FC2ブログ
2013. 12. 29  
医療機器翻訳」という記事の中で、「『外科的治療の翻訳にはかなり対処できます』的な方向を目指すのも悪くないのではないか、と思い始めたりもしています」と書きました。

この記事を書いたのはそんなに昔ではないので、今のところ、その気持ちは変わりません。

ただ、「薬による治療へのアプローチ」分野という選択肢も残しておきたいとは思っています。もちろん、参照すべき文書も微妙に違ってくると思うので、翻訳作業は容易ではないと思いますが。でも、「基礎があれば何とかなる」と思っています。てことは、その方面の努力も継続しないといけないってことですが。
そのあたりは、「絶対こう!」と決めてしまわず、適度に流されながら、自分にとってよりよい方向を模索したいと思います(←ええ加減)。

というわけで、前の記事で書いたように、「目の前の案件にきちんと向き合う」ことはもちろん大切なのですが、同時に、「目の前の案件だけを見ない」ことも忘れないでおきたい。「自分はどこに向かおうとしているのか」「迷子になっていないか」を、折りに触れて俯瞰できるようでありたいです。

そうして、「猫の手」ではなく「猫の右腕」を目指すべく、関西の片隅で地味に頑張っていきたいと思います。

1年間ありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。
関連記事
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR