FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

昨日、我が家のとどと無事に結婚20周年を迎えました。
(戸籍上はもう少し早いんですけど)

長かったような、短かったような。年とったなー、自分(しみじみ)。
とにかく「記念日」に縁薄い我が家では、特にプレゼントもディナーもなく、「それではあまりやろ」ということで、ケーキだけ奮発しました(貧乏なもんで・・・)。

夫婦仲はおおむね平穏で、ワタクシ側の両親の介護の際には、様々な意味で、本当に旦那には世話になりました。
大きな事態に直面してみないと分からないことってありますね(しみじみ)。
学歴なく離婚歴あり、現在はプーで腹立つことも多い旦那ですが、まっとうで正直で、人間としての質は上等だとワタクシは思っています。

総じて波風少なく平凡な20年でしたが、1年目に家ウチでちょっと大きな騒ぎがあり、その後も何度かその余波に見舞われました。
以来、楽しい時間にいっとき現実を忘れ、「今日考えるのはよそう」とそこから目を背けても、逃れられない現実が私たちとともにあります。
でも、内容こそ違っても、誰もが大なり小なりそうした辛い現実を抱えていて、それぞれに悩み、どこかで折り合いを付けながら、
毎日を過ごしているのだなあと、自分だけではないのだなあと、気付かされることの多い今日この頃です。
(それは単に年取っただけという説もある)

逃れられない現実は結婚しなければ降りかからなかったものですが、
それでも、結婚してよかったと思えるので、それなりに幸せな20年だったのかなと思います。
とにかく2人、大病もせず、心身健康にここまでこれたことに感謝です。

20年間の最大の功績(?)は、フィギュアスケートファン化教育の成功。
関連記事
2016.01.29 21:53 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(10) |