FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「英文和訳・要約法」(谷田貝常夫・中村保男、文字文化協會)

要約の参考書はこれが2冊目。
1冊目は「パラグラフリーディングのストラテジー ① 読み方・解き方
どちらも、勉強会管理人さんの推薦図書です。

どちらも「要約時に気をつけること」について述べられていますが、あくまで大雑把な印象ですけど、「英文和訳・要約法」の方が、受験をあまり意識しない一般的な「要約」について述べているような気がします。もう少し巨視的な視点から「内容を理解するために要約する」を目的にしているように感じられました。

本書は、ざっくり、以下の3部構成になっています。

第1章「何を省き、何を採るか」
 まず「要約とは何か」が述べられたあと、どのようにして不要部分を省き、必要部分を縮めるかについて、具体的な方法が提案されます。
第2章「文章の構成と論理」
 文章の構成(全体の展開、各段落や文の役割など)とその理解に不可欠な、論理を左右する接続詞について述べられます。
第3章「日本語の短文を書くために」
 要約文の書き方と、その際注意する点がまとめられています。

そして、最後の「後書きに代えて」で、よい要約文の条件として、
1. 読み手が原文にあたらなくても、その文章の基本的な情報が得られ、原著者の発想がわかること。
2. 要約文が明確、手短で、段落中心文のどれにも均等な配慮を加え、バランスがとれているものであること。
3. 原文に含まれている大切な事項は正確に取り上げなければならないが、原文にない情報や意見は含めないこと。
の3点が挙げられています(本文126頁)。

このあたりは、「公開勉強会」の管理人さんのスライドに入ってくると思いますので、出席してくださるという奇特な方は、今日のところは読み流していただいてよいかと(笑)。

要約について簡潔にまとまった、要約初心者にも分かりやすい良書だと思いました。

がだがしかし。
私たちが勉強会でやっているのは、あくまで「翻訳することを意識した」要約。
個人的な考えですが、そのためには、普通に目の前にある文章(やその一部)を要約するより、段落間の流れも段落内の流れも意識しなければならないような気がします。「要約本」の例文は、基本的に文章の一部を取り出して要約するものなので、どうしてもその文章だけで考えがちになってしまいます。「自分は何のために要約するのか」を常に頭の片隅においておかなければならないと、改めて思いました。

本書には、(全体を分かりやすくするために)「語順を入れ換えて要約」がときどき登場します。段落内での完結をめざすのであればそれでいいと思うのですが、「翻訳のための要約」的観点からみれば、「そこ、入れ換えても流れが変わらない?」ということを、少し意識した方がいいのかなと思いました。ただ、「その方が分かりやすい/座りがいい」ということで入れ換えてしまうと、文章構成の比重に違いが出てしまって、翻訳するときに選ぶ言葉が違ってきてしまうかもしれません。

また、本書は、どちらかといえば「バッサリ切る方法」を提案していますが、バッサリ切ることの目的のひとつに(簡潔にまとめる以外に)「バッサリ切らなかった部分=必要な情報を際立たせる」ということがあるんじゃないかと思います。その点を意識しながらばっさばっさ切っていくと、翻訳をする際にもメリハリのついた訳文が書ける(少なくともそのように努力する)のではないかと。

...結局、大事なことは「何のために要約するか」を忘れない、ということに尽きるのかなと思います。
その点を忘れずに読めば、得るところの多い、分かりやすい「要約指南書」だと思いました。

とエラそーなことを書いていますが、普段の要約では失敗ばかりやっています(^^ゞ

でも、そうやって、失敗しながら、考えながら、悩みながら要約に臨むことで、訳出時の原文(と翻訳文)への向き合い方も変わっていくに違いないと信じて、毎月管理人さんに斬られる第1秘書なのです。
2019.01.26 01:15 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「日本人のための日本語文法入門」(原沢伊都夫、講談社現代新書 2012年第1刷)
副題:これだけは知っておきたい日本語の基本

寄り道しながらやっと読了。


目次
はじめに
第1章 学校で教えられない「日本語文法」
第2章 「主題と解説」という構造
第3章 「自動詞」と「他動詞」の文化論
第4章 日本人の心を表す「ボイス」
第5章 動詞の表現を豊かにする「アスペクト」
第6章 過去・現在・未来の意識「テンス」
第7章 文を完結する「ムード」の役割
第8章 より高度な文へ、「複文」
あとがき
参考文献


特に難しいことは書いてないです。肩肘はらずに読める本だと思います。
でも、(あくまで個人的な感覚ですが)フォーラムやセミナーなどで学んだことがコンパクトにまとまっていて(完全に同じというわけではありませんが<念のため)、「あの話はこういうことだったのか」と整理整頓できる感じ。

テンス、アスペクト、ムードを含め、少し前までは特に意識することなく(でもだいたいにおいて正しく)使用してきた多くの事柄が、本書を読み終わったあと、自分の中で「収まるべきところに収まった」という感じです(てか今さらかよ<自分)。

それらが英日でどう違うのか、どのような文化背景の上に違いが生じたのかを「意識する」ことで、逆に、「では同じ部分は何か」を意識するようにもなります。同じ部分を整理した上で、もう一度「違う部分」に目を向ける。「述語から読む・訳す」でT橋(さ)さんが仰っていたこととも通じるような気がします。具体的に自分の頭で考えたので、抽象論として理解していたものが、「こういうことだったのか」とちょっと霧が晴れた感じ(てか今さらかよ<自分)。

参考文献も充実。
もちろん、多ければいいというものでもありませんが、(本文の内容が一般的な噛み砕いた内容であれ専門的な内容であれ)きちんと参考文献が記載されているものは好感がもてます。

私は時間が掛かってしまいましたが、本来さくっと読めるはずの本なので、興味を持たれた方は手にとってみてください。管理人さんのお勧め本にも入ってました(と思う<ちょっと記憶が曖昧でスイマセン)。
2018.12.21 00:37 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
「わかったつもり-読解力がつかない本当の原因」(西林克彦、2005年)

もともと「本の読み方指南本」と思って手に取ったものです。
最近、読んだことがなかなか記憶に定着しないので、本の読み方が悪いのかなー、と思って(加齢原因説もあり)。

そうしたら、ちょっと思っていたのと違う本でした。

著者は、小学校の教科書の例を用いて、一般的な読者が「わかった」と思う状態は、多くの場合、深く読み込めていない「わかったつもり」の状態であることを示します。
そうした状態は、とりあえず「わからないことがない」という安定した状態なので、そこで思考が停止し、それ以上読みが深まらず、「そこそこわかった」状態から進展しないとも。

では、「わかる」とはどういう状態をいうのか。
著者は、それを、文脈からスキーマ(ある事柄に関する、すでに知っているひとまとまりの知識)が発動され、文章中のそれぞれの部分がきちんと関連付けられた状態と表現します。
その関連付けが適切ではないまま安定してしまった状態が「わかったつもり」なのですね(←私めがやや強引にまとめています)

「わかったつもり」には、もの足りない読みによるもの(解釈は間違っていないが十分に読めていない)と間違った読みによるものがあり、この「間違った読み」をつくり出すひとつの大きな要因として、著者は、文章の全体の雰囲気(部分を大雑把に読ませ、ときに読み間違いさせる魔力を持つ)を挙げ、本来「わかる」状態をつくり出すはずの文脈が、間違った「わかったつもり」を引き起こすこともあると注意を喚起します。また、文脈から喚起されるスキーマ(ステレオタイプのスキーマなど)も、読み手をミスリードするおそれがあるとも述べています。

このように、「わかったつもり」とはどのような状態か、なぜそのような状態になるのか、どんな種類の「わかったつもり」があるのかなどの説明にページが割かれ、「では、どうすれば、『わかったつもり』をなくすことができるのか」に関する記述は少なく、具体的な方法は書かれていません(「自分でまとめてみる」くらいで、あとは、「こういうところに気をつける」的な内容が多いです)。それぞれが自分の読書生活の中で訓練を積むしかないってことでしょうか(まあ、即効性のある方法があるというのも、若干胡散臭い感じがしますが)。

具体的な訓練は、今のところ、「わかったつもり」の性質と種類をよく理解し、漫然とではなく、間違った「つもり」を引き起こさないよう意識しながら読む、(自分にとって)重要な内容の本は二度読みするくらいしか思いつかないです。とりあえず、この本を「わかったつもり」になっていないかどうか、もう一度気をつけて読んでみようかと。


この本の「本」を、私はときどき「原文」に置き換えて読んでいました。
わかったつもり、間違った読み、「わかる」を妨げるさまざまな要因...「原文」と置き換えても納得できることが多く、「わー、わたし、そんな風に原文読んでることあるー」となってしまい、そうした要因を心に留めて原文と向き合わなければいけないと、改めて思ったのでした。
当初の目的からは外れてしまいましたが、手にとってよかったと思える1冊でした。
(そして「公開勉強会」までに読もうと思っていた本が読めていないなど)
(今、この本をめっちゃ「わかったつもり」になっているSayoです)


最後に、原文を解釈するという観点から、「解釈の自由と制約」という部分が興味深かったので(あくまでも個人的な感想です)、一部抜粋して記載しておきます。

***引用ここから***

(文の解釈において)
自らの解釈の「正しさ」を信じたり、「正しさ」を強調することは、他の解釈を排除することにつながりかねません。自らの解釈を押し付けることにもなりかねないのです。
科学においても、減少を整合的に説明できる仮説が、ある時点で複数個存在することは決して珍しいことではありません。
解釈が妥当であるかどうかを「正しさ」に求めるのではなく、周辺の記述や他の部分の記述との「整合性」だけに求めたい、というのが私の考えです。
(中略)
① 整合的である限りにおいて、複数の想像・仮定、すなわち「解釈」を認めることになります。間違っていない限り、また間違いが露わになるまで、その解釈は保持されてよいのです。
② ある解釈が、整合性を示しているからといって、それが唯一正しい解釈と考えることはできないのです。
③ しかし、ある解釈が周辺の記述や他の部分の記述と不整合である場合には、その解釈は破棄されなければならないのです。
このような制約条件のもとで、想像を逞しうして、部分間の緊密性を高める想像・仮定を構築しては壊し、また構築していく、これが「よりよく読む」という過程の内実なければならない、というのが、本節の結論です。

***引用ここまで***

翻訳では、「想像を逞しうして」ばかりでは足りず、その前に、辞書も含め、「さまざまな方向からとことん調べ尽くし」という過程を経なければならないでしょう。そして、最後は、自分の責任において「これ」というひとつの解釈に行き着き、その解釈に基づく訳文をつくるということになるかなと。「本読み」とは若干異なるかもしれませんが、「正しさ」を求めて他の解釈を排除せず、解釈の妥当性を「整合性」に求めるという姿勢は、翻訳でも大事にすべきなのではないかと思うのでした。
2018.11.04 19:10 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

8月末、図書館に読みに行ってきました。
(まず図書館で読んでから買うか買わないかを決めるという、翻訳者の風上にも置けないヤツです)

今号は、辞書の特集、特に、高橋(うんのさんの辞書)、遠田(オンライン英々辞書)、境田(国語辞典)のお三方の「レッスン」を詳しく読みたかったので、購入を決めました。

高橋さんの「うんのさん辞書活用術」は知っていることが多かったですが、それをもう一度再確認できた感じです。画面のスクリーンショットがたくさん提示されているのもありがたい。
私は普段串刺し検索には「対訳君」を使用しているので、用例の検索がイマイチ分かりにくいのですが、それでも、用例はよく参照します...というより、これまで、どれだけ用例に助けられてきたことか。
他の方も仰るとおり、私にとっても「うんのさん」(ビジネス技術実用英語大辞典V6)は手放せない辞書です。

遠田さんの「目的別おすすめオンライン英英辞典5選」は、「目的別」とあるとおり、「こういう場合はこの辞書」ということが、具体例も含めて明解に書かれていて、とても参考になりました。
私は、普段は、ジャパンナレッジのCOBUILDを愛用しているのですが、もう少し詳しく調べたいときは、Onelookから各種英英辞典に飛ぶことが多いです。遠田さんの記事は、Onelookからまずどこに飛べばよいかを決める指針になりそうです。

そして、境田さんの「本当に役立つ国語辞典の話」。高橋さんも、セミナーなどでよく国語辞典の話をされるのですが、境田さん(今回初めてお名前を知りました)の記事は、それをもっと濃くした(?)感じ。さまざまな国語辞典の特徴を「ナルホド」と思いながら読みました。手元にない辞書では、「基礎日本語辞典」(KADOKAWA)に食指が動きました。我が家的にはなかなか宜しいお値段なので(秋は色々と物入りです)、まずはリアル書店で中身を確認したいかなーと。最後の「目的に合わせて使うためには、トリセツである『凡例』を読む必要があります」という部分は、耳に痛かったです。


「ジャンル別人気辞書ランキング」も興味深く読みました。
「英辞郎」が「英語辞書ならコレ」という英語辞書の1位というのは、若干「...(ビミョー)」。
もちろん、私自身、英辞郎はよく使います。最新の表現で「英辞郎にしか載っていない」というものも多いですから。そして、実際、助けて貰うことも少なからずあるのですが、必ず裏取りをします(たまに、「それはちょっとおかしくない?」という表現も混じっていたりするので)。

「英辞郎」編纂者については、リンク先に「なんでも載っている英和辞書を作りたい」と願う人たち(グループ名=EDP)によって制作されたデータベース(英和形式)です」という記載があるきりで、実際にどなたが編集に関わっているかが分かりません(ウェブの別の場所に記載があったらごめんなさい)。もちろん、皆さん、辞書編纂に長けた方には違いないと思うのですが、編纂者の顔が見えない以上、翻訳会社に申送りをするときにこれだけを拠り所として用いることはできません(少なくとも、自分の中では「英辞郎」はそういう位置付けです)。なので、とても役に立つ辞書ではあるけれど、若干、注意して使用する必要があるかなーと思うのです(生意気言ってスイマセン)。
ちなみに、私は、(「うんのさん」を除外すれば)「ジーニアス英和大辞典」が好きです。

この「ジャンル別」のアンケートの母数は80名だそうです。
私が駆出しの翻訳者あるいは学習者だったなら、たとえばですが、「中堅以上の10名が選ぶ『最初に買う英語辞書3冊+国語辞書(まず1冊)+英々辞書(まず1冊)+その他辞書(余裕があれば)』」+分野別オンライン用語集(信頼度も含めて)みたいな特集を組んでくれた方が嬉しかったかな-、と思いました(あくまで個人的な感想です<念のため)。


辞書特集だけで終わってしまいましたが、他にも読み応えのある特集などがあり、ワタクシ的には、今号は「買ってよかった号」です(辞書特集と「会社を辞めて翻訳者になろう」以外は、まだパラパラとしか見ていないですが)。
そして、1970年代後半から1980年代にかけて、海外SFを読み漁った身としては、SF翻訳家列伝がとても懐かしかったのでした。
2018.09.07 01:39 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

しばらく前、勉強会で「要約、どうするねん」がまだ五里霧中だった頃、管理人さんに何冊か参考図書を推薦していただきました(「こんな参考書ありませんか」とお尋ねすると――あらかじめ質問しておく必要がありますが――、鞄の中から何冊もの参考書が出てくるのだった、あの鞄はきっと翻訳者的「ドラえもんのポケット」に違いない)。
その中の1冊が、この「パラグラフリーディングのストラテジー ① 読み方・解き方」(河合出版)。大学受験生を対象にした参考書です。

受験参考書なので、目的は、長文読解の攻略、つまり「いかに短時間で、パラグラフ単位で、また複数パラグラフのまとまりとして、著者の言いたいことを読み取るか」。正しく速読するための方法が系統立てて述べられています。

入試に出題される、論理展開が比較的はっきりした評論文が対象ではありますが、「論理展開のパターンを理解せよ」とか「論理マーカーに注目せよ」とか、頭に留めておくべきポイントが分かりやすく整理されていて、受験参考書、恐るべしです。まあ、それを言うなら、「英文解釈教室」(伊藤和夫)は受験参考書の範疇を超えてるよなー、という気がしますが。

本書では、「論理チャート」というものを書いて、パラグラフ内の流れを掴むという方法が示されています。そして、そこから、さらに、パラグラフ間の流れを掴み、著者の言いたいこと読み取る、という流れです。読み飛ばせる部分も多いのですが、論理チャートの書き方とポイントの総整理、巻末の論理マーカー一覧あたりは、文章をきちんと要約する上で役に立つかなー、と思います。

文章をきちんと要約できれば、流れを意識しながら訳文を作ることができるようになるんじゃないか(その訳文の出来は、ひとまず置いておいてくだされ)、ワタクシ的には、今、そのように考えながら要約に取り組んでいます。勉強会は、ちょうど次回が要約の回なので、この論理チャートを上手く当てはめることができるかどうか、ちょっと挑戦してみようかなと思っています。

とはいうものの。
あくまで自分の場合ですが、要約では、「全体として言いたいことを把握する」が目的になるため、細かいところまでなかなか目が届きません。つまり、どうしても文法的な細部を疎かにした読み方になってしまうのです。というわけで、「要約モード」の余韻を残したまま訳出作業に入るのはとても危険です(少なくとも自分の場合は)。むっちゃ危険やで、ということはよく分かった。

6ヵ月経って、やっと「要約することの意味」が少し掴めてきたような気がします。それに比例して「原文を本当にきちんと読む」ということの大切も。
このまま、試行錯誤しながら次の6ヵ月を行くのでしょう。6ヵ月後には、少しでも前に進んでいたいものです。
2018.08.30 22:53 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |