FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

という硬いタイトルの割にはユルい記事です。


「自宅で翻訳の仕事をしています」と言った時、さすがにひと昔前のように「優雅な仕事やね」と言われることは(ほぼ)なくなりましたが、「家にいて好きな時にできるからいいわね」と言われることは多いです。「毎日出勤の必要がなく、嫌いな人と上手く付き合う必要もなく、自分の采配で時間配分をして都合のいい時間に仕事ができて、それなりの収入がある」という感じで捉えられる方が多いようです。でもって、日当たりのよい雑然と片付いた(?)部屋で、お洒落な部屋着を着てお洒落な老眼鏡(??)を掛けお洒落なBGMの下きりっと仕事に励み、夕方にはその日の仕事を終えて夜は優雅に自分の時間を楽しむ毎日を送り・・・って、これは私の願望というか妄想ですが。

パソコン椅子の上に胡坐かいて仕事してますが、それが何か?(その姿勢が一番楽なので)
くたびれたジャージの上下の上にくたびれたカーディガンを羽織って(もっと寒くなると旦那の古いコートが登場する)仕事してますが、それが何か?(<いい加減に買えよ<自分)
冷暖房完備(冬、夏の順です、念のため)の屋根裏で、翻訳とは無関係な様々なモノたちに囲まれ、肩身狭く働いてますが、それが何か?(小さい回転窓ではなくもちっと風の通る普通の窓がほしい<それ以上多くは望みません)
外出の必要がないというより買い物に出る時間もない時がありますが、それが何か?(道を渡ったところにLAWSON、200mほど先に小さなスーパーがあるのでホント助かってます)
忙しい時は昼も夕方も夜も、ついでに深夜も働きますが、それが何か?(なので午前中は使い物にならない<何の罪もない宅配便のお兄さんにもメンチ切る)

現実とのギャップに凄い違和感を感じて、「全然違うんですよ~」とムキになって説明していた時期もありましたが、この頃では、「そうですね~、へへへ~」で済ますことも多くなりました。年を取って面倒臭くなった+何言われても大して気にならなくなったようです(それは、ある意味「暴走老人」への道を突き進んでいる訳で、危険っちゃあ危険なのですが)。

そんな私の「翻訳をする人」との始めての遭遇は、曾野綾子さんの「太郎物語」。太郎君のお母さんが翻訳者で。詳しい内容はもう忘れてしまいましたが、太郎君のお母さんは、決して格好よくはなく、膏薬貼ったり息子に肩を揉んでもらったりしつつ時には文句かましながら、でかい英英辞典を傍らに地味に頑張っておられたような気がする。そんなわけで、私の「翻訳者」のイメージは「地味に黙々と(文句垂れながら)仕事に励む太郎君のお母さん」。夢見る必要とかなかったわけです。

そんな私のこの頃の「翻訳をする人」の淡いイメージは、こんな↓感じです。

実はそれなりにうまく人付き合いができる。
人付き合いが好きかどうかはまた別として、翻訳者として仕事をしていくために、相手ときちんとお付き合いできることは必要だと思うのです。だって、「会社」という後ろ盾がないわけですし。殆どの場合、メールと電話だけで関係を築いていかなければならない訳ですし。「きちんとした人だが、多少ユーモアを介し、メールなり電話なりで相談しやすい」ということは大事だと思うのですね。ということで、それなりの期間それなりに翻訳のお仕事をされている方は、それなりに人付き合いがうまい人ではないかなと思ったりするわけです。私はですね、上手いは「?」ですが下手でもないかなと思います。(ごく)たまにはユーモアもかまします。普段のブログがこんな感じですので。と言っても、こちらから広く積極的にお付き合いを広げていくことは苦手なんですが(小心者なので)。

それなりに自分を律することができる。
いやいやいや、と仰る方も、皆さん、計画を立ててそれなりに自分を律してお仕事していらっしゃると思うのです。だって、ある程度まとまったお仕事を頂いたら、どれくらいのペースで働かないと納期に間に合わないかざくっと計算しないといけないし。そこに子供さん関連の用事とか実家関連の用事とかその他の雑用+不測の事態+NHK杯(??)が入ってくるわけで。それらをこなしながら仕事をするには、「計画を立て自分を律する」ことが不可欠だと思うのです。立てた計画に対して、夏休みの宿題のように、「毎日少しずつ進めて行く型」「基本ラストスパート型」という違いはあるかなとは思いますが。

運動不足の可能性はあるが健康にはそれなりに気を使う。
・・・というのは、まあ私の場合ですが。だって身体が資本だし。身体を壊して休むほどに収入が減るし。旦那さんのように休業補償はないし。自分の身体は自分で守るしかないわけで、運動不足・体力不足のSayoとしては、とにかく疲れを溜めないようにするしかないわけです。なので、暇があれば寝ます(でも不眠症)。夏の終わり頃は、気候がよくなったらウォーキングでもしよーかなー、とか思ったりしていた訳ですが、そうこうする間に世間はまたまた宜しくない気候になりつつあるようなのでした。

どうやら腰痛持ちが多いらしい。
統計を取ったわけではないので間違っている可能性もありますが(根拠のない狭い身の回り情報)。座り仕事ですから、実際に「多い」と聞いても納得はできます。50過ぎると朝起きる時辛くなってまいりますので、どうぞくれぐれも腰にはご注意ください(まあ、私には数度の「ぎっくり」前科があるんですが<背筋鍛えろよって話です<自分)


そんなこんな、優雅とは程多い毎日のSayoなのであった。
今日はこれからお歳暮を贈りに行って、夜は「相棒」みながら喪中葉書書くぞ~。
関連記事
2012.11.28 12:50 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |