屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

慢性Amazon購入したい病が悪化した際に購入した1冊。


同業者は「てにをは辞典」(以下「てにをは1」)を所持しておられる方が多いようで、どちらにしようか悩みましたが、「連想表現辞典」(以下「てにをは2」)の方にしてみました。

第一印象は、「老眼にはやさしくない」。巻末に「てにをは1」の例頁が掲載されていて、そちらも同じくらい老眼にやさしくなかったので、ちょっとホッとしました(...なんか論点が違うような...)


気を取り直して。

この辞典は、帯に「日本を代表する作家四百名の名表現を類語・類表現で分類。作家的表現力を身につける『書く人』のための辞典」とあるとおり、本来、少し時間をかけて「ことばを探す」ための辞典です(少なくとも、ワタクシはそういう印象を受けました)。なので、時間との戦いである面も大きい毎日の実務翻訳には少し不向きかなあという気もします。

「引出し」と呼ばれる大分類の下に見出し語があり、各見出し語項目の中に、項目語を用いた表現例や関連(連想)語句を用いた表現例+その表現の使用者が書かれている、という構成なのですが、項目によっては、この表現例がたくさんありすぎて(しかも-しつこいようですが-老眼は考慮されていない)、斜め読みでも時間がかかります...というか、どちらかといえば、ゆっくり味わって読みたい内容です。


たとえば、「多い・少ない」という大分類を例にとってみます。

見出し語は、五十音順に収載されていて、「ある程度」「幾つか」「いくら」「一語一語」「一条」「一度」...などなど。そのおのおのに、表現例が記載されています。時間に追われる仕事では、「とりあえず見出し語だけざっと斜め読みする」という使い方はできるかもしれません。

この分類方法は、「角川類語新辞典」(以下「角川」)に似ているように思います。
「角川」では、「多い・少ない」は、「数量」という大分類中に「多少」として記載されています。その中で、「多い-数量がたくさんある」「特に分量が満ちたりて不足がない」などと、さらに細分化されています。各語には簡単な意味の説明と使用例が記載されているので、同類の語句の違いをくらべたいときも便利。ATOKにもおったような気がしますが、ワタクシは紙辞書のお世話になることが多いです。この種の紙辞書としては、仕事では一番お世話になるかも(日本語から他の日本語を連想する、という使い方では、たいていは、ウェブの「類語連想辞典」さんにお世話になります)。

「老眼にやさしい」という点では、「日本語使いさばき辞典」(以下「使いさばき」)が秀逸(?)です(<どうしてもそこなのか<自分)。
この辞書は、ライターさんから、「ちょっと変わった愛用辞書」として紹介していただいたもの。
「てにをは2」同様、「大分類は五十音順」というところが使いやすいのですが、いかんせん収録語数が少なめ(老眼にやさしいので<しつこい)なのと、各語の意味の記載がないところが若干使いにくい感じです。
「使いさばき」にも「多少」という分類はありまして(他の辞典の「大分類」に相当する位置づけ)、その中に、「数量・分量からみた『多(少)』」「『多』に関する擬態語・形容語」「ある基準からみた数量・分量の『多少』」などの分類があり、それぞれが、さらに細かく分類されています。たとえば、「ある基準からみた数量・分量の『多少』」だと、「食べ物で腹が満ちる」「はみ出した数量・分量」「端数がない」など。各大分類の最後に、その語句に関する成句一覧が記載されているのも面白いです。

「てにをは2」の「多少」の項目を眺めていたら、「多少なりとも」と「多少とも」の両方の表現があって、「どうちがうねん」が多少気になりました。そういうとき、ワタクシは、「日本語類義表現使い分け辞典」(紙版、以下「類義表現」)か「類義語使い分け辞典」(CD-ROM版)のお世話になるのですが、特に「類義表現」は、説明が詳しすぎて、気合いを入れ直して読まないと理解できないという難しさがあります(あくまでワタクシの場合)。
(ちなみに「なりとも」と「とも」の使い分けの説明は見つからなかったような気がしますので、また時間があるときに調べてみます)

そんな風に、類語辞典には、(忙しいときであっても)「類が類を呼び、最後に類義表現を呼ぶ」というこわさがあるので、ワタクシは「類語辞典の罠」と呼んでおそれています。


上で言及した辞典は以下のとおりです。

「てにをは連想表現辞典」(三省堂、2015年)
「てにをは辞典」(三省堂、2010年)
「角川類語新辞典」(角川書店、1981年)
「新版・日本語使いさばき辞典」(東京書籍、2014年)
「日本語類義表現使い分け辞典」(研究社、2007年)
「類義語使い分け辞典」研究社、1998年」

蛇足ですが、「てにをは2」には、巻末に、収録作家名と出典の一覧があるのですが、その中に、高千穂遙さんの「ダーティペアの大帝国」があって、多感な年頃、高千穂さんの作品にお世話になった身としては、嬉しいやらびっくりするやら。ただ、どこに収録されているかは分からんのです。
2017.11.04 15:54 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「今日から使える医療統計」(新谷歩、2015年、医学書院)

トウケイ、ニガテデス。

とはいえ、仕事では、分かった振りをして統計を語らなければならないこともあるわけで。

10年以上前に受けた医薬翻訳講座の講師先生は、「最低限、P値と信頼区間の意味だけキチンと押さえておけば、あとは何とかなります」的なことを仰いました。
もっとも、それは「最低限、そこは押さえておかなければ、意味の通じる翻訳はできない」という意味であって、「それだけ分かっていればいい」ということではなかったことは、すぐに明らかになるんですが...

医療機器では、製薬分野より統計に遭遇する頻度は低いのかもしれませんが、それでも、プロトコールや報告書ではそれなりに「統計」が登場します。
辞書は手元にありますし、おおむね初学者用の参考書も何冊か読みましたので、多少難しい内容のものも、その都度確認しながら「何とか」という感じで対処しているのですが、いつまで経ってもなかなか自信がつきません。てか、ルートとか嫌いだし。

先日も、「XXの場合はYY検定を用いる」的な文章で、「XXの場合」が互いに相反するAとBのどちらにもとれるような書き方をしているものがありました。どちらかが正しいワケで、統計をご存じの方が読まれたら「意味的にA(又はB)しかあり得ん」となるのでしょうが、その検定を字面でしか理解できていないワタクシには、調べても調べても正答が確定できません。

その仕事を納品したあとで、「今日から使える医療統計」を読み始めたら、その中に正答が書かれていたのでした(あ、合ってた...<ホッ)。

この本は、「統計に馴染みがない状態で医療翻訳をある程度こなし、『統計の洗礼(?)』を受けたあとで読むと、よく理解できる参考書」であると思います(あくまで自分の場合です)。

(ワタクシ的には)まったく初めてという項目はなかったのですが、ほとんど理解できていなかった内容もあり、さまざまなことがかなり明確になりました(理解したことはおそらくすぐに忘れてしまうと思うのですが、とにかく、どの本を見ればよいということが分かったのは収穫です)。
基礎知識やグラフの見方、感度や特異度など、復習的に役に立った箇所もあり、交絡と交互作用の違いなど「そう考えればよいのか」と違いが明確になった(今だけ)項目もあり。卑近な例を用いて説明してから、専門用語による説明に入るので、分かりやすいです。
これまで点としてしか理解できていなかった、「どのような場合はどの検定を用いる」が一覧表にまとめられているのも、一目瞭然に(今だけ)納得できて嬉しい。

1年以上積ん読していたことを心から後悔し懺悔しました。

目次などはコチラから→
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=84840

元になった週間医学界新聞の連載「今日から使える医療統計学講座」はコチラで読むことができます→
https://www.igaku-shoin.co.jp/paperSeriesDetail.do?id=144
2017.11.02 22:21 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「足音もなく不意打ちで冬が背後に立っていました」感のある今日この頃ですが。


夏以降、「医療機器だけど何やねんそれ」的な案件を2、3回担当しました。
そのときにお世話になった辞書たち。いずれも、フリーでウェブ上で参照/ウェブからDLすることができます。

「鉄道技術用語辞典」(公益財団法人鉄道総合技術研究所)
http://yougo.rtri.or.jp/dic/

グラフィックデザイン用語英和辞典
http://www.fishtailstudio.com/pages/gd.html

上の辞典は、提供元から考えて信頼度はかなり高いのではないかと思いますが(紙版も出版されています)、何しろ鉄道案件は初めてでしたから、勘が働かず、いちいち「辞典にある訳語は案件の文脈に照らして適切かどうか」を確認しなければなりませんでした(鉄道も奥が深そうなのだった...)。

下の辞典は個人の方の提供ですが、説明が分かりやすく、相互参照も豊富で、適宜裏取りしながら使用する分には問題ないと思います。

上は確認に時間を取られ、下は「マーケティングもどき案件」でしたので訳語選びに呻吟し、疲弊度はハンパなく時間単価も低かったのですが、終わって思い返してみればなかなか面白い案件でした(とはいえ、こんな案件ばかりでも収入的にツラいので、ときどきがいいかなと思ったりしますが)。
今後は、医療機器をベースに「循環器分野が得意だが、医療機器関連であれば、広くさまざまな内容・分野に対応可能」というスタンスでいくのも悪くないかなと思ったりしています。読者を想定し、文体を考え、どのレベルの言葉を使用するかを考えるのって、結構楽しかったり(量的に一番多い報告書はあまりそういうことを考えることはないので...ラクっちゃラクですが)。

そんなわけで、日本語辞書環境と使うヒト(ワタクシ)の性能をもう少し強化したいなと考えている秋の夜なのだった。
2017.10.18 23:56 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
先日、「医療機器関連の辞書や参考書でお勧めのものはありますか」的な質問を頂きました。
そうなんです、ジツは「屋根裏通信」は医療機器翻訳者のサイトだったのでした(本人も忘れていることが多い)。

そう尋ねたくなる気持ち、分からないでもありません。
製薬分野の翻訳だと、医学辞書を中心にそろえていくことになるかと思うのですが、「医療機器」に関して言えば、あまりにも扱う範囲が広すぎて、一般的な辞書以外に「これはMUST」的なものを挙げるのが難しいのです。私も、機械電気度の高い案件、生体関連度の高い案件、(非)臨床試験関連案件で、使用する基本辞書セット(?)や参考書はビミョーに異なります。そのあたりは、慣れで見当をつけていくしかないような気もします。もっとも、これはどの分野もそうかもしれませんが。


・翻訳者必携の英語・英英・国語辞典については、帽子屋さんのブログやセミナーやさまざまな書きものを参考にしていただくのがよいと思います。
「禿頭帽子屋の独語妄言 side A」 http://baldhatter.txt-nifty.com/
・NESTさんの「翻訳者の薦める辞書・資料」のサイトも大変参考になります(情報が膨大すぎて、ワタクシはいつもキャパ超え死してしまうのですが)。
「翻訳者の薦める辞書・資料」 http://nest.s194.xrea.com/lingua/


こうした大先輩にはもちろん適うべくもありませんが、以下に、医療機器翻訳者Sayoの普段使いの辞書や辞書ブラウザを記しておきます。
技術系翻訳10年(ほとんどが休眠期)+医療機器翻訳6年(わりとがっつり働いてます)の試行錯誤の結果です。
(これまでもそうだったように、今後も少しずつ「自分にぴったりのもの」を取り入れつつ変化していくと思いますので、あくまでも現時点、てことで)


1 対訳君医学版ACCEPT

翻訳会社提供の辞書検索用ツール(内蔵辞書+登録辞書)
http://www.mcl-corp.jp/software/s_main.html
残念ながら、2015年6月でパッケージ版販売が中止になり、その後音沙汰がないので、今後の入手は不可能かもしれません。
ワタクシは辞書ブラウザの一つという感覚で使用しています。
利点:内蔵辞書の「医療統計用語辞典」、別売の「ICHガイドライン+薬局方」が手放せない。対訳入力窓を「かんざし」的に使用して、辞書グループ別に編成した複数ウィンドウの辞書を串刺し検索できる。Windows 10でも動作する(らしい)。
欠点:そもそも新たに入手できない。ICHは古いものしか対訳がなく薬局方は15版である。最新のLogoVista辞書は登録できない/登録できるが文字化けがひどい/登録できるが検索しようとすると「対訳君」が落ちる。「かんざし」で串刺しはできない。

と、利点・欠点ありますが、ワタクシ的にはメインの辞書検索ブラウザとして便利に使っています。
デフォルトで立ち上げる辞書ウィンドウは以下のとおり。

英辞朗(裏取りは必要ですが、やっぱり便利)
WordNet+Webster 1913
英語辞書(ビジネス技術実用大辞典、新編英和活用大辞典、リーダーズ2版+プラス)
医学辞書(ライフサイエンス辞書、医療統計用語辞典、南山堂医学英和大辞典、インタープレス版バイオ・メディカル用語対訳)
研究社新和英大辞典(全文検索にして英和訳語探しに使用)

*英語辞書のビジネス技術実用大辞典、新編英和活用大辞典はPASORAMAでも見られますが、対訳君の方が見やすいため主にこちらを使っています。
*この他にICHと薬局方メインの対訳ウィンドウも開いています。
*現在未使用ですが、SIIエンジニアモデルが寿命を迎え「180万語対訳大辞典」が使用できなくなったときに備えて「日外科学技術45万語対訳辞典」も確保(どのブラウザでも開ける優等生であります)。

2 LogoVistaブラウザ

英語辞書(ジーニアス英和大辞典、リーダーズ3版+プラス)
国語辞書(日本語大シソーラス、日本語コロケーション、類義語使い分け辞典、明鏡国語辞典)

3 EBWin

対訳君とほぼ同数の辞書を登録していますが、現在は「翻訳訳語辞典」のみを開いています。

4 SII電子辞書SR-G9003(エンジニアモデル)をPASORAMA接続
(Dayfiler医学モデルも所持していますが、あまり出番がありません)
*残念ですが、SII電子辞書も販売終了となっていて、現在ではAmazonマーケットプレイスなどでしか入手できません。

2、3、4は、単体で検索する場合もありますが、たいていはかんざしで串刺し検索します。

5 デフォルトで開いている辞書関係のウェブサイト

Japan Knowledge Personal
http://japanknowledge.com/personal/
(主に、英英辞典を使用していますが、日本語の意味の確認などにも使用。まだまだ使いこなせていませんが、それでも便利)
ライフサイエンス辞書
https://lsd-project.jp/cgi-bin/lsdproj/ejlookup04.pl
(対訳君に入っているものは古いので、ワタクシは基本的にウェブのライフサイエンス辞書を使用しています)


ワタクシは「身体に入れる系」の医療機器の翻訳がほとんどですので、医療機器翻訳の中でも医学寄りだと思うのですが、それでも「医学度」の高い案件とそうでない案件があります。
「医学度」が高い案件の場合は、上記の基本セットの他に、必要に応じて、以下の辞書グループや辞書サイトも開きます。

・LogoVistaの医学辞書グループ(医学書院医学英和大辞典、研究社歯学英和辞典)
・循環器用語集(循環器案件が多いので)
http://www.j-circ.or.jp/yougoshu/
・日本医学会用語辞典(訳語が複数あるときは、コチラのサイトの用語を採用することが多い。無料ですが登録要)
http://jams.med.or.jp/dic/mdic.html
・臨床試験用語集(治験関連案件の場合)
http://www.tri-kobe.org/cdisc/glossary/glossary.php


また、マーケティング案件など、日本語で悩むことが多い案件の場合は、以下のサイトも開いておきます。

・少納言(現代日本語書き言葉均衡コーパス、コロケーションを確認したいとき)
http://www.kotonoha.gr.jp/shonagon/
・連想類語辞典(注意して使用する必要はあるかと思いますが、思いがけない訳語を思いついたりするのだ)
http://renso-ruigo.com/


紙辞書や参考書は、案件によって参照するものが違ってきますが、医学関連でよく参考にするのは、

「FDAの事典」(薬事日報社、第2版) 医学和訳者必携(ホンマか<自分)。
「医療機器の生物学的安全試験」(情報機構) 非臨床試験関連案件の場合。いやもう、「使い倒したる」と握り拳せざるを得ないようなお値段です。何といっても「情報機構」さんですから。でも、何度も助けて貰いましたので、たぶんもとは取ったと思う。
「新版・知識整理のためのペースメーカ・ICD・CDT/CDT-D・ILRブック」(メジカルビュー社) この本なしには、特に循環器の電気生理案件には立ち向かえません(あくまでも個人的な感想です)
「医療機器開発ガイド」(じほう) 法規制の確認に。
2017.09.05 23:36 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(8) |
改正当初は「改正薬事法」と呼ばれ、その後「医薬品医療機器等法」と略されるようになった「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(2014年11月25日施行)ですが、今は通称「薬機法」まで短縮されているんですね(単にワタクシがリサーチを怠っていただけという説もある)。

2015年末に、「図解で学ぶ医療機器業界参入の必要知識」(じほう、2013年)を紹介したとき、「旧薬事法に則って書かれているけれど、図解が多くて分かりやすいし、『医療機器』業界を俯瞰するにはとりあえずこれでいいかな」みたいなことを書きましたら、その言葉を陰で聞いていたとしか思えないタイミングで、「医療機器開発ガイド」(じほう、2016年8月)という書籍が刊行されてしまいました。もちろん、改正薬事法準拠。本体価格5500円という、皆さまにお勧めするにはなかなか厳しいお値段。
そこで、FBで「ワタクシが人柱となり、内容をレビュー致しましょう」と宣言致しました。ええ、いちおー、「医療機器専従」を名乗ってますんで。
...というのが、昨年初秋の話。責任を取って(?)購入しましたが、「内容をレビュー」の部分は全力でスルーしました(ざっと目は通しましたけど)。当時の感想は「取りあえず持っていれば安心。いつかどこかで役に立つかもしれないし」でした。

そして先日、ついにその「いつかどこかで」がやってきたのでした。
詳細は書けませんが、QMS(Quality Management System)省令やGVP(Good Vigilance Practice)省令が関連してくる案件です。
で、お世話になりましたので、ちゃんとお礼をしなければ(=記事にしておかなければ)と思った次第です。

「医療機器開発ガイド」では、旧制度からの変更点も含め、これらがかなり詳しく解説されています。
目次(じほうのHPから)→
http://www.jiho.co.jp/shop/list/detail/tabid/272/pdid/48582/Default.aspx
GVPは5-5で、QMSは5-7~5-9あたりでかなり詳しく触れられています。

この書籍のありがたいところは、説明の途中で、「根拠法令、通知等」として、該当する法律や省令の番号と条項、通知の番号(薬食機発**などの番号)が記載されているところ。たいていの省令や通知はウェブ上で確認することができるので、省令番号や通知番号からの元文書探しが容易になります。若干の索引もあり。
「省令や通知を結構探しに行く」という方は、お手元に置いておかれてもいいかなと思います。


参考までに、日本法令外国語訳データベースシステムには、薬機法(改正薬事法)の対訳(暫定版)が収録されています。和訳の場合でも、用語の確認に役立ちます(ワタクシはPDFの日英交互版を使用していますが、好みの形式を選択することができます)。ありがたや、ありがたや。
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail/?id=2766&vm=&re=

QMS省令とGVP省令は以下のとおり(日本語のみですが)。

QMS省令(厚生労働省令第169号)
http://www.hapi.or.jp/documentation/yakuji/pdf/koroshorei_169.pdf
GVP省令(厚生労働省令第135号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16F19001000135.html
2017.06.12 18:06 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(2) |