FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


今さら、三島由紀夫の『文章読本』を読んでいるSayoです。

この本には「翻訳の文章」という章があります。
三島は、「読者としてどう読むか」ということを書いているのですが、翻訳者としてもじわじわくる文章が多い。
小説や戯曲、詩などの文章が対象ですが、実務翻訳や広く翻訳一般にも当てはまるように思えます。

その中に
「このように読者が翻訳の文章を読むときにも、日本語および日本文学に対する教養と訓練が必要なのであります。その教養と訓練が失われたときに、翻訳の文章と水準は低下し、悪文がはびこり、かつ悪貨が良貨を駆逐します」
という一文がありまして、なんか、ぐさっときたのでした。


読者として「日本語を読む」ことを考えるとき、この頃では、特にウェブ上で、何だかもやもやする文章に触れる機会が増えたような気がします(たぶん、私もときどきそういう文章を書いていると思います、スイマセン)。
原因はさまざまあると思うのですが、「とにかく早く」が求められ(OR よしとされ)、十分な校正がなされないまま文章がひと目に触れる機会が増え、読み手もそれに慣れてきたたというのも一因かもしれません。
そういう文章に多く触れ、「この表現おかしくないか」と立ち止まって考えることをしないでいると、知らず知らずのうちに、自分の中の「きちんとした文章」(という表現は非常に曖昧なのですが、ワタクシ的には、論理が破綻せず、読者が、内容を読み取る以上の無駄な努力をすることなく理解できる文章、のように考えています)の基準がだんだん低くなっていくような気がします(周りの影響を受けやすい自分を基準に考えているので、そうでない方も多数おられると思います。そのあたりは、割り引いて読んでやってください)。

そうすると、書く方でも、きちんとした文章が書けなくなる。でも、読者の方もそうした文章を日常的に目にしているので「まあこんなものかな」ですまされる。そうやって受け入れられてしまうと、「これでいいんだ」となって、次からはそのビミョーにもやもやする文章がその書き手のデフォルトとなる。でも、読者の方もそうした文章を日常的に目にしているので...(永遠に続きそうなので以下略)

翻訳でも同じではないかという気がします。
納期が短いためにそこそこの訳文しか提出できない。でも、読者の方も若干もやっとしながら「この納期だしね、意味は分かるしね、しょうがない」と受け入れる。そうすると翻訳者も「このレベルで仕事をすればいいんだ」となって、それがデフォルトになる。でも、読者の方も...(しつこいので以下略)
仕事としては、それが「合格点」と言えるのかもしれません。でも、私は、どうしても、辻静雄さんの「九十点の味でいいということになると、七十点の味に落ちるのはすぐですからね」という言葉を思い浮かべずにはいられないのです。
本来は、読者が訳者を育て、訳者が読者を育て――の好循環が理想のはずなのに、今は(あくまでも耳にする範囲ですが)その逆の循環が優勢になってしまっているように思えて、少し残念です。

自分としては、これからも「きちんとした文章を書く力」を養う努力を続けていきたいです。そうやって自分の中に蓄積したものは、きっと私を裏切らないはず。
読者としては、きちんとした文章とそうでない文章を見分けることができ、訳者としては、常にきちんとした文章を書く。
地味にあたりまえのことなのかもしれませんが、これからも、そういう風に翻訳と向き合っていきたいです。

...てなことを、「文章読本」を読んで考えたりしたのでした。

最近、オチもツッコミも少ない文章でスイマセン。次は頑張ります(何を?<自分)
2018.08.07 23:58 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

ごぶさたしました。
7月は(当社比)超絶忙しくしておりました。

まだしばらく修羅場は続きますが、タイトルにある「シノプシス」を提出して、一瞬気を抜いている今しかブログは書けん! ということで、こんな時間ですが机に向かっています。

そんなわけで、7月は原書を1冊リーディングし、シノプシスを書きました。

詳細は書けないのですが、こちらからの持込みで、とりあえず出版企画会議までは連れて行ってもらえそうな雰囲気です。

今春、初めてざっと読みしたときから、「この本は日本でもいけるかも」と思っていた本でした(ちなみに、これまで聴き流したり読んだりした「これは」という原書が、ジツは翻訳中だった/すでに訳書が出ていた、ということは何回かあったので、嗅覚は悪くないかもしれません)。

ある方に「この本いいです!」と熱く語った結果、その方が、とある出版社につないでくださり、「シノプシスを」という話になりました。
結構急に話が進んで怖くなり、恩師に相談して、「紹介したい本なら、とにかくやってみなさい」と背中を押して頂きました。
(ワタクシは、これからも軸足は医療機器でいくと思いますが、一生に1回は本を訳してみたい、という気持ちはあったりします<貯金のあるうちに)

リーディング講座」を受講したときも、ここまで想定していたわけではなく、ノンフィクション講座を受講したときも、「考え方や表現の幅が広がれば」くらいの気持ちでしたが、本当に、いつ何がどんなかたちで役に立つか分からないものです。(やり方として無駄なやり方というのはあるとしても)無駄な勉強などないのだなと、しみじみ思いました。

シノプシスを書くにあたっては、リーディング講座のレジュメと返却された赤入りシノプシス、それから「文芸翻訳教室」(越前敏弥)の該当部分を参考にしました。

講座では、5日で2冊分のシノプシスを書き上げていましたので、「3日もあれば」と考えていましたが、甘かったです。
週初からぼちぼち書き始め、木曜日から仕事は休み、最後の2日は仮眠を挟みながら、よれよれになって、先ほどやっと書き上げましたです。
章毎に、適切な長さで、必要情報を落とさず要約することの何と難しいことか(まあ、内容にもよるのかもしれませんが)。
パラグラフ毎とはいえ、勉強会で要約をやっていたのが、少しは役に立ったかもしれません(本当に、無駄な勉強などないのだった<しみじみ)。

「リーディング講座」では、私はいつも「あらすじが短すぎる」と指摘を受けていました。
自分では「あまり長いと読んでもらえないし」と考えていたのですが、実際に仕事としてやってみると、「内容の全貌を知ってもらうには、それなりの情報を盛り込まなければならない」ということが分かりました。やはり、講座受講時は、「(シノプシスの)読者が内容を知るにはどこまで書かなければならないか」という意識が甘かったような気がします。
とりあえず、今の自分にできるベストは尽くしました。

今後の流れとしては、

1. 企画会議でボツる
2. 企画会議を通るが、別の方が翻訳する
3. 共訳する

のいずれかになると思います。1か2止まりかな~。
「シノプシス」を書く前は、「力のある訳者さんの翻訳で、この本が世に出てほしい」という清らかな(?)気持ちでしたが、書き上げた今は、何だかこの本が本当に可愛くなってしまって(苦労させられた子ほど可愛いと申します)、自分も訳したいというヨコシマかつ大それた欲も出てきたりしています。
とはいえ、それはワタクシの一存でどうなることでもないですし、万一そうなったらなったで、毎日の仕事との兼合いに悩むことになると思いますので、今は考えずにおこうと思います。
相談したとき、恩師が、「たとえ翻訳できなかったとしても、(シノプシスを書いたことは)Sayoさんの力になるでしょう」と仰ってくださいました。その言葉を忘れず、また日々の仕事に精進します。

疲れた~、明日はまず寝坊するよー。
2018.07.30 02:37 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

今年も折り返し点を過ぎようとしています...は、早いな。

この週末は諸般の事情により仕事を入れていませんので、勉強会(...つうか懇親会)の最終準備などしながら、この半年間を振り返ってみました。


仕事

堅調でした。
ただ、勉強会やセミナー準備、実家の片付けを優先し、多少無理すればもう1件引き受けられそうなところを断わるなどして、少し量を減らしたため、その分売上げは減りました。
もう身体の無理もききにくい年齢になってきたこともあり、他に優先したいことがある場合は仕事を減らそう、ということは決めていたので、後悔はありませんが、予定より少し早く定期を解約することになりそうです。
ご存じの方も多いと思うのですが、4年前に旦那が仕事を辞めてから、我が家はほぼワタクシの収入のみで、爪に火灯し、火の車を回し、預金を切崩しながら生活しています(そのわりに東京とか行ってるじゃーん、という方、アレは幽体離脱です)。ワタクシのカワイイ収入では、逆立ちしても旦那の収入には届かず、退職までの間、本当にいろいろ守られた中で好きな仕事をさせてもらってきたなあと、感謝しています(ツッコミどころは多々あるヤツですが)。まあ、ワタクシも、「辞める辞める詐欺」(結局10年)を信じてがしがしお金を貯めましたけど。
ということで、下半期以降は、現在の堅調を維持することが、今後しばらくの目標です。

今後の仕事の方向性については、多少悩んでいることもありますが、当面、流れに乗ってみようかと思っています。
分野や文書の種類については、地味に「面白かったです」アピールをしてきた結果、「やりたい」系の文書もそれなりに頂けるようになりました。この傾向は今後も維持していきたいです。


スタッフ仕事

2回やらせて頂きました(正確には2回目はまだですが)。
自分は、人前で話すより、こうやって裏から支える方が性に合ってるな~という気はします。
正直、しんどいですが、これまで相方として組ませて頂いた方は、皆さんレスポンスの速い、やりやすい方ばかりでしたので、(ワタクシ的には)楽しくやらせて頂きました。
常に「臨時」をかたっているのは、「自分が体験して『よい』と思ったものを全力招致する」というスタンスでいるためです(別にそのやり方がよいということではなく、自分はそんな風にしかできないということです)。
なので、「臨時スタッフ」はこれが最後かもしれませんし、また「臨時」をやるかもしれません。実家との兼合いもありますので、今後いつまで続けられるか分からないということもあります。今のところ、実家の義父母はそこそこ元気なので、この夏も(猛暑来るなよ~)頑張って乗り切ってほしいです。
スタッフ仕事は、ワタクシ的には、お世話になった「翻訳」への恩返し的位置付けです。


勉強会

4回を終了しました。
「力のある講師に教えてもらう」方式とはまた違った楽しさ、難しさがあります。
「講師訳例が手に入らない」という状態で、なあなあにならずに批評眼を磨き、メンバー全員の力を底上げしていくために、個人の努力以外に、「勉強会のやり方」としてどんな風に進めていけばいいのか、というのは、本当に難しいように感じます。自由に発言できて(自由すぎるかも...)楽しいですが。また、「教えてもらう」方式より、「どう進めるか」「なぜそのようにするのか」「どうすればよい訳文が作れるか」「どんな風に訳すのが適切か」といったことを、よく考えているような気はします。
また、個人的には、「始めに英文法ありき...からの解釈と翻訳」の大切さを、今さらながら実感しているところです。
そうした悩みや試行錯誤が、自分の訳文にどのように現われるのか、そもそも現われてくるのか分かりませんが、始めてよかったと思える勉強会にはなっています。今のところ。


まとめ

それなりに満足できる上半期でした。
が、ダラダラ過ごした時間が長すぎたのも事実。その結果、机にかじりついている時間が長くなり、健康的な生活が送れず、(加齢とは別に)体力も落ちました。
時間管理的には大きな問題を残したまま、下半期突入。まずはこの点をもう少し改善したいです。
2018.06.30 18:30 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
諸般の事情により、猛烈に進捗遅れ気味のSayoですが、勉強会の管理人さんが、Twitterで、
「クライアントは70点の訳文しか求めていないのだから70点でいい。それ以上は過剰品質」という考えがはびこるようになったこと(が哀しい)
と肩を落としておられましたので、つい出てきてしまいました(勝手に引用してスイマセン)。

その一文を読んだとき、私がぱっと頭に思い浮かべたのは、「美味礼讃」(海老沢泰久)の一節でした。
「九十点の味でいいということになると、七十点の味に落ちるのはすぐですからね」というその言葉は、主人公(辻静雄)の口から発せられたもので、以前、読書感想文(「美味礼讃」)を書いたときにも取り上げています。

ここでいう「九十点の味」は、辻に言わせれば、「べつにあれでもあのままどこへ出しても恥ずかしくない味なんです」ということですから、管理人さんの考える「70点の訳文」とは比べものにならない、質の高いものではなかったかかと思います。それでも、辻氏はその味を容赦なく「九十点」と評価し、それで満足していると「七十点の味に落ちるのはすぐ」だと一刀両断する。

「70点の訳文しか求めていないのだから70点でいい」は、日々の仕事を考えるとき、あながち間違った考えであるとはいいきれないかもしれません。もしかしたら、クライアントさんはそれで本当に満足なのかもしれません。だとすれば、クライアントが求めるものは提示できているのですから。
でも、70点を最終目標に仕事を続ければ、平均して70点のものを出せなくなるような気がします。そうでない方もいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも私はそうです。本来100点であるべきものを「70点でいい」と言われたら、「今の自分にできる最善・最高のものを作るぞ」という気持ちがもうそこで鈍ってしまうからです。すると、すべての工程が少しずついい加減になってしまう自分が容易に想像できます。
常に「自分にできる最高」を形にしていかなければ、レベルはキープできない。レベルを上げたければ、「自分にできる最高の少し上」を求めていかなければならないのではないか、と思っています。

でも、クライアントからは70点を求められる...万一、本当にそんな風に公言されるクライアントさんと出会ってしまったら、私はひっそりとその場から去るかなと思います。
もやもやしたものを抱えながら仕事を続けるより、頑張って、適正な料金の対価として100点を求めるクライアントをさがします。

...の前に納期を死守しなければならないので、とりあえず、ひっそりとこの場から去ります。
2018.05.09 19:29 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

言葉できちんと説明できる人は伸びる、という話をずいぶん前にどこかで読んだ。
翻訳に絡めた話、ではなかったような気がする。
似たような言葉を、最近、町田さんのインタビューの中に見つけた。別のアスリートに関する記事でも目にした。

言葉で説明できる人には、伸びないだけでなく、芯の部分がブレない人が多いような気がする。

...ワタシも割りと「考えて言葉にしたがる」ヒトである。
考えているうちに、書いてまとめているうちに、ごちゃ混ぜだったものが整理されていくのが分かる(ときもある)。

では、そんなワタシが伸び悩んでいるのはなぜだろう、と考えた。

色々理由はあるに違いないが、一番足りないのは、必死さというか貪欲さではないかと思う。
ワタシは、もう少しというところで「ま、えっか」と妥協してしまうのだ。

訳語を選ぶとき。
ぎりぎりあと1回通しで見直しできる時間が残ったとき。
参考書籍に目を通すのを明日に先送りするとき。
...等々、枚挙に暇がない。

だいたいは、仕事に差し障りがあってはいけないと「無理すまい」という理由で止めてしまうのだが、「無理できない身体だし」を言訳にしているところは確かにある。
でも、無駄に過ごしている時間も多いわけで、さまざまな場面でもう少しずつ貪欲になれるはずだと思うのだ。

色々考える分、「一見無駄なようだが長い目で見て身になるだろう努力」はしていても、「力任せだけの(無駄な)努力」はしていないと思う。
効率、ともちょっと違うけれど。
そんな自分に今一番必要なのは、さまざまな状況での「もう少しの貪欲さ」ではないかと思うのだ。


そんなことを考えたのは、勉強会の予習用資料がUPされたから(今週勉強会です)。
皆さんの要約文を読んで、「そういえば、最後『ま、えっか』できちんと読まなかったところあったな」と思ったのがきっかけ。

「他人の書いた文章を読む」ことについても、少し考えた。

名文と言われる文章もそうだけれど、「凄いな」で終わっては、進歩はそこで止るのではないかと思う。
「自分はまだまだ」とがっくりし、「ではどうすれば少しでもそこに近づけるのか」を考えることにこそ意味があるのではないか。

「まだまだ」と思うのは、自分の立ち位置をそれなりに冷静に把握しているから。
「ではどうすれば」と考えられるのは、彼我の差を埋める(埋められるかもしれない)方法に多少の心あたりがないでもないから。

「がっくり」と「どうすれば」の繰り返しの先に、少しの進歩があるのではないか。

というわけで、「もう少しの貪欲さ」を忘れず、彼我の差を少しでも埋める努力を続けようと誓って...
...「カーネーション」の再放送を見てしまいました(<そこがオチか<自分)。
2018.04.24 17:45 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(2) |