屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

実家の片付け&雑草引き」という記事を書いてから、早や4年。
まだ、あります、実家。


固定資産税も馬鹿にならないっちゃならないですが、ワタクシ、旧姓の最後の人間でもありますので、自分の手でできるところまでは片付けたく、今日に至ります。
(車だと30分、公共交通機関を利用しても1時間弱の距離なので出来る技かと思いますが)

さすがに4年もちまちまやっていれば、だいたいのものは片付くもので、ついに、残りは、本だのお茶道具だの人形だの、それぞれ、然るべきところにお願いし、引取り/処分してもらわなければならないものばかり、というところまで辿り着きました。うう、長かった。こんな日が来ようとは(感涙)。
まあ、まだ「仏壇と位牌よしなに」を巡って菩提寺と腹の探り合いをしなければなりません(実は、これが、一番気が重かったりするのですが)。

今は主に風を通しつつ雑草引きに通う日々ですので、涼しくなったら、まずは父の書籍に手を付けようと思います。


片付けを通して、しみじみ思うことは、
「自分は、まだ判断能力があり、それなりの体力があるうちに身軽になろう(実感)」
これに尽きます。

が、これはきっとなかなか難しい。
今のところ、趣味といっても読書とフィギュアスケートくらいで、モノが増えるといっても書籍・雑誌程度なのですが、この先、どんな新たな趣味に手を染めないとも限りません。
そうやって、年取って手元に残した愛着のあるモノを「えいやっ」と処分するのって、たぶん、ホントに勇気いるよねー、と思います。
でも、残された者も、「故人が大事にしていた」ことがよく分っている品々の処分には、それなりの勇気(?)がいるのよねー。

ワタクシがHNを借りている伯母は、年取っても可愛らしいヒトでしたが、元々ちょっとぼーとしたところがあり、「自分亡き後、大量の書道関連の品々はどうなるのか」といったことは何も考えていなかったと思います。
地元では多少高名な先生について書道を学び、先生が個展をされる際には、他の生徒さんと一緒に、自分も作品を出品したりしていたのですが、落款押して額装したり巻物にしたりした様々な作品、今でもどうするのが一番よいのか悩んでいます。

様々に思慮深かった父も、書籍は最後まで処分できなかったようです。
リンク先の記事でも書いたように、認知症の徴候が現れ始めた頃、「本は全部図書館へ寄贈せよ」との指示はありましたが、図書館の返事は色よいものではありませんでした。だから、親父、リサーチ足りねえし。

こうやって悩みながら片付けていくのも喪の仕事のうちなのかなあと思うこともありますが(それにしては長い喪の仕事だぜ<自分)、それにしてはモノ持ち好すぎるし<実家。

「処分」の重さの感じ方は、たぶん人それぞれで、重ければ愛惜の念が強く、或いは軽ければその逆ということではないのだろうと思います。ワタクシの場合は、まあ責任感のようなものだし。
ただ、重くも軽くも、残された者には、処分する(特に捨てる)ことに対して、一抹の後ろめたさが残るような気がします。であれば、「こうしてほしい」と託すところまでではなく、「処分できるものは処分する」ところまで自分ですることが、老い支度なのではないかなあと考える夏の午後。あくまで、個人的に思うところです。
関連記事
2015.07.30 15:22 | 両親のこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
広島遠征Iの記事はコチラ
広島遠征IIの記事はコチラ

広島遠征IIIの主目的である(はず)の、今回の西日本医学英語勉強会の内容はコチラ
主催者Akoronさんによる報告記事はコチラ


とんぼ返りでも後泊でもなく、前泊にて勉強会前に宴会という初パターン。
宴会は、「これで広島遠征の目的は果たした」と錯覚するほど充実の女子会でありました。

枕が変わると寝られないワタクシは、いつものように明け方うとうとしただけで、
「どこかで絶対寝るよな」とびくびくしながら4時間の勉強会に臨んだのですが、
・・・寝ている暇、ありませんでした・・・

講師のO先生は、講義がとてもお上手です。緩急をつけ、笑いと真面目な話を織り交ぜた話で最後まで飽きさせず(替え歌付き)、プレゼンテーションのお手本を見せて頂いたようで、その意味でも素晴らしい講義でした。

*勉強会サイトのリンクを貼った時点で、お名前を頭文字にする意味はなくなっているのですが、「屋根裏」ではスケート選手以外の方は、基本、略字かHNとしていますので。

「医学論文を効果的な読み方」という勉強会の内容は、主として医学生や研究者の方を対象とするものなのでしょうが、「大事な部分は落とさず、手を抜くべきところは手を抜く」やり方は、翻訳者にも役に立つものと思われました。

論文の種類分けに始まり、統計数値の解釈を含む、実際的な方法を伝授頂いたわけですが、「予測しながら読む」、つまり「考えながら読む」ことの大切さを改めて考えさせられたように思います。
「論文をどういう順番で読めば効率的か」ということは、これまでも考えてきましたが、それは(あくまでワタクシの場合ですが)「訳し始める前に、そこにあるものをそのまま、全部きちんと読む」ことが前提でしたし、読みながら全体の流れを考えることは、ほとんどなかったように思います(自分の理解に論理破綻がないかどうかは考えますけど)。

昨晩、修羅場が一段落しましたので、勉強会の資料を片手に、暫く前に参考資料として頂いた論文で「効果的な読み方」を試してみたのですが、漫然と読んでいたときより全体を整理することができたような気がします(気がするだけかも・・・)。
仕事としては、論文案件はそう多くはないのですが、この「読み方」は引用文献の抄録を確認する時にも使えますし、今後、仕事にも役立てていきたいと思います。

ただ、これは調査の旅に出る時にも言えることなのですが、「予測」は「思い込み」を生むこともあり、思い込みによって、他の選択肢や可能性が見えなくなってしまう恐れもあるので(少なくともワタクシはそうなので)、その点は肝に銘じて「10ステップ」を使っていきたいと思います。

ぎゅっと凝縮された講義でお昼寝できなかった分、帰りの新幹線で新神戸まで爆睡しました。
そのような、全く長く感じられない講義をして下さったO先生、そして、主催者として、最後の最後まで色々と気を配って下さったAkoronさん、本当にありがとうございました。
遠方から飛行機や新幹線で駆け付けられた皆さん、お疲れさまでした。
関連記事
2015.07.23 17:06 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
日曜日、大坂で開かれた下記ワークショップに参加しました。
http://jat.org/ja/events/show/writing_in_japanese_workshop

講師先生のお名前を聞くのはこれが初めてでしたので、まずは著書1冊読んでから(「シルク・ドゥ・ソレイユ」)、参加を決めました。

「はじめに」部分を読む間こそ多少もたもたしましたが(要領の悪いSayoさんは、初めての方の文章を読むときは、たいていそうなります)、その後は最後までほぼ一気に読みでした。何より、読了後は、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の公演を生で見たいという気持ちになりましたので、そんな文章を書かれる方のワークショップなら受けてみたいと思ったのです。

いざフタを開けてみると、出席者10名程度のうち、半数以上が非日本語ネイティブの翻訳者の方で、受付で、思わず、「今日は日本語のワークショップですよね」と確認してしまいました。

非英語ネイティブである私が、きちんとした英語の文章を書くためのTipsを得るために、時々英訳のセミナーに参加するように、非日本語ネイティブの方も、日本語を書く力の底上げを図るべく、こうしたセミナーに参加されるのかなと思います(<お聞きしてみた訳ではありませんが)。

私は、翻訳を離れても「読みやすい無駄のない文章を書く訓練をしたい」という思いがありましたので、参加してよかったと思いましたが、和訳力の向上に直結するTipsが得られたかといえば、そういう訳ではありません(何事も訓練を続けることが大事、ということなのだった)。

上で紹介したURLにも書かれているとおり、3時間という時間の中で、

与えられたテーマ(Workshop開始時に初めて知らされます)で400字程度の文章を書く→声に出して読み、引っ掛かった部分を書き直す→タイトルを考える→中見出しを考える→「です、ます」調の文体を「だ、である」調に直す→200字で書き直す→第三者目線で推敲する→2人一組のペアで、相手の書いた文章を読みチェックする

ということをやります。
(しかも、すべて200字詰めの原稿用紙上!)
(で、久し振りに「現代国語表記辞典(三省堂)」を使用しました)

結局、時間が足りなくて端折った部分もあり、講師先生は、「400字の文章を宿題にすればよかったですね」と言っておられましたが、「与えられた時間内に与えられたテーマでそれなりの文章を書く」という訓練ができたということも、私にとっては収穫でした。
講師先生も含めてみなノリがよく(特に非日本語ネイティブの方々)、Workshopということもあるのでしょうが、質問しやすい雰囲気があり、お聞きしたいと思っていたことは、全部お聞きすることができました。
翻訳のやり方も(ベースとなる流れはあるものの)一様ではないように、「文章を書く」やり方も、上記のような一定の流れはあるものの、ライターによって多少の違いはあるようで、先生の体験や「私はこうする」というお話も興味深かったです。

「外に出せるまでに推敲する(簡潔に表現する作業を含む)」という点では自分の書いた文章の推敲も翻訳の推敲も同じかなと思いますが、それでもやはり、両者は違うものであるように感じられました。

翻訳では、他人の書いた文章がベースですから、「相手の伝えたいことはすべて伝え、情報は足さない、引かない」が基本になるかと思います。チェック時にも、ケアレスミス以外の部分では、(特にかなり意訳した場合など)、情報の塊としてみた場合、原文と同じだけの情報が訳文に含まれているかどうかということにも気を遣います。

対して、自分の書いた原稿の推敲時には、もちろん「(自分の)伝えたいこと」を考えながら作業をするわけですが、ケアレスミスの確認やより相応しい表現の模索等の他に、「がしっと削る」作業が必要となるように思います。愛着のある表現の場合、なかなか難しい作業です(なので、第三者目線の推敲は、自分の書いた文章の方が難しいような気がします<というか難しい部分が別というか・・・)。それから、ヒキのタイトルや書出しといったことも、翻訳では(要約やパンフレット翻訳案件等は別として)意識しないことかなと思います。

・・・といった風に、これまであまりきちんと考えてみなかった(言葉にしてみなかった、という意味ですが)両者の違いをしみじみ考えるよいきっかけにもなったかなと思います。

翻訳者以外の、ものを書かれる方のお話をお聞きするのは初めてでしたので、そういう意味でも興味深い3時間でした。


今週は様々な所用が重なったため、翻訳者的死のロードを行くSayoでございますので、読んでくださる皆様、暫く失礼致します。
関連記事
2015.07.13 12:58 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
「AMA Manual of Style」は9版(1998年発行)を所持していますが、暫く前、医療機器分野では初めての英訳のお仕事を頂いたのを機に、最新版である10版(2007年)を購入することにしました。

「医学英語論文の書き方マニュアル」(原著10版)という表題で邦訳も出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E8%AB%96%E6%96%87%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%8D%E6%96%B9%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB-%E4%BB%8A%E8%A5%BF-%E4%BA%8C%E9%83%8E/dp/4905681391
(状況不明ですが、現在定価では入手できないようです)

9版と10版では、大きさも厚さ(頁数)もかなり違います。
頁数は、9版が660頁であるのに対し、10版が1010頁。重量的には、9版はあまり筋トレにはならない感じですが、10版ではほどよく上腕二頭筋を鍛えることができそうです(<そこか<自分)。

読んでみないと分らないですが、電子出版に関する記載は確実に増えているだろうなと思います。
そろそろ11版が出版されそうな時期ではありますが、もしかしたら、次の版以降はSubscriptionに上乗せの形態になるのかもしれません。
フリーコンテンツも結構あるAMAのサイトはコチラ 
→ http://www.amamanualofstyle.com

ちょうど「Crisis Without End」が終わったところなので、次は、「Crisis・・・」の2巡目と並行してAMA Manual of Styleを音読することにしました。9版の時のように、付箋貼り、付箋に書込みしながら読む予定なので、かなり時間が掛かりそうな嫌な予感はします。1年後くらいに「読了」とか言っているかもしれません。

でも、基本というか大事な部分を先に確認したいという方は、有限会社クリノス様のオフィシャルブログの記事に従って読み進めるのがよいかなと思います。
http://www.clinos.com/blog/?p=67

クリノス様といえば、「薬事・申請における英文メディカルライティング入門」シリーズ(I~IV)が有名で、私の周りの医薬英訳者の方の中にも、4冊を手元に揃えておられる方が結構いらっしゃいます。
http://www.clinos.com/publication/

私は、今後も「がっつり英訳♪」は考えていないので、とりあえずは基本のAMA Manual of Styleと、学習時に購入した「医薬品開発-承認申請-市販業務のための知っておきたい英単語・英語表現」(2010年、じほう)で攻めていこうかなと考えています(すでにご存じかと思いますが、昨年第2版が出ています<色違いなので版の違いが分りやすい)。
http://www.jiho.co.jp/shop/list/detail/tabid/272/pdid/46342/Default.aspx

あとは、個人的には、「どんな場合にどのような動詞を使用するのがよいか」が上手くまとめられているメディエイゴさんのページを愛用(和訳時にもお世話になっています)。
http://medieigo.com/category/mm_backnum.html


さて。
本来、「必要に応じて必要な箇所を参照する」目的で使用するスタイルガイドを最初から音読する、という方法は、決して読んでくださる方にお勧めするものではありません。
今の自分の状態を考えても、「量を書く」という作業が圧倒的に不足している感は否めませんので、英訳については、強化すべきはまずそこ(+業界の言い回しの確認)だろうとも思います。
ただ、長い目でみれば、「聴く、喋る」を続けることで、言い回しが身体に染み込むということはあるかと思います。私は未だに「日本人が日本文の流れに拘束された状態で作成した英文」から逃れられないでいるしょぼい英訳者なのですが、それでも、検索の中でいくつかの候補が提示された場合、その文脈の中で一番自然な表現を、あまり迷わず選択できるケースは増えたような気がします。
で、まあ、音読するなら、その分野の正しい表現をまとめた「スタイルガイド」に勝るものはないんじゃないかとも思ったりするわけです。決して楽しくはないですけど。
というわけで、今日も10分、音読の旅に出かけるSayoなのだった(<もはや筋トレ)。
関連記事
2015.07.09 13:56 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(4) |
音読了。

「終わりなき危機-本のメディアが伝えない、 世界の科学者による 福島原発事故研究報告」(ブックマン社)という邦題で訳書も出版されています。

以下はブックマン社による内容紹介。
http://bookman.co.jp/shop/society/9784893088390/

Amazonのカスタマーレビューはこんな感じ。
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4893088394/ref=cm_cr_dp_see_all_btm/376-7691700-6382411?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=bySubmissionDateDescending

紹介にもあるように、2013年のシンポジウムの内容をまとめたもの。
レビューにもあるように、各章(各人の発表内容)がそう長いものではないため、「もう少し知りたい」の手前で終わっているものもあるが、それでも、様々な分野の研究者による発表の内容は多岐に渡り、そして、決して明るい気持ちになる内容ではない。
(翻訳版がどう処理されたかは分らないが、原書では、結構はっきりと日本政府とTEPCOを批判している部分もあり、正直「よく出版できたよね」と思ったりもした)
英語では、やはり、一読してきっちり脳味噌には刻み込まれないため、後で読み返そうと、読みながら付箋を貼っていったら、付箋の嵐になってしまったのだった。

本書の内容には、恐らく別方向からの反論もあるだろうから、100%鵜呑みにすることはできないと思うものの、政府や関係諸団体が開示せずにいる情報が多々あるに違いないと思わざるを得ない(まあ、菅元首相の発表部分を読んで「言えんこともあるよね・・・」とも思わないではなかったけれど)。

ただ、私の中にも、これまで「怖くて知りたくない」という気持ちはあったと思う。私はごく平均的な国民だと思うので、多くの方が同じように感じておられるのではないか。

しかし、きちんと知らないからこそ、風評被害のようなものも起こるのだと思う。「よく分らないが怖い」という状況が一番厄介なのではないか。
安全視する側、リスクを訴える側両方の意見をよく知り、知った上で、日々の生活の中で、自分はどこまでのリスクを受け入れる用意があるのかを決めることが必要なのではないかと思う。
また、本書によれば、とりあえず先送りにされている問題も多いようだ。次の、そしてそれ以降の世代のためにも、どこかで「とりあえず先送り」は止めなければならないのではないか。

かなり刺激が強い部分もあるような気もするが、興味を持たれた方は、「きちんと知りたい」の最初の一歩として本書を手にとってみてください。英語も平易です。
関連記事
2015.07.07 17:17 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |