FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

今年は春から訃報が多い。
そういう年なのかも。

週末亡くなったのは、数少ない薄い血縁関係の
(父の「はとこ」を私の血縁と呼べれば、の話だけれど)
でも、親戚としては、付合いは一番濃かったおじさん。
父の方がだいぶ年上だったので、「兄さん」と慕って時々実家を訪れた。

6月に旦那の元勤務先がちょっと世間様で話題となり
心配して電話をくれたのが最後になった。
「身体壊して辞めてん」と言うと、「そうか」と安心していた。
(そこ安心するとこかい、というツッコミもできますが)

声に覇気がなく、息をするのも大儀そうで
「肺に穴開いて声出えへんねん」という言葉に多少納得しながらも
おじさんらしくなく、どこか釈然としない気持ちもあったが、
忙しさにかまけてそのままになった。

実は肺がんで、その後寝付いたのだということは、
おばさんからの訃報の電話で知った。

よく言えば面倒見がよく、少し悪い言い方をすれば善意の世話焼きで、
実家絡みの謎かけのような電話に閉口したこともあったけれど、
あれも、今思えば、頼りない私を心配してのことだったのか。
ボランティアや民生委員として多忙な毎日、
遠い親戚のことなど、うっちゃっておくこともできたはず。

「おっちゃんももう後期高齢者やで」とぼやきながらも、エネルギッシュに行動し、
何となく、おじさんだけはいつまでも元気でいるような錯覚を抱いていたのだが、
最後のお別れをさせて頂いた、痩せてひと回りもふた回りも小さくなったおじさんには、
往事の面影はなく。
(といっても、久し振りに最晩年の父母を見た方も、
きっと同じように感じられたには違いないのですが)

旦那は一番近しい人で、尻にも敷き頼りにもしているけれど(意味的にヘン<自分)、
それでも、やはり「血のつながりはない」という意識がどこかにある。

父を亡くした時にもこれほどには感じなかった、
自分の拠り所がなくなるようなこの深い喪失感を、
人は誰もどこかで一度は味わうのだろうか。
しっかりと「喪失感を感じ」ておくことも、
これからの人生にとって意味があることなのか。


本日かなり感傷的ですが、
通夜葬儀で予定の狂った仕事の目途もつき、
明日は心を入れ替えて、PASORAMAの怪に触れたいと思います。
(つって、単に動かなくなったってだけですが)
関連記事
2015.08.11 22:53 | 両親のこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
「日本語使いさばき辞典」(東京書籍 2014年、本体2900円)

類語辞典(紙版)は、長らく[角川類語新辞典](角川書店 初版1981年)を愛用してきました(ていうか、お恥ずかしい話ですが、基本それだけでした、すいません)。「三省堂類語新辞典」搭載のATOKを導入してからは、多少のことはそちらで確認するようになりましたが、パンフレット等、多少表現に拘りたい場合など、今でも時々お出まし願っています。

今回、(自分の中では)同系統の辞書として追加したこの「日本語使いさばき辞典」は、先日のJATワークショップで講師先生に「ちょっと変わっているけど重宝しますよ」(特に「ライターとして」という意味かと思いますが)とご紹介頂いたもの。ワークショップの後で実物を見せて頂きました。
講師の方が所持されていたのは、使い倒されたことが分かる年季の入ったものでしたが、調べてみると、おお、2014年に東京書籍から新版が出版されておるではないか。ということで、今回、購入に至りました。

キーワードに従って類語を分類するというやり方は、基本的に角川版と同じです。

例えば、「調べる」という項目は、さらに、

明確にする意の調査からみた「調べる」
異常・不正・不備の検査からみた「調べる」
悪事・犯罪などからみた「調べる」

に細分され、類語が列記されます。

また、「知る・分かる」の場合は、

認識・感知の意からみた「知る・分かる」
理解・精通の意からみた「知る・分かる」
洞察・悟るの意からみた「知る・分かる」
知識・知恵の意からみた「知る・分かる」

に細分という具合。
「調べる」「知る・分かる」等の項目語の最後には、その項目語に関する成句一覧も記載されています。

ただ、個々の言葉の説明には角川版ほどの愛想はないので、さらに各語の意味を確認する、という手間が生じる場合が多々あります(というのは、旦那に「おまえ日本語オカシイ」と言われるSayoの場合)。今のところ、「使いさばき」の方が、「あ、こういう言い方もあったよね」ということは多いです(あくまで個人的な感想です<念のため)。ただ、角川版のような索引がないので(分類キーワード=「調べる」「知る・分かる」レベルの索引のみ)、特定の語句から「同じような意味で別の言い方なかったっけ」という調べ方はできません。
という訳で、これらの辞書は2冊一組で使うのが宜しいようです。

データ版の方が便利なのかもしれませんが、この手の辞書にお出まし願うのは、「うう、いい言葉ない」と足踏みし呻吟しているときがほとんどなので、個人的には紙辞書を手に取るという作業自体が気分転換になってよいようです。
と、どこまでもアナログなSayoなのだった。
関連記事
2015.08.06 11:38 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
えっちらおっちら都会の病院まで行ってきました。
病院行く方が体調崩しそうな暑さだぜ。

ワタクシには甲状腺機能低下症という持病がありまして、
定期的に採血して甲状腺ホルモン値を確認し、
お薬を処方して頂かなければなりません。
(薬を服用している限り、特に生活に支障はありませぬ)

というのが本日の本題ではなく・・・

病院へ行くと、どうしても老親と思われる方を介助する(特に4~50代の)女性に目がいってしまうのですよね。
・・・因果な性格だぜ。


今回は、何くれとなく両親の世話を焼く40代くらいの女性に目が止まりました。
小気味よく世話を焼き、口ではぽんぽんいいながらも、ご両親に対する愛情が覗えました。
そして、私は、何となく、遠い地で癌を患うお父様の世話をする友人を思い出したのでした。
髪型や立ち居振る舞いが似ていたからかも。
暑い中、彼女も、こんな風に、ちゃきちゃきとご両親の世話を焼いているに違いない――
――そう思ったとき、「自分にはもう世話を焼くべき親はいないのだ」という寂しさを心の芯に感じたのでした。

彼女は、日々最良の治療を求めて悩みながら、とても献身的にお父様の世話を焼いています。それでもふと、「なぜ私(ウチの家族)だけ」「この忙しいときに」「自分のことだけしていたい」と思うこともあるかもしれません(それとも、そんな不埒な娘はワタクシだけだったのか)。

でも、そのしんどかった時間さえ、実はある意味幸福な時間であったと
懐かしく思い出すときも来るのだよ、たぶん。
私も通ったよ、その道。

だから、彼女にも、自分がへばらないように、そこは適当にセーブしながら、
感情を昂ぶらせすぎることなく、弱音吐き愚痴こぼし、ご両親は励ましながら
大事に今の時間を過ごしてほしいと願うSayoなのでした。


送信した。脳味噌沸騰した。しんだ。
明日は(というか今日ですが)墓参りじゃ(←納品ハイのようです)
関連記事
2015.08.05 01:12 | 両親のこと | トラックバック(-) | コメント(0) |