FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

この先、電気機械(大雑把に物理)の分野についても書くかもしれませんが、
取りあえずは、「医薬翻訳」に限っての専門知識です。

どこまで必要かと言えば、それは、もう「キリがない」としか言えないSayoです。普段の自分の生活と仕事と折合いをつけながら、少しずつ知識を積み上げていくしかないのかなと。テクノロジーも然りですが、日々進歩する分野ですし。

2年ほど前に「仕事か勉強か」「仕事か勉強か ちょっとだけ続く」で「勉強はどこまで必要(と思う)か」について、ちょっと書いています。その後、実際に医療機器のお仕事をさせて頂くようになり、しみじみ思うことは、「勉強しとってよかった(解剖生理)」「も少しきちんと勉強しとったらよかった(化学<特に化学分析関連案件の場合)」ということ。

でも、それは、5年強「勉強しかできんのじゃ(怒)」な期間があったのでできたことで、もっと短期間に最低限の知識を仕込んで仕事を始め、仕事をしながらさらに知識を積み上げていくことも可能だと思いますし、そっちの方が実際的かなとも思います。結局は、自分がどんな性格でどんな状況にいてどうしたいか&今後生活がどう変わりそうか、ということも含めて考えて、「最初にどんな風にどこまで専門知識を取得しよう」という計画を立てるのが良いのかなと。いや、実は、「その時々の状況に振り回されて来ました」感のあるSayoでありまして、「どの口が言うだ」って感じなのですが。

その上でしつこく繰り返しますが、解剖学/生理学はやはり大事だと思います。

医療機器に限っての感想ですけど、この基礎があれば、(もちろん難易度の高いものは無理ですが)対処できる分野が広がると思います。製薬関連のお仕事は殆ど受けたことがないので何とも言えないですが、医療機器の仕事について言えば、解剖の基本が分かっているかいないかで、理解度がかなり変わってくるような気がします。関節や脊椎補強関連のお仕事も結構多いですし。

人体というものは、ホメオスタシスを保つために、全ての器官が調和して機能していて、たとえば、血圧上昇ひとつを取っても、数秒、数十分、数日という様々なスパンで、頚動脈(baroreceptor)だったり循環器だったり脳下垂体だったり(だったっけ?)腎臓だったりと、身体のあちこちが様々に反応して血圧を下げよう、つまりホメオスタシスを回復しようとけなげに努力するわけです(微妙に間違っていたらすいません<大筋はこんな感じ)。なので、人体をひとつのシステムとして考える必要があり、ある器官のことだけをピンポイントで詳しく理解しようとするやり方だけでは、どの器官系を中心に仕事をしていくにせよ、どこかで行き詰ってしまうような気がします。
それに、刺激や変化に対する人体の反応は、実際、本当に緻密で素晴らしく面白い(解剖学は暗記も必要なので力仕事(?)な面もありかと<実習試験もあっので頑張って覚えた)。

そんな私ですが、高校では生物をかすった程度でしたから、始まりは、高校生物の参考書でした。
その後は、「仕事か勉強か ちょっとだけ続く」にも書きましたが、Community Collegeに潜り込んで、

生物学(Community Collegeレベル‐英語)

解剖学と生理学の基礎(同上)‐先に生物学を受講する必要あり。

ヒトの疾患(同上)‐先に「解剖学と生理学の基礎」を受講する必要あり。

解剖学(同上)‐先に生物学を受講する必要あり。

生理学(同上)‐先に解剖学を取るか解剖学との並行受講が必要。

の順番で勉強しました。この他に「microbiology」という授業もありましたが、これも、解剖学を取らないと受講できなかったと思います。解剖生理を勉強する順番を考える時の参考になれば幸いです。そういう、興味のある講義だけつまみ食いできるCommunity Collegeに出会えた自分は幸せだったなと。その時は、仕事のできない自分の身の上を嘆いていましたが。

英語のテキストは平易で、内容も10年ほど前の標準的な日本語の教科書と比べて分かり易いように思いましたが、これは、私の読んだ(&頭に入らなかった)日本語の教科書が、医学部生を対象としたものであるのに対し、Community Collegeの教科書は、基本、看護師やparamedicなどの実務資格取得を目的とする生徒を対象としたものだったからかもしれません。

英語で学んでよかった点は、医学分野独特の接頭辞や接尾辞が感覚的に身体に馴染んだこと、英文を読む時に全体像を把握し易いこと。逆に、医学分野の独特な日本語の言回しが殆ど分からないままになってしまい、帰国後1年くらいの頃に受講した通信講座の課題のMy訳は、少なくとも最初の頃は(今読み返してみると)破り捨ててこの世に存在しなかったことにしたいくらいの出来だし、後々まで随分苦労しました。てことで、どちらも一長一短なのだ~。

これは、あくまでも、生物学に関する知識が殆どない、文科系出身者の体験を交えた感想ですので、そんな感じで1参考として読んで頂けたらと思います。


長くなってしまったので、解剖生理の教科書(和書洋書)については、経験とGoogle/Amazon探索の範囲で、また別にちょこっとまとめてみたいと思います。

そうこうしている間に、どさくさに紛れて(?)1月は去るのだった。
時間よ止まれ~(いろんな意味で)。
関連記事
2013.01.31 23:16 | 伝える | トラックバック(-) | コメント(4) |