FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

東京では翻訳祭が開かれていた26日、可哀想なSayoさんは、関西の某小クリニックにて、大腸内視鏡検査→ポリペクトミー(ポリープ切除術)の流れで、腸内飼育ポリープ3個を切除されていました(泣)。

そもそもは、10月初旬、プチ体調不良で掛かり付けのじいじ先生から消化器内科専門の先生のところへ回されたのが始まりで、その後体調不良は軽快したのですが、「大腸内視鏡検査やったことない? じゃ、念のためにやっときましょうか」という話になったものです。ちょっとクセはありますが腕のいい先生なので、11月末しか検査日が予約できず今になってしまいました(問診と腹部触診で緊急案件ではないと判断されたようです)。おお、今日もよう流行っとるわい。
「ポリープが見つかり、摘出可能と判断できれば、その場で取ります」ということで、手術承諾書にもサインしました。
というわけで、切り取られたポリープ君は現在組織検査中ですが、たぶん悪性のものではないでしょう。まあ、こればかりは結果が出てみないと何とも言えませんが。

大腸内視鏡検査を食事に例えるなら、「前日準備:前菜、当日検査前準備:メインディッシュ、検査:デザート」という感じで、検査室に入る頃には、クライマックスは終わっている感のある検査です(検査自体は15分程度)。まあ、ワタクシの場合、そのままポリペクトミーに移行しましたので、メインディッシュを2皿食した気分ですが。

当日検査前準備では、「経口腸管洗浄剤」をMAX 2L飲んで、(尾籠な話ですいません)トイレに行きまくる訳なんですが、特に普段便秘気味のワタクシはこれが何とも辛かったです。多くの方が、「内視鏡検査はもうやりたくない」と仰る訳が分かりました。もうええわ。ワタクシが飲んだのは「モビレップ」という洗浄剤でしたが、「味はさっぱり梅味」て、どこが「さっぱり梅味」なんか言うてみや!!!

大腸内視鏡検査までの流れは、以下の体験レポートに上手くまとめられているなあと思いましたので、URLをお借りしてきました。
上が検査前準備編、下が検査編です。
http://www.大腸内視鏡検査.net
http://www.大腸内視鏡検査.net/kensa.html

ポリペクトミーそのものは、痛みはありません。麻酔は、ワタクシの場合、内視鏡挿入部への局所麻酔だけだったと思います。
先生が「色素」とか「スネア」とか仰るのが、医療機器翻訳者として非常に気になりましたが(あと、接地板が貼られたのも分かり「高周波来る-♪」とうっとり・・・するわけはなく、若干びびりました)、いかんせん、腸内を映した画面がワタクシの方を向いていなかったので、ポリペクトミーを堪能することはできず、その点が残念でした(さすがに、ポリペクトミーの最中に「画面見せてください」という度胸はなかった)。

ポリペクトミーの実際については、イラスト付きのコチラの説明がとても分かりやすいと思いましたので、またまたお借りしてきました。
(あくまでも、「こんな感じなのね」と大要を掴むという意味でご覧になってくださいまし)
http://www.iiharaiin.com/cpi_polyp1.html

「2日間は自宅安静」「3日程度は粥」「10日間酒飲むな、遠出するな、激しい運動するな」とかいろいろ制約はつきますが、ポリペクトミー自体は後の痛みもなく、「めしが食えず身体に力が入りません」「食いたいものが食えません」以外に特に不自由はありません。ハッキリ言って、検査当日に襲ってきた偏頭痛の方がずっと辛かったです(絶飲絶食なので頓服飲めない→久し振りに吐いた)。

そんなわけで、NHK杯三昧の週末を過ごし、今日からブログを再開し・・・もとい、仕事を再開し、ボチボチ働いています。
ポリペクトミーの可能性を考えて少な目緩めにしといて、本当によかった。
おかげでスケオタ的歴史的瞬間にLIVEで立ち会うことができました。ある意味、メデタシ、メデタシ。
関連記事
2015.11.29 22:30 | 健康 | トラックバック(-) | コメント(4) |