FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

・・・微妙に処理量が減ったような気がする今日この頃。

スケジュールに余裕のある案件である+翻訳時間を増やして対処している、ということで、実害というか品質低下はないと思うのですが、このところ明らかに処理速度が落ちているような気がする。集中力がないのは以前からなのに、何故だ?? と考えてみたところ・・・

「覚書3」で、訳出に当たっての注意として、

>基本的に原文に忠実な訳文を作成して、エンドクライアントさんの最終修正を少しでも楽にする(ことを心掛ける)

と書きましたが、どうも、「忠実に訳す」ことに慎重になっている(なり過ぎている?)ような気がするのでした。
これまでは、それほど気にならなかった「この原文は本当にそのように述べているのか」「そこまで言ってしまってよいのか」といったことが、どうも気になる。なおかつ、「原文に忠実だけど、それって日本語的にどうよ」というところで悩む。

・・・といったケースが増えたような気がします。
スランプ、とはまた違うのですが、上手く説明できなくてすいません。

そこへ持ってきて、今回の案件のために頂いた参考資料の日本語訳が、なかなかに正確かつ読みやすい、つまり実務翻訳としてかなり出来のよいものだったため、「私の日本語はまだまだ駄目なのだわ~」と肩に漬物石を置かれたような敗北感(?)を味わってしまったのでした。

ま、「駄目駄目だわ~」と思えるということは、まだそれだけ改善の余地もあるということではあるのですが。

暫く翻訳をやった後で、色々考え、考えすぎて訳出速度が落ちることがある(そのようなヒトもいる)、という話をたまに耳にします(それとも、あれは都合のよい空耳だったのだろうか)。でもだがしかし。休眠期間があるとはいえ、何年この仕事に足を突っ込んでいるよ<自分。遅すぎるやろっ。

と自分を叱りつつ、「考え過ぎる」この時間も、人生に置いては無駄な時間ではないのだと言い聞かせつつ、今日も敗北の元凶である参考資料を片手に、Sayoは行くのでありました。

漬物石が重いのう。
関連記事
2013.05.09 16:09 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(8) |