FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

連続真夏日更新中は、可能な限り引き篭もりで過ごしていましたが、
(どこに行くのも自転車なんだよね~)
少し涼しくなったので、別宅(図書館)に出掛けました。
「通訳・翻訳ジャーナル秋号」も発売されたらしいから、読みに行かねば。
(←どこまでも買わないヒト)

というわけで、久し振りに書架巡りを堪能し、

「通訳・翻訳ジャーナル夏号」
「アリアドネの弾丸」(海堂尊)
「ブルーゴールド」(真保裕一)
そして、表題の
「医学生・レジデントのための医学書ガイド」(エクスナレッジ、2011年、1800円)

を借出してまいりました。
「通翻ジャーナル」は発売時に軽く読み流してはいるのですが、いつも、このように3ヵ月遅れで借り出してゆっくり読むことにしています。
「アリアドネの弾丸」は奇跡的に書架にあったので。海堂尊さんの本は、田口・白鳥コンビのシリーズは、だいたい読んでいます。個人的には、「ジェネラルルージュの凱旋」が一番面白かったです。真保裕一さんの本は、以前「トライアル」を紹介したかと思います。長編は「ホワイトアウト」しか読んでいないのですが、何となく。貸出期間は2週間で、たいてい2週間の延長申請をするのですが、「アリアドネの弾丸」は「予約のヒトいるから返して」て言われそうな気もするので、まずコチラから読もうかなと思います。

そして、表題の「医学生・レジデントのための医学書ガイド」ですが、たまたま医学書の書架で見つけました。順天堂大学教授先生の監修で、同大の先生方が、基礎医学→臨床医学の順で、各科の推薦医学書を3冊ずつ挙げておられます。今のところ、特に、それらの医学書を購入しようというアテはないのですが(何と言っても医学生・レジデントさん向けのテキストですし)、眺めているだけで勉強した気分になるのがいいですね(??)。時々、「こんな書籍も」ということで、山崎豊子、司馬遼太郎、松本清張、ロビン・クックらの名前も挙がっているのも嬉しかったり。

個人的には、

血液内科の「血液細胞アトラス」(文光堂、2004年、9450円)、
悪性腫瘍科学の「がんチーム医療スタッフのためのがん治療と化学療法(第2版)」(じほう、2009年、3990円)、
臨床検査医学の「異常値の出るメカニズム(第5版)」(医学書院、2008年、6300円→2013年に第6版が出版されています)

に、ちょっと心惹かれました。
とはいえ、今現在、実際にこれらの分野の仕事をしている訳ではないですので、今回はメモるに留めておきました。
関連記事
2013.08.29 18:06 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(6) |