屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

派遣の日々に(ちょっとだけ<気分的に?)助けられることの多かったここ2~3ヶ月でした。

私の翻訳のお仕事はメーカー工場の派遣翻訳で始まったということはお話しましたっけ(どこかでちらっと)。
もう20年近く昔の話です。
気のいいおっちゃん(当時の私から見た)や、いつもお菓子や飴ちゃんを惜し気もなく分けてくださるパートのおばちゃん(当時の私から見た)が多い職場で、忙しかったですけど和気藹々としていて、楽しい職場でした(かなり残業が多く、いつもへろへろだったので、「要領の悪い自分に両立は無理だわ~」と結婚を期に辞めましたけど<派遣元が翻訳会社さんだったので、そのまま在宅に流れるという幸運な形で、在宅翻訳にシフトしました)。

製品の品質保証を担当する部署で、生産ラインのすみっこに「取りあえず作ったんちゃうんか」的居室があるという、かなりすごい環境でした。お弁当を持参していたので、建物に入ってから出るまで1度も日の目を見ない、寒いんだか暑いんだか、天気がいいんだか悪いんだか分からない毎日でした(居室にもラインにも窓はなかったのだった)。そんな私たちは「もぐら」と呼ばれていました。

居室のとなりと生産ラインの中に、製品評価室(というより評価コーナー<取りあえず作ったやろ)があり、社員さんの教えを請うたり実機を確認したりするのに、何度もラインの間を縫って評価室と居室を往復しました。おっちゃん達は皆親切で、忙しい時は追い払われたこともありますが、そうでない時は尋ねていないことまで教えてくれたり、製造途中の機械(試験用の触ってもいいヤツ)に触らせてくれたりと、本当に色々なことを教わりました。

その後、その製品の生産は海外移管され、今では生産ラインはなくなってしまったそうです(昔住んでいた場所のご近所さんが遠くに引っ越してしまったような感じで、ちょっと淋しかったりする)。

で、本題に戻りますが。

医療機器はもちろん、製薬でも「製造工程」なるものは存在し、その工程のバリデーションだったり品質管理だったり、製造した製品の出荷検査だったりというものは発生するわけで。もともと機械分野の翻訳をやっていたということは翻訳会社の方もご存知なので、そのような関係の文書も、時々回ってきたりするわけです(たぶん)。

そんな時、もちろん、製品は全く違うし、医薬関係独特の約束事だったり試験だったりというものもあるので、新しいお仕事を頂く時は、やっぱり調べものから始まるのですけれど、「これはあの時のあれだよね~」と何となく感覚的に分かることも多い。原稿を一読して「昔馴染み」の言葉に接し、ソコハカとなく安心感を抱いたりなんかする訳です。
まあ、「あの時のあれ」に対して、実はこの業界では全く違う訳語が使われていましたなんてこともあるし、こちらも「何となく周辺知識ある・・・かも?」程度なので、どのお仕事も、最後まで気を抜くことはでいないんですけど。

製薬会社にいたことのある方、化学分析をされていた方、実験に携わっていた方等々、それぞれ、別のところで、この微妙な「昔馴染み」感を感じたりなさるんだろうなあと思ったりします。

とはいえ、私に関していえば、「品質保証」といっても専門とは程遠いですし、生産ラインも雰囲気を知っているだけなので、やはり、毎日が勉強の日々なのです~(それに、これら以外の、「ゼロから」案件も、調べものが大変ではありますが、興味ありますしね)。
関連記事
2012.05.30 22:45 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
アラフィーではなく、しっかりと、ということでございます。

48とか49の頃は「頭に『5』がつく、この年齢ってどうよ~」と先読み(?)して、ちょっとショックだったりしたのですが、越えてしまえば別にどうってことないです。ええ、強がりではなく。思い返せば、38とか39の頃も、「頭に『4』がつく、この年齢ってどうよ~」と、同じようなことを考えていたような気が。そういう意味では、成長してないのかも。子供の頃、「50歳前後のオバサン」てすご~い年寄りみたいに感じていましたけど、いざ自分がそうなってみると、「案外気は若いじゃん♪」という感じ(<成長がないともいう)。

というわけで、この10年を振り返ってみました。

健康面では、「40過ぎてあちこち不調が現れた」というのが正直なところです。

・子宮頸管ポリープの手術をしました。
・甲状腺機能低下症が発覚しました。
・47歳で閉経しました&更年期来ました。
・体力の衰えを実感しました。

(男性の方はさらっと読み流してね)
閉経と前後して「更年期」とひとくくりにされる様々な不調が現れるようになりました。ホットフラッシュとか不眠とか気分の不安定とか。といっても、自分で明らかに「更年期障害だわ~」と自覚したのはホットフラッシュだけで、不眠と気分の不調(いわゆるうつ状態ね)が絶好調(?)だったのは、両親の介護が一番しんどかった時期でもあるので、その時は、「介護が原因だわ~」と思っていましたけど、後から考えてみれば、閉経によるホルモンバランスの崩れも関係していたのかもしれない。閉経があまりに早かったので、常々ガン検診等でお世話になっている婦人科の先生と相談して、今は、2種類のホルモンを服用するホルモン療法を行なっています(乳癌発症リスクとの関連についても、よく話し合って決めました)。その結果、ホットフラッシュ等の症状は劇的に軽減しました。不眠にはデパスで対処継続中。うつ状態は、今でもそこそこ波がありますが、何とかつき合っています。

47歳の時に、親友を膵臓がんで亡くしました。
彼女もお母様のお世話に忙しい日々を送っていて、お互いメールで愚痴りあったり励まし合ったりしていたので、とてもショックな出来事でした。
胃の不調と勘違いしている間に発見が遅れ、何も治療ができないまま、発覚からわずか2ヶ月で亡くなりました。最後のメールは「主婦も自分の健康を大切にしなあかんね」というもの。子供の世話に家のことにお母さんの心配に・・・と、自分のことは後回しであったに違いありません。

なので、ある意味一番自分に構っていられない時期ではあるかと思うのですが、今後の人生のためにも家族のためにも、40を過ぎたら、皆さんも、自分の健康にもきちんと目を向けてあげて下さいね。


健康以外の面では、介護と仕事と勉強意外に特筆すべきことのない10年だったかと。
自分の中では、大事件なく淡々と過ぎたなあという感じです。両親(+伯母)のことも、思い返してみれば、急激なレベル変化はなく(?)、暫くの間、形を変え性質を変え、それなりにしんどかったなあという印象で(今も、実家の後始末で大変よ)。
子育てがなかったので、余計そんな風に感じるのかもしれません。

10年前と大きく変わった点といえば、(両親を送ったからかもしれませんが)「死を迎える準備」ということを意識するようになったこと。いや、別に、まだ暫くしぶとく生きるつもりではおりますが、「亡くなったあとで周りにあまり迷惑を掛けないようにするには、どうすればよいか(←すでに旦那が先に亡くなり、自分1人が残ると勝手に仮定)」「残りの時間をどんな風に生きていきたいか(できる範囲で)」的なことをよく考えるようになりました。そうしたら、以前にも増して物欲がなくなってしまって(Amazonをぽちする同じ指がこの文章を打っているので、あまり説得力はないかと思いますが)、これはこれでイカンよなあと思っています。


ま、そんな訳で、昨日と今日で何が変わったという訳ではないのですが、毎日を大切に暮らしていこうと、ちょっと改めて思ってみたりなどしたのでした。
関連記事
2012.05.24 17:08 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(4) |
正確には、「統計に関する記述のある原稿を翻訳する」際にお世話になる辞書さん達です。

対象が医療機器でも、文献の(特に)Methodにはやっぱり統計が出てくるし、
それ以外にも、機械的性能の報告書やSOPの中に、
こそっと他人の振りをして(?)存在していたりします。

個人的には、統計は天敵のひとつで、
かなり易しめの入門書的書籍を読んでも「???」なことが多いのですが、
仕事で遭遇する時は、知ったような顔をして、
正しい言葉を選んで訳さなければなりません。

そんな時によくお世話になる辞書さんたちです。

まずお世話になるのが、

「すぐわかる統計用語」
(石村貞夫+デズモンド・アレン/東京図書)

なぜって、説明が短くて一番易しい。
一読して何となく理解できたような錯覚に陥る。
(いや、それはそれで危険なんですが)
巻末に英和/和英両索引もついています。
ただし、「もうちょっと詳しく説明してほしいなあ」
という部分がないではありません。

という訳で、次に、

「医学統計学辞典」(朝倉書店)

のお世話になります。
これは、Medical Statistics from A to Z – A Guide for Clinicians and Medical Students (Written by B.S. Everitt)の翻訳本です(なのでちょっとお高い)。
個人的には、説明はかなり分かりやすいのではないかと思います。
収録語数もかなり多いし、巻末に英索引も付いているし。
何と言っても、統計でよくお目にかかる長~い数式が全くない!
というのも、嬉しいところです。

たいていは、この2冊とGoogle検索で訳語を決めていくのですが、
「もう少し詳しい(でも平易な)説明がほしいなあ」
という時は、

How to Report Statistics in Medicine – annotated guidelines for authors, editors, and reviewers (written by Thomas A Lang & Michelle Secic) 2nd Ed.

を参照することもあります。
これは、もともと、先輩医薬翻訳者さんが、「なかなかよい統計の本が出ましたよ」と教えて下さった書籍の原著です。訳本にしようかどうしようか迷いましたが、かなり平易な英文だったので、原著の方を購入しました。こう円高が進むと、原著の方が訳本よりかなり安く手に入ったりするのよね。辞書ではないのですけれど、最後に”A guide to Statistical Terms and Tests”という用語集もついているし、索引もかなり充実していると思います。ちなみに、訳本は、「わかりやすい医学統計の報告-医学論文作成のためのガイドライン 」(大橋靖雄/中山書店)です。
ただ、目的が「辞典」ではないので、補足的に使用する書籍かなあと思います。

「統計」が関係する案件は圧倒的に少ないので、
これらの活躍頻度は低いのですが、
いったん、その天敵が現れると、
なかなか力強い味方になってくれるのでした。


あ、そうそう、ちゃんと胃カメラ飲みましたよ。
ていうか、鼻から入れたんですけど。
鼻をかみ過ぎて粘膜が腫れていたようで、
最初ちょっと痛い思いをしましたし、鼻血も出ましたけど。
それでも、「咽喉から胃カメラ」よりは随分ラクでした。
人間ドックが(この年ですから細かい不具合はありますが)
とりあえず無事に終わってホッとしています。

でも、まだ微妙に鼻詰まりの変声期だし、
時々咳込むし痰は出るし、体調今イチの状態が続いています。
早く治ってほしいですが、それもやっぱり年のせいなのか・・・(ビミョー)
関連記事
2012.05.20 17:20 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
というか、旦那さんにうつされたんですけど。
風邪は人にうつすと治るという言い伝え(?)どおり、
旦那さんは順調に回復傾向にあるのが何とも悔しいところです。

先週の寒の戻り(・・・と呼んでよいのだろうか)の頃、
伊達の薄着で震えていた旦那さん。
(ちゃんと「もう1枚着なあかんで~」と注意したのに~)
そりゃあ、風邪も引くでしょう。

会社ではマスクをして仕事をしていたらしいですが、
帰宅するなり「あ~しんど~」とマスクをむしり取るその根性どうよ。
奥さんはどうなってもええんかい。

ひとつだけ有難かったことは、熱風邪でも胃腸風邪でもなかったこと。
37℃台の微熱は出ましたが、基本鼻咽喉咳風邪でしたので、
いつもよりペースダウンしましたが、仕事は続けることができました。
で、今日無事納品。で、風邪も治らない。

元々頑健で体力がある方ではないので、
健康管理には気をつけていた積もりなのですが、
ここのところ暫く、旦那さんの風邪がうつったことはなかったので、
ついつい油断してしまいました。反省。

私は、自分はかなり熱には強い(?)方だと思うのですが、
(生産性は落ちるが、37℃台の熱があっても、割と普通に仕事をする
<ちなみに平熱は36℃台前半です)
どうしても勝つことのできない天敵は「むかつき」です。
原因が胃腸風邪であれ偏頭痛であれ食中毒であれ、
嘔吐するしないに関係なく、
胸が悪い状態でPCに向かうことはできません。
(ていうか、それ以外でも使い物にならなくなります)

お仕事が修羅場っている時に、そのような状態にならないことを
切に願うばかりです。

1度だけ、そんな状態で、しかも「締切りがこれ以上延ばせない」状態の時があり、
10分PCの前に這いつくばり、10分布団に倒れこんで休む、を繰り返して、
何とか頑張って最後まで仕上げたことがありました。
アレだけは、もう絶対にやりたくない。

そんなわけで。
皆さんも、十分に体調管理なさってくださいね。

この身体で、明日は人間ドックだってば。
この咳込み始めると止まらない状態で、
無事に胃カメラが飲めるのだろうか。

ということで、今晩はゆっくり休みます。
関連記事
2012.05.18 21:30 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(2) |
 ほぼ1年ぶり(!)の英訳。しかも、夕方頂いて翌朝納品という特急のお仕事でした。量も少なかったけど。他に手持ちの仕事もあり、「特急やっつけ」になりそうな感じがしてお断りしようかと思ったのですが、お電話を下さった方が、1月にお仕事を途中で投げ返して多大なご迷惑をお掛けした方だったので、ついついお引き受けしてしまったのでした(演歌だねえ<って何が?)。
 お引き受けした後で、諸処の事情で訳出箇所がちょっと減ることが分かりラッキー。

 で、やっぱり、英訳のお仕事も時々しないと駄目だなあと思ったのでした。英語構文を組み立てる勘が鈍るというか。しぶとく続く英会話教室では、時々「あなたの意見を発表しましょう」な時間があって、そのために英作文はするのだけれど、それは、「自分の意見」だから「自分の言いたいこと」は必ず正確に分かっているわけで・・・とにかく、絶対writing量が足りませんでした。反省。
 
 頂いたお仕事は、新製品の短い説明文がいくつかで、「AによりBし、CをDしたE用XX(製品名)」という感じの、短い日本語によくこれだけの情報を詰め込んだよな~と思わず惚れ惚れしてしまう、でもって一読して何となく意味の分かる体言止めの文です。私的には結構よく遭遇するタイプ。
 でもだがしかし。
 いざ訳そうとすると、実はこれがかなりの曲者だったりするのだ。
 今回も、よく考えてみると1つ1つ実は主語が違っていたり、参考資料やウエブの情報を読むと、実は「AによりBを実現するが、CをDすることは維持する(=通常Bの実現によりCをDする機能は阻害されるが、新製品は性能がいいので阻害しないといいたい)」の意味だったり。なかなか一筋縄では行かせてくれないのだった。それをきちんと表現しようとすると、私の英語力では、どうしても文がうだうだと長くなってしまう。ので、見てるだけで眠気が襲ってくる。寝るな、自分。
 結局、「間違いではないが、文章簡潔洗練度納得に至らず」状態での納品となりました。
 ちょっと悔しかったりする。
 
 もちろん、簡潔な表現力がないという問題が根底にあるとは思うのですが、以前は、もっとぱぱっと別の表現が浮かんだり、構文最構築ができたりしたよなあと、日々の積み重ねの重要さを痛感したのでした(それとも、それは単なる老化現象なのか?<それはそれでコワい)
関連記事
2012.05.10 20:59 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |