FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

実家のピアノの蓋を開けてみました。
帰国して1度だけ弾いた記憶があるので、ほぼ8年(以上)ぶり?

ここ数年は隣のエレクトーンも含め、かなりな物置状態だったので、そもそも蓋を開くことすら不可能だったのですが、この冬リビングの片付けに励みましたので、やっとアクセス可能となりました。

どんなことになっているかかなり怖かったのですが、いざ蓋を開けてみると、鍵盤を覆う布にカビが生え、鍵盤が多少べたついており、音が外れた鍵盤がいくつかある以外は、かなりよい保存状態(?)でした。弱音器は壊れていましたが、音はちゃんと出ましたし。

私は、子どもの頃、かなり長い間ピアノを習っていたのですが、「クラシックばっかりで面白くないし」と途中でエレクトーンに宗旨替え(?)し、20代後半まで、YAMAHA音楽教室で習ったり、仕事が忙しくなって止めたり、を繰り返していました。というわけで、自宅には40歳超のアップライトピアノと、YAMAHAエレクトーンHS-8(1990年前頃のいちおー最新機種)が(物置として)鎮座しています。

転勤先のアメリカでも、そのまま家をお借りした前任者の奥様が、「もうウチは誰も弾かないから」とピアノを残していって下さったので、時々弾いたりしていました。アメリカのアップライトピアノは、日本のものより随分背が低く、一見したところはエレクトーンに近い感じです(なので音は悪いと思う)。そのピアノは、後任者のお子さんがピアノを弾かれるというので、「もうウチは誰も弾かないから」と残して帰りました。

というわけで。
開けただけではもったいないので、ちょっと弾いてみたりなどしました。

ピアノをされていた方はお分かりと思うのですが、少し基礎練習を怠けると、すぐ指が動かなくなるんですよね(「基本が大事」というのは、何事においてもそうかと思いますが)。少しどころか、気が遠くなるほど基礎練習をしていなかった指が動くはずはなく、特に右手の薬指・小指あたりの動きは壊滅的でした。

というわけで、暫くの間、PCの前で、指の基礎練習に励むことにしました。
少しお年を召した方なら、「ハノン教則本」という基礎練習の本をご存知かと(今でも、ハノンってやるのかな?)。あれを順にドド、ミミ、ドドド、ミミミと、2連、3連と1鍵盤の打鍵数を増やしていく練習方法です。地味ですが効果的な練習方法ですよん(経験者語る)。
でね、さっき始めて試してみたんですけど、右手の薬指・小指はすでに3連同じ強さで打鍵(正確には打机ですが)できない。ううっ、道は遠い。

でも、やはりピアノは弾きたいわ~と思いましたので。
引退して旦那実家に引っ込んだら、余生にはピアノを含めることにしたのでした。今時のピアノは、消音機能もついているようですしね。賃貸情報では「メゾネットの2階」と呼ばれる「屋根裏」で仕事をせざるを得ない現状では、ピアノを置く場所がないので、楽しみは先にとっておくことにしました。

とりあえず、パッヘルベルの「カノン」が弾けるようになるまで頑張りたいと思います(ピアノ譜をご覧になった方は分ると思いますが、意外に難易度高い楽譜なので挑戦しがいあるわ~て感じです<これをアレンジして歌われたのが白鳥英美子さんの「This song for you」です<これはこれで素敵)
関連記事
2013.05.27 14:31 | 好きなもの・こと | トラックバック(-) | コメント(8) |