屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

先日(もうひと月近く前ですが)、
出身高校の学年全体の同窓会が開かれまして。

卒業後、30年ぶりの同窓会です。

前年の正月休みに、1年上の先輩方が、やはり30周年同窓会を開かれ、その2次会だか3次会だか4次会だかで、かなり酔っ払った(と思われる)とある部出身の方が、親交のある後輩(つまり私の同輩ですね)に「来年はお前らやれよ」と電話を掛けてきたのが、全ての始まりだったとか。
で、私たちの代も、誰かが後輩に「来年はお前らやれよ」と(素面の状態で)連絡をつけたそうです。そして、Sayoの出身高校では、代々「30周年同窓会」が受け継がれていくのであった(のはず)。

卒業して30年、皆全国各地に散らばっておりますし、震災のあとでしたので、直前になって出席→欠席に変更された方も少なからずおられたようでしたが、それでも、半数以上が出席されたとのこと。よく考えてみれば、それってスゴいことかも。

30周年というのは、そういう節目の年なのかもしれません。
子育ても一段落、(たいていは)介護にはまだ早い、自分のことに目を向ける余裕もできた、ふと気づけば50目前、人生の終わりもそろそろ視野に入ってくる、そこに向かって、これからどんな風に生きて行こうか・・・なーんて考えている時に、高校の同窓会(しかも学年全体だよ!)の開催通知を受け取ったりしたら、これはもう、万難を排して出席するしかないではありませんか。
とまでは言いませんが、30年は、やはり同窓生たちがどんな風に過ごしているか、その消息を知りたくなるに十分な年月ではあります。

でもって、私の場合、会場までチャリで5分でしたから。排すべき万難をはありません。
ただ、それは、高校時代を楽しく過ごすことができたからだとも思うのです。今でもお付き合いのあるお友達は、「どうしても会いたくない人がおるねん」と、最後の瞬間まで出欠を迷っていました。結局出席し、それなりに楽しく過ごせたようですが。
私も、中学時代は、嫌なというほどではありませんが、あまり楽しい思い出がないので、同窓会開催通知が来たら、出席は・・・ビミョーです。

というわけで。
同窓会、盛会でございました。

最初は、私を認識し話しかけてくれる相手が誰だか分からなかったらどうしよう~、などと思っていたのですが、全然そんなことはなく。皆、ひと目で誰か分かり当時のあだ名が出てくる(本名が思い出せない率は結構高かったですが、私くらいの年齢になると、それはある程度仕方のないことですから<言訳)。
ちょっと意外だったのは、女性の方が変わっていなかったこと。でも、大方の女性が白髪染めをなさっていることを考慮すれば(自分もそうなんですが)、それも(それなりの距離では<ま、重力には逆らえない部分も多うございますのでね)当然のことなのかもしれません。

当時は殆ど話すこともなかった男のコ(いや、今は立派なおっさんなんですが)とも話がはずむ。30年ですからね、どんな相手とも「今何しよるん?」「どうしててん」「子供いくつ?」等々、5分10分はあっという間です。

月並みな表現ですが、30年前にタイムスリップしたような、あっという間の3時間でした。
で、チャリチャリと自転車を漕ぐ間に、現実に戻っていくわけです。


皆、楽しい話しかしませんでしたが(同窓会なのでね、それでいいんです)、30年の間には辛いことも苦しいこともたくさんあったと思うのです。それでも、皆さん、こうして笑顔でおられるわけなんで、私も頑張らなあかんな~と思いました。
皆さんと話をしながら、まだまだ何にでも挑戦できる年齢ではありますが、やりたいこと・しなければいけないことの優先順位をつけ、「これだけは絶対にやっておきたい」ことからやり始めなければならない年齢に差し掛かっているのかなあなどと、しみじみ思ったりもしたのでした。

次会全体同窓会は、創立100周年に合わせて12年後、つまり、私たちが還暦を迎える年だそうです。と、遠すぎまっせ。


なぜに今頃同窓会の記事かと申しますと。
先日、写真係の方から、写真を収めたDVDが届いたからです。
懐かしく拝見しましたが、一番笑えたのは、校歌の印刷された紙を手に、皆さんが校歌を斉唱している数枚の写真でした。その紙と目の間の距離が「あなたも私も老眼♪」をはっきりと物語っていて。やっぱ、卒業後「30年」ですわ(しみじみ)。


幹事さん、世話人さん、いろいろありがとうございました。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
関連記事
2011.04.29 12:19 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |
といっても、建築関連の翻訳の話ではありません。

「それ」は社会学論文要旨の英訳の形を取り、
突然、無防備なSayoの前に姿を現します。
(最近ではめっきり少なくなり<先生がリタイアされたのか?
それはそれでちょっと寂しかったりも致します)

社会学の分野(になるのでしょうか?)なので、論文の内容は「門前町の形成」だったり、「○○地域に特有の建築様式」だったり、蔵屋敷の話だったりと、非情に(←ココ、決して誤植ではない)バラエティに富んでいて、ほぼ間違いなく、「その日本語何ぞや」からすべてが始まります。

で、たとえそれらの「何ぞや」が解決されたとしても、
日本特有の「何ぞや」さんを英語にするのはとても難しい。

エンドクライアント様からの細かい指示はないので、
一発訳語のない名詞は、イタリックで日本語(英語で説明)の形で訳すのですが、
要旨なんで、あまり長いものにはできない。
でも、何とか、少しでもイメージが湧くような英語にしたい。

そんな時ふとばったり出会い、以後重宝させて頂いているのが、以下のサイトです。
建築というより、日本の古い文化についての説明(英語)付Glossaryと言った方が近いかもしれません。その中に、寺社や民家の造りも含まれているという感じです。なので、現代建築翻訳の参考にはならないかもしれませんが。

もとデータをcompileされたのは、長年日本に居住された米国人女性(故人)とのことで、日本人も顔負けの説明に、思わず納得です。

Entry(ローマ字)、漢字、Remark(関連語句)の3列表示(ABC順)で、説明ページのあるものは、リンクで飛べるようになっています。イラストのあるものは、この目次画面にその旨も表示されています。もちろん、語句のsearchも可能です。

http://www.aisf.or.jp/~jaanus/
“On-line Dictionary of Japanese Architectural and Art Historical Terminology”

その他に、この社会学論文要旨のお仕事が続いた時購入した紙版辞書
「ひと目でわかる建築現場の英単語」(オーム社, 平成17年)
にも時々お世話になりました。

海外での(または英語圏からの海外技術者との)建築現場での使用を想定しているらしい小さな辞書で、収録語数はそう多くないと思うのですが、所々に、各部名称図や工事で使用される英語(図解)が挿入されていますし、巻末に和英両方の索引がついているので、使いやすく気に入っています(殆ど出番がなく可哀そうなヤツなのですが)。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
関連記事
2011.04.27 15:52 | お世話になった(なっている)ウエブサイト | トラックバック(-) | コメント(0) |
震災からひと月半が過ぎようとしている。

たくさんの人の「何かをしたい」という気持ちが、
いろんな場所に溢れている。

「日本はまだまだ捨てたもんちゃうやん」と
被災していない私まで嬉しくて涙してしまうこともある。
(実は意外に涙もろいです)

それらの気持ちは、
本当に素晴らしいものだと思うけれど、
行動に出られる方々は、もうそれだけで、
何もできずにいる自分より凄いと、
心から尊敬するのだけれど。
でも。
最近テレビで、紙面で、連呼され過ぎてないか。
「がんばれ、東北」
「がんばろう、日本」
「ひとつになろう、日本」

介護のしんどさと震災で想像を絶する思いをされている方々の苦難を
一緒くたにできるとはもちろん思ってない。

けれど。
周りからの言葉に対する反応は
ほんの少しは似ている部分もあるのかもとも思う。

前向きに考えられる時は、
励ましの言葉が本当に嬉しい。
すでに目一杯頑張っている人には禁句とも言われる
「がんばれ」の言葉さえありがたく思える。
(「頑張ってきたんだね」の方がより嬉しかったけど)

でも、自分で「いっぱいいっぱい」と思う時は、
気分のダウンした状態が長く続く。
どうかすると、何をするのも考えるのも億劫。

そんな時に、「がんばれ」言葉を掛けられたら、
もしも私だったら、
決してできた人間ではないから、
「頑張れってこれ以上何を頑張るねん」
「頑張ろうって、何にも知らんおまえと一緒にすな」
と腹が立つと思う。
もっと疲れたら、
「どうでもええから、勝手にひとつになっといてくれ」
とそれらの言葉さえどうでもよくなると思う。
で。
皆さんの善意をそんな風にねじまげてしか解釈できない自分に、
自己嫌悪に陥ると思う。

でも、人間なんだもの。
そんな気持ちになるのもあたりまえ。

なので。
個人的には、毎日のように繰り返されるたくさんの「がんばれ」、
もう少し少なくなってもよいかなあと思う今日この頃である。

それならおまえは、
震災を経験した方々にかける言葉を持ち合わせているのかと問われたら、
正直、どんな言葉も持ち合わせていない、けれど。


でも。
待ってる。
心が前を向ける日を
どんなに時間が掛かろうと、
忘れずに待っています。

その間、毎月コツコツですが
旦那の小遣いからもこっそり(時々有無言わせず)はぎながら、
援助させて頂こうと思っとります。

返済ですか?
私の方が、何だかもう色々なものを頂いております。
でも。
是非にと仰るのなら。
東日本は仙台、成田空港以外は未開の地ですので、
訪問させて頂いた折り歓待宜しくお願い致します。
当方下戸ですので、その点のみご了承ください。
それまでの利子不要。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
関連記事
2011.04.25 21:21 | 震災 | トラックバック(-) | コメント(0) |

これは「ながらリスニング」と違って、そのための時間を取らなければならないので、できない日もありますし、3分だけという日もありますが、だいたい350日/年くらいはやっているかな、と。 始めたのは「ながらリスニング」とほぼ同時期なので、こちらも、もう10年超(年取ったわ~)。もはや、「やらないと何だか気持ち悪い」習慣化してしまっているようです。

音読のための本は図書館から借りていましたので(←当時はまだアメリカ在住)、投資額はゼロ。金の亡者Sayoとしては、これ以上の勉強方法はないではありませんか。

最初は、
1.英語の喋り出しを容易にする(口に英語を覚えさせるという感じ?)
2.英会話で使えそうな表現を増やす
ために始めたので、小説を中心に音読していたのですが
(例によって馴染みのあるSidney Sheldonさんなどから開始です)

今は、
英会話のためというのも、もちろんありますけれど、
1.もしかしたら、ある日英訳に使える表現があるかも
2.動詞とともに使用される前置詞/副詞がスンナリ選択できるかも and
3.あわよくば、医薬を中心とするScience分野の語彙が増やせるかも
という点に重点を置いていますので、
以前アマゾンで洋書 & その後でも言及した
“The Best American Science Writing”
シリーズを中心に音読しています。
前年に各種雑誌/新聞に掲載された記事の選りすぐりなので、
しっかりした英語で書かれているんじゃないかと
(勝手に)思ったりするわけです。

このシリーズには、以前は物理化学、自然現象に関する記事も含まれていたのですが、新たに“The Best American Science Nature Writing”分野が創設されてからは、Science Writingの方はほぼ医薬(心理学含む)の内容になりましたので、個人的には興味の湧く記事が多くなって嬉しいです。
”Best American”には、他にSports、Essays、Mysteries、Short Storiesなどの分野もあるようです。

上でも書きました通り、選者が前年に各種雑誌/新聞に掲載された記事の中からBestと思われるものを選んだ選集なのですが、専門雑誌の論文ではなく、一般雑誌(たとえばTimesなど)掲載の、その種の記事に興味のあるLaymenを対象とした文章なので、むつかしい化学物質/薬剤/疾患名も登場しますが、文章としては難しいものではなく、文意は取りやすいと思います(一度”The Best American Essays”も試したことがありますが、個人的には、そちらの文章の方が難しく感じました)。

「音読やってみよう!」と思われる方がもしおられましたら、
やはり自分の興味のある分野の書籍や記事から始められるのがよいのかなと。
実は熱くフィギュアスケートを語るおばさんであるSayoも、
フィギュアスケート関連の記事や書籍ばかり読んでいた時期があります。
(読むのも楽し♪)

で。
音読のやり方ですが。

全然辞書を引かないで読む、
とにかく辞書を引きまくり発音を確認しながら読む
等々色々試行錯誤しましたが・・・

今は、「文意の理解に不可欠」だったり「どうしても読めない」だったり「発音してみたが何だかおかしい」だったりする場合のみ辞書を引くというやり方に落ち着いています。
あまり辞書を引きまくるのもやる気が殺がれますし、かといって、辞書引きなしも、あとで滅茶苦茶な自己流発音であることが分かって愕然としたりすることもありますので、自分としては、この辺りがちょうどいいのかなと。
固有名詞(難しそうな名前や細かな地名など)は・・・読みません(きっぱり<チェルノブイリとか、英会話のレッスンでも出てきそうな単語は、ちゃんと調べますけど<で、カタカナ発音と全然違ってて愕然としたりする)。

で、肝心の、
「ソレは翻訳の役に立っているのか」
ですが。
何度か書いてきましたが、実感としては、ごくたまに多分。
でも。
専門分野なし、PC恐る恐る(のめるとパニック)、ソフトあまり使いこなせず(ご機嫌悪くなるとパニック)で、「ちょっと大きな声で言ってもいいかしらん」なことと言えば、相手(というのはエンドクライアントさんと翻訳会社さんの両方ということですが)の存在を念頭に置いて丁寧に仕事をすることくらいの、「翻訳者」を名乗ることにいつまでも今イチ自信の持てない私に、10年間に音読した英文たちが、「でも、コレだけの英文を読んできたし」と何がしかの自信を与えてくれているのは、紛れもない事実なのです。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
関連記事
2011.04.23 12:24 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(0) |
音読についての記事を書くにあたり、
(そんなたいした記事ではありませんが)
やっぱり、発音を迂回して通ることはできないかな~と思いまして。

巷には「発音は大事」という声があります。
そしてまた「発音はさして重要ではない」という声もそこここに。

・・・って、いったいどっちやね~ん!!


個人的には「大事なんちゃうか」と思いますけれど、
(きちんとした発音を身に付けることが前提ですが)
これだけ多くの意見があるということは、
これはもう「発音」を英語学習のどこに位置付けるかという
発音価値観の問題じゃないんかい、と思ったりも致します。

もしも、目の前に魔法使いが現れ、
「ネイティブ同様の発音ができるようにしてあげよう。ただし、いくら努力しても適切な英語で自分の意見を過不足なく述べる能力を身に付けることはできないだろう」と「どう頑張っても日本人カタカナ英語から抜け出すことはできない。ただしその代償として、自分の意見を正しく英語で述べる豊かな語彙とspeaking能力を与えよう」
という究極の2択を迫ってきたら・・・
私は後者を選ぶと思うのです。

まずは、英語で過不足なく(に近く)自分の意見を述べることが一番大切で、
それを容易にする手段のひとつに
「正しい(に近い)発音」があるのではないかと。

日本語の音と英語の音は大きく違うと思うので、
「きちんとした」とか「正しい」とか書きましたが、
「じゃあ、正しいってどんな?」
と言われると、どう説明してよいか分からない。
自分も「カンペキ!」な発音にはほど遠いですし。

てことで、経験談を記しておきます。
多少の参考になれば。


特に中高と発音記号に基づく英語発音訓練(?)に慣れ親しみ、その発音に凝り固まってしまったSayoとしては(Sayoの在籍した中高&地域に特異的かもしれませんが、同世代の方々は、多少なりとも、一生懸命発音記号を書き写した経験がおありではないかと)、耳から正しい発音を取り入れるのは至難の業です(確かに「r」は舌を巻けとか「th」音は舌を噛めとかは習いましたけどね)。

そんなSayoの目からウロコを落としてくれたのは、
「発音記号を正しく発音する」という訓練でした。
(正確な表現ではないかもしれませんが、ニュアンス的にはそんな感じ)

滞米時に、Continuing Education(生涯学習)のPronunciationのクラスを取った時のこと。
それは、先生に”good”と言って貰えるまで、
ただひたすらtargetの母音(と一部子音もあり)の発音を繰り返すという、
それはもう退屈極まりないクラスだったのですが、
テキストに書かれた「この音はこう発音するのよ」という説明が
まさに包丁の背だったのです
(←ウロコを取る<って誰にも受けてない寒いおやじギャグだし<自分)。

たとえば、Stop (stάp)、hospital (hɑ'spitl)などの「ɑ'」は「口を大きくアの形に開いた状態でオというつもりで声を出す」、Have (hæ'v <文字化けしたらスイマセン、aとeをくっつけたようなあの記号です)のæ'は「超高速でエアを続けて発音する」といった具合。
子音であれば「sh」音は唇に指を当てて「シーッ」と言う時の音、「s」音は「シ」ではなく「スイッ」(sitとshitの発音を一緒くたにしてしまうと、ある意味とてもキケンです<特に女性)。

実際、このクラスを取ってから、
アヤしい英文でも理解して貰える頻度が高くなり、
何より、自分も自信を持って発音できるようになったような気がします。

発音記号を頭の中で一度正しい発音に変換してから声に出す(という作業を無意識のうちにやっていると思う)このやり方は、Phonicsとは違うような気もするし、よいのか悪いのか、正しいのかそうでないのかさえ分からないのですが、少なくとも、ある程度納得できないと前に進めない性格の自分にはあっていたと思います。発音記号に慣れた英語学習者の方には一定の効果があるのではないかと。

で、その問題の目からウロコのテキストなんですが。
実は、帰国のどさくさで行方不明になってしまいましたことを、
この場を借りて白状させて頂きます
(大事なテキストちゃうんかい<自分)
Text come ba~~~ck!!


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
関連記事
2011.04.20 22:28 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(0) |