FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

ちょっとご無沙汰いたしました。
天敵が相手ですので、なかなか筆が進まなかったりしたのでした。

Sayoが統計と初めてきちんと出会ったのは、今から6~7年ほど前のことです。
その頃医薬翻訳の通信講座(6ヶ月)を受講したということを、「5月の総括」という記事で書いたと思うのですが(も少し下に「コチラ」としてリンク貼ってあります)、その時が始めてだったのでした。それまでも、「医薬分野の翻訳をやりたい」と独学でちまちまと勉強しておりまして、医薬翻訳と統計が切っても切れない仲であるらしいことは読み知っておりましたが、それまでは、医療にとって統計が如何に大事なものであるかということを、全く理解していなかったのですね。ただ、言い訳っちゃあ言い訳ですが、1998年~2002年頃の「通翻ジャーナル」(当時アメリカ暮らしだったSayoと翻訳の世界を繋ぐ唯一の架け橋だった<大袈裟)には、「医薬翻訳」が特集で取り上げられることはあっても、その中で「医療統計」も大きく取り上げられることはなかったような気はするのよね。いや、ただの言い訳です、すいません。

その通信講座では、最初の2回で、論文の2分の1程度の量を和訳しました。ので、当然、P値とか「有意差あり」とか、医療統計でお馴染みの語句や内容が出てきます。当時の自分の訳文を読み返してみると、一応正しい訳語は使っているものの、前後の文脈をきちんと理解して書いているわけではないことがもろ分かりで。いやもう、「顔から火が出る思い」とはよく言った。日本語、素晴らしい。

解説では、講師先生が、統計について、かなりの時間(正確には「行」ですが)を割いて説明して下さいました。
・なぜ統計解析をするのか。
・P値&有意差有りの意味。
・帰無仮説の棄却により対立仮説が実証される。
主なところはこんなところです(昔のこととはいえ、通信講座の内容に関することですので、あまり詳しく書けないことご理解ください)。
この解説が、その後Sayoが統計を独学していく上での原点になりました。5月に「よし、医薬翻訳やるぞ」と決心した時、統計のおさらいは、まずこの解説から始めたくらいです。

その後、医薬翻訳のトライアルを受けるまでに、コチラの記事に記載した書籍を2巡ほどし、ICH E9の対訳を読んで、「何となく統計の基礎は分かったつもり」になったりしたのでした。トライアルにも統計は出てきましたけれど、ラッキーにもと言うべきか、「的確な訳語を選択できればよし」(「AAAにはBBB手法を用いた」)的レベルでした。

そして、実際に医療機器関連のお仕事を頂くようになって4ヶ月。
全く天敵と遭遇しないというわけにはいきません。そして、分かったことは(今更再確認と言うべき?)やはり統計は難しいということ(←へたっているようです)。
私の頂くお仕事は、CIOMSとかCTR/CSRとかSOPなど略語で呼ばれるものや論文といったオーソドックスなものはまずなく、ナントカ試験報告書、ナントカ試験手順書、ナントカ使用説明書といった、「対象物が医療機器に変わっただけで、やっていることは機械電気基本」な内容が殆どなのですが、それでも、「舐めんなよ」(?)的に、ちらちらと統計に関する記述が出てきます。正直、「分かったつもり」の基礎だけで何とかなったことは、これまで一度もありません。

そうやって、ひたすら調べる日々が続いております。

(Sayoの仕事に限ってということですが)多少傾向的なものがあるとすれば、「カイ2乗検定」「線形回帰」、それからこれは統計とは言えないかと思いますが、「診断精度」に関する記述に複数回出会ったかなあ、という感じです。(診断精度についてはhttp://www.asca-co.com/nuclear/2010/03/post-25.htmlの記述をご参照頂ければと思います)。後は、「AAAの測定にはBBB法を用いた」的な文章の「BBB法」の訳語をひたすら探す、という感じでしょうか。
それから、統計においては、regressionは一般的に「回帰」と訳されるのですが、素直にregressionと出てきてくれればよいものを、regressedと動詞として登場したりすることもあり、その場合訳語は「回帰した」でいいのか? という(たぶん)基本的なことを確認するために、多大な時間を費やしたりすることもあります。そんな動詞、Sayoが読んだ書籍には載ってなかったし。

というわけで。
たかだか4ヶ月医薬翻訳(しかも「医療機器」です)をやらせて頂いただけのSayoが言うのは、「早すぎ」&「説得力なし」であろうとは思うのですが(ってことで、いつものように「参考程度」でお願い致します)、医療統計について言えば、初学者は、何冊か関連本を読んだ後は、実際に自分で英語の文献を訳してみる作業を暫く行い(たとえば論文のmethodの統計に関する部分を訳すとか)、その後、再び、今度は別の統計関連本(たとえば医療統計に特化した書籍とか)を読むという方法を取るのがいいのじゃないかと思ったりしている今日この頃です。
今は、ちょっと忙しくさせて頂いていますが、これまでの例からすれば、Sayoには絶対にまた閑散期が訪れるはずなので、そうしたら、もう一度、医療統計関連の本をきっちり読んでみようと思います。

やっと「天敵」の記事を書くことができてホッとしているSayoです。
もう、あの数式何とかしろよって感じ。ただでさえ老眼なんだから(←よくよく考えてみれば、というかよくよく考えてみるまでもなく、そこに相関はありません)。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
関連記事
2011.11.01 20:48 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(8) |