FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

樋口了一さんという方が歌われている歌です。
「認知症の母から子どもに宛てた手紙」の形をとっています。
(歌詞は記事の最後に記載します)

数年前に発表された歌ですので、これまで何度か認知症介護家族の掲示板やブログでも話題になりました。いつも、という訳ではありませんが、かなりの確率で「好き(感動した)」と「嫌い(綺麗ごと過ぎ)」にはっきり分かれていたような記憶があります。

私は、母とのことがテンパっていた時期ということもあると思いますが、始めてこの歌詞を読んだ時、何とも言えず嫌な気持ちになりました。自分はどうしてもそんな風に思えなかったからです。歌の中の母親を自分の母に重ね合わせ、「今更そんなこと言われてもそんな風には考えられんのじゃ」というのが正直なところでした。

でも、この歌がメディアで取り上げられる時は、「誰もが感動する」とか「誰もが泣いた」みたいな枕詞がつくようです(そういう枕詞はcatchyだしね)。まだ「母が嫌いな自分」を受け入れられないでいた私は、「どうやら自分は人並みの心を持っていないらしい」と、とても苦しかったものです(いや、実際は「鋼鉄の心臓」と呼ばれてるんですけどね)。

その母が亡くなって2年。今でも、「母の心が理解はできるが心は寄り添えない」状態ではありますが、かなり客観的に昔を振り返ることができるようになった今、もう一度「手紙」の歌詞を読んだ時、どんな風に感じるだろうとフと思ったのでした。

という訳で、読んでみました。

今回は、「自分の記憶がなくなって行く母親」の立場に身を置くことができました。きっと、母もこんな風に不安だったのだろう、我侭に縋ることで、暴発することで、その不安から逃げようとしていたのだろうなと思えました。そう考えながら読むと、その部分はただただ哀しい。とは言っても、決して感動した訳ではなく、やはり「好きだな、いい歌だな」とは思えませんでした。
ただ、「あなたの人生のはじまりに私がしっかりと付き添ったように 私の人生の終わりに少しだけ付き合って欲しい」の部分にはぐっとくるものはありました。
送って初めて分ることもあるのかもしれないと思いました。

とはいえ、主介護者として介護のただ中にあり、疲れて気持ちに余裕のない家族には「聞きたくない辛い歌」「心をかき乱す歌」になる可能性も高いような気がします。

この歌の受け止め方は、その時々で、人それぞれになるような気がします。だって、介護の形も親子関係もそれこそ千差万別なのだから。この歌に感動できない自分を、そのことだけで責めないでほしいと思います。



(歌詞はUta-Netさんからお借りしました)

「手紙~親愛なる子供たちへ~」
作詞:不詳、日本語詞:角智織、補作詞:樋口了一

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても 
どうかそのままの私のことを理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしたとしても 靴ひもを結び忘れても 
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい 

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても 
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい 

あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は 
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた 

悲しいことではないんだ
消え去ってゆくように見える私の心へと 励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり 
お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい 

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 
様々な理由をつけて いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 
旅立ちの前の準備をしている私に 祝福の祈りを捧げて欲しい 

いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ出来なくなるかもしれない 
足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったなら 
あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように 
よろめく私にどうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい 
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど 
私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい 
きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生のはじまりに私がしっかりと付き添ったように 
私の人生の終わりに少しだけ付き合って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私の子供達へ 
愛する子供達へ
関連記事
2013.07.26 12:40 | 両親のこと | トラックバック(-) | コメント(4) |