屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

朝日新聞の夕刊に連載されていた「英語をたどって」を興味深く読みました。

「私たちはどうしてこんなに英語に苦労させられるのか」という疑問から始まった連載の最終回、筆者は、お互いの英語能力を品定めしようとする「この国に住む私たち」がその犯人なのではないかとした上で、その自作自演の「苦しみの連鎖」から脱出しませんかと呼びかけます。

中抜きで結論だけ書いてしまうと、筆者の考えるところが正しく伝わらない恐れがあるので、興味を持たれた方は、連載を全て読んでみて頂きたいなと(「朝日新聞」デジタル版の有料会員登録が必要になりますので、一番安上がりなのはやはり図書館かと・・・11月5日~20日までの全10回連載です)。

著者は「英語学習というと、よく『読む、書く、聴く、話す』の4技能をバランスよくとか「総合的に」なんていわれる。でも、きれいごと過ぎないか」と問い掛けるのですが、ビジネスの場では、4技能がそれなりにできる人材の方が重宝されるのは事実。著者の言わんとするところは分かるのですが、それでも、英語を勉強しなければ「ならない」立場の人がたくさんいる現状は一朝一夕では変わらないだろうなと思います。そんな中で個人の意識を変えていくことは途方もなく難しいだろうとも。どうするのが最適な道なのか、私には分からないのですが。

ただ、「英語教材をいくら勉強しても、そこに『言いたいこと』は書いていない。言いたいことを言う力をまず鍛える。日本語で出来ないことが、英語で出来るはずはない。そう思いませんか」という最後の問いかけは、本当にそうだと思うのです。そのためには、「言いたいことを英語で言えないもどかしさ」を経験することが大事なのではないかと思います。少なくとも、自分の場合はそうでした。


1960年代前半生まれの生徒の多くが(たぶん)そうであったように、中高では文法とリーダーを中心に英語を学び、大学では教養課程でReadingのみの授業を受けました。てことで、writingはテキストに沿った単文ならOK、会話能力はゼロのまま社会に出ました。
20代の頃には、「英会話ができたら格好いいな」くらいの気持ちで英会話スクールに通った時期もありました。ただ、その英語で何がしたいというわけではなく(翻訳の勉強はしていましたが、自分の中で翻訳と英会話は切り離して考えていた感じです)、当時の私の考えていた「英語ができる」は「Nativeに近い発音で流暢に会話が続く」以外の何物でもなかったと思います。

35歳の時、アメリカに飛ばされた旦那に帯同して海を渡りました。

「せっかくアメリカに来たんだから、英語ができるようになりたい」とか思うわけです。学生時代はClassroom-smart的優等生だったし、多少は翻訳の仕事もするようになっていたので、「他の人よりできないと格好悪い」とか「他の人より早く上達したい」とか思うわけです。根が負けず嫌いなもんで。
という訳で、近くのCommunity CollegeのESL(English as Second Language)のクラスに通い始めます。めでたくESLを卒業できれば正規の英語のクラスを取ることができます。

転機(?)は、ESLから這い上がって取った正規の英語のクラスで訪れました。
「English 101」と呼ばれるそのクラスは、無理に訳せば「大学英語入門」とか「教養課程英語購読I」みたいな感じでしょうか。高校を卒業して大学に入学した学生は、必須単位として必ず履修することが求められます。
小心者の私は、「周りは英語を母国語とする学生ばかり」というその事実にもう気後れしていました。授業では、普通のDiscussionの他に、1人1台PCを使い画面上でチャット形式で意見交換も行ったのですが、単語の綴りに自信がなく読むので精一杯の私は、全く付いて行くことができませんでした。ESLでも、Discussionでは、とにかく喋るクラスメート達に圧倒されて殆ど口を挟むことができず、挙句の果てに「Sayoには自分の意見はないの?」と聞かれるような屈辱を味わっていましたが(お前らが黙らへんから喋られへんのじゃ~!!<心の声)、チャットでは、私は「その場にいない者」として扱われ(発言しないので当然なんですが)、それは「意見はないの?」と尋ねられる以上の屈辱の日々でした(決してクラスで苛められていたとか、そういうことではありません)。

そして、「言いたいことを英語で言えないもどかしさ」を味わったのでした・・・と続けたいところですが、事実は少し違って・・・

授業にはEssay writingの課題もありました。最初の課題こそ「テキストの3つのEssaysを読んで意見を述べよ」みたいな平凡な課題でしたが、2回目からは「この学校に進学しなかった友人に今の生活を教える手紙を書け」だの「あなたがよく行く店のShop Ownerにクレームレターを書け」だの、俄然面白い課題になりました。長くこのブログを読んで下さっている方は分かると思うのですが、こういう魔球(?)が来ると、私は、俄然燃えるヒト。先生、グッジョブ。
クラスでは、2人の学生がPairになって相手のEssayを読み感想を述べるという時間がありました。その時、Pairの相手のEssayを読んで、「この子ら、全然たいしたこと書いてへんやん」と思ったのです(English 101に全身全霊を捧げている私と「取りあえず通ればいいわ」とやっつけ仕事をやって来る学生を比べるのはそもそも間違っているかもしれないのですが)。もちろん、私の書いている英語は稚拙だったし語彙も少ないし間違いもたくさんありました(あとで、先生にがっつり直されました)。でも、「内容では負けへんで」と思ったのです。何しろ、書くのが好きなヒトなもんで。「もっと英語ができたら、もっと上手く伝えられるのに」「もっと上手く書くのに」と。

私の真の「英語ができるようになりたい」は、ここから始まったような気がします。中学校で英語を習い始めた時から計算すると、実に20年以上の時間が経過していました。でも、それを実感できただけでもよかったのかも。

「きちんと伝える」ためには、何をどうすればいいのか? 「読む、書く、聴く、話す」力をつけていかなければならないのは当然なのですが、「自分はどう考えるのか」がなければ、相手にきちんと物事を伝えることができません。きちんと理解してもらうためには、発音もそれなりに大事です。そんな風に考えると、自分に相応しいアプローチは何かということも、自然と決まったような気がします。

もしも、20年前に、誰かから「英語教材をいくら勉強しても、そこに『言いたいこと』は書いていない。言いたいことを言う力をまず鍛える」ことが大事だと言われたとしたら、私は「本当にそうだよな~」としみじみ納得したと思います。でも、自分でよくよく考えて心から納得したことではなく、所詮は「教えて貰った大事な言葉」に過ぎないので、時が経てば、初めてその言葉を聞いた時の感動や納得も、次第に薄れていってしまったのではないかという気がします。そして、20年後の今も、「英語『が』できるようになりたい」と、ちょっと方向のズレた努力を繰り返していたかも。

そんな訳で、最初転勤の話を聞いた時は頭が真白になったものでしたが、今では、アメリカに連れて行ってくれた旦那に感謝しています。小心者の私が、自ら「1人で海外に出よう!」と決心することなどまずなかったと思いますので。そう考えると、やはり、子供以上に手の掛かるヤツのアレもコレも我慢しないといけないのかもしれないな~、というのが、今日の記事のオチなのでした(て全然関係ないし)。
2013.11.26 18:01 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(2) |
最近までStephen KingのThe House on Maple Street and other storiesを聴いていました(というのは、Audio CDのながら聞き流しということです)。

“The House …”は、4人兄弟が、母や自分たちに辛くあたる大学教授の継父(と書くとありきたりな表現になってしまうのですが、母や子供たちを折檻するとかではなく、例えば大学の同僚を招いてのパーティでホステスである母親が体調不良で失態を犯した時、その体調を一切心配することなく『自分の』パーティを台無しにしたことを責める、という感じ。仕事以外は無関心なタイプのようです)を、ロケット化した自宅ごと宇宙に飛ばしてしまうというお話。4人兄弟+母親が(継父から)救われたことよりも、計画を主導して嫌な人間を排除してしまった長男(13歳)が、この先どんな大人に育ったのか、ちょっと気になったりしてしまったのでした(お話は、4人の兄弟姉妹が家跡に座り、嘘をついて外出させた‐継父と一緒に飛んで行ってしまっては元も子もないですからね‐母親の帰りを待つところで終わっているんですけど)。
“Umney’s Last Case”は、探偵小説の作家が自作の主人公の探偵(Umney)の人生を乗っ取る話。
“Head Down”はエッセイで、息子の少年野球チームが1989年の州チャンピオンになるまでの数ヶ月間を追ったもの。
“Umney …”は、まずこの探偵さんの名前が聞き取れなかったこともあり、ちょっとストーリーを追うのに苦労しましたけれど、どれもまあまあ面白かったです。”While 家族の性s were summering in England”(○○家が英国で夏を過ごしている間に)なんて、絶対自分では思いつかない表現も出てきたり。

で。
今はDan Brownの”Lost Symbol”を聴き始めたところです。
はい、今さらはじめてDan Brownさんでございます(映画も未見)。かつて書店で(シリーズの別の作品だったと思いますけど)ペーパーバックを手に取った時、その字の細かさにゲンナリして「英語も難しそう」と(勝手に)思い込んでしまっていたのですが、14分の1(CDが14枚あるってことです)を終わった限りでは、以外に聴き取り易く、あまり凝った表現は使われていないのかなあと思いました(この「聴き取り易く」は、朗読者に左右される部分も大きいんですけど)。
てことで、”Lost Symbol”、ぼちぼちいきます。

という記事を書いていて、いったい自分は今まで何時間ぐらいこの聞き流しをやったんだろうと、フと興味が湧きまして、超大雑把に計算などしてみました。

この「聞き流し」を始めたのは1998年の初め頃。ボランティア先の非ネイティブスタッフから、「お金も掛からないし(Audio Bookは図書館で借りる<元手は再生用のプレーヤと電池代のみ)いいよ~」と薦められたものです(金の亡者Sayoには、何よりもこの言葉が効いた)。

当時は平均すると毎日1時間+α(350日)は聞き流していたと思うので(暇だったという説もある)、年間450時間くらいとして、帰国するまでの6年間(1998~2003年)で2700時間。
帰国後は聞き流し時間も半分程度に減っているかなと思うので、年間225時間として8年間(2004年~2011年)で1800時間。

合計4500時間(/14年)

自分的には、「とにかく空いた時間は聴きまくっていた」(特に滞米時)印象があったので、これは想像していたより少ない数字でした(つまり、もっと勉強したと思っていたってことさ)。
ヒアリングマラソンのたった4.5倍じゃん(しかも14年だよ、14年)。

てことで、「ヒアリングマラソン1000時間で『使える英語』が身につく」というのは、それなりに正しいのかも、と思たりしたのでした。ボキャブラリの貧困という問題は取りあえず置くとして、natural speedで話す相手の言うことをだいたい理解し、取りあえず1st responseを返すことができるようになるまでに、3年くらいは掛かったと思うからです(ただし、これは「聞き流し」と「音読」を並行した結果です。決して聴き続けたから魔法のように喋れるようになるということはないんじゃないかと思います<あくまで「Grammar & Reading大事」教育で育った私の場合ですけど)。あ、別に私はヒアリングマラソンさんの回し者ではなく、特にこの教材をお勧めしているわけではありません(よろしくないと言っているわけでもありません)。実際、この教材の中身は全く知らないのです。ただ、「1000時間」というキリのよい数字が比較対象としやすかったということで。念のため。

やっぱり「無理なく習慣としてそこそこ楽しく毎日継続」が大事なのかなと。
“Lost symbol”、続きが気になるし。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.11.07 18:32 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(0) |
これらのフレーズは、フィギュアスケートの解説で聞きなれておりましたので、私はずっと、これらはフィギュアスケート独特の言い回しだと思っていたのでした。
でも、実はそうじゃなかったのでした。
(知るのが遅すぎという説もありますが)

フィギュアスケートではどんな風に使われているかと言うと・・・

Whole Packageは、解説者(ペギー・フレミングやスコット・ハミルトン)が、特にミシェル・クワンの滑りを表現する際、好んで使用していました。

“She is just a whole package.”

みたいに。

先日Weblioで検索してみましたら、Wiktionaryの項番2に「(usually with the) Something or someone that possesses a full set of relevant characteristics, usually desirable ones.」という記述がありました。

フィギュアスケートで言えば、「技術的にも芸術表現的にも素晴らしいものを持っており、それを氷上で的確に表現でき、なおかつ観客の心に訴えることができる」スケーターってことになりましょうかね。それをひとつの形容詞で表現するのはとても難しい。考え過ぎて頭が痛くなったので、Whole packageはwhole packageとして英語のまま理解することにしました。これまで仕事で遭遇したことはなく、今後も恐らく遭遇することはないと思われますので。
ちなみに、(個人的に)うまく日本語にできない英語の中には、他にoverwhelmという語があります。辞書には「圧倒する」などの訳語が掲載されていますが、何か違うような気がするのよね。何というか、もう少し感情的要素が強いんじゃないか、みたいな? 特にfiction / non-fiction分野の英語ですが。こちらは、ごくごくたまに仕事でも遭遇することもありますが、そのたびに文脈と照らし合わせながら、脳味噌絞っております。

in the zoneも、やはり日本語にするのが難しい表現です。皆さん、やはり苦労されているようで、フィギュアの雑誌だったと思うのですが「ゾーンに入る」とまんま訳されていたのを見かけたことがあります。カナダ暮らしが長かった本田選手(フィギュアの、だよ)も、やはり「ゾーンに入る」という言葉を使っていました(日本語でのインタビュー記事です)。

こちらもWiktionaryの項番1に「In a mental state of focused concentration on the performance of an activity, in which one dissociates oneself from distracting or irrelevant aspects of one's environment.」と記されておりました。その通りやで。やるやん、Wiktionary。

いい集中の状態と言えばいいでしょうか。

のってくるとも違うし、自分の世界に没入するという感じでもない(誰の記事でしたか忘れましたけれど、いわゆる「ゾーンに入った」状態の時、演技に集中しつつも、結構冷静に観客の様子を見ていたというような記述があって、「周りも見えているんだなあ」と思った記憶があります)。ほんじゃ、どう訳すねんという話ですが・・・すいません、やっぱり思いつかないっす。

あと、ジャンプの回転不足を表現するのに、cheatという語がよく使われます。回転が足りないまま着地し、そのまま(氷上で)トウをぐるりんと回して、きちんと回転して着地した後滑って行くはずの方向に向かう(ので、Sayoのような素人目には、一見きちんとした綺麗なジャンプのように見えます)ため、cheat(騙す)と呼ばれるのかなと思います。

“She cheated her triple.”

などのように使われます。

フィギュアスケートのシーズンが始まろうかという時期になって参りましたので、自分もそろそろ始動せなあかんな~(何を始動する?)と思いつつある今日この頃。手始めに、先日、書店で「ワールドフィギュアスケート」の最新刊を立ち読みなどしてみました(買えよ<自分<それなりに高いのよ)。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.10.10 15:16 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(0) |
先日、少しばかり、アメリカの医療制度(というか医学教育ですが)についての調査を必要とする案件に遭遇したのでした。いつものように、ちまっとした案件ですが。

で、その原稿中に、タイトルの語句がありました。原稿初読時は、まったく気にせずさらっと流したのですが、いざ、訳する段になって、「で、何で、ソレofficeなん?」ということが、どうにも気になってしょうがなくなってしまったのでした。アメリカでは、掛かりつけ医(日本生まれLA育ちの日本人先生)、産婦人科医(ちょっとアヤしい日本語を話す中国系アメリカ人の先生)、歯科医(高校卒業後アメリカの大学に進学しそのまま居ついてしまった日本人の先生)に掛かっていましたが、医院の名称は、いずれも「なんたらクリニック」だったんですけど?

アメリカで頑張っていらっしゃる先生(や看護婦さんやその他医療従事者さん)のブログはいくつもあるのですが、今回私が知りたい情報に触れている記事はないようです。いずれにせよ、ブログの記載を訳出に使用する場合は、やはり裏取りが必要(と、個人的には思っています)。ということで、いつものように別宅(図書館)に向かうSayoです(他にも、いくつか調べたい点があったしね)。

でも、アメリカの医療制度や医学教育制度について書かれた日本語の書籍って、なかなかない(参考文献もあたったのですが、イマイチ分からず)。

てことで、あまり期待せずに借り出したのが、「アメリカ臨床医物語」(中田力著 紀伊國屋書店)。これが思わぬヒットでありました。18年間アメリカの病院に勤務し、(2005年)現在は、日米を往復して臨床活動を行なっておられる先生の回顧録です。肩肘張らない内容で、さらっと読めるのですが、随所にアメリカ特有の医療制度についての簡単な説明があり、physician’s officeの謎もめでたく解明することができたのでした。

「たとえばひとりで開業することに決めたとする。必要なことは自分のオフィスを開くことと、どこかの病院に入院特権を獲得することだけである・・・(中略)・・・オフィスには特別な検査器具を必要としないからスペースさえあればよく、入院特権は自分が使いたい病院に申請を出しさえすればほとんど100%認められるものである」(66ページ)。

と書いてあるのを読んで、掛かりつけ医先生のクリニックを思い出しました。
スタッフは、ベテラン受付嬢ただ一人。尿検査も採血も先生自らが行なわれます。
部屋は、奥にメインの診察室(器材らしい器材は心電図計くらい)、その隣に小さな多目的室(ソファーベッドのある、しんどくなった患者さん休息兼点滴用)、その前の細長い通路が受付とその後ろの先生の執務室兼休憩室に続いていて、受付の先に入口と待合室があるという、細長いコンパクトなつくりのクリニックです。つか、本当に「オフィス」と呼んだ方がしっくりするかもしれない。
そういえば、X線検査が必要な時は、提携施設(車で10分程度)で写真を撮ってもらい、できあがったネガを持ってまたクリニックへ戻るという、面倒くさい手順を踏んでいましたっけ。
専門医 consulting physician の診察が必要と判断すれば、専門医への紹介状を書いてくれます(referral)。

私も、一度、不正出血で婦人科の専門医さんに回されたことがありまして(そこもまた、病院ではなく、クリニックです)、検査の結果(検査はそのクリニックでできたのでした)、子宮頸管ポリープがあって(しかも2個も!)日帰り手術をすることになりました。
その時、専門医先生の仰った「私が執刀するけど、ここでは手術ができないから、ナントカ病院でするからね」という言葉が、当時の私には意味不明だったのですが(日本だと、個人のクリニックの先生が、たとえば大学病院とかで手術をすることなんて、まずないじゃないですか)、今回、「アメリカ臨床医物語」を読んで、やっと謎が解けたのでした。
そこは、先生が入院特権 admission privilege を持っている病院だったのね。

その他にも、アメリカでは州毎に医師免許が発行されるとか、所定時間数の実践講習を受講して定期的に医師免許を更新しなければならないとか(CME: continuous medical educationと呼ばれるそうです)、翻訳にはあまり(ほとんど?)役に立たないかもしれないけれど、「ほおお」と思えるような記述がいくつもあったので、日英併記されているものは、こそっと秀丸君に入れてみたりなんか、してみたりなんかしてみたのでした。

というわけで。
最後になりましたが、ナゾのPhysician’s office、今回は「診療所」としました。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.09.03 00:04 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(0) |

これは「ながらリスニング」と違って、そのための時間を取らなければならないので、できない日もありますし、3分だけという日もありますが、だいたい350日/年くらいはやっているかな、と。 始めたのは「ながらリスニング」とほぼ同時期なので、こちらも、もう10年超(年取ったわ~)。もはや、「やらないと何だか気持ち悪い」習慣化してしまっているようです。

音読のための本は図書館から借りていましたので(←当時はまだアメリカ在住)、投資額はゼロ。金の亡者Sayoとしては、これ以上の勉強方法はないではありませんか。

最初は、
1.英語の喋り出しを容易にする(口に英語を覚えさせるという感じ?)
2.英会話で使えそうな表現を増やす
ために始めたので、小説を中心に音読していたのですが
(例によって馴染みのあるSidney Sheldonさんなどから開始です)

今は、
英会話のためというのも、もちろんありますけれど、
1.もしかしたら、ある日英訳に使える表現があるかも
2.動詞とともに使用される前置詞/副詞がスンナリ選択できるかも and
3.あわよくば、医薬を中心とするScience分野の語彙が増やせるかも
という点に重点を置いていますので、
以前アマゾンで洋書 & その後でも言及した
“The Best American Science Writing”
シリーズを中心に音読しています。
前年に各種雑誌/新聞に掲載された記事の選りすぐりなので、
しっかりした英語で書かれているんじゃないかと
(勝手に)思ったりするわけです。

このシリーズには、以前は物理化学、自然現象に関する記事も含まれていたのですが、新たに“The Best American Science Nature Writing”分野が創設されてからは、Science Writingの方はほぼ医薬(心理学含む)の内容になりましたので、個人的には興味の湧く記事が多くなって嬉しいです。
”Best American”には、他にSports、Essays、Mysteries、Short Storiesなどの分野もあるようです。

上でも書きました通り、選者が前年に各種雑誌/新聞に掲載された記事の中からBestと思われるものを選んだ選集なのですが、専門雑誌の論文ではなく、一般雑誌(たとえばTimesなど)掲載の、その種の記事に興味のあるLaymenを対象とした文章なので、むつかしい化学物質/薬剤/疾患名も登場しますが、文章としては難しいものではなく、文意は取りやすいと思います(一度”The Best American Essays”も試したことがありますが、個人的には、そちらの文章の方が難しく感じました)。

「音読やってみよう!」と思われる方がもしおられましたら、
やはり自分の興味のある分野の書籍や記事から始められるのがよいのかなと。
実は熱くフィギュアスケートを語るおばさんであるSayoも、
フィギュアスケート関連の記事や書籍ばかり読んでいた時期があります。
(読むのも楽し♪)

で。
音読のやり方ですが。

全然辞書を引かないで読む、
とにかく辞書を引きまくり発音を確認しながら読む
等々色々試行錯誤しましたが・・・

今は、「文意の理解に不可欠」だったり「どうしても読めない」だったり「発音してみたが何だかおかしい」だったりする場合のみ辞書を引くというやり方に落ち着いています。
あまり辞書を引きまくるのもやる気が殺がれますし、かといって、辞書引きなしも、あとで滅茶苦茶な自己流発音であることが分かって愕然としたりすることもありますので、自分としては、この辺りがちょうどいいのかなと。
固有名詞(難しそうな名前や細かな地名など)は・・・読みません(きっぱり<チェルノブイリとか、英会話のレッスンでも出てきそうな単語は、ちゃんと調べますけど<で、カタカナ発音と全然違ってて愕然としたりする)。

で、肝心の、
「ソレは翻訳の役に立っているのか」
ですが。
何度か書いてきましたが、実感としては、ごくたまに多分。
でも。
専門分野なし、PC恐る恐る(のめるとパニック)、ソフトあまり使いこなせず(ご機嫌悪くなるとパニック)で、「ちょっと大きな声で言ってもいいかしらん」なことと言えば、相手(というのはエンドクライアントさんと翻訳会社さんの両方ということですが)の存在を念頭に置いて丁寧に仕事をすることくらいの、「翻訳者」を名乗ることにいつまでも今イチ自信の持てない私に、10年間に音読した英文たちが、「でも、コレだけの英文を読んできたし」と何がしかの自信を与えてくれているのは、紛れもない事実なのです。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.04.23 12:24 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(0) |