FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

半年間楽しませて貰った朝ドラも、いよいよ今週で終わりです。
ワタクシの中では、今のところ「カーネーション」が不動の1位ですが、最終回を待たずに「あさが来た」を2位認定したいと思います。
(「マッサン」もよかったのですけど、途中、無職のマッサンがだらだらするところで、何度となく(心の中で)蹴りを入れさせて頂いたので、そこのところを差し引かせて頂きましたです)

正直(あくまで個人的な感想ですが)、後半は前半ほど面白くはなかったような。訂正、「ワクワク感」が半減したような。
(ナレでどんどん日が経っていく場面も多く、ちょっと「追い立てられる感」を感じることもありました)
ドラマのストーリー的に面白いのは、やはり主人公の青年(青春というべき?)時代でしょうから、それは仕方のないことなのかもしれません。
和歌山の眉山一家や娘の千代ちゃんなど、あさちゃん以外の登場人物が中心となる話も多く、その分、あさちゃんの物語が多少薄まってしまった印象がありました。そんなわけで、大学設立の話が少し間延びしてしまったような(「まだその話やっとったんかーい」的な)。
その代わりというか何というか、脇の登場人物さんたちの生活や人生が丁寧に描かれ、個人的には、心に残る台詞は、後半の方がずっと多かったのでした。

今のところ、五代さまロスとも新次郎はんロスとも無縁なワタクシですが、ビミョーに、はつロスに陥りそうです。
はつ役の宮﨑さん、メークもよっこらしょっと立ち上がる仕草も、年相応にどんどん老けていって、見事でした。
決してあさちゃんの演技が下手という訳ではありません。ヒロインは、やっぱり「綺麗に老ける」ことも求められると思うのですね。「篤姫」の宮﨑さんは、最後までお綺麗でしたし。
その点、(準主役的立ち位置とはいえ)脇の演者は、「主役を立てる」ことを心掛けさえすれば、様々な点でもう少し自由に動けるのかもしれません。
はつさんの「静」があってこそ、あさちゃんの「動」も生きたのだと思います。といっても、芯の強いところは、やっぱり姉妹なんですけど。
はつさんの「笑って生きなあかんなあ」と、白蛇はんの「お釣りのくる人生やった」は、とても心に残る台詞でした。死ぬときにそう思えたら、人生冥利(という言葉はワシが創ったぜ)に尽きますなあ。

ほんで、新次郎はんです。
当初「遊び人のぼんぼん」的雰囲気アリアリでしたから、演者/演じ方によっては嫌われてもしょうがない役どころでしたが、玉木宏さんだったから、大成功したように思います(あくまでワタクシの感想ですが)。「粋」という言葉がぴったりな方でした。
話が進むにつれて、ついついゴツゴツしてしまうあさちゃんを「やらかく」包容し軌道修正する役回りとなり、五代さまが「比翼の鳥」と評しておられましたが、本当に、2人で一対という言葉がぴったりのご夫婦になりました(まあ、ドラマ的理想、の部分はありましょうが)。
その新次郎はんも、病に倒れ、最終回までに舞台から退場されそうな雰囲気です。
ワタクシも、そろそろ「連れ合いをなくす」ということが完全な他人事ではない年齢になってまいりまして、ついついあさちゃん夫婦を自分を同じ立場に置いて考えてしまい、涙なくしては見れない最終週でございます。

個人的には、千代旦那さん役の工藤阿須加クンが(昭和の少女漫画的出会いと再会も含め)なかなかにツボでありましたぞ。
関連記事
2016.03.29 20:36 | 好きなもの・こと | トラックバック(-) | コメント(11) |