屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

つつがなく終了しました。
廃人継続中のSayoです(スイマセン、体力ないもんで)。

思いつくままに書き留めておきます。

まずは、おそらくこちらの記事を読んでくださるに違いない、講師の皆さま、ご参加くださった皆さま、ともに実り多く楽しい勉強会を作り上げてくださってありがとうございました。
懇親会でも、各所で翻訳に関する熱い談義が交わされていたようで、出席された方の「もっと学びたい」という気持ちがひしひしと感じられ、お世話させて頂いた側としては、こんな嬉しいことはありません。
今回、勉強会や懇親会に参加できなかった方は、また何かの機会に是非(あ、ワタシがやるとか言ってないです<念のため)。

会場、かなり暑かったですね。あれでも、エアコンは「High」設定で全力で仕事をしていたので、許してやってください(建物かなり古いのです)。

今回、前半の講義部分は、一番後ろの席で、運営目線で(って何さまやねん<自分)全体を見させて頂きました。

皆さんが、熱心に聞き入ったりメモを取ったりなさるのを拝見するのは本当に嬉しいものです。
離れたところから拝見していると、たとえば、皆さんのメモ取りの手が止まったり、T橋(さ)さんが若干早口になられたりしたところで、F井さんが合いの手を入れて交通整理をしてくださったり、T橋(あ)さんが「今、資料のココ~♪」と頭上に資料を掲げて示してひと息入れてくださったりしているのがよく分かります。今回もピッタリ息の合った絶妙のコンビネーションであるように思えました。


配布された資料には、5月のシンポジウムの内容が反映されており、前半の講義は、シンポジウムや翻訳祭で語られた内容を盛り込んだ最新のものになっていました。
前半最後のワークには前回と同じテキスト(T橋(さ)さんご自身の文章)を使用しましたが、前回の自分の結果と見比べてみると、異なる解答をしているものも少なからずあり(しかも、前回きちんと分類できていたものができていなかったりしとるし!)、自分は進歩できているのか退歩しているのか分からんわーと若干落ち込みながら、今この報告書を書いています。

今回は、このワークに関する質疑応答でかなり熱い議論が展開されたのですが、面白いと思ったのは、発言された方の多くが「英訳することを考えると」的なことを仰っていたこと。白状しますと、自分自身はその点をきちんと意識しながらやっていたわけではありませんでした。
今改めて考えてみると、「どんな英文からだと、この日本語ができるだろう」という風に考えながら作業をしていたように思います。それを、自分としては「英訳」と認識していなかったのですが、よく考えてみれば、「こういう英文ならこう訳す」と「この日本語なら英文はこうだろう」は、表裏一体の関係のような気もします。もちろん、英語表現をもっときちんと自分のものにしなければ英訳はできないには違いないのですが、「英訳は和訳の学びになり、和訳は英訳の学びになる」というのは、この基本の部分をしっかり理解し確立させてこそ実現するものではないか、という気がしました。
上手く説明できなくてすいません。「頭のすみをちらっと掠めて何かが行きすぎた」的な気分です。そのときも疲れてましたし、今も廃人ですので(と言い訳してみる)。

後半の訳例カードも前回と同じで、most(の訳語)の現われる位置によって、訳文の書かれたカードを分類するというものでしたが、1枚1枚きちんと復習したわけではないので、ほとんど内容を忘れてしまっており、また新たな気持ちで挑戦しました。
ちらちら見ていると、どの班でも、最後の方では皆さん積極的に発言されていたようで、ゲーム感覚で楽しみながらやっていただけたのではないかと思います。
最後の班別発表では、発表者の方から「実際に音読してみるとまた違いますね」という発言もあったりして、それぞれがさまざまに得るものがあったのではないか--そうであればいいなと思っています。


自分自身を振り返ってみれば、前回「述語から読む・訳す」に参加してから、「位置を固定してぴったりの言葉を探す」ところから、「位置を変えてぴったりの表現を探す」「どこまで表現を変えても文全体として等価になるか」といったところに意識が向くようになったような気がします。
ただ、ワタクシの悪い癖として、「ひとつのことに意識を向けるとその他の部分がお留守になる」ということがあり、最近では、「文全体としての等価」ばかり考えすぎた結果、勉強会で「...かなり自由ですね(注:ほめ言葉ではありません)」と評される羽目になり、シンポジウム後、文の切れ続きばかりに意識が向いてしまって、他が疎かになるということがありました。
「まずは原文の文法をきちんと理解し、その上で、流れも意識しながら、原文の意図・対象読者を考慮した、日本語としておかしくない訳文を作成する」、どれかを置き去りにすることなく、すべてを過不足なくできるようになる、というのが目標です。そのための訓練のひとつとして、(それだけに意識が偏らないよう注意しながら)「述語から読む・訳す」で学んだことを、「自分の中に」もっとしっかり取り入れていきたい、その再確認の場となった「大阪でもレッスン!」でした(とか、カッコいいこと言って、ホンマは段取りと懇親会のことしか考えてへんかったけどな)。


講師の皆さんは素晴らしい方々でしたが、講師が素晴らしいだけでも、事務局がしっかり準備しただけでもだめで、参加者の皆さんが積極的に参加してくださって初めて「よい勉強会」が成立するのではないかと思いました。最初に、F井さんが「翻訳のレッスンの該当箇所を読んできてくださった方」と尋ねられたとき、全員(だったと思う)が挙手されました。始まる前から積極的にご参加頂き、本当にありがとうございました。


事務局は本日をもちまして解散致します...はずでしたが、いろいろとオトナの事情(?)があり、当面存続することになりました。
次のお知らせをすることが...あるかもしれません。期待せず、気長にお待ちください。
2018.07.03 18:02 | 大阪でもレッスン2018・跡地 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「大阪でもレッスン」招致事務局「臨時」スタッフのSayoです。

ご出席の方宛の記事になりますので、出席されない方は読み捨ててください。

今回は、初めての方、I-JETから続けて出席される方がそれなりにいらっしゃるような感じですので、勉強会会場について、再掲しておきます。

場所:神戸大学学友会大阪クラブ・大阪凌霜クラブ セミナールーム(大阪駅前第1ビル11階)
https://www.osaka-ryoso.com/(凌霜クラブHP)
https://www.1bld.com/floor/floor_11.html#container_inner


セミナールームで昼食を摂っていただけるよう、当日は11時には部屋を開けておきます。
どうぞご利用ください(食べ終わったあとのプラスチックやごみ類はお持ち帰りくださるようお願いします)
なお、受付は11時30分からとなります。
懇親会に出席される方は、受付で懇親会費もお支払いください。

JR大阪駅方面から来られるかたは、桜橋口を出てヒルトンホテルの方向を目指してください。徒歩5分弱です。
桜橋口と大阪駅前第1ビルの位置関係は下図のとおりです(地下通路もあります)。
https://www.mapion.co.jp/m2/34.70163687,135.4951046,16/poi=L27205020000000000012
(少し拡大すると、「大阪駅前第1ビル」の名称が表示されます)

建物の中央にエレベータが何基もありますので、11階まで上がってください。
神大クラブの倶楽部受付とセミナールームが建物の両翼に分かれる配置になっており、たまに間違って倶楽部の方にいかれる方がおられます。
セミナールームの扉に「翻訳フォーラムワークショップ会場」と書いた紙を貼っておきますので、目印にしてください。
上記フロアマップの⑫の位置になります(ちなみに、倶楽部は⑤)

現時点(27日夜)、当日は曇り時々晴れ、最高気温32℃の予想となっております。
熱中症には十分ご注意ください。

それでは、当日お会いできるのを楽しみにしております。
気をつけてお越しください。
2018.06.28 00:03 | 大阪でもレッスン2018・跡地 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「大阪でもレッスン」招致事務局臨時スタッフのSayoです。
以下、事務局からの連絡です。

1 懇親会について

本日、「述語から読む・訳す」にお申込み頂いた方宛てに、招致事務局から懇親会の案内を送らせて頂きました。
お申込み頂いた方で、「メールが届いていないよ」という方は、osaka-lesson@studiokoala.com までご連絡ください。

人数を確定する必要がありますので、メールに書かれた期日までに出欠のお返事をお願い致します。
また、出席を予定されていた方が、急用や体調不良などで出席できなくなった場合は、キャンセル期日までにご連絡ください。
それ以降に連絡を頂いた場合は、キャンセル料金が発生します。
懇親会参加費は、当日受付でお支払いください。
(キャンセル料金が発生した方には、後日、事務局の方から連絡いたします)


2 事前の予習について

今回、現時点で、翻訳フォーラム様から、事前配付資料があるとの連絡はいただいておりません。

なので、手ぶらで来ていただいて問題ないかと思いますが、若干の予習をしてきていただけると、当日のお話の内容がさらによくお分かりいただけるのではないかと思います。
私自身が、何の準備もなくスゴいセミナーに出席すると、「よかったー!!!」とセミナー・ハイになり(いや、何でも「ハイ」を付ければいいってもんじゃないのはよく分かってますが)、「よかった」ことだけが記憶に残ってしまい、結局身につくものは少なかった、ということが過去に多々ありましたので、まあ、老婆心とお考えくださいませ(←実際、そこそこ年だけはとってる)。

高橋さきのさんの仰ることは、「翻訳の基本」ともいえる大事なことだと思うのですが、難しいです。そしてさきのさんは、熱が入るにつれて早口になります。ノート取りは...難しいかも。
そこに、深井さんが「さきのさん、待って」「これってコレコレのことだよね」と合いの手を入れてくださって、私たちが拝聴したことを整理する時間を作ってくださいます。
そして、高橋聡さんは、常に私たちの様子に目を配り、必要に応じてヘルプに入ってくださいます。
「述語から読む・訳す」は、そんな風に、フォーラムの3人の方々の絶妙なチームワークで成り立っているのです。

...話が逸れましたね(屋根裏では日常茶飯事)。
事務局では、そんな、内容的にも進め方的にも素晴らしいレッスンから、ご出席の皆さんに少しでも多くのものを持ち帰っていただきたいと考えています。

ということで、お時間に余裕がありましたら、以下の記事や書籍に目を通してきていただけましたら幸いです。
(雑誌記事や書籍で、お買い求め頂かなければならないものもあります。お手元にない場合は、JTFジャーナルだけでも目を通していただければと思います)。

* JTFジャーナル2016年11/12号 「続・翻訳者のための作戦会議室」(第4回、P18-19) 「翻訳とはなにか~足元を見直そう~」
* JTFジャーナル2017年11/12号 「続・翻訳者のための作戦会議室」(第9回、P14-15) 「述語から読む・訳す」
  JTF会員でない方も、ログインIDを取得することで、PDF版を読むことができます。私も非会員ですので、そのようにしてJTFジャーナルを読んでいます。

* 翻訳事典2018年度版(アルク) 「プロに必要な日本語力はどうしたら身につくか」(P56-57)

* 「翻訳のレッスン」 レッスン4 訳文づくりと日本語の「読み・書き」(高橋さきのさんパート、P134-176)


残念ながらご参加いただけない方も(ワークショップ形式で行うこともあり、あまり多くの募集人数を設定することができませんでした。ご容赦ください)、興味が湧かれましたら、目を通してみていただければと思います。
2018.06.11 13:30 | 大阪でもレッスン2018・跡地 | トラックバック(-) | コメント(0) |

[5月28日 21時追記]
先ほど、満席となりました。
多数のお申込みを本当にありがとうございました。

販売条件の記載に
「※システムの都合上申し込み後のキャンセルは受け付けられません。お知り合いに受講の権利をお譲りいただくことはできますが、受付でのトラブルを防ぐため、必ずおいでになる方のお名前を事前にお知らせください 」
とありますとおり、キャンセルはできません。ご了承ください。
万一、急な予定変更等で出席が叶わなくなりました場合は、上記の記載にありますように、お知り合いの方に権利を譲るなどして頂けるようお願い致します。その場合は、「問合せ先」アドレスまでご連絡ください。
懇親会の場所や費用等の詳細は、大阪招致事務局から追ってメールにて連絡致します。今しばらくお待ちください。



[5月24日追記]
申込み開始日が5月28日(月)正午に変更になりました。
お間違えのないようお願い致します(スイマセン、よろしくお願いします)

***

7月2日(月曜日)、翻訳フォーラムのレッスンシリーズを、大阪で開催していただけることになりました。

題して、
レッスンシリーズ第9弾「『述語から読む・訳す』ワークショップ in 大阪」

日時:7月2日(月曜日) 12:00~16:00 (11:30受付開始)
場所:神戸大学学友会大阪クラブ・大阪凌霜クラブ セミナールーム(大阪駅前第1ビル11階)
https://www.osaka-ryoso.com/(凌霜クラブHP)
https://www.1bld.com/floor/floor_11.html#container_inner
(こちらの12の位置になります)
講師:高橋さきの
助手:深井裕美子、高橋聡
 * 受付は11時30分ですが、会場は11:00から開放しますので、お弁当等を持参して召し上がっていただくこともできます。ゴミは必ずお持ち帰りください。
 * 第1ビル地下2階にコンビニがあります。
 https://www.1bld.com/floor/floor_b2.html#container_inner
(こちらの12の位置になります)

詳細は、以下の画面をご確認ください ↓ ↓ ↓ ↓

http://bit.ly/fhonyaku_Lesson9

5月28日(月)正午から、こちらの画面から申込みできるようになります。

ご存じの方も多いと思いますが、翻訳フォーラムのレッスンシリーズは、フォーラムメンバーの方々が、講師として、辞書の種類やその使い方、Simply Termsなどさまざまなテーマで話をしてくださるもの。話を聞くだけではなく、実際にその場で課題に取り組むワークショップ形式のものもあります。
(これまでのレッスンの内容は、「翻訳フォーラムからのお知らせ」でご確認ください)


私も、昨年秋の第7弾「『述語から読む・訳す』ワークショップ#7」に参加しました。


「翻訳」をテーマとしたものとしては、初めてのワークショップ体験でした。
このワークショップ以降、自分の中で、原文や訳文との向き合い方が(ほんの)少しだけ変化したように感じています。
それまでは、「この訳語、ちょっと違う」と感じたとき、訳語やフレーズの範囲で言換えを考えていたのですが、グループワークで「パターン分け」を体験した結果、文全体を対象に言換えを考えることが増えたように思います(<あくまでも、それまでの自分比です<念のため)。
そういう、思考の自由度を広げてくれるワークショップで、とても新鮮に感じました。

そうして、同じようなワークショップを(関西近郊の)他の方にも体験してもらえたらなあと、ずっと思っていたのです。

そんなとき、JTF関西セミナーの講師として、翻訳フォーラムメンバーの深井さんと高橋(あ)さんが来阪されました。
そこで、懇親会の席で「大阪でもフォーラムのレッスンをやっていただけないでしょうか」とお願いしたところ、「喜んで」と瞬諾頂いてしまいまして...責任を取って、再び(しんハムさんとともに)臨時スタッフを務めています。
以前、どこかで、「もう『臨時』jはやらん」と誓ったような気もしますが、翻訳フォーラムが「レッスンシリーズ(しかも『述語から読む・訳す』!)」を携えて来て下さるという。これはもう、過去の誓いは忘却の彼方へと投げ捨てて、お手伝いせねばなりますまい(きちんと受入れできるかどうか、甚だ不安ではありますが)。

IJET大阪が終わったばかりで、お疲れMAXの方も多いかと思いますが、そこを何とか!! 是非ご参加を検討ください。


なお、勉強会後、参加者の方を対象に、招致事務局(2人しかおらんけどな)主宰で懇親会を予定しています。
(勉強会会場近辺、17時開始~2時間程度)
申込みされた方には、事務局から追って詳細を連絡させていただきます。
勉強会と併せてご検討いただけましたら幸いです。
(* フォーラムの皆さんは、それぞれ忙しい方ばかりです。全員のご出席が叶わない可能性がありますことご了承ください)
2018.05.23 17:23 | 大阪でもレッスン2018・跡地 | トラックバック(-) | コメント(0) |