FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「翻訳を勉強する会・番外編 ― 訳文による絵の描き方」(7月14日)にそなえて、『翻訳のレッスン』を再読中です。

内容の方は、「そうだった」と確認する部分あり、「そこは失念していました」と恥じる部分あり、「そこはきちんと理解できていなかったかもです」と今一度うんうん唸る部分あり、共感する部分あり…とさまざまですが、他の方もおっしゃるとおり「読む時期により心に響く部分が少しずつ違う」を実感しています。

翻訳の力をつけるためにはどうすればよいかということが、翻訳の準備(調査)、辞書引き、訳文のつくり方といったさまざまな視点から語られていまして、山岡洋一さんの『翻訳とは何か』同様、折に触れて読み返すのがいいんじゃないかと思っています(個人的見解です)。個人的には、翻訳をはじめてしばらく経ち、さまざまな壁にぶつかってどうしたらいいか分からなくなったときに手に取るのがベストかと。その時点で自分に足りないものが何であるかを確認できると思うからです。

でもだがしかし。

今日の本筋は、暑苦しく『翻訳のレッスン』の内容を語ることではないのでありました。

以前『PIXAR』の記事を書いたとき、「わたしは『あとがき』から入るタイプです」と書きました。先入観が入るのであとがきは読まない方がいいという意見もあり、それはそれで納得できるのですが、わたしはまず著者(OR訳者)の伝えたいことを知りたいタイプのよう。「はじめに」には、「こういうことを伝えたいのです」という力みが感じられることも多いのですが(「はじめに」なので、個人的にはそれはそれでよいのではと思っています。こちらの期待も高まりますし)、「あとがき」からは、多くの場合、直接そう書かれてはいなくても、行間から「わたし(たち)の伝えたいことはきちんと伝わったでしょうか」という読者への真摯な問いかけが感じられるような気がします。自分はそこが好きで最初に読みたいのかもしれないと思います。

で、再読でもあとがきから入るわけです。

そこ(『翻訳のレッスン』あとがき)に書かれているある部分が特に心に残りましたので、少し長くなりますが転記します。

人に教えを請うときの姿勢、そういう姿勢で臨まれたときにとことんやさしい先輩たち、議論するときのルール、そうした議論を通じて培われた信頼と翻訳愛、それを次の代にも継承したいというおもい―これも「恩送り」の一種なのだろうなと、わたしは思っています。フォーラムの方々だけではなく、多くの先輩方が、自分たちの次の世代が「翻訳は楽しい、翻訳が好きだ、翻訳したい」という気持ちと厳しい現実にどう折り合いをつけていったらいいのかを、さまざまな場所で、さまざまな形で、言葉で伝えてくださっているのだと改めて感じさせてくれたあとがきでした。

(今日もまとまらない内容でスイマセン

*****

「…Q&Aと言っても、今どきの『教えて』や『知恵袋』とはわけが違い、まず自助努力をするのがルール。自分で調べられるところまで調べ、過去ログも必ずさかのぼって読み、自分なりの根拠を添え、『こういうわけでこのように悩んでいるのですが』と尋ねます。尋ねるほうが真剣なら、答えるほうも真剣で、さまざまな調べ物をしたうえで、こちらも根拠を添えて『こうではないでしょうか』とレスを付けます。ハンドルネームとはいえ記名ですから、いい加減なことは書けません。皆、大まじめに取り組みました。勉強会も、順番に出題役をして、数人が訳を書き込み、それを互いに批評しあうというスタイル。うっかりすると喧嘩になるような場面でも、『訳文への批判と個人への批判を混同しない』という大原則のもと、侃々諤々やりあい、直後のチャットでは和気藹々と無駄口を叩くということが日常的に行われていました。先輩・後輩も利害関係もなく、ただ『翻訳』が好きな人たちが集まる場で、わたしたちは大いに鍛えられたのです。
今わたしたちは、翻訳学校やセミナー、大学などで話をしたり、原稿を書かせてもらったりする立場になりました。よく『惜しげもなくノウハウを教えてくださって』と言っていただきますが、そんなノウハウは元々は翻訳フォーラムで先達や仲間たちから教えてもらったもの。今度はそれを次の世代に渡し、少しでも翻訳者の地位向上を目指していくのが、今の私たちの仕事かなと思っています」(pp. 222-223)
2019.06.13 23:38 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

挿入や情報追加のために用いられる、いわゆるem dash(—)ですが、普段の英日の仕事でコイツに遭遇することはまずありません。勉強会の課題を別とすれば、数年前に受講した通信講座の課題くらいでしょうか。その頃、私は、ダッシュを含めたパンクチュエーションに対してかなり無頓着でした。参考書を片手にダッシュやセミコロンなどの使われ方を確認するくらいのことはしましたが、ダッシュは、訳文ではそのまま2倍ダーシにしていることが多かったような気がします。

勉強会を始めたばかりの頃、ダーシ使い(笑)の私は、管理人さんから散々突っ込まれました。ダーシのあとに句点を打った部分(「――、」)などは「そもそも見映えが悪い」と酷評されたものです。けれど、そのうち、管理人さんは「なぜそこでダッシュが使われているのか、どういう訳文ならそれを一番よく表現できるか、機械的にダーシを使う前に、まずそれを考えよう」と仰っているのだということが分かってきます(そして、蛇足ですが、特に縦書きでは、確かに「――、」や行頭行末のダーシが、思っていた以上に目立ってしまうことが多いように感じます)。

というわけで、思い立って、英語の参考書ではダッシュ(em dash)がどのように説明されているか確認してみました。

まず、取っつきやすい日本語の参考書から。

●「英語ライティングルールブック 第2版」(デイヴィッド・セイン著、2011年第2版第1刷、DHC)

「文中で補足的な説明を挿入したり、具体例を列挙したものを挿入したりする場合」(p219)や「前の文に対して、要点を述べたり補足説明をする場合、また言いかえたり訂正したりする場合」(p220)にダッシュを使用すると書かれています。さらに、「省略符号のように、ためらいを示すときなど文末にダッシュをおいて文の終わりを濁すように省略することがある(中略)ビジネスなどの正式な文書では使われない」(p220)

次は、翻訳フォーラムのレッスンでも紹介された参考書。

● 「Easy Learning Grammar & Pundtuation」(2015、Collins)

挿入や補足説明などの意味で使用されるダッシュが次のように説明されています(p311)。

- At the beginning and end of a comment that interrupts the flow of a sentence
- To separate off extra information
上が文中、下が文末で用いられる場合。個人的には少し言葉が足りないように感じます。
ちなみに、本書では、em dashとen dashをひとまとめにして説明していて(上の説明はem dashのもの)、em dashは「スペース+en dash +スペース」と記されていますが、こういう表記の方法も間違いではないようです。

では、私の好物のESL学習者対象の参考書の記述はどうなっているのか。

● 「The Ready Reference Handbook」(Jack Dodds、1997、Allyn and Bacon、絶版) pp250-251

1. Indicating an emphatic change in thought or feeling
2. Setting off parenthetical material—Use a pair of dashes to set off and emphasize parenthetical material.
3. Displaying lists—Use a dash to introduce a list or to connect a list to the main part of the sentence.
(このあとの説明は、やや詳細にすぎるきらいがあり、挿入や補足説明の意味で用いられているものに絞って記載しました。)

最後はThe Puncuation Guideというウェブサイト。今回em dashについて調べていてたまたま発見したのですが、その名のとおり、全編、いや全ページ、パンクチュエーションの説明。
em dashの説明:https://www.thepunctuationguide.com/em-dash.html

About meを見るかぎり、作成者は著明な研究者という訳ではなさそうなのですが、参考書籍・論文の数がハンパなく、この方の説明は十分参考にできるのではないかと思っています。
参考文献:https://www.thepunctuationguide.com/about-this-guide.html

説明は上記のページを見て頂くとして…このサイトの説明が他と大きく異なるのは、「カンマとの違い」「括弧との違い」という形でダッシュが説明されていること。若干物足りない感もありますが、和訳に際しては、この違いの説明も、訳文をつくるさいの手掛かりにできるかもしれません。

どれかひとつの参考書を確認するのではなく、たとえば、「英語ライティングルールブック」と英文の参考書1冊などのように複数図書(ORウェブサイト)を確認するのがいいのかなと思います。


こうしたことを頭に入れた上で、文脈と相談しながらダーシを使わない訳し方を考えるのは、しんどいけれどなかなか楽しい(それを上手く訳文で表現できないところが、なんとももどかしくも悔しくも情けなくもあるSayoです)。そうやって悩んだ結果、やっぱりダーシになることもあります。個人的には、普段の文章でそこそこダーシを使うので、ダーシを用いた日本語の文章にあまり抵抗はありません。でも、だからこそ今は、ダーシを極力使わない訓練も自分には必要かなと思っています。

これは、ダーシにかぎらないことですが、たとえ、結果的に「そちらの方がよい」と元の訳文(ORダーシ使い)に戻ったとしても、考えたこと・考える過程に意味があり、その行為は無駄にはならないと、この頃では思っています。


2019.05.07 00:22 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
先日、「飲み会に出かける友人に『楽しんでね!』とは言わない」というような話題で、Twitterが盛り上がっていて、私も一連のツイートを、興味深く、楽しく拝見していました。

元になっているのは、こちら ↓ の「最近、衝撃的だったこと」という記事。
ブログ主は、長年アメリカに居住されている方で、楽しい興味深い記事をいくつも書いておられます。
https://ameblo.jp/holeyflower/entry-12455000589.html

かいつまんで言うと、「英語ではそんな風に表現するが、日本語ではそうは言わないよね」という内容です。

確かに、私も「楽しんでね」は使わないかな...と思います(この辺は、もしかしたら年代差もあるのかもしれません)。同じ状況でしたら、「いいな~」「いってらっしゃい」「気をつけてね」あたりで送り出すかなと。「楽しんでね」は、個人的には、何というか...強すぎる。

けれど、同時に「元の英語にそこまで強いニュアンスはないのかもしれない」とも思いました。「楽しんでね」に対応する英語は、「Have fun」や「Enjoy」あたりでしょうか。これらの言葉を、アメリカの方々は、軽い気持ちで(さまざまな状況で)使うんじゃないかというのが、私の印象です(私の滞米歴など知れていますので、長期滞在のブログ主さんとは、もしかしたらまた少し感じ方が異なるかもしれませんが)。つまり、送り出す側の気持ちという点では、日米話者にそれほどの違いはないのではないかと思うのです。元の英語を最初に「楽しんで」と英文和訳で覚えてしまうために、「日本語ではそんな風に言わないよね」と話題になってしまう、ということもあるのではないかと。
皆さんが仰っていた「いってらっしゃい」「気をつけて」あたりが、心情まで汲み取っての、「Have fun」や「Enjoy」の真の訳語と言えるのではないかとふと思ったのでした。もちろん、状況(文脈)によりけりですが。
翻訳は、本当に難しく面白いですね。


(蛇足)

「つまらないものですが」は、また話が違うような...と思って、ちょっと調べてみました。

検索すると、新渡戸稲造がの「武士道」の中にこの言葉に関する記述があるようで、もともとは「精一杯選んだが、立派なあなたの前にはつまらないものに見えてしまう」という意味らしい。「つまらないものですが」には、へりくだると同時に相手を立てるという超高度な分かりにくい奥ゆかしい技(笑)が込められているようなのですね(実際どのように記載されているのか、一次資料(「武士道」)は確認できていません。興味のある方は「つまらないものですが」「新渡戸稲造」あたりでG検索してみてください)。

「へりくだる」部分は日本人的かなと思いますが、「相手を持ち上げる(褒める)」部分は日米共通かなという気もしますので、部分的に「気持ちは同じ」と言えるのではないかと(...て、「思いつき考察」なので、深く突っ込まないでやってください)。

とはいえ、「つまらないものですが」の部分のみが形式的な表現として残ったようでして、特に現代では、「つまらないもの贈ってどうするよ」と、やはりこの言葉には違和感が拭えません。今は「喜んでいただけるといいのですが」や「気持ちばかりですが」などと言うことが多くなっているようです。
2019.04.28 00:11 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(2) |

今号は保存版にするために購入しました。
(いつも地元の図書館に読みに行っています…スイマセン、スイマセン)

とりあえず表題の特集を読みました。一番気になっていたのは、河野弘毅さんの機械翻訳に関する記事と井口耕二さんの「道を拓く」で、おもにその2つの記事について書くことになると思いますので、最初に他の記事(一部)に簡単に言及しておきます。

● お金のこと
 執筆者は「状況は人それぞれ」として、ご自分の経験を書いておられます。お金のことって、後回しにしてしまいがちですが、最初から中長期的計画に組み入れることが大切ですよね(←組み入れてなかったヒト>なので反省をこめて)

● からだのこと(健康)
 老眼腰痛など「そのとき」がきて不自由な思いをしてから対処するより、予防に努めて「そのとき」を後延ばしにする方が、結局コストカットになると思います(切実)。大切なことだと思います。

● ITリテラシー
 「自分の翻訳スタイルをITの技術や知識をもとに説明できる」という部分に、本当はここまでできるべきなのだなと。それは、後述する、「自分で考え(て決め)る」にも繋がることではないかと思います。


さて、気になった2つの記事。

河野さんのMTに関する記事をきちんと拝読するのはこれが始めて、だと思います。これからはMTの時代になると仰りつつ、ベテラン翻訳者の言説も、MT開発者の言説もうのみにせず(「翻訳会社の言説」には言及しなくていいのかと思わないでもありませんが)、「発言者の『ポジション』に注意して話を聞く」ように書いておられること、すでに萌芽が認められる、あるいは今後台頭してくるであろうと思われるMT関連の種々の仕事を(PEも含めて)「翻訳とは呼ばないけれど、翻訳者の資質を必要とする仕事」と翻訳と分けて説明されていることなど、これはこれでナルホドと頷ける部分の多い記事でした。
河野さんが仰る「リンギスト」という仕事も、やりがいのある仕事の可能性を秘めているように思えます。とはいえ、現実は、「翻訳ではないのだから低料金でいいよね」な流れになってしまって(「時流に乗り遅れまい」を第一目的としてMTに参入する翻訳会社やクライアントが多ければそういう流れになると思います)、やりがいのある仕事に育つかどうかは不透明なような気がします。「やりがい」を感じるには金銭的評価も大事ではないかと、私は思います。
また、河野さんは、翻訳技能を磨くのがよいとしつつも、大ベテラン以外の翻訳者は、MTが使われる可能性に備えたほうがよいと仰っていますが、では、将来「人手翻訳者」となるべき若手はどう育てばよいのだろうかと考えてしまいます(この点は、次に紹介する井口さんも、ご自身のブログで憂えておられました)。未来のいつか、すべての翻訳がMTによるものになるとしても、当面、MTも人手による翻訳も両方あっての業界ではないかと思うのですが。

そして、井口さんの「道を拓く」。
おっしゃりたいことは、乱暴にまとめれば、どんな道を選ぶにしても自分の頭でしっかり考えて選ぼう、ということになるかなと思います。誰の発言もうのみにせず注意して話を聞くようにと説く河野さんの言葉とも通じるものがあるかも。
白状しますと、私は、これまでの井口さんのさまざまな発言、そのとおりだと納得しながらも、「井口さんだから言える言葉だよねー(そもそも実力が違うもんなー)」と思ったこともありました。けれど、今回の記事を拝読すると、そうしたことを言えるようになるまでに、人の何倍も(もしかしたら何十倍も)努力なさったのだということが分かります。そうやって、自分の考える道を貫きつつも、精神的にきついこともあり、最終的に頼ることはなかったものの「安全弁」を心の支えにしたとも。そこまで、赤裸々に語ってくださったことに感謝したいと思います。

私は、「翻訳事典2019-2020」について記事を書いたとき、(さまざまなことをよく理解した上で自分で選択したのであれば)「自分の選択を悔やむ以外の後悔はないのではないか」と書きましたが(そして、実際、翻訳以外でさまざまなことを自分で決めてきた私は、今ある自分を「自分で選んだのだからしょうがない」と受け入れているのですが)、井口さんは、「自分で道を選び、主体的にトライするなら、成否の判断もしやすいし、軌道修正もしやすい」ともっと前向きに「自分で選択すること」の結果を捉えていらっしゃいます。私の言い方より、もっと希望を感じますよね。そして「譲れないところは極力譲らない頑固さと、譲っていいところは必要に応じてどんどん変えていく柔軟性があれば、環境がどう変わっても対応していけるはずだ」と結んでおられます。この「譲らないところは譲らず、あとは柔軟に」は、勉強会の運営方針としてめざしているところでもあり、個人レベルでも勉強会レベルでもあてはまる内容なのかなと思います。


この2つの記事の他に、映像翻訳に関する記事では、執筆者が、プロがプロの仕事をみせなければ「ファンサブ(ファンがつけた非公式字幕)やAI翻訳でいい」「少しぐらい翻訳が間違っていても楽しめればOK」となってしまいかねないと仰っていますが、これは「(安いんだから)この程度でも仕方ない」という変形として、実務翻訳にも当てはまることのように思えます。
また通訳に関する記事には、通訳者は「通訳市場や通訳ビジネスの基本構造を理解した上で、サービス提供者としてどんな価値を提供できるか改めて考える必要がある」というくだりがあり、この部分にも深く考えさせられました。
これまでは、そこそこ力があれば、「将来のなりたい自分」をあまり強くイメージしなくてもそれなりにやってこれたかもしれません。でも、これからは、誰もが「自分には何ができるか、何がしたいか、そのためにどうするか」をもっと真剣に考えなければいけないところにきているのだと改めて思いました(「なりたい自分」をあまり真剣に考えてこなかった私にはキビしい時代です)。

特集全体を通じて、いろいろ考えさせられました。
特に「これから」という方、迷っておられる方は、「翻訳事典2019-2020」と本号を併せて読み、保存版にされたらいいのではないかと思います。
2019.02.26 22:36 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

巷で話題の(笑)最新版、私も手にとった。
(蛇足ながら、「翻訳事典」は、ここ4年ほど毎年購入している)

アルクさんの「翻訳事典」頁の目次 ↓
https://ec.alc.co.jp/book/7019007/

一時はAmazonの売上げ順位が2桁までいったとか(それはとてもスゴいことらしい)。
ツイッター等では、「機械翻訳と人間翻訳者」という特集が話題になっていたが、正直なところ、「翻訳ガール」という漫画と特別付録のDVDに惹かれた読者も多かったのではないかと思う。
けれど、それはそれでいいと思う。手にとって読んで貰わなければ、そもそも何も始まらないのだから。

漫画やらDVDやら新たな試みもあるが、全体の構成は例年どおり。
(記事では割愛するけれど、このDVDの内容もとても豪華だし、2つのイベントのレポートもとても興味深い)

で、話題の(笑)「機械翻訳と人間翻訳者」という特集。
「翻訳事典」が機械翻訳を取り上げるのは、これが初めてではない。
昨年版にも、「誌上講演会」の「演目」のひとつに「機械翻訳の変遷と『これから』」という記事があるし、一昨年版にも、「翻訳者になりたい人のための8つのドア」という特集に「機械翻訳で翻訳者の仕事はなくなるのか」という記事がある。

だが、今年は「何かの一部」ではなく「機械翻訳と人間翻訳者」という独立した特集がある。そこに私もやはり「きちんと翻訳できる翻訳者に育ってほしい」という出版社の思いを感じるのだ。私は、あまりムック本を読まない方なのだけど、この雑誌が、一番翻訳者に寄り添った雑誌ではないかと思う。

まず、機械翻訳の歴史とPEという仕事の内容が簡単に語られたあと、高橋さきのさんが、ニューラル機械翻訳を検証する。
これまでも、「単文や2~3文の機械翻訳を誌上でポストエディットしてみる」という誌上デモのようなものや、「G翻訳を試してみました」的な個人翻訳者のブログ記事を目にしたことがあるが、さきのさんは、句点を入れたり外したりするだけで似たような一つの文が少しずつ違う訳文になってしまうこと(日→英)を、実例を挙げて示されている。句点の有無(=微妙な意味の違い)によって、同じことを伝える動詞が複数の異なる動詞に訳されたり、ときには意味が逆転してしまったりする。異なる動詞の使用は、文字面だけをみれば小さな差違にすぎないように見えるけれど、出力全体を通じて表記揺れが生じているということになり(しかも無作為に)、仕上げ(修正)を施すときに、無視することはできない。これは、(少なくとも私には)誌上ポストエディットや「試してみました」では分からなかったことだ。
このような、人間と同じ思考回路で生成されたものではない訳文を人間の思考回路で修正するという作業は、人間の脳に多大な負担を強いるものなのではないかと思う。

続いて井口耕二さんが「私が考える『翻訳』」というタイトルで、自分がどんな風に翻訳作業をするのか、それは機械翻訳+PEとどう違うのかについて語られる。この「どんな風に翻訳作業をするか」の部分を読んで、「自分が(そして勉強会が)めざしている方向と同じだ」(私の場合、恥ずかしいくらいまだまだなのだけれど)と嬉しくなってしまい思わずツイートしたら、思いがけず多くの方から「いいね」をいただいた(その節はありがとうございました)。
実は、私は、いろいろ迷っていた時期に、この翻訳事典(2017年度版)で井口さんの「わたしの提言」を読み、迷いを減らすことができた(なかなかゼロにはできない)。以来、翻訳事典を毎年購入し続けている。心に刺さる言葉は人それぞれで(そして同一人でもそのときどきで)違うものだし、この先輩の言葉が誰に対しても絶対とも思わないけれど、迷っている方がおられたら是非読んでほしい文章だ。

とはいえ、機械翻訳に向かうのは世の流れだ。今後、機械翻訳の利用は加速していくだろう。翻訳業もビジネスなのだから、それも当然かなと思う。
ただ、今は、効率化・時短・安価のみがクローズアップされ、それのみが目的になっているような気がして残念だ。「少しでもよい翻訳を」という理念はどこへ行ってしまったのだろう。

私たち一人一人が自分の進む道を決めなければならない。私は「自分で考える翻訳」をやりたいけれど、PEという仕事も、どちらかといえば添削的なそれ自体面白い、極めればやりがいもある仕事なのではないかと思う。ただ、翻訳とは別ものではないかと思うし、人間の書いた文章の校正より大変ではないかとも思う。そして、業界もクライアントも「一から翻訳しないのだからずっと安くていいよね」という方向に向かっているのは確かだ。

翻訳を志す方、仕事を始めたばかりの方は、そうしたことをすべてよく理解した上で、この先どうしたいのか決めていただきたいなと思う。どんな選択をしても、理解した上での選択であれば、「あのときああしていれば」と自分の選択を悔やむ以外の後悔はないのではないか。自分にとって最良の選択をするために、翻訳会社や翻訳エンジンをつくる側からみた機械翻訳に関する記述と、実際に翻訳をする側からみた機械翻訳に関する記述(本書)の両方を読んでみてほしいと思う。

もうひとつ、「これから」という方に読んでいただきたい記事は、「翻訳者志望者への直言、助言、愛のムチ」の中の「AI時代に賢く生きる勝者」(豊田憲子さん)という記事だ。「AI時代」と書かれているけれど、本来、翻訳の仕事を始めるときにはきちんと抑えておきたい、でもなあなあで始めてしまうことの多い内容が(…すいません、私もそうでした…)、Q&Aの形で分かりやすく書かれている。

副題にもあるとおり、「翻訳者になりたい人の」ための雑誌という性格の濃い一冊だと思う。


他にも盛りだくさんな内容ですが、とりあえず特集に特化してみました。

*「翻訳事典」や「アルク」さんの回しものではありません>念のため*
2019.02.05 00:03 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |