FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


いつもひねりのない副題でスイマセン。
(あとで自分が内容を思い出しやすい副題にしています)

勉強会・通常編、終了しました。

今回は、まず、今後の進め方を話し合うところからスタート。
課題が取りまとめられた段階で、管理人さんから「課題の難易度が高すぎるかもしれない。要約継続の是非も含めて検討した方がいいかも」という提案があったためです。

話し合った結果、「現在のテキストをそのまま継続する」「要約に向かないタイプの文章も多く、またどうしても『要約のために読む』になってしまいがちなので、課題として要約を行い勉強会で検討することは止める。翻訳の前に要約するかどうかは個人の裁量にまかせる」ということになりました。
確かに、Best American Essays of the Centuryのエッセイは、読むのも訳すのもとても難しく青息吐息なのですが、普段の仕事に戻ったときにとてもラクに感じるのも事実でして(と油断していてはいけないんですけど)、個人的には今のテキストをそのまま続けたいなと思っておりました。というわけで、ワタクシ的には望ましい方向に向かってくれて嬉しく思っています。要約は、先のことはわかりませんが、当面続けてみるつもりです(井口さんが仰った「もう少しやさしい課題を、トーンや想定読者を変えて訳してみる」ということも、いつかやってみたいなと思っています)。
こんな風に、ときどき話し合って軌道修正しながら、メンバーが力をつけるのに最適な方法を探っていけるのが、勉強会のいいところかなと思います。

また、今回から、「日本語学習の時間」が追加されました。ひとつのテーマについて、それぞれが事前に下調べをしてきて、当日はルーレット(!)で指名された1名が発表、そこから話し合いに発展させるというやり方です。フタを開けてみると、ほぼ全員が何らかのプリントアウトを用意してきていて、活発なやり取りとなりました。初回は(連続の是非も含めた)「の」についての考察。次回は「は」格と「が」格について勉強します。
「番外編」では「『の』を減らす」というお話がありましたが、減らすにしても「の」とはどんなもので、どんな種類があるということを抑えておかないと、言い換えてよい「の」とそうでない「の」を、自信を持って適切に判断できないですよね。
これまで、さらっと簡単な文法書を読んだくらいで済ませてきましたので、ここできちんと勉強しようと思います。
管理人さんからは、

『日本語学入門』(近藤安月子、研究社 2008年)
『日本語の文法』(高橋太郎、ひつじ書房 2005年)
『日本語文法整理読本―解説と演習 (日本語教師トレーニングマニュアル) 』(井口厚夫他、バベルプレス 1994年)

の3冊を推薦いただき、まずは上2冊をAmazonさんで購入しました(帰りに寄ったリアル書店にはなかったので)。


後半は訳文検討の時間。
すでに何ヵ月やっているか分からなくなってきた(笑)"Graven Images"。もういい加減きちんと読めていいやろという話ですが、そう甘くはなく。細かい話は省きますが、皆さんの訳文を拝見し勉強会での検討を経て、自分は

● わざわざ難しく読んでいる。
● 一度思い込んだらなかなかその思い込みから離れられない。
● 本当はよく考えるべきポイントや単語を結構スルーしている。

ということがよく分かりました。
こうしたこと自体は、他の方にも「よくあること」かもしれませんが、問題は、自分はこれまで何回も、気づきとして似たようなことを書いてきた、ということ。これはもう、「(やってはいけないが)往々にしてある話」ではなく、自分の一番の「欠点」なのだときちんと意識して公言しなければいけないんじゃないかと。そこからのタイトル副題(前半)です。こうした自分の癖については、独学だけで気づくことは難しい。比べるもの(他の方の訳文)があり(やんわりと)指摘されてはじめてはっきり見えてくるものだと痛感しています。


勉強会については、いつもまずFB上で、「今日のスイーツ」の写真も含めて簡単に報告しています。
今回、「管理人さんがこれまで読んでこられた書籍参考書の数々、勉強されてきた内容を考えれば、並んで歩ける日が来るとは思えませんが、いつの日か(おずおずと)『ここが気になる』と細い赤線を引けるくらいにはなりたいものです」(各人が訳文の気になる箇所に赤線を引きコメントを添えたものを返して頂きました*)と報告しましたら、井口さんから「遠慮はいらない。どんどん口にすべき」(抜粋・以下の引用箇所同じ)というコメントを頂きました。それに対して「気になる箇所があっても、自分の中にきちんと説明できるだけの根拠がなく、ふわっとした説明しかできないので、自信が持てない」と返信しましたら、今度は「ふわっとした疑問でも『ここが気になる』ということは大事。そこから(メンバー全員による)ブレインストーミングにつながるかも。それが勉強会の醍醐味では」というコメントが。
それを読んでハッとしました。私は、もっと自信が持てるようになるまで「意見を述べるなど百年早い」と思っていたのですが(なので、勉強会では、どちらかというと聞かれたことに対して防戦し、たまに斬り込んでいく感じ)、それでは勉強会というより、片方が教えを請う講座に近いものになってしまいます。それは最初に自分たちが目指したものではなかったはず。まだまだ実力差はあるとはいえ(そして、互いに勉強を続ける分、その差はいつまで経っても埋まらないものなのかもしれませんが)、次回は(返り討ちにあうとしても)もっと声を上げていこうと思います(板書もしてるんで、なかなか難しいんですけど)。


* 「各人が訳文の気になる箇所に赤線を引きコメントを添えたものを返して頂きました」→最後に迷って書き換えたもの、イマイチと思いつつそれ以上の訳語を思いつかずそのままにした箇所も、「やはりな」という感じで指摘されていましたが、打ち返せそうなもの(笑)もありました。訳文自体はまだまだとしても、言葉で説明(弁明)できそうな箇所が増えたことが、「翻訳への向き合い方」という点で、この1年半の(少しの)進歩と言える、かもしれません。


2019.08.25 00:05 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

出席者の方への資料配付、アンケートの送付・回収・まとめ、講師へのアンケート結果送付、精算などの後処理がすべて終わりました(のハズ)。
アンケートに回答くださった皆さん、ありがとうございました。選択式の設問はともかく、自由記入形式の感想を書くのは面倒くさいし大変ですよね。
にもかかわらず、多くの方がコメントを(それも好意的な!)寄せてくださいました(嬉涙)。本当にありがとうございました。

皆さん、講義部分の内容、訳文検討でのやりとり、最後に登場した井口さんご自身の圧巻の訳文、さらには井口さんのブログ記事などから、それぞれに考えるところがあったようですが(運営としては、その点も嬉しいかぎりです)、ワタクシも「疲れた」「燃え尽きた」以外にも、いくつか思うところがありました。

● 「きちんと絵が描けている」では足りない
前回のブログ記事で、「(描けているつもりで)そもそも正しい絵が描けていなかった」と書きましたが、「正しい絵が描けた」だけでは不十分なのだということにも思い至りました。大事なのは「それをきちんと言葉で伝えられているか」ということなのですよね。自分は、分かった状態で書いていますから、訳文に多少不明瞭な点があっても、さらっと(正しく文意をとって)読めてしまう。そこがひとつの落とし穴になるなあと。「翻訳時に気をつける」以外で、どうすれば落とし穴にはまらずにすむかを試行錯誤中です。

● 本当に際だたせたい部分はどこなのか
必要な部分が際だつように不要な部分(ノイズ)を削る、というような話がありましたが、これまで勉強会で続けてきた要約は「際だたせる部分はどこか」を抽出して(自分の言葉で)まとめるという作業なのではないかと思うようになりました。ま、キモはそこではないのかもしれませんが。でも少なくとも、自分は、今後しばらくそういう意識をもって要約に取り組みたいと思っています。

● 文末表現で文を短くしようとしない
これは、井口さんが、訳文の長さに関する話の中で仰ったことと記憶しています。「同じ内容が伝わるのなら、基本的に訳文は短い方がよいが、文末はけちらず、テンスやアスペクトはきちんと表現するのがよい」というようなお話だったと思います。文末表現の変更や「の」の連続などで短くするのは楽なんですけど、それをしないとなると、同じことをごそっと別の言い方で言い換える必要もでてきます。常にそうするのがいいのかどうか、私にはまだよく分からないのですが、今は訓練と思ってやってみています。時間もかかるしなかなかうまくできないんですけど(そして変更前の方がやっぱりよかったってなることもけっこうあったりする)。自分で意識的にトライしてみて、はじめて「テトリス」が実感できたというのはあります。これも試行錯誤中。

● 小さな違和感をそのままにしない
「なんかおかしい」というのは、煎じ詰めれば、「頭の中で描いた絵がきちんと言葉にできていない」あるいは「必要部分がきちんと存在を主張するメリハリのついた訳文をつくれていない」ということなのだろうと。納期との兼ね合いでなかなかそこまで手が回らず「ま、いっか」となってしまうことも現実としてあるのですが、そうした妥協を極力減らしていきたいです。


こうしたことを意識しているからといって、自分の訳文が「のっぺり」から変わってきたとは思えないのですが、「メリハリ」を意識するあまり、「メリハリをつける」ことが目的になってしまってもそれは本末転倒なわけで、バランスをとるのはとても難しいと感じる今日この頃です。


「番外編」の内容を受け、通常勉強会では、次回(8月末)から新しい試みを取り入れることになりました。今後、どういう形で発展していくかまだちょっと分かりませんが。

今回の勉強会が、皆さんにとっても、今後の継続的な学びのきっかけになりましたら嬉しく思います。
「番外編」を開催した頃の「夏は来るのか」的な気候から一転して、昨年に負けず劣らずの酷暑となりました。
皆さまもどうぞお身体ご自愛ください。
2019.08.04 01:06 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「翻訳を勉強する会」管理人第1秘書です。

昨日、「翻訳を勉強する会・番外編」(井口耕二講師による「訳文による絵の描き方」、於:大阪市中央公会堂大会議室)を無事に終了することができました。
降ったり止んだりのあいにくのお天気でしたが、関西はもとより中国、東海、北陸、関東から、50名をこえる方にご参加いただきました。皆さん運営の至らぬ点は片目を瞑って寛大にスルーしてくださった上、多くの方が、本編、特に後半の実例をもとにした訳文検討に「大変濃い内容だった」など肯定的な感想を述べてくださいました。否定的な意見は(特に開催直後は)あまり直接的な形で表に出てこないという点を差し引いても、主催者冥利に尽きる結果です。これは、講師の力量はもちろんですが、ご参加くださった方々の積極的な参加の姿勢なしには実現し得なかったことだと思っております。皆さま、本当にありがとうございました。


さて、運営モードはここまで。
ここからは、検討対象となった訳文を提出した一翻訳者モードです。主に、自分の振り返りと覚えの目的で書いておりまして、いつもの「内容レポート」モードではありません。その点ご了承ください。

「訳文による絵の描き方」は、前半(2時間)が、井口さんの考える、あるべき訳文作りの方法やそれを実践するための方法などについての説明、後半(1時間)が、「翻訳を勉強する会」事務局3名が提出した訳文を使用しての訳文検討会でした。
前半部分は、今年のシンポジウムの内容ともかなり被る部分がありました。詳細は、ハッシュタグ#翻勉2019で辿っていただければと思います。齋藤貴昭さん(Terry Saitoさん)がまとめてくださいましたので、そちらをご覧ください。
https://togetter.com/li/1376635

後半の訳文検討会では、私たちが普段の勉強会で実際に翻訳した部分をさらに推敲・提出したものを、検討対象訳文として使用しました。つまり、それぞれが(一応それなりに)原文を解釈できているという前提です。「それなら(原文解釈の部分をすっ飛ばしていきなり)訳文をどうブラッシュアップしていくかという話ができるのではないか」というのが、井口さんのご意見でした。

蛇足ですが、今回お話いただく内容を決めるにあたって、井口さんからこの「公開検討会」の打診があったとき、管理人さんは歓喜し、第2秘書は「少し時間をください」と覚悟を決める時間を要し、すでに運営モード全開だった第1秘書は「それ参加者にとって美味しすぎる!やらねばなるまい!」と当たり前の事実として受け入れる、という三者三様の反応でした。

閑話休題。

使用した原文は、Sawl Bellow晩年のエッセイ"Graven Images" その第14段落が検討対象になりました。参加者の皆さんには、2週間ほど前に「参考資料」という形で原文をお送りしています。
該当部分は以下のとおりです。

 The photograph ? to narrow it down ? reduces us to two dimensions and it makes us small enough to be represented on a piece of paper or a frame of film. We have been trained by the camera to see the external world. We look at and not into, as one philosopher has put it. We do not allow ourselves to be drawn into what we see. We have been trained to go by the externals. The camera shows us only those, and it is we who do the rest. What we do this with is the imagination. What photographs have to show us is the external appearance of objects or beings in the real world, and this is only a portion of their reality. It is after all a convention.

(look atのat、look intoのinto、to be drawn のdrawn、with the imaginationのwithがイタリック)
出典: THE BEST AMERICAN ESSAYS of the CENTURY
Copyrigntc by Houghton Mifflin Company
Copyrigntc 1997 by Saul Below, reprinted with permission of The Wylie Agency, Inc.

訳文を提出したときは、「もうこれ以上はできない」と思っていたのですが、どうも自分は、ひとつの考え(というかやり方)にとらわれたまま、その中で訳文を推敲しようとグルグルしていたみたいです(特に、後述するtrainに関する部分です)。検討会を前に、原文と他のお二方の訳文とも併せて自分の訳文を再読してみると、「悪くはない、大きく間違ってはいないんだけど、うーん、のっぺり?」という印象でした。今回は勉強会なのでたかだか数行ですけれど、こののっぺりした文を長々と読まされたとしたら、読者はたまったものではありませんよね(「のっぺり」が原文の意図であれば、また話は違ってくるかもしれませんが)。
 * 井口さんは、前半部分で、「ノイズを減らして(不要なものが多いと本当に必要なものは見えてこない)、際立たせたい部分を際立たせる」という話をされています。そこで言われた「ノイズの多い」訳文の典型と言えばよいでしょうか。

昨日、井口さんからいただいたご指摘や井口さんご自身が作られた同じ箇所の訳文(の記憶)をもとに、「なぜ『のっぺり』訳になってしまったのだろう」と今朝からずっと考えていたのですが、結局はきちんと読めていなかった(絵が描けていなかった)ということなのだという結論に至りました(「原文を解釈できているという前提」以前の問題という…)。すべては、1文目と2文目の関係がきちんと把握できなかったという点から始まっていたと思います(そこがよく分からなかったということは、検討会でも発言していますので、覚えている方もいらっしゃるかも)。

2文目のtrainを、「この言葉をどう訳せば一番しっくりくるだろう」という視点でしか考えることができず、一度そこで立ち止まって、「なぜtrain?」を深く掘り下げることができなかったのが敗因のひとつかなと思います。井口さんの解釈のように、(二次元的表現方法なのにカメラによって外面を見ることに)慣れてしまっていると解釈すれば、上手く続いていきそうです。さらに1文目を「写真では(私たちは)このように表現される」とすれば、ずっと「私たち」視点を保ったまま訳文を作れそうです。
これからは、行き詰まったとき、今あるものをどういじるかだけではなく、一から「そこ何を言いたい? 何を言ってる?」と問い直すことを忘れないようにしたいと思います。
 * ここでは、「視点をどうするか」が話題に上りました。この段落を字面で訳すと、主語が写真になったり私たちになったりカメラになったり、とかなり目まぐるしく移動するのです。では、視点を固定して訳すことができるかどうかと考えたとき、日本語では人を主体にするとアプローチしやすいというお話がありました(日本語では「人がにじむ」という表現も使われたのですが、訳文検討の最中でしたので、詳細書き漏らしました→そのときのことを、井口さんご自身が「無生物と人間のどちらかに寄せるならって話をしていたので、だったら人に寄せるほうがってことなんだけど、逆に、人がにじまないように訳すケースも、当然、あるわけです」とツイートされています)。

まとめると、躓いた2文目以降きちんとした絵が描けなかったことで、メリハリのない(=強調したい部分がきちんと強調できていない)のっぺり訳になってしまった、ということかと思います。その他にも、小さな違和感を持ちながらそのままにしていた部分があり、自分の中では「時間がなかった」と言い訳していたのですが、煎じ詰めればそれも「絵が描けていない」ことが原因なのかなと。結局はそこ。

これまで「絵が描けてない」という状態を何となく理解していた(あるいは「理解した」と思っていた)私ですが、今回、悩んだ末の訳文を、微視的視点・巨視的視点の両方から検討していただいた結果、それがどういう状態なのかということを、実感として理解したような気がします。
今回、「よく(皆の前で井口さんに訳文を評価される)勇気出ましたね」とか「運営の仕事と併せて大変でしたね」とか言っていただきました。確かに、何をやっているのか自分でもよく分からん(くらい精神的に追い込まれた)時期もありましたが、すべて終わった今となっては、今回の訳文検討は、事務局メンバーにとって一番実りの多い贅沢な時間だったのではないかと思っています。何ものにも代えがたいものを「体感」できたわけですから。


訳文検討をまとめてみるとこんな感じですが、あと、お話の中で印象に残ったこと、思ったこと、感じたことを二つ三つ。

● イタリック体の処理→課題部分のイタリック体を私は傍点で訳したのですが、事務局3名の訳文は、傍点、「 」、何もなし(その言葉が強調される表現にする)と三者三様でした。最後に井口さんが示された訳例では、イタリック部分が見事に強調された文章になっていて、なるほどここまですれば、普通の文の中できちんと強調できるのだなと思いました。

● 「気をつけている」は何もやっていないと同じ。「の」の連続、「は」と「が」の使い分け、点の打ち方、文のきれつづき、テンス・アスペクト・ムードなど訳出の基礎的スキルのそれぞれを、期限を区切って訓練するなどして一つ一つ身につけていくことにより、意識しないでもできるようになっていくというようなお話をされたと記憶しています。

● 自信をもって訳していくには、自分は、もっと日本語力をつける必要があると思いました。語彙や表現ももちろんそうなのですが、訳文について、「こうだからこうなる」「こうだからこうする」といったことを日本語側からきちんと説明できる力とでも言いましょうか。二次会の隣のテーブルでは「日本語文法大事」という話で盛り上がっていたそうですが、それに近い感じでしょうか。管理人さんも「日本語文章を強化する試みも取り入れていきたい」というようなことを呟いておられましたので、どんな形で実現するか楽しみです。


運営という立場上、できるだけ多くの方に井口さんとお話しする時間をとっていただきたいと思っていました。極端なことを言えば、自分は実務連絡以外は話ができなくてもいいと思っていたんです。だって、それまでに、FB上で打ち合わせの形で、何度も濃いやり取りをさせていただいていたわけですから。ありがたいことに、こちらから「できるだけ皆さんとお話してください」とお願いしたわけではないにも関わらず、懇親会では、井口さんご自身が席を移動して、たくさんの方と話をしてくださいました。そして、二次会の最後の最後に私の座っていたテーブルにも来てくださいました。シンポジウムやレッスンシリーズや公開勉強会などを経て「ここを気をつけなくては」という点が少しずつ増え、「翻訳スピードがすごく落ちています」というお話をしましたら、「次の段階にいくための時期です」というような言葉で励ましていただきまして。このところ、上手くいかないことが多くちょっとやる気が萎え気味だったのですが、(これからもたいして光る訳文は書けないのかもしれませんが)もう少し頑張ろう、自分のできる少し上を目指そうと思い直すことができました。
明日からまた平常運転に戻って頑張ろうと思います。
2019.07.15 23:53 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

7月14日の「翻訳を勉強する会」番外編にお申し込みいただいた方に、懇親会の案内をお送りしています。

会場のURLをご覧になって、その、なんと言いますか、「お洒落具合?」に驚かれた方もいらっしゃるかもしれません(そこしか取れなかった、的な)。
当日はタキシードかイブニングドレスか振袖か着ぐるみか、と心配されている方も一定数おられるかもしれませんが(<いるんかい)、大丈夫です、臆せず平服で(時節柄涼しい格好がよいかと思いますが、セミナー会場用に念のため羽織れるものを1枚ご持参いただくとよいかもしれません)お越しください。


「番外編」にはたくさんの方にお申し込みいただきました。
関東や東海、関西以西の方もいらっしゃいます。暑い時期、3連休のなか日にもかかわらず、遠方からのお申し込み、本当にありがとうございました。

ご参加の方の中には、翻訳関連の雑誌やセミナーでよく名前をお見かけする方々、長きにわたりTwitterで有用情報を発信下さる方、翻訳に軸足を置きつつ読書会でも精力的に活動される方々など、さまざまなバックグラウンドの方がおられます。そうした方々の多くが、懇親会への参加を表明してくださっています。当日は、翻訳はもちろんのこと、(話題のもって行き方によっては)もっと広い世界の話もお聞きすることができる、かもしれません。

懇親会への参加の有無の連絡がまだの方、さまざまなご事情から時間を捻出するのがむつかしい方も多いと思いますが、もしも可能でしたら、諸々調整の上、懇親会へもご参加いただけましたら幸いです。

また、もしも、学習中や翻訳者歴が浅いということで気後れしている方がいらっしゃいましたら、どうぞ臆せずご参加ください。
そして、(私もついつい忘れてしまいがちで気をつけなければと思うのですが)「学ばせてもらう」という気持ちを忘れず、翻訳なり相手の方なりについて多少なりとも勉強し自分なりの(今の時点での)考えや疑問を持った上で、(周りをよくうかがいながら)先輩に突撃(笑)していただければと思います。どの先輩も、それぞれ初心者だった時期はあり、またOnline Onlyのヒキコモラーだった方もそれなりにいらっしゃるはずですから、こちらが真剣だと分かれば、真剣にそして気さくに話に乗ってきてくださるはずです。
そうした諸先輩の生の声を聞くことのできる機会を大切にしていただけたら嬉しく思います。

…とはいえ、それもなかなか勇気がいることには違いありません。特に、初対面の方には、なかなかこちらから声を掛けづらいですよね。そんな場合は、事務局メンバーの袖をこっそり引いていただければと思います。事務局メンバーも基本Shy揃いではありますが(そうなの、信じられないと思うけど、ジツはあの魔王さまもShyなのよ)、諸先輩方にご紹介くらいはさせていただけるかと。どうぞ事務局を使い倒してください。


ご参加の皆さまには、7月上旬に「公開処刑」用エッセイ原文を配布し(「興味のある方は目を通してください」という趣旨の配布ですので、特に何かをしてきていただくということはありません)、セミナーの3~4日前に最終案内をお送りする予定です。
それぞれ、お送りしましたら「翻訳を勉強する会」Twitterアカウントなどでご連絡する予定ですので、参加される方は気をつけてチェックしていただければと思います。


今回、さまざまな事情からご参加いただけなかった方は、今後、機会をとらえて、さまざまな先輩の「生の声」をお聞きするようになさっていただけたらと。
(機会があればまたどこかでお会いしましょう)
2019.06.27 16:35 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

 という副題は、管理人さんの言葉ではなく、私がいろいろ悩んでつけたものです。
 本文でうまく説明できればいいのですが。

 昨日、第13回勉強会を終了しました。

 本来は新しい課題の要約回になるはずでしたが、前回、Saul Bellowの『Graven Images』の訳文検討が途中で終わってしまったため、今回は、残った訳文を検討するところから始まりました。「さくっと終わらせましょう」と始めた割りには、原文のイタリック体部分の訳文への反映や、ある「it」の意味するものは何か(→迷ったときは文法に戻れ)など、結構つっこんだ議論ができたかなと思います。最後に、全体を見渡したまとめを行って終了。

 残りの時間は、管理人さんが提案してくださったショートショート、Ann Beattieの『Snow』の要約と訳文の検討です。次回勉強会が「翻訳を勉強する会・番外編」(別名:公開処刑会)になるので、今回は「箸休め的に軽いものを読みましょう」ということで提示された(はずの)掌編で、気楽に楽しく取り組み和気藹々と論じ合う、はずだったのですが、期せずして私(たち)の欠点がハッキリ露呈される結果となりました(”Ann Beattie" ”Snow” でG検索するとPDF原稿がヒットします。A4で2ページほどの短いものですので、興味が湧いた方は目を通してみてください。道下匡子さん、柴田元幸さんのお二方による邦訳も出版されています)。

 さて、この『Snow』の検討ですが、まず、メンバーひとりひとりが「どんな主人公(一人称なので話者)をイメージし、どんなところに気をつけて翻訳したか」を説明することから始まりました。すると、魔王様を除けば妙齢(!)の女性ばかりの集まりですから、「いまだ残る未練が雪によって喚起される」(演歌派)、「いや結構醒めていて過去の思い出を昇華しようとしてるんじゃないの」(ユーミン派)、「自分に酔ってるよね」(思いつかないので、さくっと「その他」派)等々、感想、出るわ出るわ。総じて、「訳文を考えるのがとても楽しかった」というのが女性メンバーの一致した感想でした。
 そして、最後に真打ち魔王登場となるわけなのですが、管理人さんは、まず「どんなToneで書かれているか」というところから入ります。女性陣がさまざまに感想を述べたにも関わらず「直接的に話者の感情を表現する言葉はないですよね」だから「淡々とした日本語で表現したい」。なぜなら、それが著者の意図するところだから。

 この管理人さんの説明を聞きながら、女性メンバーは(たぶん)みな「自分は読者と同化しすぎていた」と感じていました。作品への思い入れは必要ですが、読者と同化してしまっては、著者の思いをきちんと伝えることはできません(これは著者に対しても言えることかなと思います。著者の思いを伝えたいという気持ちばかりが先走った訳文も、やはりよい訳文とは呼べないような気がします)。
 ホワイトボードには「訳者は、最初に読むときは無色透明な気持ちで読むべき」と書いていますが、あとで、それもちょっと違うかなーという気がしてきました。訳者も、最初は読者として読んでよいのではないかと。あくまで私の個人的な考えですが。そうでないと「これはいい」「この文章を他人にも伝えたい」という気持ちが湧きにくいような気がするのです。そうした「これを伝えたい」という気持ちは、訳していく上で大きなモチベーションになります。だから、ざっと一読するときは、まず読者として読めばいい、その代わり、もう一度熟読するときは、距離をおいて英文をきちんと観察することを忘れない、そして訳すときは「(自分がではなく)著者が日本語でその文章を書いたらどう書くか」をつねに頭に置いて訳す、この3つの立場を混同することなく、原文そして訳文と向き合えばいいのではないかと、一日経った今は、そんな風に考えています。
 ――というところからの、「読者として、観察者として、そして訳者として」ですが、若干芸がなさ過ぎた感ありますね(汗)。

 この課題では、「その訳語をそのまま(日本人読者に向けた)訳文に当てはめても大丈夫か」「ダブルミーニングの言葉の、ほのめかされている方の意味をどこまで訳文に反映させるか」といったことも話題に上りました。これらについては、現在も、FBのグループで議論が続いています。たぶん答はでないけど。

 白状しますと、訳文を仕上げたとき、心中密かに「いいのできたー♪」などと思っていたわけです。それが、「(たとえ日本文として悪くないものだとしても)作者の意を汲んだ訳文ではなかった」という事実をどかんと突きつけられるのは、辛くはありますが爽快でもあり、少し時間を置いた今、自分に必要なボディブローだったと思っています。「よくできた」と思っていた訳文を褒められたりすれば、それこそ天狗になってしまっていたに違いありませんから。

 というわけで、今回も、さまざまに考えさせられた勉強会でした。
 何回目になっても、いつも何かしら学びがあり気づきがあります。それは、「成長が遅い」ということなのかもしれませんが、決して「成長していない」ということではないと思っています(希望的観測)。「もう学びも気づきもなくなった」と思ったときこそ要注意なのかも知れません。

 来月は「番外編」準備のため、通常の勉強会はお休みです。お盆明けに再開の予定。「番外編」にお申込みいただいた皆さんは、公会堂でお会いしましょう(でもたぶん背景に同化しているはずなので見つからない)。
2019.06.15 18:33 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |