屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

MEIのメディカルデバイスデザインコース(モジュール3)を終えて、思いつくままに。
(ホントに雑感で、ほとんど受講感想になっていないという...)

モジュール3(医療機器開発のための機器実習 )の内容はコチラ→
http://mei.osaka-u.ac.jp/mdd2017/m3/
モジュール1(医療機器開発のための臨床医学)の感想はコチラ→
http://sayo0911.blog103.fc2.com/blog-entry-546.html

昨年とダブる実習もありましたが、そうした実習でも新たに気づいたことなどもあり、総じて満足できる内容でした。個人的には昨年度より充実した内容だったと思います。

一番楽しみにしていたのは、昨年受講がかなわなかった「ペースメーカ・ICD・CRTD」でした。模擬皮膚に本体を植え込む実習をしたり、薬事承認されたばかりの新しいタイプの機器を手に取ったりと、期待した以上の内容でした(その過程で、さまざまな鉗子を手にとってつくづく眺めるというオマケもついた)。

それ以外の機器は、実務で扱うことはほとんどないものですが、今後、何がいつどんな形で仕事の役に立つか分かりません(実際、昨年の受講以降、「おお、これはあのときのあの」と間接的にかすったものがありました)。
何より、胃カメラを操作したり、3D腹腔鏡下の作業を体験したりと、さまざまな種類の実機を操作したり間近で見たりできる機会というのはなかなかないと思います。しかも、技術者と営業がペアで来ているメーカーも多く、何を質問してもそれなりの答えが返ってくるという贅沢さ(まあ、言葉を濁されることもありますが...)。

とはいえ、個人参加の場合は、費用がネックなのは事実。もしも翻訳者の方で受講を考えられる方がおられたら、時期を熟考なさることをお勧めします。
ワタクシの場合は、ある程度の期間、医療機器翻訳を経験し、業界や規制についても多少の知識を得た今が、自分にとってベストな参加時期だったかなと思います。もっと早い時期でしたら、たぶん「スゴいなー、スゴいなー」で終わってしまったと思います(あくまで自分の場合ですが)。今回は、機器の詳しい仕組みは分からなくても、説明から「何が重要なのか」「今後この機器はどのように発展していきそうか」「そこに翻訳は絡むか」といったことまで思いを馳せることができました(こともありました<ときどき<たまに)。

念のための書いておきますが、ワタクシは、決してMEIさんの回し者というわけではありません。
MEIさんの第一義の目的は産学提携の推進でしょうから、ワタクシみたいな異端児が増えても困られるに違いありません。

アンケートの最後には、今後受けたい実習として「ステント、ステントグラフト」「歯科インプラント」「人工関節」を挙げておきました。
さすがに来年はもう戻らないと思いますが、上記の実習が含まれていたら、差分受講迷うかも。


昨年は、本当に「借りてきた猫」状態でしたが、今年はリスク分析や知財実習のグループワークで打ち解けたこともあり、ネットワーキングランチョンやディナーで他の受講生の方と話す機会もそこそこありました。
以前は、そうしたネットワーキングの場では、自分は、「医療機器や医療機器事業に関する情報を得る」という、いわゆる「take」しかできず、だから、私との話に時間を割いてくださる方に申し訳ないという気持ちばかりが先に立って萎縮してしまっていたのですが、今は、「自分には何もできないかもしれないが、求められれば、他の翻訳者や翻訳会社に繋ぐという形で役に立つこともできるかもしれない」と考えられるようになりました。実際、翻訳について色々質問してくださった方もあります(社交辞令かとは思いますが)。

そういう「ネットワーキング」で、名詞を見てまず言われるのが「通訳もできるんですね」というひと言。やはり、業界から遠いところでは「通訳翻訳」はひと括りのようです。
とはいえ、ワタクシも、頂いた相手の方の名刺を見て「XXXですね」と返し「いやいや、自分はYYYでXXXはまた別なんです」と訂正されることもザラでしたから、そういう「異業種の詳細は分からない」はお互いさまで、通翻ひとまとめにされるのは仕方のないことなのでしょう。大事なのは、「知らないことはお互いさま」「相手の仕事について知ろう」と思う気持ちかなと思います。
最近では、通翻の違いを「陸上の100メートル走と3000メートル走の違い」にたとえています。「同じ陸上ですけど、両方やる選手はまずいないですよね」と説明すると「ナルホド」と納得して頂ける感じです。実際は(特に社内通翻訳の場合など)通訳も翻訳もやられる方も一定数おられますから、「100メートル走と800メートル走」くらいが妥当な開きかなと思うのですが、外の方は、これくらい離さないと実感が湧かないみたいです。


全体を通して、多くの最先端の機器に触れました。
最先端の画像解析システムでは、CT画像から立体的な臓器の画像が再構成され、さまざまな角度から多くの情報を得ることができます。カラー画像は「そこまでできるの?」て感じ(メーカーや医療従事者の方には普通なのでしょうけど)。しろうと的にはこれだけで十分手術計画が立てられるのではないかとさえ思えました。

...なのですが...

あまりにも画像上でさまざまなことができるだけに、「それだけに頼るようになる」という危うさと隣り合せでもあるように感じました。医療機器の開発・高度化には目を見張るものがあります。それが、医療従事者を雑事から解放し、診断や処置を容易にし、患者を救うものであるのは確かなのですが、それだけに、きちんと患者の顔を見ず患者との対話を軽視する方向に進んで行ってしまう怖さもあるのではないか、と医療機器実習を受けながら不埒な考えを(ちらっと)抱いたことを、ここに白状しておきます。
もっとも、それは、医療機器側の問題というより使う側の問題と言えるのかもしれませんけど。

翻訳では、(内容理解の正しさも含む)訳文そのものの質と、訳抜け・誤記・転記ミス・表記揺れなどのケアレスミスがないという意味での訳文の質が車の両輪に例えられますが(つか、ワタクシが勝手にそう言っているだけなんですが)、医療も、医療機器から得られる情報と患者問診を通して得られる情報を両輪とすることを忘れないで発展してほしいと思うのでした。

...うーん、こじつけすぎ??

「雑感です」と書いたとおり、脈絡のない記事になってしまって、ホントすいません。
2017.09.22 11:57 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
今年のプログラムが発表になりました。
https://www.jtf.jp/festival/festival_program.do

昨年は、プログラムの内容を見て初参加を決めたわけですが、(個人的には)今年もそれに勝るとも劣らないプログラムだと感じました。

今年は幸い、さまざまな状況がまだ「行けそう」な感じですので、近日中に申込みさせて頂くことになるでしょう。

とはいえ、来年以降は分かりません、というよりたぶん...無理(とか言ってて、またおったらすいません。幽体離脱した霊体が一瞬かたちをとったものと考えて、見なかったことにしてください)。
ですから、同じレベルのプログラムが来年以降も続くようなら、関西でも入場料を取ってライブ配信してほしいなあと思っていたら、同じようなことを考えている方がTwitterにもおられました。

関西から参加する場合、最低1泊2日が必要です(疲れ具合を考えれば、できれば2泊3日ほしいところです)。地元で何か起こっても、すぐに帰宅することはできません。
関西で聞くことができるのであれば、「丸1日」と「在来線で1時間強で帰宅できる」までハードルが下がります(<あくまで自分のことしか考えていませんが)。

・実行委員の方の負荷(恐らく現在でも相当な負荷がかかっていることは想像に難くありません)
・関西での積極的なサポートが必要(会場準備・設営・事前の確認試験など)
・登壇者の意向(会場のみの発信にしたい方もおられるかもしれない)
・他の地域(九州、中国四国、東北、北海道など)との地域格差

などなど、少し考えただけでも、次々と越えるべきハードルが浮かんでくるので、実現は無理かなと思いますが、将来的な可能性として検討して頂ければなあと思いました。
(技術的なことは分かりませんが、東阪同時配信はMEIの土曜講座で体験済みなので、その部分のハードルはそこそこ低いのかなと)

もちろん、すべての配信は無理でしょうから、たとえば、事前にとったアンケートで人気の高かった4プログラムを配信するなどのやり方になるとは思いますが。
それが無理であれば、(可能であれば)セミナーのように、DVDとして後日有料で販売するという方法も考えて頂ければ嬉しいかなと。
(今回も聞きたいプログラムのバッティングは必至ですから、出席しても購入するかもしれません)

あくまで、事情を分かっていない1翻訳者の勝手な希望です。「事情も知らんと」と言われることは想像に難くありません。
ただ、今後の可能性のひとつとして、心の片隅にでも止めて頂ければ幸いです。

もちろん、後日JTFジャーナルに詳細な報告が掲載されますし、当日のツイートである程度内容を知ることもできます。
ですが、全編を通して話を聞くのとレポートを読むのとでは、伝わる内容や突き刺さる度合いが違います(少なくとも私はそうでした)。

全編を通して聞きたい/多くの人に聞いてもらいたいプログラムが目白押しだと思われただけに、とても残念に感じました。


てことで、最後になりましたが、実行委員の皆さま、今年も粒ぞろいのプログラムをありがとうございました。
無事に出席できた暁には、今年も、一昨年までの自分のように「行きたい、けど行けない」皆さんのために、(私情満載の)詳細なレポートを書かせて頂きたいと思っています。
てか、その前に最後まで脳味噌を保たせる体力をつけないかんのだった。
2017.09.20 14:25 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
医薬の分野ではお馴染み、治験関連文書のinclusion criteriaの訳語です。

治験対象として適格かどうかを判定するための基準として、「この基準をすべて満たす場合は適格」とするinclusion criteriaと、「この基準のいずれかに該当する場合は不適格」とするexclusion criteriaがあります。exclusion criteriaの訳語は「除外基準」で統一されているようなのですが、inclusion criteriaには「選択基準」と「組み入れ(組入れ)基準」のふたつの訳語があって、私はいつも、「で、どっちやねん」とちょっともやっとしていたのでした。

クライアントさんの参考資料がある場合は、それを第一選択肢とするのですが、そうでない場合、自分の中の第一選択肢はこれまで「組入れ基準」でした。

確か、昔、Inclusion criteria / exclusion criteriaの上位の見出しとして「治験対象母集団を選択する」という意味でSelection Criteriaが用いられている場合もあるので、この2つを明確に訳し分けるためにSelection Criteriaを「選択基準」、Inclusion Criteriaを「組み入れ基準」とする、というような話をどこかで読んだか誰かに聞いたかした記憶があるのよね。どちらかが絶対に正しい、ということではなく、あくまでも自分の中の決めごととその根拠、ということですが。

ところが。
この頃では、「組み入れ基準」という参考資料にお目にかかったことがない。
世の中はSayoの与り知らぬところで(Sayoにひと言の断りもなく)変化しているのか。

ということで、ちょっと調べてみました。

「組み入れ基準」の根拠になっているのは、「治験総括報告書の構成と内容に関するガイドライン」(平成8年5月1日薬審第335号)だと思われます。これは、ICH E3(Structure and Content of Clinical Study Reports)の日本語版で、文字通り「治験総括報告書を作成する場合はこのようにするように」というガイドラインを示したものです。URLは以下のとおり。
https://www.pmda.go.jp/files/000156923.pdf 
「ICHでは『組み入れ基準』になっている」というのは、おそらくこれを指しているのだと思います。

しかし、医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)のガイドライン(ICH-GCP E6)の日本語版では「選択基準」が使われています。「ICHが『組み入れ基準』としている」という理由付けはちょっと苦しいかも。ていうか、もとの語句はInclusion Criteriaで統一されているわけで、ICH的には何の問題もないわけなんですが。
http://www.jmacct.med.or.jp/plan/files/ICH-GCP.pdf
*参考:PMDAのICH E6(GCP)に関するページはこちら。
https://www.pmda.go.jp/int-activities/int-harmony/ich/0028.html

念のため「ICH-GCPナビゲーター-国際的視点から日本の治験を考える」(治験国際化研究会編、じほう)も確認してみましたが、Subject Inclusion Criteriaは選択基準で特に問題なしとされています。

うーむ、やはり、世の趨勢は「選択基準」なのか。

ということで、今後はMy第一選択肢として「選択基準」と「除外基準」を採用し、上位大見出しがある場合は「被験者選択のための基準」(今考えた仮訳)のようにして差別化しようかなと考えています。

とはいえ、「申請」という点からみれば、「1セットの文書の中で訳語が統一されており、審査者の誤解や混乱を招かない」という点が一番大事ではないかと思います。なので、まずは参考資料準拠、が基本かなと。
2017.08.15 21:20 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(2) |
努力しても努力しても、自分はダメだなあと思う今日この頃。

自分の中に、

考え方を変えたり、新しい取組み方法を試してみたりして「自分、少しは上達したかも」と錯覚する → スゴい人のスゴい訳文や翻訳に対する真摯な姿勢に触れる → 「結局、自分はいつまでも『そこそこ』の『中の上』レベルから抜け出せないのだ」「努力だけでは埋められない溝がある」「結局、地頭が違う」と落ち込む → 「スゴい人たちも日々研鑽を積んでいる」「努力が報われることはなくても、努力しなければ何も始まらない」と思い直す → 現在の取組みを微修正する OR 新しいものを取り入れる → 「自分、少しは上達したかも」と錯覚する、に戻る

という無限ループがあって、今は「自分はダメなヤツ」「周りが皆スゴい人に見える」モード。

努力の方向が間違っているのかと考えてみるが(日々の生活に関しては、旦那に「無駄の多いヤツ」と言われております)、考え方の変化や、それに伴って少し明確になった「自分が目指したい翻訳」が間違っているとは思えない。最近、身体も気持ちもだらだらしているのは確かだけど(この時期、そうなることは多い)。

このループから抜け出すことは、たぶんない。
「もしかしたらほんの少しだけ上達しているのかもしれない」状態を積み重ねながら、私はぐるぐる回り続ける。謙虚な姿勢は大切だけれど、「上達したい」という気持ちと「少し上達したかも」という喜びがなければものごとは続かない。そして、その自信をへし折られることがなければ、成長はそこで止まる。このループから抜けたいと真剣に思ったときが「止め時」かなとも思っている。


心に残った言葉は、基本的にFBの方に書くようにしているけれど、今日はこちらにもまとめてみた。
再読しながら、「考え方の基本」に戻る。まずはそこから。近道はない。

「慢心は上達の敵」「『ほどほど』では『ほどほど』の力しか身につかない」(行方昭夫)
「(引退は)モチべーションの維持が難しくなったというのが決め手」(宮里藍)
「(浅田真央は)そのときそのとき精一杯やるというところは絶対にぶれなかった。どんな小さな大会でも、大きな大会でも全力を尽くしてきた。『あ、抜いたな』と感じたことは一度もない」(小塚嗣彦)
「人の2倍とか3倍、頑張ることなんてできない。だから、自分の中で(限界よりも)ちょっとだけ頑張る、というのを重ねて欲しい。僕も、米国で3千本も打てるなんて想像はできなかった。でも、それを重ねてきたことで、僕は今現在に至ると実感しています。この言葉をみんなに伝えたいと思っています」(「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」閉会式あいさつより、イチロー、朝日新聞12月31日)


てことで、夜行性のSayobotはこのあと夜翻です。
2017.08.09 18:38 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |
こんにちは、Sayobotです。
Sayoさんが不在のため(前の記事を参照)、代わりに記事を書いています。


昨年に引き続き、MEI(大阪大学国際医工情報センター)のメディカルデバイスデザインコース(土曜講座)を受講しています。
昨年のMEI潜入記はコチラ


今年は
「医療機器開発のための臨床医学」
http://mei.osaka-u.ac.jp/mdd2017/m1/
「医療機器開発のための機器実習」
http://mei.osaka-u.ac.jp/mdd2017/m3/
の2モジュールを受講しています。

「臨床医学」は6月に終わり(残念ながら修羅場と重なって最終回の出席は断念しました。最近、ときどき仕事に絡んでくるIVR(インターベンショナルラジオロジー)の話を詳しく聞きたかったので残念ですが、講義資料を入手するという最低限の目標は達成しました)、今日からモジュール3の「機器実習」が始まりました。

「機器実習」の実習機器は昨年と同じものも多く、昨年度受講生は1/3程度の受講料で差分受講(昨年から変更になった科目のみ受講)もできたのですが、昨年は東京遠征と重なって一部受講できなかった科目もあり、悩みましたが、再度全受講することにしました。フトコロ痛かったですが(お高いのが難点です)。でも、「循環器の経験豊富」を(ハッタリで)標榜するワタクシとしては、昨年受けられなかった循環器植込み機器とそのシミュレーションの実習は絶対やってみたいのですよね。

「臨床医学」は、基本的に、「専門的に解剖生理を学んでいない、医療機器分野への参入を検討する企業の社員や将来機器開発の道に進みたいと考えている大学院生」を主な対象としている(と思う)のですが、講義によって、難易度に多少バラつきがあるように思われました。ただ、現役の医師が「こんな風に医療機器を使用している」「このような機器があれば便利」といった観点から臨床を語る講義が多く、「ナルホドそうなんや」と納得したり新鮮な驚きを感じたりする部分がいつもとは異なり、そういった意味でも興味深い講義でした。ちょっと「翻訳の外から医療機器をみる」感じですね。翻訳者のワタクシには直接関係がないっちゃないんですが、お聞きした内容や頂いた資料がいつどこで役に立つかもしれません。特に、循環器以外の分野では、これまで断片的だった知識が線でつながったものもあり、それなりに収穫がありました。

今日始まった「機器実習」、今日は昨年と同じ機器ばかりでしたが、若干内容が変わっているものもあり、自分自身も昨年とはまた違う点が気になったりして(そして、アウェイでもそれを質問するだけの逞しさは身につけたのだった<単に「おばさん」度が上がっただけという説もあります)、今日のところは出席してよかったなと思っています。次回は一部グループワークも入るようなので、同じグループになった皆さんにご迷惑をお掛けしないかと(何と言っても、普段は世間から隔絶された隠遁生活を送っているので)多少気重ではありますが。でも、そこを乗り越えないとペースメーカには会えないので、頑張ります。

守秘義務があり、講義内容を詳しく書くことができなくてすいません。
興味が湧かれた方は、上述のURLで内容を確認して頂ければと思います。
2017.08.05 22:21 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(1) |