FC2ブログ
2011. 03. 15  
Yahoo! 災害情報


何だかね。
今春、卒業したての出身校の子たちが街頭募金したらしいです。
その前日に別の高校の子たちが別の場所で募金活動をして、
誘われて参加した卒業生が「私たちも」と呼びかけたら
瞬く間に賛同者が集まったらしい。

電車の中で化粧したりお弁当を食べたり、
騒音レベルの大声で会話しあったり、
狭い道一杯に広がって歩いて避ける気配もなかったり、
ぶつかられたのに睨まれたり、

そんな若い人たちを
「イマドキの若者は」
と一括りにしたこともありました。
(年取った証拠ですね)

でも。
↑のような話を聞いたり、
TV報道でお年寄りを労わる若い人たちの姿を見たりすると、

日本は大丈夫、と思います。
時間はかかっても立ち直るよねと。


でもね。
今は、皆、悲惨な光景を目の当たりにして
「自分も何かしたい」「何かしなければ」という、
ちょっと熱に浮かされた状態になってしまっているような気もします。
私自身も、ちょっとそのような状態であることを白状致します。

その気持ちが間違っているということではありません。
誤解なさらないでくださいね。

ただ、そういう気持ちをずっと持ち続けることが大事だと思うのです。
すぐに息切れしてしまわないように。
思いやりの気持ちが、一過性の、今だけのもので終わらないように。
それから。
「被災された方々は、今、何を一番必要としているだろう」
「被災地にいない自分は、どんな形でその必要を満たす貢献ができるだろう」
と考えてみることも。考え続けることも。


また震災についてアレコレ思うところを書き綴るかもしれませんが、
「屋根裏」は徐々に通常営業に戻って行こうと思います。


最後に。
恐らく不眠不休で働いておられるに違いない、
警察・消防・自衛隊・医療従事者・原発の職員の方々、
(原発はまだ予断を許さない状況で、
近くの住民の皆さんの心痛はいかばかりかと思いますが、
その状況を少しでも良い方向に持っていこうと、
必死で働いておられる方がいることに変わりはありません)
そして、その他の場所で、
私たちに普通の生活を提供すべく頑張って下さっている
たくさんの方々に感謝致します。

少しでも多くの方々が、their loved onesと再会できますように。
関連記事
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR