FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「環境がどうあれ、言い訳することなく、取り組んでいかないと。環境がいいせいで甘えが出ることだってあるわけだし、悪い中でもできることはたくさんありますから」

というのは、2002年ソルトレークシティ五輪に出場し、世界選手権では5位入賞した恩田美栄さんの言葉です。「ジャンプの恩田」というイメージが強く、現役時代はそう好きな選手という訳ではなかったのですが、実に小気味よいジャンプを決める選手で、着氷後の「思わずガッツポーズ」好きでした。トリノ五輪シーズンで現役を引退され、今はコーチをされています。

で、今日は「環境」のおハナシ。
恩田さんは、スケート選手の練習環境について言及されていますが、翻訳者的作業環境についてです。
でも、有意義な内容はないので、まあ、流し読み程度で。

ここ「屋根裏」は、前にも書いていますが、メゾネット2階の「2階というよりロフトやろ」的な部屋で、風は通らず、真夏には気温は軽く40℃を超えます。で、夏季は、仕事用のコロ付机ごと冷房の入る廊下を挟んだ向かいの寝室に避難します。
というわけで、PCはノートだし、コロ付机はPCと書見台とマグカップを載せたら一杯一杯の広さだし(でないと戸口の出入りができない)、イスはオフィス用の椅子に毛の生えた程度のものです(でないと戸口の出入りができない)。
たぶん、我が家がデュアルディスプレイになることはないでしょう。HARD的作業環境としてはかなり劣悪かなと思います。しーかーしー、私、仕事をする場所がなくて、食卓でノートPCと格闘されている方も知っています。とても優秀な方です。

でも。
私には子供がいないし、子供より手の掛かる旦那も昼間は職安や散歩などそれなりに外出してくれるし、面倒を見るべき親もいないので、「自分の時間を確保する」という意味では、本当に恵まれた環境にいると思います。

健康という意味では、基礎体力に乏しく、腰痛・肩凝り・老眼に悩まされ、時々片頭痛に襲われますが、大病をして仕事ができないということはありませんでした。そして、これらは、治癒は望めなくとも、やり方によっては現状維持と改善が望めるものです。

結局100%の環境などないのだと思います。
その中で、工夫すべきところは工夫し、不便を味方につけ、我慢すべきことは「しょうがない」と現状を受け入れてやっていくしかないのだろうなあと。恩田さんが言われる通り、「悪い中でもできることはたくさんある」わけですから。
最低、この「腰痛」は改善したいよね。今一番欲しいもの=第5腰椎の下に普通の厚さの椎間板。
関連記事
2015.01.30 14:46 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(4) |