FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

最近、このブログを読んでくださる方とお会いする機会が増え(注:過去の当社比)、「ブログのイメージと違う」と言われることが何度かありました(う~む、それは「まいどです~♪」のイメージでしょうか)。

逆に、リアルにお会いしたことがない方の中には、「悟りを開いた人」のように、間違って過大評価してくださる方もいらっしゃるような感じです(特に、「両親のこと」カテゴリから入ってくださった方<ほぼ隠者状態ですが決して仙人ではなく、人生「諦め」に入った部分は多いかもしれませんが、まだまだ悟りにはほど遠く、捨てても投げてもいなくて、日々足掻いてます)。

仕事の内容に関わることは、守秘義務もありますし、どこでどなたにどんなご迷惑をお掛けするか分かりませんので、一般化したり微妙に内容を変えたり書く時期をずらしたりはしていますが、それ以外は、とどでぞうあざらしな旦那も含め、思うこと考えることを正直に書いています(母とのことだけは、淡々と書こうとしても、どうしても微妙に「言訳」と「正当化」が入ってしまい、「私は悪くない」寄りの記事になっています)。

「悟った人」のように勘違いされるのは、たぶん、自分の中で取り敢えずの結論が出るまでは、記事にしないからだと思います。足掻いたり悩んだり、の間は、様々なことをきちんと文章化できないというところが大きいのですが、「格好よくない部分は極力見せたくない」という昔からの性格も関係しているようです。昔は「ええ格好しい」で「何もかも完璧じゃないと駄目」なところが強くて、それで苦しい部分も大きかったのですが(特に母娘関係)、そこを超えて駄目な自分を認めてしまうと、色々な部分で楽になり、割と気楽に(注:自分比)ブログも書けるようになりました。
それでも、今後の仕事の展開の仕方や日々の生活のあれこれで、「こう」と決めかねていて、或いは決めた積もりがふらふらしてしまい、まだブログに書けないでいることもたくさんあります。
今はもう通り過ぎた感はありますが、苦しかった時期(再度注:自分比)には、賃貸住宅であるにも関わらず、投げたり叩いたりと様々な箇所を破壊し(・・・て、どんだけ怖いヤツやねんて話ですが)、旦那には「退去時に足らん分は自分で払え」と宣言されています。そんなわけで、退去時に敷金で賄えない修理代を払うため(?)毎日あくせく働いています(??)。まあ、そんな訳ですので、決して、悟った人でもできた人でもありません。あ、分かってたですか、スイマセン。

淡々と1人でぼけてつっこみ、「最初から飛び道具使わんか~い(怒)!」とぎーに駄目出し(?)するのも(「そんな季節になりました」の記事を参照)私だし、意思の疎通できなくなった父の「生きる意味」に思いを馳せるのも私です。振り幅が大きいかもしれませんが、まるっとSayoと捉えて頂けると嬉しいです。根は真面目です(たぶん<となぜ付け足す<自分)。
関連記事
2013.03.30 00:40 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(10) |