FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

覚書1を書いた後。
ちょっと放心。ちょっと吹っ切れた感。ビミョーに後悔(<小心者なので)。
でも、なんだかんだと日々は続く。

*******

今後のやり方を明確にするために、
目標年収を設定しました。
(主婦の副業の位置付けでの設定です)

目標年収は200万+(源泉徴収前ベース)

少ないようですが、単時間あたりの処理量が少ねえもんで。

これだけあれば、各種年金を支払い、実家と墓の維持費を捻出し、
セミナー/講座費用を支払い、参考書籍を購入し、
多少は自分の楽しみに使い、老後に備えての貯金もできそうです。

ほぼ切れ目なく医療機器のお仕事を頂くようになって1年、
今の状態が続くと仮定すると、今のように稼動できる限り、
目標年収は達成できそうです。
大きなポカをやらないということが前提ですが。

ただ、1年を振り返ってみると、「ひたすら働いた」日々が結構あり、
そんな時は、勉強はおろか家ウチのことも疎かになりました。

ということで、現状維持の働き方では「自己投資」時間が取れません。
年収目標を達成しなおかつ適度に自己投資する時間を設けるには、
1. 「処理枚数」を増やす
2. 単価を上げる
ことを考えなければなりません。

処理枚数を増やす手段としては、
1. PC周り環境の整備
2. PC内環境の整備(ソフト導入など)
3. 基礎体力(基礎知識)整備
を考えました。発想が貧困なので、オーソドックス。

このうち、(1)は、「空調のない屋根裏様の部屋を主戦場としてノートブックPCで戦い、夏は冷房のある寝室にコロ付き小机ごと退避する」という虐げられた環境の改善が望めない今、ほぼ不可能であるとの結論に達しています。

(2)も、基本的な辞書はひと通り揃え、串刺し検索ソフトを使用している今、急を要する整備は必要ないと思われます。「マクロは便利」という意見があり「どんな風に使用しているか」という具体例も幾つかお聞きしたのですが(そして、確かにそのような事例では時間短縮ができて便利そうでしたが)、自分はそのような使い方をしないので、現時点で「自分の何がどう便利になる」という点が見えません。てことで、現時点で努力することはパス。動向(?)は注視します。Tradosなどのツールも「必須になりつつある」という声を聞きますし、登録翻訳社さんから、所持の有無を聞かれることもありますが、現時点では導入には懐疑的。「それなしに今後の翻訳はあり得ない」と納得できれば、将来導入を決心するかも・・・です。

というわけで、(3)の整備をしないといけない訳ですが、これもまた、
1. My辞書含む辞書・参考書類の充実
2. 知識底上げ
の2点に分けてみたりなどしました。

(1)のMy辞書は、仕事で訳出に難渋した語句を対訳で拾い、たまに説明や参考URLを付しただけのものです(秀丸とExcelの両刀使い)。これはもう日々の仕事の積み重ねですから、これからも根気よく増やして行きます。その他の辞書・参考書については、まだ「自分には何が必要?」がよく見極められない部分も多いので、皆様の記事も参考にしながら慎重に増やして行く予定。これまでは、「皆がやっている(持っている)から」という理由で購入したものもかなりありますが(多数の方が所持されているということは、確かに、それだけ価値あるものには違いありませんが)、今後は「多数の方が推奨」+「今の自分に必要」という視点から、様々なものを選んでいくように心掛けたいと思います(どのうさちゃんを連れて帰るかも<て話が違うやろ<自分)

(2)の知識底上げについては、解剖生理はひと通りやったので、現時点のMyブームは(生)化学です。免疫も抑えておきたいのですが、これは生理学と生化学の上に拠って立つものではないかという気がしますので、取りあえず生化学やっつける。もちろん全ての知識を取得することは不可能ですし、そこまで基礎を学ぶ必要があるのかと問われれば、「それはあなた(の考え方と立ち位置と性格)次第です」としか答えようがないのですが、個人的には、化学、物理、解剖、生理の基礎+規制・制度のある程度の理解があれば、「?」な内容に行き当たった時に、「調査開始→必要情報入手」までの時間が短縮できるのではと思うのです。不測の案件にも、真っ青にならずに(いやなるんですけど<実情は)対処できるでしょう。仕事の合間ですし、その間に、その場しのぎ勉強なども突っ込まれますので、時間は掛かると思いますが。でも、私は、やっぱり「どこかで基礎」派。

戻りまして、「単価を上げる」についてです。
先日、他の同業者の方の単価を知る機会がありまして、自分の単価は、決して高いものではないが、不当に安いものではないということが分かりました。そんなわけで、当面単価値上げ交渉はしません。まだまだ自分にそれだけの自信はないので。ただ、今後は、たまにある「今回だけこのレートでお願いします」的案件は基本的に受けないことに決めました(「基本的に」というのは、「その仕事は今後自分の仕事の質のUPに繋がる」と判断できる場合は例外措置とするためです)。これまでは、時間があれば「クライアントさんに負けたのね~」とコーディネータさんが可哀想になって受けてしまうことが多々あったのですが、そうしながら、心のどこかにもやもやしたものを抱えていたのも事実だったので。

という、いわば極めてオーソドックスなやり方を、取りあえず1年間続けてみて、
もう一度状況判断をしたいと思います。

これは、あくまでもSayoの場合ということです。

ある程度仕事をしてきた状態で、もっと劇的に年収を増やしたいということであれば、
・快適なPC環境を整える(・・・屋根裏を捨てて、どこへ行けばいいのだろう<自分)
・値上げ交渉をする、又は単価の高い翻訳会社に新たに登録する
と言った、more drastic measuresをまず考える必要もあると思います。「長時間楽に作業ができる」ことは本当に大事だと思いますので。
単価についても、「単価が上がる→高品質の翻訳を提出しようとさらに努力する→品質が向上する」という好循環もあるでしょうから、試みてもいい場合もあると思います。その場合、営業力も必要と思いますし、良心的な(と敢えて付け加えるのは、翻訳者を使い捨ての駒として安価に使い倒そうとする翻訳会社も現実に存在するという噂も耳にするためです<まだ実際に遭遇したことはありませんが<しても逃げます<後ろ足が強いので逃げ足は音速<て、おまえはいったい誰やねん)翻訳会社が相手の場合、翻訳会社の考える自分の品質と自分の考える自分の品質の間に大きな乖離がない(=自分の実力を見誤らない)ことも前提になると思います。

次回は、「差別化」と「分野」についてもう少し考えます。
まだ続くんかって話ですが、あと1回だけ。
関連記事
2013.04.20 13:24 | 伝える | トラックバック(-) | コメント(8) |