FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


たまには実際的な記事など。

ときどき、保険以外のアメリカの医療システムについて知りたいこともあるわけです。
英語の説明を読んで、ナルホドー、と何となく理解できても、医療システム自体が日本と異なるので、「じゃそれ、日本語でどういうのが一番近いの?」ということも多い。いや、ワタクシが日本の医療制度をきちんと理解できていないというのが、一番の理由かもしれないんですけど。そんなときに参照するサイトや参考書。

まず、医療保険(制度)について。

http://www.us-lighthouse.com/life/daijiten/insurance.html
(Lighthouseロサンゼルスのウェブサイト)
https://www.jccg.org/nowhow/28-healthcare/97-insurance
(ジョージア日本人商工会ウェブサイト)

いずれも簡単な用語説明がついています。説明も分かりやすい。
どちらも保険会社が監修されているようなので、情報元としては信頼がおけると思います。
(ただし、その訳語をそのまま使用するか否かは再考します)
この種のウェブページで気をつけないといけないところは、監修の保険会社の現地撤退などにより、「ある日突然ページがなくなっとる!!」可能性があること(過去に泣いた経験あり)。
現地商工会や保険会社などの情報を中心に、定期的に情報を収集しておく必要があるかなと思います。

書籍では

「世界の医療保障」(加藤智章・西田和弘編、法律文化社 2013年)
これは、ハッキリ言って勉強するための本なので、ワタクシ的にはうたた寝の友的積ん読的色合いが濃いのですが、日米を含む各国の医療保障制度がコンパクトにまとまっているので、不測の事態に備えて手元に1冊あってもいいかも、と思います。


医療システムについて。

「これぞアメリカ医療システム!」という邦文書籍には、いまだ遭遇できていません。
そういう場合は、意外に医師の方の現地開業記が役に立ったりする。

「アメリカ臨床医物語」(中田力著、紀伊國屋書店 2003年)
(以前「Physician's OfficeはなんでOfficeやねん」でも紹介しています)
「アメリカ開業医はつらいよ!」(二木良夫著、克誠堂出版 2009年)

フムフムと納得したり「そうなんや~」と驚いたりする記述もあり、侮れない...んだけど、必要なときは記憶から飛んでいて、あとで読み直して「あのとき苦労したアレ、ここに書いてあるじゃーん(泣)」となったりする。


医療システムと医療保障制度混合などその他。

「アメリカでお医者さんにかかるときの本」(あめいろぐ、保健同人社 2014年)
帯に「アメリカで活躍する20人の日本人医療従事者が執筆」とあるとおり、現地での「お医者さんへの掛かり方」が懇切丁寧に説明されています。この本は、患者を対象としたものなのですが、翻訳者として役に立ちそうな情報もそこかしこに散りばめられているので、このコもやはり侮れません。これから米国に長期滞在される方は、この本を帯同なさってください(決して「あめいろぐ」さんの回し者ではありません<念のため)。
ウェブサイトもあります
http://ameilog.com/
...と本当に暫くぶりに覗いてみたら、ワタクシに断りもなく(注:断る必要はありません)新刊2冊も出とるし! とりあえず「ホスピタリスト」の方をほしいものリストに放り込んでおきました。

「病院の内側から見たアメリカの医療システム」(2002年)「病院の外側から見たアメリカの医療システム」(2006年)(河野圭子、新興医学出版社)
著者は米国で医療経営学修士を修められた方で、経営的視点からの記述が多いのですが、体験記部分は「ふむふむ、こうやって実務に就いていくのね~」と参考になりますし、斜め読みですが、この方の医療保険に関する記述は分かりやすいように思います。興味があれば。


おまけ。

「医療現場英語辞典」(山田政美・田中芳文、三省堂2016年)
読んで楽しむ辞典的色合いが濃いのでお好みで。略語や各種ナースの説明等もあり。どちらかというと、書籍翻訳や映像(医療関係)翻訳をなさる方の役に立つような気がします。そして「スタートレック」も登場するのだった。
2018.08.11 15:36 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

シンポジウム終了後、本来なら緊縮財政で財布の紐を締めてかからなければならないところですが、シンポジウム・ハイで気が大きくなってしまったらしく、主に「ヲタクじゃないけどサブカル講座」で紹介された書籍をAmazonさんで注文してしまいました。仕事ではまず関係はないのですが、今後、勉強会で必要になるかもしれないし。
しばらく粗食で我慢します。


まずは、「シンポジウム2018参考資料一覧」で紹介されたものから。


「英語ライティングルールブック」(デイヴィッド・セイン、DHC、2011年第2版)
句読点(パンクチュエーション)についてかなりのページを割いているとのことでしたが、本当にそう。きちんと読もうと思います。

「なんでもわかるキリスト教大事典」(八木谷涼子、朝日文庫、2012年)
「キリスト教とは何ぞや」について丁寧に解説した本です。各派の比較対照表や用語表現集、参考文献リストもあり、索引もかなり充実しています。問題は、老眼にはなかなか厳しいポイント数の箇所が多いということ。内容には関係ないですが、年を取ってくると、そこはなかなか大事です。

「シェイクスピア名言集」(小田島雄志、岩波ジュニア新書、1985年)
原文付き。その台詞が口にされる場面の説明のあとに、小田島さんの個人的な感想も書かれていて、気楽に読める1冊です。ワタクシのように、「シェイクスピアは全部忘れました」な人間にはちょうどよさそうです。


マザーグースについては、家のどこかにあるかもしれないので「まずは発掘調査」と書きましたが、なかなか発掘が進まないので、2冊ほど注文しました。

「よりぬきマザーグース」(谷川俊太郎 訳、鷲津名都江 編、岩波書店 2000年、原詩・解説付き)
「マザー・グースの唄―イギリスの伝承童謡 」(平野 敬一  中公新書、1971年)
まずはこの2冊を読んでみて、必要があれば、もう少し詳しい内容のものに手を広げていこうかなと思っています。
鷲津名都江さんの肩書は「児童文学研究者」となっていますが、一定年齢以上の方には「小鳩くるみさん」と言った方が分かりやすいかもしれません(しみじみ)。


以下は自宅にあるもの。何かの参考になれば。

*聖書
King James VersionをEPWingで検索することができます。

帽子屋さんが、2年ほど前に、1913年版のWebster辞書のEPWing版を紹介する、「1913年版のWebster辞書」という記事を書いておられますが ↓ 、参照先のページからEPWing版の聖書も入手することができます。
http://baldhatter.txt-nifty.com/misc/2016/06/1913webster-2d7.html(帽子屋さんの記事)
http://maximilk.web.fc2.com/index_en.html#web(参照先ページ)

この記事を拝読したあと、Websterとともに、いちおー聖書もDLしました。
...その後、一度も使用していませんが...
今日、試みに少し試してみました。今のところ、全文検索でAND検索する以外の有用な使い方が分かりませんが、とりあえず、EPWingデータも手に入るよ、ということで。

「聖書に由来する英語慣用句の辞典」(小野経男編、大修館書店、2011年)
やはり2年前、某翻訳学校のノンフィクション・マスターコースを受講していたときに購入したもの。そのときは出番はありませんでしたが。
「キリスト教大事典」が「キリスト教に関する知識を得るための事典」であるとするなら、こちらは、名言集に近いものです。収録語数は多くありませんが、フレーズ、聖書の中でのもともとの意味、慣用句として用いられた場合の意味の順に記載されていて、その後に出典(英日併記)と用例(小説や雑誌記事中での使われ方、英日併記)が記載されています。どちらかと言えば、これも読みもの的。目次や索引がないのが難。

「More Than a Carpenter」(Josh McDowell, 1971)
ワタクシは9.11の頃アメリカにいたのですが、テロ後、よくも悪くもキリスト教が米国市民を一致団結させるさまを目のあたりにし、キリスト教についてもっと知りたくなりました。そこで、当時英会話を習っていた先生(敬虔なカトリック信者)に「キリスト教入門書的な本はありませんか」と聞いたところ、「この本を読みなさい」と頂いたのが、この「More Than a Carpenter」。中身はほとんど忘れてしまったのですが、この本を読んで初めて「三位一体」を「ナルホド」と理解できたことを覚えています。
Amazonで調べてみたところ、2009年に、息子さんとの共著で新版が出ているようです。ワタクシの持っている1971年版は128ページですが、新版は179ページとなっていて、かなり加筆されているようです。


*パンクチュエーション
「The Ready Reference Handbook」(Jack Dodds, 1998)
これもアメリカにいた頃、Community CollegeのESLの授業の副読本として買わされたもの。特にPunctuationの部分には、その後本当にお世話になりました。
2005年の第4版が最後で、今では入手できないようです...ていうか、まずは上述の「英語ライティングルールブック」かなと思うのですが、昔とてもお世話になりましたのでひと言ご紹介。
2018.06.05 22:39 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

日本語の音読は、随筆など普通の文章と(並べ読解消を兼ねて>雑誌類は立てて並べているので)専門分野のテキストや雑誌を読むようにしています。仕事などで忙しく、どちらかを端折ることも多いですが。現在の音読テキストがこのINTENSIVIST。3月の循環器学会の書籍販売会場で買い求めたものです。

対象読者は医師ですから、正直なことを言えば、内容は難しすぎて、頻繁に対応する分野以外は「???」な箇所も多いです(なので、さくっと飛ばすことにした)。
でも、仕事では、「普段こういう内容書き慣れてますねん」という振りをして、訳文を作らなければなりません。
そのためには、この程度の文章がつっかえずに読めるくらいでなければならないだろうと思っています。
(実際、「おお、こういう表現が普通なのね」という表現に行き当たって「メモメモ」ということもあります)

INTENSIVISTは、たまに内容をチェックする雑誌ではありますが、なにぶんにも1冊の値段がお高いため、普段、目次を見ただけではなかなか購入に踏み切れません。
それなりに貧乏なので、いつも「それではワタクシが人柱になりましょう」をやるわけにはいかんのです。

ちなみに、この号の目次はこちら→
http://www.medsi.co.jp/books/products/detail.php?product_id=3474

書籍販売の会場で、実際に中身を確認し、図や写真も多く、普段の仕事にも役立ちそうでしたので、迷わず購入しました(完全に「専門書籍売り場ハイ」でした>他にも何冊か購入した>後悔はしていないが、財布が風邪を引いた)。

アウェイ感満載の循環器学会でしたが、この書籍販売会場のためにすべてを赦す(てかなぜにワタシが赦す?)気になっています。
専門雑誌のバックナンバーが揃っている大型書店も多いですが、「循環器」というくくりでこれだけの書籍が並んでいて中身を確認できる場面に出くわすことは、この先たぶんないと思います。貴重な体験でした。

他に購入したのはこちら。
若干偏りが認められますが、不整脈の非薬物治療(アブレーションとか植込み機器とか)は、そこそこ仕事で遭遇することが多い割りに、ガイドライン以外に「コレ」という参考書が手元になく、心許なく思っていたためです。

Heart View 2017年2月号(特集が「植込みデバイスによる不整脈・心不全の診断・治療はどう変貌したか」)
診断と治療 2017年8月号(特集が「不整脈診療 初期対応から先端治療まで」)
ICD・CRTの考え方・使い方(中外医学社)

「HearView」は、やはりときどきバックナンバーを確認しにいくのですが、購入に踏み切る勇気がでない雑誌。
「診断と治療」は、これまでノーマークでした。
「ICD・CRTの考え方・使い方」は、今回の学会で先行発売されたもの。仕組みや基本、ガイドライン、植込み術、周術期管理などの基礎編から、応用編(これはワタクシには難し過ぎる)、特別編(AED、ウェアラブル、皮下植込み型についての説明)までよくまとまっている感じです。

日々、亀の歩みではありますが、少しずつ読み進めていきたいと思います(希望的観測ですが...そして、いつすべての並べ読が解消されるかは神のみぞ知るなのだった)。
2018.05.11 22:25 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
慢性Amazon購入したい病が悪化した際に購入した1冊。


同業者は「てにをは辞典」(以下「てにをは1」)を所持しておられる方が多いようで、どちらにしようか悩みましたが、「連想表現辞典」(以下「てにをは2」)の方にしてみました。

第一印象は、「老眼にはやさしくない」。巻末に「てにをは1」の例頁が掲載されていて、そちらも同じくらい老眼にやさしくなかったので、ちょっとホッとしました(...なんか論点が違うような...)


気を取り直して。

この辞典は、帯に「日本を代表する作家四百名の名表現を類語・類表現で分類。作家的表現力を身につける『書く人』のための辞典」とあるとおり、本来、少し時間をかけて「ことばを探す」ための辞典です(少なくとも、ワタクシはそういう印象を受けました)。なので、時間との戦いである面も大きい毎日の実務翻訳には少し不向きかなあという気もします。

「引出し」と呼ばれる大分類の下に見出し語があり、各見出し語項目の中に、項目語を用いた表現例や関連(連想)語句を用いた表現例+その表現の使用者が書かれている、という構成なのですが、項目によっては、この表現例がたくさんありすぎて(しかも-しつこいようですが-老眼は考慮されていない)、斜め読みでも時間がかかります...というか、どちらかといえば、ゆっくり味わって読みたい内容です。


たとえば、「多い・少ない」という大分類を例にとってみます。

見出し語は、五十音順に収載されていて、「ある程度」「幾つか」「いくら」「一語一語」「一条」「一度」...などなど。そのおのおのに、表現例が記載されています。時間に追われる仕事では、「とりあえず見出し語だけざっと斜め読みする」という使い方はできるかもしれません。

この分類方法は、「角川類語新辞典」(以下「角川」)に似ているように思います。
「角川」では、「多い・少ない」は、「数量」という大分類中に「多少」として記載されています。その中で、「多い-数量がたくさんある」「特に分量が満ちたりて不足がない」などと、さらに細分化されています。各語には簡単な意味の説明と使用例が記載されているので、同類の語句の違いをくらべたいときも便利。ATOKにもおったような気がしますが、ワタクシは紙辞書のお世話になることが多いです。この種の紙辞書としては、仕事では一番お世話になるかも(日本語から他の日本語を連想する、という使い方では、たいていは、ウェブの「類語連想辞典」さんにお世話になります)。

「老眼にやさしい」という点では、「日本語使いさばき辞典」(以下「使いさばき」)が秀逸(?)です(<どうしてもそこなのか<自分)。
この辞書は、ライターさんから、「ちょっと変わった愛用辞書」として紹介していただいたもの。
「てにをは2」同様、「大分類は五十音順」というところが使いやすいのですが、いかんせん収録語数が少なめ(老眼にやさしいので<しつこい)なのと、各語の意味の記載がないところが若干使いにくい感じです。
「使いさばき」にも「多少」という分類はありまして(他の辞典の「大分類」に相当する位置づけ)、その中に、「数量・分量からみた『多(少)』」「『多』に関する擬態語・形容語」「ある基準からみた数量・分量の『多少』」などの分類があり、それぞれが、さらに細かく分類されています。たとえば、「ある基準からみた数量・分量の『多少』」だと、「食べ物で腹が満ちる」「はみ出した数量・分量」「端数がない」など。各大分類の最後に、その語句に関する成句一覧が記載されているのも面白いです。

「てにをは2」の「多少」の項目を眺めていたら、「多少なりとも」と「多少とも」の両方の表現があって、「どうちがうねん」が多少気になりました。そういうとき、ワタクシは、「日本語類義表現使い分け辞典」(紙版、以下「類義表現」)か「類義語使い分け辞典」(CD-ROM版)のお世話になるのですが、特に「類義表現」は、説明が詳しすぎて、気合いを入れ直して読まないと理解できないという難しさがあります(あくまでワタクシの場合)。
(ちなみに「なりとも」と「とも」の使い分けの説明は見つからなかったような気がしますので、また時間があるときに調べてみます)

そんな風に、類語辞典には、(忙しいときであっても)「類が類を呼び、最後に類義表現を呼ぶ」というこわさがあるので、ワタクシは「類語辞典の罠」と呼んでおそれています。


上で言及した辞典は以下のとおりです。

「てにをは連想表現辞典」(三省堂、2015年)
「てにをは辞典」(三省堂、2010年)
「角川類語新辞典」(角川書店、1981年)
「新版・日本語使いさばき辞典」(東京書籍、2014年)
「日本語類義表現使い分け辞典」(研究社、2007年)
「類義語使い分け辞典」研究社、1998年」

蛇足ですが、「てにをは2」には、巻末に、収録作家名と出典の一覧があるのですが、その中に、高千穂遙さんの「ダーティペアの大帝国」があって、多感な年頃、高千穂さんの作品にお世話になった身としては、嬉しいやらびっくりするやら。ただ、どこに収録されているかは分からんのです。
2017.11.04 15:54 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「今日から使える医療統計」(新谷歩、2015年、医学書院)

トウケイ、ニガテデス。

とはいえ、仕事では、分かった振りをして統計を語らなければならないこともあるわけで。

10年以上前に受けた医薬翻訳講座の講師先生は、「最低限、P値と信頼区間の意味だけキチンと押さえておけば、あとは何とかなります」的なことを仰いました。
もっとも、それは「最低限、そこは押さえておかなければ、意味の通じる翻訳はできない」という意味であって、「それだけ分かっていればいい」ということではなかったことは、すぐに明らかになるんですが...

医療機器では、製薬分野より統計に遭遇する頻度は低いのかもしれませんが、それでも、プロトコールや報告書ではそれなりに「統計」が登場します。
辞書は手元にありますし、おおむね初学者用の参考書も何冊か読みましたので、多少難しい内容のものも、その都度確認しながら「何とか」という感じで対処しているのですが、いつまで経ってもなかなか自信がつきません。てか、ルートとか嫌いだし。

先日も、「XXの場合はYY検定を用いる」的な文章で、「XXの場合」が互いに相反するAとBのどちらにもとれるような書き方をしているものがありました。どちらかが正しいワケで、統計をご存じの方が読まれたら「意味的にA(又はB)しかあり得ん」となるのでしょうが、その検定を字面でしか理解できていないワタクシには、調べても調べても正答が確定できません。

その仕事を納品したあとで、「今日から使える医療統計」を読み始めたら、その中に正答が書かれていたのでした(あ、合ってた...<ホッ)。

この本は、「統計に馴染みがない状態で医療翻訳をある程度こなし、『統計の洗礼(?)』を受けたあとで読むと、よく理解できる参考書」であると思います(あくまで自分の場合です)。

(ワタクシ的には)まったく初めてという項目はなかったのですが、ほとんど理解できていなかった内容もあり、さまざまなことがかなり明確になりました(理解したことはおそらくすぐに忘れてしまうと思うのですが、とにかく、どの本を見ればよいということが分かったのは収穫です)。
基礎知識やグラフの見方、感度や特異度など、復習的に役に立った箇所もあり、交絡と交互作用の違いなど「そう考えればよいのか」と違いが明確になった(今だけ)項目もあり。卑近な例を用いて説明してから、専門用語による説明に入るので、分かりやすいです。
これまで点としてしか理解できていなかった、「どのような場合はどの検定を用いる」が一覧表にまとめられているのも、一目瞭然に(今だけ)納得できて嬉しい。

1年以上積ん読していたことを心から後悔し懺悔しました。

目次などはコチラから→
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=84840

元になった週間医学界新聞の連載「今日から使える医療統計学講座」はコチラで読むことができます→
https://www.igaku-shoin.co.jp/paperSeriesDetail.do?id=144
2017.11.02 22:21 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |