FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

前回「英訳の基礎」を5ヵ月間(月1回)受講した後、ちょっと物足りない感が残りましたので、続けて「英訳実践」講座を、さらに5ヵ月間受講することにしました。その5回目の授業が先日無事終了致しました(いや、終わってからもう2週間以上経っているんですけど・・・)。

「基礎」では「量的に物足りなかった」とか生意気なことを書きましたが、「実践」ではかなり量が増えました。テキストは「治験実施計画書」からの抜粋です(程度の情報は、HPにも掲載されているので、まあ、書いても大丈夫かなと)。
今回は、お仕事の忙しい時期と課題提出時期が重なってしまうことが多く、1つはその意味で、もう1つは、単語レベルではなく、パラグラフ全体の意味を日本語から英語に移し変えるという作業に苦労しました。日本語が分かり難い箇所もありましたので(と言っても、過去の技術案件の「訳分からん~MAX」レベルを思えば、カワユいものでしたが)。
深読みし過ぎたりして、分かり難い、しつこい訳文になってしまい(英訳でも冗長な癖はなかなか抜けんのだ~)、他の受講生の方の訳文を見て、「こんなシンプルにできるんだ」と目からウロコが落ちたことも一度ならず。和訳のお仕事の提出前のチェックでもそうですが、自分の訳文を推敲は、「しっくり来ないなあ」と思いつつも、ついそれまでの発想の延長で直そうとしてしまうため、その段階で大胆に発想を転換するというのは、至難の業です。最初から、シンプルで読み易い英文が書けたらよいのでしょうが、そこはやはり、対象分野のきちんとした英文を数多く読み、経験を積んで行くしかないのだろうなあと。

この先生の授業では、「なぜその言葉(動詞、前置詞、冠詞、単/複数など)を選んだのか」ということをしつこく聞かれます。なので、「こういう訳でこの言葉を選びました」ということが答えられるようにして授業に臨む必要があります(と書くと、もの凄い覚悟で授業に臨まなければならないように聞こえますが、そ~んなことはないです。私も自分でも「なぜこんな冠詞の間違いをしたんだろう」というようなミスを犯して「その時だけ寝てたみたいです」とばっくれたことがあります)。ただ、翻訳に臨む姿勢としては、本来そうあるべきですよね。意味なく選ばれるべき言葉など、本当はないはず(・・・理想ですけど)。なので、この講座を受講し始めてから、普段の仕事でも、「自分はなぜその訳語を使うのか」ということを以前より少し意識するようになりました。

もう1つこの授業を受ける中で印象に残ったのは、冠詞(定/不定冠詞)、単複数の使い方です。これは、私のみならず、多くの方が英訳を行う時に迷ったり苦労したりされる部分と思います。これらの使用に関して言えば、これまで自分の中には、基本的な用法を押さえた上で、基本用法に基づく「こういう場合は通例このように」という「まとめケース(?)」の中のどれかに当てはめながら英文を作成していく(+過去の経験からの感覚的な選択+Googleにて使用頻度確認)、という印象があったのですが、先生の「なぜ選んだ」攻撃に曝され、「(そのcontextで)その言葉を単数(或いは複数)にした時にその文がどのように捉えられるか」という明確な説明を繰返し聞くうちに、ちょっと考え方が変わりました。冠詞や単複数の使用に際して、(基本を外さないことはもちろんキモですが、)「その文章を書きながら書き手が連想しているものは単数なのか複数なのか、抽象的なのか具体的なのか」を意識して考えることも大切なのだと思うようになりました。「何を今更」って感じですけど、私としては、そんな「今更」なことを改めて再認識した講座でした(<って、先生が講座で一番仰りたかったことを外してしまっている可能性は大なんですが)。

もちろん、3時間x 5回の授業で、自分の書く文章が飛躍的によくなる訳ではなく、課題の量も「多い」とは言っても、仕事レベルの多さではありません。本当の「実践」はこれからの自分に任された訳なんですけど、「考える」切掛けを与えて頂きましたし、他の生徒さんたちともかなり意見交換することができましたので、個人的には実りある講座でした(正直、「実践」全然進んでいないんですが)。

前の記事でも書きましたけれど、先生は言語学を修めておられることもあり、私たちの質問に対する「こういう理由でこちらの前置詞の方が望ましい」とか「こういう理由でその言い方は馴染まない」という説明がとても明解で、「業界ではこういう使い方をするから」だけで済まされないところが、「こうだからこうなる」の好きな自分には合っていたような気がします。

という訳で、この先生の和訳の授業も受けてみたくなり(先生ご自身は、実は「もう来るなよ~」とか思っていらっしゃるかもしれないんですけど)、4月から始まる和訳の講座に申し込んでしまいました。でも、私、(この講座の)和訳は始めてなんで、「Sayoさんは判定試験受けてね♪」ってことで、近々試験を受けなければなりません(また「基礎」から学べばいいんでしょうけれど、早割だの修了生割だのを使い倒しても、やっぱりなかなかにお高いので~)。なので、試験に落ちて、春から不遇を託っているかもです。その節は、どうぞ笑ってやっておくんなさいまし。
関連記事
2013.02.25 22:10 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(10) |