屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

1週間ほど前になりますが、「2015年10月21日」がやってまいりましたね。

「Back to the Future 2」でからもう30年も経ったのかと思うと本当に感慨深いです。
(個人的には1作目が一番好きですが)

You Tubeには、マーティとドクが出演したJimmy Kimmel Showの動画が上がっていて、
https://www.youtube.com/watch?v=Q0VGRlEJewA
ドク役のクリストファー・ロイドはもちろん、マーティ役のマイケル・J・フォックスも元気そうだったのが嬉しい。

30年前といえば、今は立派なBBAを張っているワタクシも、まだ20台前半。
もしも、今の記憶をすべて持ったまま、30年前に戻って人生をやり直せるのなら・・・

というのは「ペギー・スーの結婚」(フランシス・コッポラ)
高校の同級生である夫(ニコラス・ケイジ)との仲が上手くいっていないペギー・スー(キャスリン・ターナー)がある日20年前の高校時代にタイムスリップし、将来の夫との結婚を回避すべくあの手この手を試みるものの、結局は夫を見直し・・・というありがちなストーリー。キャスリン・ターナーの高校生には多少の無理があり、ニコラス・ケイジの中年男には多少の無理がありましたが、楽しく観賞した記憶があります。

「やり直し」ではありませんが、タイムトラベル小説を1作挙げるとすれば、ワタクシ的にはやはり、延々と過去に戻り未来に還るという不思議な小説「輪廻の蛇」(ロバート・A・ハインライン)でしょうか。あまりに衝撃的なSFだったので、詳細は忘れてしまったものの、父・母・子が同一人物ということだけは覚えています(すいません、これ以上上手く説明できません)。確か、最初の1行と最後の1行が同じで、だから「輪廻の蛇」だったと。原題はThe Unpleasant Profession of Jonathan Hoagですが、個人的には、絶対邦題の勝ち。

10月30日加筆 The Unpleasant Profession of Jonathan Hoagは、「輪廻の蛇」を含む中短編集全体の表題で、「輪廻の蛇」の原題は‘All You Zombies—’のようです。不正確な情報で申し訳ありませんでした。

ではなくて、30年前に戻って人生をやり直したいか、でしたね(??)

健康面のことだけを言えば、戻りたいですね。
猛ダッシュ駆込み乗車しても息の上がらなかったあの頃に。
今度はもっと健康的な生活を送りますよ(願望)。

ただ、それ以外の部分では、人生の岐路的決断を迫られる場面(就職だったり、退職だったり、結婚だったり、翻訳の仕事だったり)では自分の思う通りに進んできたと思うので、良かったことも悪かったことも辛かったこともそれなりにありましたが、「あそこに戻ってやり直したい」と思うことはないような気がします。そう考えれば、(それなりに)幸せな人生が送れているのかもしれません。
幸不幸は相対的なものではなく、自分の心が決めるものなのだなあとしみじみ思う今日この頃です。
関連記事
2015.10.29 20:34 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(2) |