FC2ブログ
2020. 05. 16  

『文章は接続詞で決まる』(石黒圭、光文社新書、2008年)
『「接続詞」の技術』(石黒圭、実務教育出版、2016年)

 ブログに書こうと机の脇に積んでひと月。「明日こそは明日こそは」詐欺を続けている(?)うちに、「翻訳フォーラム」さんがYou Tubeで紹介してくださいました!
URLはコチラ→https://www.youtube.com/watch?v=soeaJjdXIio

 もう、こちらの動画を見て頂くだけで十分なのですが、動画ではどちらかというと『「接続詞」の技術』が中心でしたので、オマケというか「気が向いたら読んでね」的に、二冊の読書感想文を書いておきます。

 あえてこの二冊の違いを挙げるなら、『文章は…』が接続詞を考えるための本であるのに対し、『「接続詞」の技術』は、日々のカキモノに接続詞を適切に使うための本であるということができるかなと思います。手を伸ばせば届くところに置いておくなら『「接続詞」の技術』の方。巻末の一覧表は切り離せるようになっていますので、一読したあとは、この一覧表を見えるところに貼るなり置くなりするのもよいかと(字が小さすぎて老眼にはツラい&スペースの問題がありまして、私はやっていませんが)。

 『「接続詞」の技術』は、動画でも紹介されていたとおり、四種十類の各分類に属する接続詞について、例を挙げながら細かな違いを説明しています。その明解な説明に、ナルホドと頷くばかりです。
 一読して心に残った部分は何箇所もありましたが、そのひとつが「『そして』は帰着点を表す働きがあり(中略)『そして』のあとに情報の比重が置かれるような語感があります」という部分です。よく、andの訳語として安易に使ってしまいがちな「そして」ですが、気をつけて用いないと、うるさいばかりでなく、本来際立たせるべき情報も霞ませてしまうと思いました。以前、柴田元幸さんが「日本語の『そして』はandより強い」と、どこかに書いていらしたのを拝読した記憶があるのですが、それはここで石黒さんが仰ることとも関係しているのではないかとも。そんな風に、別の著者がまったく別の文脈で言っておられたことが、自分の中で関連づけられるのも、(翻訳にかぎりませんが)「学び」の醍醐味のひとつではないかと思います。

 そういう実践的な書籍なので、どちらか一冊をということであれば、『「接続詞」の技術』の方かなと思いますが、できれば『文章は接続詞で決まる』の方も併せて読んでいただきたいです。
 こちらでも、やはり接続詞が四種十類に分類され、その説明にかなりのページが割かれており、実際『「接続詞」の技術』とかぶる部分も多いです。けれど、それ以外の部分に、接続詞を使うに当たってあらためて考えてみてもいいんじゃないかという箇所がいくつもあると思うんですよね。

 目次はこんな感じ。

 序章 接続詞がよいと文章が映える
 第一章 接続詞とは何か
 第二章 接続詞の役割
 第三章 論理の接続詞
 (ここから第六章までの四章を使って四種十類の接続詞を説明)
 第四章 整理の接続詞
 第五章 理解の接続詞
 第六章 展開の接続詞
 第七章 文末の接続詞
 第八章 話し言葉の接続詞
 第九章 接続詞のさじ加減
 第十章 接続詞の戦略的使用
 第十一章 接続詞と表現効果

 第二章「接続詞の役割」で、石黒さんは、書き手・読み手両方の立場から「接続詞」というものを考えておられます。この書く側からも読む側からも考えてみるという姿勢は、石黒さんの新著『段落論』にも引き継がれているように感じました(『段落論』はまだ途中なので、気のせいかもしれません)。
 第七章の「文末の接続詞」は、「日本語の場合、接続詞が文末に埋め込まれている場合があります」と始まります。最初はその考え方に「え」と思うかもしれませんが、読み進めていくと、納得できることばかりで、私は、この章を読んでから、訳文で「のだ」を使いそうになるたびに、「ここは本当に『のだ』がいいのか?」と考えるようになりました(←「のだ」が結構好きだったヒト)。だれでも文章をかくとき無意識のうちに、このいわゆる「文末接続詞」を使っているに違いないのですが、それらの働きについてあらためて考え直すことができる章だと思います。
 また、第九章の「接続詞のさじ加減」には、「接続詞を使わない方がよい場合」が、「接続詞の弊害1~5」として具体的に述べられています。接続詞は文章をnavigateする大事なものではあるのですが、「使わない方がいい場合」というのもあるんですよね(と読んで納得)。『「接続詞」の技術』にも、「不要な接続詞を間引く」という項目がありますが、この第九章ほど詳しく述べられているわけではありません。

 という感じなので、両方併せて読んだ方が、接続詞に対する理解(…いや、自分の場合まだ「理解」できたとは言えないので、「興味」かな)がより深まるんじゃないかと思います。

 動画の中で帽子屋さんは、『「接続詞」の技術』にはたくさん付箋をつけたと仰っていましたが、私は、アンダーラインはしまくりましたが、付箋はつけませんでした。(これもやはり帽子屋さんが仰っていたことなのですが)目次と索引が充実しているので、付箋がなくてもすぐに探している情報に辿り着けるんです(『文章は…』にはぺたぺた貼りましたが)。

 というわけで、「翻訳フォーラム」さんの動画を見てから、表題の二冊を読めば、接続詞がこれまでより可愛い(?)ものに見えてくるんじゃないかと思います。興味の湧いた方は、是非試してみてください。
2019. 07. 24  

このところしばらく、報告書などよりもう少し想定読者の範囲が広い文書を訳す機会が多くなっていました。
そこで、酷使しているのが類語辞典。

前から気になっていた「デジタル類語辞典」、「Buckeye the Translator」でも(かなり昔の記事ですがですが)紹介されているのを発見しましたので(ご存じのとおり、勉強会の関係もあり、6月末からこちらのブログにストーカーのごとくお邪魔しているSayoです<そしてまだ読了できていないなど)、思いきってDL版を購入してみました。

該当ブログ記事:「類語.jp」の類語辞典(2011年9月28日)


私が購入したのは、「デジタル類語辞典 第8版」。CD版がAmazonでも購入できますが(出品者は販売元になっています)、私は、販売元のマインドマネージャーストアから直接購入しました(このブログを書いている時点で、まだ定価の34%引きでの販売を継続中です)。
https://v-networks.co.jp/SHOP/730723/730813/list.html

インターフェイスは井口さんが紹介されているものと同じで、操作方法もヘルプで確認できるのですが、そういえば帽子屋さんも、しばらく前にこの辞書について記事を書いておられたなあと、ついでにその記事も探してみました。

該当ブログ記事:『デジタル類語辞典』のこと(2016年7月24日――おお、ちょうど3年前やん)


こちらの記事にも記載のある、連携先の辞書を指定して他の辞書を引くことができるという機能、個人的にはとても嬉しい機能です。
他の類語辞典もそうなのですが、「これ使えるかも」という語句を見つけても「本当に使えるのか?」を確認するために、国語辞書を引く場合がほとんどです(そもそも手持ちの語彙も少ない)。
ということで、とりあえずLogoVista辞典ブラウザを連携先に指定しました。この頃ではEBWinや対訳君に登録できない辞書の方が増えてしまい、国語辞書はこちらの辞典ブラウザにまとめているので。
まだ使い始めて日が浅いですが、なかなか重宝しています。

これ以外によく確認する類語関連のウェブサイトが、「連想類語辞典」。 
https://renso-ruigo.com/

少し前にFB上でも話題になっていました。
情報元がよく分からないので使用には注意が必要かと思いますが、自分では思いもつかなかったような類語が見つかることもあり、こちらにも日々お世話になっています(『デジタル類語辞典』同様、あとで国語辞書で意味を確認しますが)。

類語辞典は、この他にATOK搭載の角川類語新辞典や、『類語例解辞典』(小学館、書籍)を確認することもありますが、だいたいは『デジタル類語辞典』と「連想類語辞典」で済ませている感じです。


(オマケ)
言葉選びで使用するその他のウェブサイトや辞書。

● 英単語から訳語をさがすときは、英日辞書(個人的には『ジーニアス英和大辞典』がお気に入り)→英英辞書(Japan Knowledge収載のコウビルド英英和とOALDを見ることが多い)→『翻訳訳語辞典』(EBWin)[→『英和翻訳表現辞典』(研究社、書籍)]の順に巡回しています(『英和翻訳表現辞典』まで見にいくことは少ない…というか、これは、基本的に「読む」辞典のような気がします)。

● NINJAL-LWP for BCCWJ(筑波ウェブコーパスの検索)と『てにをは辞典』(小学館、書籍)
http://nlb.ninjal.ac.jp/search/
たとえば、目当ての名詞+(目当ての)助詞のあとに頻用される動詞は何かを確認したいような場合にチェックしています。

● SkeLL (Sketch Engine)
https://skell.sketchengine.co.uk/run.cgi/skell
どちらかといえば、英訳時に便利かなあと思うのですが、私は、たとえば、調べたい単語がどんな品詞のどんな単語と一緒に使われることが多いのかをざっと確認したいような場合に、Word Sketch機能を使用しています。
2019. 01. 26  

「英文和訳・要約法」(谷田貝常夫・中村保男、文字文化協會)

要約の参考書はこれが2冊目。
1冊目は「パラグラフリーディングのストラテジー ① 読み方・解き方
どちらも、勉強会管理人さんの推薦図書です。

どちらも「要約時に気をつけること」について述べられていますが、あくまで大雑把な印象ですけど、「英文和訳・要約法」の方が、受験をあまり意識しない一般的な「要約」について述べているような気がします。もう少し巨視的な視点から「内容を理解するために要約する」を目的にしているように感じられました。

本書は、ざっくり、以下の3部構成になっています。

第1章「何を省き、何を採るか」
 まず「要約とは何か」が述べられたあと、どのようにして不要部分を省き、必要部分を縮めるかについて、具体的な方法が提案されます。
第2章「文章の構成と論理」
 文章の構成(全体の展開、各段落や文の役割など)とその理解に不可欠な、論理を左右する接続詞について述べられます。
第3章「日本語の短文を書くために」
 要約文の書き方と、その際注意する点がまとめられています。

そして、最後の「後書きに代えて」で、よい要約文の条件として、
1. 読み手が原文にあたらなくても、その文章の基本的な情報が得られ、原著者の発想がわかること。
2. 要約文が明確、手短で、段落中心文のどれにも均等な配慮を加え、バランスがとれているものであること。
3. 原文に含まれている大切な事項は正確に取り上げなければならないが、原文にない情報や意見は含めないこと。
の3点が挙げられています(本文126頁)。

このあたりは、「公開勉強会」の管理人さんのスライドに入ってくると思いますので、出席してくださるという奇特な方は、今日のところは読み流していただいてよいかと(笑)。

要約について簡潔にまとまった、要約初心者にも分かりやすい良書だと思いました。

がだがしかし。
私たちが勉強会でやっているのは、あくまで「翻訳することを意識した」要約。
個人的な考えですが、そのためには、普通に目の前にある文章(やその一部)を要約するより、段落間の流れも段落内の流れも意識しなければならないような気がします。「要約本」の例文は、基本的に文章の一部を取り出して要約するものなので、どうしてもその文章だけで考えがちになってしまいます。「自分は何のために要約するのか」を常に頭の片隅においておかなければならないと、改めて思いました。

本書には、(全体を分かりやすくするために)「語順を入れ換えて要約」がときどき登場します。段落内での完結をめざすのであればそれでいいと思うのですが、「翻訳のための要約」的観点からみれば、「そこ、入れ換えても流れが変わらない?」ということを、少し意識した方がいいのかなと思いました。ただ、「その方が分かりやすい/座りがいい」ということで入れ換えてしまうと、文章構成の比重に違いが出てしまって、翻訳するときに選ぶ言葉が違ってきてしまうかもしれません。

また、本書は、どちらかといえば「バッサリ切る方法」を提案していますが、バッサリ切ることの目的のひとつに(簡潔にまとめる以外に)「バッサリ切らなかった部分=必要な情報を際立たせる」ということがあるんじゃないかと思います。その点を意識しながらばっさばっさ切っていくと、翻訳をする際にもメリハリのついた訳文が書ける(少なくともそのように努力する)のではないかと。

...結局、大事なことは「何のために要約するか」を忘れない、ということに尽きるのかなと思います。
その点を忘れずに読めば、得るところの多い、分かりやすい「要約指南書」だと思いました。

とエラそーなことを書いていますが、普段の要約では失敗ばかりやっています(^^ゞ

でも、そうやって、失敗しながら、考えながら、悩みながら要約に臨むことで、訳出時の原文(と翻訳文)への向き合い方も変わっていくに違いないと信じて、毎月管理人さんに斬られる第1秘書なのです。
2018. 12. 21  

「日本人のための日本語文法入門」(原沢伊都夫、講談社現代新書 2012年第1刷)
副題:これだけは知っておきたい日本語の基本

寄り道しながらやっと読了。


目次
はじめに
第1章 学校で教えられない「日本語文法」
第2章 「主題と解説」という構造
第3章 「自動詞」と「他動詞」の文化論
第4章 日本人の心を表す「ボイス」
第5章 動詞の表現を豊かにする「アスペクト」
第6章 過去・現在・未来の意識「テンス」
第7章 文を完結する「ムード」の役割
第8章 より高度な文へ、「複文」
あとがき
参考文献


特に難しいことは書いてないです。肩肘はらずに読める本だと思います。
でも、(あくまで個人的な感覚ですが)フォーラムやセミナーなどで学んだことがコンパクトにまとまっていて(完全に同じというわけではありませんが<念のため)、「あの話はこういうことだったのか」と整理整頓できる感じ。

テンス、アスペクト、ムードを含め、少し前までは特に意識することなく(でもだいたいにおいて正しく)使用してきた多くの事柄が、本書を読み終わったあと、自分の中で「収まるべきところに収まった」という感じです(てか今さらかよ<自分)。

それらが英日でどう違うのか、どのような文化背景の上に違いが生じたのかを「意識する」ことで、逆に、「では同じ部分は何か」を意識するようにもなります。同じ部分を整理した上で、もう一度「違う部分」に目を向ける。「述語から読む・訳す」でT橋(さ)さんが仰っていたこととも通じるような気がします。具体的に自分の頭で考えたので、抽象論として理解していたものが、「こういうことだったのか」とちょっと霧が晴れた感じ(てか今さらかよ<自分)。

参考文献も充実。
もちろん、多ければいいというものでもありませんが、(本文の内容が一般的な噛み砕いた内容であれ専門的な内容であれ)きちんと参考文献が記載されているものは好感がもてます。

私は時間が掛かってしまいましたが、本来さくっと読めるはずの本なので、興味を持たれた方は手にとってみてください。管理人さんのお勧め本にも入ってました(と思う<ちょっと記憶が曖昧でスイマセン)。
2018. 11. 04  
「わかったつもり-読解力がつかない本当の原因」(西林克彦、2005年)

もともと「本の読み方指南本」と思って手に取ったものです。
最近、読んだことがなかなか記憶に定着しないので、本の読み方が悪いのかなー、と思って(加齢原因説もあり)。

そうしたら、ちょっと思っていたのと違う本でした。

著者は、小学校の教科書の例を用いて、一般的な読者が「わかった」と思う状態は、多くの場合、深く読み込めていない「わかったつもり」の状態であることを示します。
そうした状態は、とりあえず「わからないことがない」という安定した状態なので、そこで思考が停止し、それ以上読みが深まらず、「そこそこわかった」状態から進展しないとも。

では、「わかる」とはどういう状態をいうのか。
著者は、それを、文脈からスキーマ(ある事柄に関する、すでに知っているひとまとまりの知識)が発動され、文章中のそれぞれの部分がきちんと関連付けられた状態と表現します。
その関連付けが適切ではないまま安定してしまった状態が「わかったつもり」なのですね(←私めがやや強引にまとめています)

「わかったつもり」には、もの足りない読みによるもの(解釈は間違っていないが十分に読めていない)と間違った読みによるものがあり、この「間違った読み」をつくり出すひとつの大きな要因として、著者は、文章の全体の雰囲気(部分を大雑把に読ませ、ときに読み間違いさせる魔力を持つ)を挙げ、本来「わかる」状態をつくり出すはずの文脈が、間違った「わかったつもり」を引き起こすこともあると注意を喚起します。また、文脈から喚起されるスキーマ(ステレオタイプのスキーマなど)も、読み手をミスリードするおそれがあるとも述べています。

このように、「わかったつもり」とはどのような状態か、なぜそのような状態になるのか、どんな種類の「わかったつもり」があるのかなどの説明にページが割かれ、「では、どうすれば、『わかったつもり』をなくすことができるのか」に関する記述は少なく、具体的な方法は書かれていません(「自分でまとめてみる」くらいで、あとは、「こういうところに気をつける」的な内容が多いです)。それぞれが自分の読書生活の中で訓練を積むしかないってことでしょうか(まあ、即効性のある方法があるというのも、若干胡散臭い感じがしますが)。

具体的な訓練は、今のところ、「わかったつもり」の性質と種類をよく理解し、漫然とではなく、間違った「つもり」を引き起こさないよう意識しながら読む、(自分にとって)重要な内容の本は二度読みするくらいしか思いつかないです。とりあえず、この本を「わかったつもり」になっていないかどうか、もう一度気をつけて読んでみようかと。


この本の「本」を、私はときどき「原文」に置き換えて読んでいました。
わかったつもり、間違った読み、「わかる」を妨げるさまざまな要因...「原文」と置き換えても納得できることが多く、「わー、わたし、そんな風に原文読んでることあるー」となってしまい、そうした要因を心に留めて原文と向き合わなければいけないと、改めて思ったのでした。
当初の目的からは外れてしまいましたが、手にとってよかったと思える1冊でした。
(そして「公開勉強会」までに読もうと思っていた本が読めていないなど)
(今、この本をめっちゃ「わかったつもり」になっているSayoです)


最後に、原文を解釈するという観点から、「解釈の自由と制約」という部分が興味深かったので(あくまでも個人的な感想です)、一部抜粋して記載しておきます。

***引用ここから***

(文の解釈において)
自らの解釈の「正しさ」を信じたり、「正しさ」を強調することは、他の解釈を排除することにつながりかねません。自らの解釈を押し付けることにもなりかねないのです。
科学においても、減少を整合的に説明できる仮説が、ある時点で複数個存在することは決して珍しいことではありません。
解釈が妥当であるかどうかを「正しさ」に求めるのではなく、周辺の記述や他の部分の記述との「整合性」だけに求めたい、というのが私の考えです。
(中略)
① 整合的である限りにおいて、複数の想像・仮定、すなわち「解釈」を認めることになります。間違っていない限り、また間違いが露わになるまで、その解釈は保持されてよいのです。
② ある解釈が、整合性を示しているからといって、それが唯一正しい解釈と考えることはできないのです。
③ しかし、ある解釈が周辺の記述や他の部分の記述と不整合である場合には、その解釈は破棄されなければならないのです。
このような制約条件のもとで、想像を逞しうして、部分間の緊密性を高める想像・仮定を構築しては壊し、また構築していく、これが「よりよく読む」という過程の内実なければならない、というのが、本節の結論です。

***引用ここまで***

翻訳では、「想像を逞しうして」ばかりでは足りず、その前に、辞書も含め、「さまざまな方向からとことん調べ尽くし」という過程を経なければならないでしょう。そして、最後は、自分の責任において「これ」というひとつの解釈に行き着き、その解釈に基づく訳文をつくるということになるかなと。「本読み」とは若干異なるかもしれませんが、「正しさ」を求めて他の解釈を排除せず、解釈の妥当性を「整合性」に求めるという姿勢は、翻訳でも大事にすべきなのではないかと思うのでした。
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR