屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「シンプル病理学」(改訂第6版、2010年、南江堂)
音読了。

この本は、以前にも書いたとおり、Book-Offの片隅でメソメソ泣いていたところを救出したものです。
自分の中では優先順位はそう高くなかったので、泣き声が聞こえなかったら買わなかったと思うのね。

このテキストは、(「序」には、改訂を経て読者層を広げたとありますが)主にコメディカルの方々を対象としたもので、文系出身者が独学するには難易度が高く、かといって、仕事で必要となる情報を得るには記述が簡潔すぎるという、翻訳者にとってはやや扱いにくい書籍のような気がします。あくまで個人的な感想ですが。
実際、「医療機器メーカー社員向け教育資料の翻訳に役立った」と書きましたけれど、その後この本を開いて内容を確認することはなかったのですよね。

でも、ときどきパラパラめくってみると、「そうやって書棚の肥やしにするのはもったいない」と思うことがあったのも事実。
組織病理検査報告書の表現の宝庫、なのです。

ワタクシは体内植込み系の医療機器に関する仕事が多いので、動物を用いる非臨床試験の案件にもそれなりに遭遇します。毒性試験や埋植試験の報告書には、安楽死させた動物の組織を採取し処理して顕微鏡観察する組織病理検査の報告書も含まれます。言葉遣いもそれなりに特殊だったりするのよね(慣れっちゃ慣れですが)。

というわけで。
「書棚の片隅本を音読で解消しよう」キャンペーンの一環として音読しました。

音読してしみじみ分かったんですけど、テキストを意図した書籍なので、やはりそれなりに順番を考えて作られている。

まず総論として、細胞や組織、全身に適用される循環障害、炎症、感染症、免疫機構とその異常、腫瘍、遺伝と先天異常、代謝異常について簡単にまとめたあと、各論で、各器官系について述べています。各章では、はじめにその系の構造について簡単に説明し、その後、代表的な疾患とその疾患によって組織や細胞がどのように変化するかが述べられています(組織病理学的検査で主にお世話になるのはこのあたりです<収穫も多々あり)。写真がそこそこ多いのも嬉しい。


でもだがしかし。
他の同業者の方にこの本を薦めるかというと、そこはビミョー...(Book-Offで「そこそこ新しいのに半額で売られています、私」と泣いているところに遭遇した場合は、救出してあげてください)。
この本は結構難しいのです。たとえば、「文系出身ですが、医薬翻訳講座でひととおり解剖生理を学びました」という状態で手に取った場合、得るものはそう多くないのではないかと思ってしまうのです(「意味はよく分からないが専門用語を覚えることができる」という利点はあると思いますし、それはそれで、実際に翻訳をする上で役に立つとは思いますが)。あくまで個人的な感想です<念のため。
「解剖生理は(短大レベルですがいちおー)きちんと基礎を学んだ、実務で組織病理検査報告書もそこそこやった」今の自分には、包括的復習として最適だったかなあと思いました。

というわけで。
「書棚の片隅本を音読で解消しよう」キャンペーン、次は「異常値の出るメカニズム」(第6版、医学書院)に進むことにしました。
こちらも、仕事の関係で読むところは決まってしまっているので(そしてなかなか覚えられないのだった<年のせいという説もある)、普段読まないところにも目を通すことにしました。まだまだ修行は続きます。
2017.03.27 16:14 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(2) |
やっと少し気持ちに余裕ができたので、ざっと目を通しました。

「翻訳者になりたい人の必読誌(?)」とハテナマークを付けたのは、現役翻訳者にもためになる内容が多々含まれていると思ったためで、実際、ワタクシの周りの翻訳者の方々も、中堅からベテランまで多数の方が本誌を購入されています。

個人的には、S田元幸さん、M井章子さん、翻訳フォーラム・シンポジウムの様子が採録されていたのが嬉しかったです。
(まだきちんと読んでないんですけど...)

M井さんの講演はDVD視聴し自分でも記事にしましたが、こうして他の方が記事にしてくださったのを読むと、また新たな気づきがあります。
S田さんは今回翻訳者・学習者のみを対象にお話されたということで、お話の内容に興味がありました。
翻訳フォーラムのシンポジウムの模様はアルクさんのウエブサイトにも掲載されていたと思いますが、紙版でまとめて読めるのは有難いです。
(ウエブサイトはコチラ→
http://www.alc.co.jp/translator/article/tobira/symposium2016.html 
2月5日追記)

昨年版にあった「訳文吟味教室」と「辞書環境の話」はなくなっていて、それも読み応えのある記事でしたので、その点ちょっと残念でした(ページ数の関係もあるのでしょうね)。
その代わり(?)「翻訳者になりたい人のための8つのドア」という特集が組まれているのですが、これはこれで良記事と思いました。「翻訳を仕事にしよう、と思ったときに頭に浮かぶ疑問に、出版/実務/映像翻訳別に、順に答えてみました」の間に、実際的な部分も本質的な部分も、「これも忘れちゃいけないぜ」的な内容がさり気なく挟み込まれている、みたいな。あくまでも個人的な印象ですが。

J川元子さんのインタビューも含め、ところどころ「翻訳の未来は明るいばかりではない」というメッセージが織り込まれているようにも感じられ、その意味で、現役の翻訳者にとっても、「現状をきちんと理解し、自分のこれからを思い描き、そのために足りない部分を見極め、そこを重点的に延ばすためには具体的にどうすればいいか」を考えるきっかけになるかなと思いました。

しかし。
内容が濃いので、学習者の状態で本書をよんだら、ワタクシはきっと「あれも大事」「これもしなきゃ」と焦って、結局消化不良を起こしてしまったと思うのです(あくまで自分は、てことですが)。
「なりたい人」の中でも「(ビジネス的な側面も含めて)プロの翻訳者とは」「5年後自分はどんな翻訳者になっていたいか」「そのためには何が必要か」ということを考え、優先順位をつけて実行していける人が生き残っていける、ということなのかもしれません(...成行きで翻訳者になったあとで本書に出会えて、よかった...)
「翻訳フォーラム・シンポジウム」のT橋(A)さんパートに、レベル別必要辞書セットが紹介されているのですが、自分が初学者なら、全体的にもう少しこうした「志す人のための合いの手」的なものがあれば嬉しいかな~、とも思いました。

というわけで、各特集、大事に少しずつ読んでいこうと思います。
最後になりましたが、ワタクシはアルクさんの回しものではありません<念のため。
2017.02.04 16:36 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
「ひと休み」は「ひと休み」でございまする。

今日は、「どちらかといえば読みもの」的な辞典&書籍をご紹介したく。

「英和メディカル用語辞典」(講談社、2000年)

本書については、「役に立たない、辞書の話2」*の中でもちらと触れています。
*「役に立たない」としているのは、これらの辞書が役に立たないということではなく、当時まったく別分野の翻訳をしていた自分の日々の仕事には役に立たん、という意味ですので、その点誤解のないようにお願いできればと思います<念のため。

「はじめに」にもあるとおり、本書は、医療分野で広く使われているabbreviation、slang、jargon、acronym、neologism、医薬品・医療器具を含めた固有名詞などの「医療語(MedSpeak)」に特化した辞典です。仕事で使うというより、読んで楽しむ、医療ミステリーを読んで気になったときに引く、という感じの辞典ですね。とはいえ、スクラブナースの説明など、たまに、仕事でお世話になることもある、侮るとヤバい辞典でもあります。ただ、2000年発行ということで、neologismにはいささか不安を感じる部分がないでもありません。

と思っていたら、今年5月に、出版社は違うのですが、同じ編著者による同系列と思われる辞典が発行されました。


「医療現場英語辞典」(三省堂、2016年)

「はじめに」を読むと、本書は「英和メディカル用語辞典」の後継と考えてよさそうです。ぱらぱらと中身を比較してみたところでは、「収録語がかなり変わっている」という印象を受けました。「まったく想像できませんでした」的な隠語も増えているような気がします。その意味で「読んで楽しむ」度、「ミステリーのおとも」度が上がっているような(あくまで個人的な感想です)。

手元になくても全然困らない辞典ではありますが、ワタクシのように医療ミステリーや医療ノンフィクションを読む(聴く)のが好きな方にはよいかも。2000年版にあった病院内図(例)やナースの種類などの付録がなくなっているので、入手可能であれば、2冊とも手元にある方がいいかも。


「アメリカでお医者さんにかかるときの本-在米日本人のための必携医療マニュアル」(保健同人社、2015年)

「あめいろぐ」という、アメリカで働く日本人医療従事者が中心となって運営する医療情報ポータルサイトのメンバーを中心に、20人の医療従事者が執筆した書籍。今は、こんな便利な本があるんですね。

渡米前の準備に始まり、医療機関の受診方法、救急時の対処方法、妊娠したとき・出産するとき、ワクチン接種、現地の市販薬情報など、各種情報が網羅されています。すごいなと思ったのは、精神科に関する情報にも少なくないページ数が割かれていたこと。駐妻の方は多くがそれなりに現地の生活に適応されていましたが、中には順応できずに奥様だけ(あるいはご夫婦で)帰国されるという例も、周りにありました。でも、同朋であっても、そういう状況ってなかなか相談しづらい。そこまでの状況には至らなくても、精神的にちょっとヤバいかもと思ったとき(実際に相談するかどうかは別として)どうすればよいか、ということが書かれている本書は、お守り代わりとしても貴重なのでは、と思いました(注:これも、あくまで個人的な感想です)。

簡単ですが保険についても触れられていて、医療分野の翻訳者として手元に置いておいてもいいかも、と思う1冊です(決してあめいろぐさんの回し者ではありません<念のため)。
2016.10.01 13:12 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
「文章添削の教科書」(渡辺知明、芸術新聞社)

音読了。

翻訳者として参考になる部分も多々ありましたが、翻訳者だからこそ気をつけなければ、と再度自戒した部分もありました。
全体としては、興味深く読みました。

最初に、添削の目標として、正しく(文章の内容と形式を正しく整える)、わかりやすく、切れ味よく(正確な論理構成を基本とする、対象がくっきり浮かび上がる表現を用いる)、ふさわしく(各文章独自の性質に応じた添削を行う)、の4点が挙げられます。
次に、そうした添削を行う際の原則として、「原文を正確に読む」「書き手の表現意図を読みとる」「書き手の意図にしたがう方向で直す」の3点が。

訳文の推敲は一種の添削と言えるかなと思いますので、上の目標や原則は翻訳にも当てはまるかと思います。
とはいえ。
原則で言及されている「原文」はあくまで日本語の原文であるのに対し、翻訳では推敲対象とする原文(=訳文)の前にさらにその訳文が拠って立つ原文が存在する訳で。
本書の添削のやり方をそのまま適用すると、原文を離れた「勝手自己添削(推敲)」になってしまう恐れもあると思います。
(て、ワシがエラそーに言うまでもなく、自明の理かなとも思いますが・・・)
その点を忘れない限り、本書には、客観的な立場から自分の訳文を読む力を養い、推敲力を高める手助けとなりそうなことが、いくつも書かれています(と思います)。

たとえば、
文の組立ての基本や、文のテーマの展開の仕方の考え方。
音読と黙読の違いと音読の勧め。
テン(、)の打ち方。
対話しながら(自分で質問しながら)読むというやり方。
新聞見出しの文章化という添削力強化法。

また、(当然といえば当然なのですが)「他人の書いた文章を添削する」という視点で書かれているので、全体が「客観的に自分の訳文を読む」助けになるかなとも思います。

添削例の記載が多いのも本書の特徴かなと思いますが、そうした例示の中には、ひとつの文を2文に分ける、2つ以上の文をひとつの文に結合する、語句を補う、削除する、などの添削例が頻繁に登場します。
該当する添削例の原文をわかりやすいものにする、という点では最良の添削なのかもしれませんが、翻訳者としては、そうした推敲には注意しなければいけないよな、と思います。
(・・・またまた、当たり前か・・・)
極端な場合、助詞ひとつ入れるか入れないかで微妙なニュアンスが変わってしまったりするわけで、特に、切る、繋ぐ、足す、消すについては、常に「原文にはそう書かれているのか」「その変更は原著者の意図と合致するか」と自分に問いかけながら推敲作業(訳出もそうですが)を進めていかなければいけないよな、と改めて自戒した夏の午後です。暑いわ~。

これからも、できる限り、「そうなのか?」と自問する翻訳を求めていきたいです。
2016.08.12 15:19 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(3) |
数年前から駅前留学中のA**Nの先生に、「英文を読んでいて、文法や使い方でちょっと確認したいときにおススめの本はないですか」とお聞きしたところ、「帰国するまで持ってていいよ」という力強い言葉とともに、表題の書籍を貸してくださったのでした。

「Practical English Usage 3rd Edition」(2005年、Oxford)

A**Nの先生は結構入れ替わりがあるけれど、ワタクシは、彼が日本人の奥さまと一昨年生まれた息子さんとともに、奥さまのご実家にほど近いマンションに暮らしているのを知っているのだ。「帰国するまで」て「ずっと持ってていいよ」とほぼ同義語じゃーん、うっしっしっ。

というワタクシの内なる(ヨコシマな)呟きは置いておいて・・・

「文法的にAcceptableなのか」「そういう使い方はあるのか」という英文に突き当たることはそれなりにあるのですよね。そんなとき、ワタクシの場合は、「表現のための実践ロイヤル英文法」(2006年、旺文社)を確認するか、ウエブ上で文法的な説明を探す(OR使用頻度を確認する)、ということになります。が、完全に満足できないことも多々ありまして(それは、もしかしたら、ワタクシの英語力、英語読解力、ぐぐ力の問題なのかもしれないのですが<汗)。

なので、英語で書かれたよい説明本がないかな~、とずっと探していたのです。「Practical English Usage」も、これまで何度か同業者の方が紹介されていた記憶があり、「ほしいものリスト」には入れていました。

てことで、早速、中身を拾い読みしてみます。

「文法的に間違いのないきちんとした英語を書く」ための本だなと思いました。その意味では「表現のための実践ロイヤル英文法」と似ているかなと。説明の英文も分かりやすい。でも、「まずは辞書を当たってみたけど、イマイチよう分からんかったけん、もっと詳しい説明知りたいねん」(もはやどこの方言か不明)という和訳者にとっては、やや物足りないというか多少説明不足というか。あくまで、ワタクシの場合ですが。本書自身も、Introductionの中で、体系的に文法を学びたい人は、「Oxford Learner's Grammar」とか「A Student's Grammar of the English Language」とか「Collins Cobuild English Grammar」とか参照してね、と言っています。

もう少し詳しく書かれた書籍はないのかな~、とAmazonさんを探していたところ、

「The Grammar Book: Form, Meaning, and Use for English Language Teachers」(2015年、 Heinle & Heinle Pub)

という本を見つけました。この本の心惹かれるところは、昨年改訂版が出たばかりだということ。ただし、「Practical English Usage」さんの倍くらいのお値段なので、次回都会遠征時に、ジュンク/丸善さんで、実物がないかどうか確認してこようと思います。手元には「これなら」という1冊を置いて置きたいしね。てことで、とりあえず、ほしいものリストに入れました。

「Practical English Usage」ですが、これはこれでとてもためになる参考書と思います。持っている(正確には「借りている」)だけではもったいないし、書かれているTopicsも軽く頭に入れておいた方が使いでがあるかなと思いましたので、明日から音読サイクルに組み入れることにしました。ちょうど音読本が1冊終わったところなので。

ただ、本文約600ページなので、「その厚さに萎える」という方には、「The Elements of Style」(Strunk Jr. & E.B. White、1999年、 Longman Publishers)をお勧めしておきたいと思います。全100ページ未満に明解な英語を書くために最低限必要なElementsが凝縮されている感じです(自分の意志で購入した訳ではなく、ガッコで買わされたんですけど)。たまに(いちおー五輪開催的頻度くらい)読み返しています。


実務ではあまり役に立たないかな~、という気はしますが、ついでなので、和訳者として、同義語の微妙な違いを確認したいとき、たまにお世話になる参考書をもう1冊挙げておきます。

「Choose the Right Word」(2nd Ed., 1994年、Harper Perennial)
収録語数は少ないのですが、同義語の違いが詳しく説明された、どちらかと言えば「読む辞書」。
たとえば、Modernという見出し語の下には、contemporary、current、present-day、recent、timelyの語が、また、Misleadingという見出し語の下には、deceitful、deceiving、deceptive、delusive、dissemblingの語がひとまとめにされていて、各語の微妙な違いが説明され、場合によっては使用例も示されています。Amazonさんではなく、書店で出会って買ってしまった本。巻末索引はかなり充実。
2016.07.26 16:29 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |