Best American Science and Nature Writing 2017」に収載されたものですが、初出はScientific Americanです。
「日経サイエンス」の2016年7月号に翻訳版があり、近くの図書館で入手できたので、勉強会でコピーを配布しました。それなりの期間で全体を訳されたに違いないことを考えると「プロの仕事は凄いな」と舌を巻きます。
以下に、参考まで、原文とSayo訳(「愛の鞭」後のリライト入ってます)の順に、指定訳出箇所の一部を記載しました。リライト後でも、Sayo訳には間違いや「・・・」な点がいくつもあると思うのですが、そこは目を瞑って、「こんなものをやっている」という雰囲気だけ掴んで頂ければ。1回だけ恥さらししときます。

(タイトルと冒頭2段落)
The Art of Saving Relics
These suits were built to last. They were pristine white and composed of 20-plus layers of cutting-edge materials handcrafted into a 180-pound frame of armor. They protected the wearers from temperatures that fluctuated between ?300 and 300 degrees Fahrenheit and from low atmospheric pressure that could boil away someone’s blood. On a July day in 1969, the world watched intently as astronaut Neil Armstrong, wearing one of these garments, stepped off a ladder and onto a dusty, alien terrain, forever changing the landscape both of the moon and of human history. Few symbols of vision and achievement are more powerful than the Apollo mission spacesuits. 

Back on Earth, the iconic garments found new lives as museum pieces, drawing millions to see them at the National Air and Space Museum in Washington, D.C. And staff members there have found, to their surprise, that the suits need their own life support. They are falling apart.
(「The Art of Saving Relics」SARAH EVERTS、以下同じ)

保存・新時代
 それは長持ちするように作られた。20以上の最新素材の層を手作りで仕立て上げた180ポンドの純白の防護服だ。華氏マイナス300度からプラス300度まで変動する温度や血液を沸騰し蒸発させてしかねない真空環境から着用者を保護した。1969年7月のある日、ニール・アームストロング宇宙飛行士が、この宇宙服に身を包み、梯子から砂だらけの異境の地へと降り立ち、月と人類の歴史の地平を一新するのを、全世界が固唾を呑んで見守った。アポロ計画の宇宙服ほど理念と成就を見事に体現しているものはそうない。

 地球に帰還後、このシンボル的着衣は博物館の展示物として生まれ変わり、ワシントンD.C.の国立航空宇宙博物館に何百万もの観覧者を呼び寄せた。だが博物館スタッフが驚いたことに、宇宙服自身も生命維持装置を必要としていたのだ。すでに崩壊が始まっている。
(Sayo訳、以下同じ)

* 「日経サイエンス版」の単位表示はkg、℃(摂氏)です。日本向けの雑誌だと、そこはやはり、キロ、摂氏で記載すべきところかなと思います。

(最終段落)
The great hope of conservation scientists is that restoring the past will also help them prepare for the future, when today’s plastic materials?such as 3D-printed objects?start entering museum collections. One such item might be the first 3D-printed acoustic guitar or a retired International Space Station suit. Eventually all will be past their prime, and conservators want to have the tools in hand to give these cultural icons a facelift.

 保存修復科学者は、過去の作品をよみがえらせることが未来の備えにもなると大いに期待する。時あたかも、3Dプリント作品など現代のプラスチック素材が博物館の収蔵品に加えられようとしている。それは、初めて3Dプリントで作られたアコースティックギターかもしれないし、国際宇宙ステーションでの務めを終えた宇宙服かもしれない。だがいずれも劣化と無縁ではない。こうした文化遺産に化粧直しを施す手段を確保しておきたいというのが、保存修復士の願いだ。


次回の課題は、新しい課題のパラグラフ単位の要約です。
要約しようとすると、パラグラフ内のキモの部分を押さえたりパラグラフ同士の繋がりを考えたりしなければならず、それなりにきちんと読まなければならない、ということでこの要約作業を取り入れてみたわけですが、今回は全40パラグラフと分かって、すでに死んでいます。いや、こんなハズじゃ...ハズじゃ...(泣)
2018.04.02 14:54 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(4) |
先日、第1回目の和訳勉強会を終えました。
まだ名前がないので(最後までこのまま行きそうな気がする)、私は勝手に「1年勉強会」と呼んでいます。
「取りあえず1年間頑張るよ~♪」という勉強会なので。

その勉強会の話をする前に、時計を1年ほど巻き戻します。
昨年の今頃、義父がちょっと体調を崩しました。一昨年には、義母が、やはり体調を崩して入院していたので、昨年の春、私は「もはやこれまで」と、一瞬軽く覚悟を決めました。
もう「翻訳が1番」の生活は続けられないかもしれない。
しかし、幸いにも大事に至らず以前の生活が戻ってきまして、私が、昨年(隠居屋根裏比)がんがん上京しまくったのは周知のとおりです。
でもだがしかし。
こんな毎日がいつまで続くか分からない。義父母とも今は何とか自立した生活が送れてはいるけれど、少し長期にわたる体調不良で高齢者のQOLががくんと低下してしまうことは、両親で体験済みです。

というわけで、昨年春、「やりたいことはやれるうちにやろう」「翻訳以外は(とりあえず)捨てよう」と決心しました。
その「やりたいことはやろう」の1つが、この勉強会なのです。やっと本題に戻ってきたゾ。

私はずっと、関東の方が参加されているさまざまな勉強会を、関西の片隅から羨ましく眺めていました。
「高名な講師をお招きするのではなく、出席者全員が参加する厳しい勉強会が、関西でもあったらいいのに」

以前なら「いいな、いいな」で終わっていたと思うのですが、昨春以降は、若干「なければつくればいいのでは」の方向に気持ちが傾いていました。
そんなとき、本会の管理人さんが、FB上で「とことん自分を苛めぬく、分野横断的オフライン和訳勉強会をやりたいのですが、一緒にやりませんか」と、事務局(立上げ準備室)スタッフを募集されました。
自分のやりたい勉強会と方向性が似ているように思えましたが、根本のところが違うと、安易に参加しては、そのうち「何か違う」ともやもやした気持ちになってしまい、結局後悔するかもしれません。
何度かメッセージをお送りし、管理人さんが求める勉強会の輪郭を確認した上で、準備室への参加を決めました(その節は、しつこいメッセージでご迷惑をお掛けしました)。昨年の初秋のことです。

その後、オフラインで2回、FB上では何度も、(管理人さんも含めた)スタッフ3名で(大人のお子さまランチを頂きながら)、「どんな勉強会をどんな風に運営しようか」という相談を続けてきました。

「良質の英語をたくさん読み、きちんと解釈し、訳す」勉強会にしたいという点で、3人の意見は一致しました。
1年と期間を区切ったのは、「厳しい勉強会も1年と思えば頑張れるのではないか」と思ったからなのですが、「1年ならば生活が介護に傾いても参加できるのではないか」という私の個人的思惑もありました(スイマセン)。もちろん、2年目以降も続く可能性はあります(1年以内に崩壊する怖れもあります)。

テキストは「The Best American Science and Nature Writings 2017」に決めました。各エッセイはScienceやNatureなどの科学誌に掲載された、きちんとした英語です。そこから、皆がやりたいものを選んでいけば、いちいち課題を探す必要がないではないか、おお一石二鳥。私は以前このシリーズを音読していた時期があったので、何となく「こんなんどうでしょう」的に名前を出したにすぎないのですが、管理人さんも、長いことAmazonの「ほしいものリスト」に入れておられたそうで、アッサリとテキスト(課題)が決まりました。

勉強会は、2回(2ヵ月)で1エッセイに取り組み、1ヵ月目は、各段落の要約を、2ヵ月目は、指定箇所の訳出を課題とし、1ヵ月目の勉強会では、主に(文法も含めた)解釈について議論し、2ヵ月目の勉強会では各自の訳文について議論する、これを6回(又は5回)やる、という大まかな流れも決まりました。実際に1回要約をやってみて分かったのですが、要約するには、全体をきちんと読み、流れを掴み、各段落で必要な箇所とそうでない箇所を取捨選択しなければなりません。読み込む勉強になったような気がします。死んだけど。ちなみに、最初のエッセイの原文ワード数は3000ワード強、全29段落でした。

そうやってオフラインで基本的な流れを決めたのち、FB上のそれぞれのTLでこそこそと参加者を募った結果、命知らず...もとい、ヤル気溢れる方が若干名名乗り出てくださり、先日、第1回目の勉強会を開催する運びとなりました。
当日は、平昌五輪女子フィギュアスケートのFPの日にあたっていたため、勉強会はまさかの即席パブリックビューイングで幕を開け、きちんとした英語に触れる前に美しい滑りに触れて心を清め、侃々諤々の議論を(優しく)戦わせたあと、カーリングにならいおやつタイム(+それぞれの一推し書紹介)を設けて終了となりました。

特に時間配分に気を配ったわけではなかったのですが、各自の要約方法の紹介(それぞれ興味深く、勉強になりました)、意味の解釈に難儀した箇所の検討、内容に詳しい方による説明など、あっという間に時間が過ぎました(心を清める時間もそれなりに長かったしな)。今回はKindle版を購入された管理人さんが、期限までに提出された各人の要約をプリントアウト&人数分コピーしてきてくださったのですが、次回からは、皆の要望で、提出期限を早め、勉強会前に全員分の課題訳文をまとめたものを差し戻してもらい、それぞれがある程度の予習をして勉強会に臨むことになりました。みんな、どんだけ命知らずやねん。
最後に、次回の勉強会の日時と、次のエッセイを決めて散会となりました。

もちろん、1人で同じことができないわけではないのですが、こんな風に期限を切ってもらわないと、これだけのことを続けることはなかなか困難です(意志が弱いだけ、とも言いますが)。
また、「他人の視点」はとても新鮮で、話を進める中で、自分では思いも寄らなかった訳語が口にされたり(即、頂きました)、解釈間違いが分かったりということもありました。
勉強会の利点の1つは「他人の視点を入れる」ということにあるのではないかと思います。
「いいな、いいな」ではなく、自分から手を挙げてみてよかったと、しみじみ思った第1回勉強会でした。
この先1年、状況がどう変わるか、あるいは変わらず今の状態が続くか分かりませんが、大事に一生懸命、仕事と両立させていきたいと思います。


そして、私は、管理人さんが、こそっと「次の課題は今回の3倍の量...」と呟いておられるのを見逃さなかったのだった。3倍あるんかーーーい(^◇^;) 
2018.02.25 20:56 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(3) |