屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

ここ2、3年よく考えるようになりました。年取ったな-。

今、ワタクシが目指したいと努力しているのは、「筆者がその英文を通して伝えたいことを日本語に置き換えて伝える」翻訳です。
自分の中では、「筆者が言っていることをセンテンス、パラグラフ単位で等意の日本語に置き換える」より、もう少し踏み込んだ(はみ出した?)感じです。

ワタクシの扱う分野の翻訳では、だいたい、「伝えたいこと」は明確に書かれていますけど、文書の種類によっては、曖昧にされていたり(←「曖昧にしたい」というのが意図だったりする場合もあるので難しい<おおむね日本語でしたが)、筆者自身はよく分かっているために「伝えたいこと」に至る経路の一部が脳内完結していて、文章に表れていなかったり(凄腕の技術者さんに多かった<おおむね日本語でしたが)、そもそも伝えたいことがよく分かっていないヒトが書いていたり(<コワすぎるやろ~)することも、ないではありません。

「外部」を意識して書かれた文書には、意味なく書かれた言葉はないはずなので、基本は目の前にある英語の文章ですが、ときには、事実関係や機器の動作の仕組みなどをよく調べ、筆者が「伝えたいこと」を、正しくくみ取り、補って日本語にすることも必要ではないかと思います。「補足」は最小限にしたいですけど。あるいは、そうした方が筆者の意図に沿うと判断できたなら、あえて一部の語を訳出しない、ということも起こるかもしれません。もちろん、こうしたことは、文書の種類にも左右されますが。

ワタクシは、現在では日英翻訳はほとんどやりませんが、たまに英語で短い文章を書くことはあります。もともと、日英翻訳が得意だった訳ではないので、決して簡単ではないですけど、翻訳よりはずっとラクだと思っています。自分の言いたいことは分かっているわけで、上手く英語にできず別の表現を使う場合も、「ここをこう変えても、ワタクシの言いたいことは正しく伝わるよね」という判断は、そう難しくないわけですから。

でも、他人の意図を推し量るのは、難しい。ワタクシは、そうした作業はあまり得手ではなく(実生活では、深読みしすぎて疲れてしまうか、読めなさすぎてジツは迷惑をかけてしまうという、周りにいると厄介なタイプ)、何より、95%くらいのところで、「ま、えっか」と手を打ってしまう悪い癖があり(そして、大事なところは残り5%に潜んでいたりするのだ)、セミナーや講座で講師の方に訳文を見ていただくと、「そこは微妙なところなんですよね」ではなく、「なぜそこで間違う」的な箇所で穴に落ちて、筆者の真意を正しく伝え切れていなかったりするのです。

そして、「伝えたい」の先には読者がいるわけで、作成者の想定した読者(たとえば社内上層部)と実際の読者(たとえば審査機関)の間に微妙なズレがある場合など、自分はどちらにビミョーに傾いた中立を意識して訳出作業に臨めばよいのか、あるいはまったくの中立で臨むべきなのかといったようなことは、以前なら考えもしないことでした(もちろん、これも文書の性質に左右されると思いますが)。

そういう意味では、年々、「訳出に悩む」ことが増えているかもしれません(<単に年を取っただけという説もある<自分)。

「筆者がその英文を通して伝えたいことを日本語に置き換えて伝える」的なことは、言回しこそ違えど、翻訳の勉強を始めた頃にも、講師先生に言われ、その後、時々、生意気にも自分でも口にしていたような気がします。でも、思い返してみれば、当時は、その言葉を自分なりに咀嚼することはできていなかったなあと。今も途上ではありますが。

もちろん、毎日の仕事は、そうしたところで悩める、ある意味幸せな仕事ばかりではありません(生活もあるしね)。でも、どんな仕事も、真面目に丁寧にきちんとやっていれば、何かしらの結果はついてくると思います。それに、どんな職業でも、やりたい仕事だけをやっていられるなんてことは、たぶんないですよね。今の仕事は、「この案件はホント嫌だなあ」というものがないだけ、恵まれているのかもしれません。
自分の目指したい翻訳は「こういうものだ」ということが少し分かってきたので(OR と錯覚したので)、揺れても超えない一線も少し見えてきたような気がします。

そんなワタクシの目下の敵は、「5%の『ま、えっか』」と「冗長」なのでした。
人間、いくつになっても精進であります。
関連記事
2016.04.29 20:10 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
[情報収集&資料の体裁を決める] 3ヵ月前~2週間前

・発音
単語や発音記号を白板に書いて実際に一緒に発音してもらい、資料は発表後に配布してもらうことにしました(ちょうど眠くなる時間帯なので・・・)。
日程が決まった頃には、「半分は発音でいこう」と考えていましたので、その頃から、情報収集(該当する単語探し、発音記号、発音方法について書かれた日英のサイト探しなど)を始めました。

・心臓
図を主体とするパワーポイント資料を作成することにしました。
実際に作成したのは、諸処の事情から、勉強会まで2週間を切ってからになりましたが、やはり、様々なサイトや参考書を調べ、ウエブ上の使えそうな図表は、Excelに貼付けておきました(←特に理由はないです。ワタクシより発表慣れした旦那から、「Excelに入れとけ」という指示がありましたもので)

単語は見つけたときにメモ書きしていましたが、それ以外の資料は、お気に入りに「勉強会」というフォルダを作成し、とりあえずそこに放り込んでいきました。あとでお聞きしたら、Sさんも、気になった資料をEvernoteに放り込んでいたということですので、やり方は違いますが、2人とも「とにかく一箇所に情報を集める」ということをやっていたのですね。


[資料作成と修正]

・資料
発音→Wordで資料を作成しました。
心臓→パワーポイントで資料を作成しました。スライド上には主に図表と簡単な説明のみを表示し、ノート部分にもう少し詳しい説明を付けたものを、資料として配付する、というやり方に挑戦してみたいと思いました(自分は結構資料に書込みする方なので、ノート形式の方が書込みもしやすいかなと思って・・・)。

FBの勉強会グループでは、通常、約1ヵ月前にイベントが告知されます。告知~2週間前までは、参加を表明された方の勉強会グループ内自己紹介記事などを調べ、まめに参加者のバックグラウンド情報(医薬翻訳者/その他分野の翻訳者/それ以外の職業など)を収集しました。異業種勉強会のdisadvantageとして、「医療という括りではあるが、基礎知識にかなりのバラツキがある」ということが挙げられるかなと思います。実際にどんな内容でどこまで踏み込んで説明するのがいいのか、という点については、かなり悩みました。

結局、参加者情報から、基本的なことに留めることにし、ところどころ、自分も知識があやふやで、「ここできちんと調べておきたい」という、多少専門的な内容も入れました。
それでも、「本当にこうだったっけ?」の確認にはかなり時間を取られ、基本とはいえ、人にきちんと説明することは本当に難しいな~、と身に沁みました。

参加者は10名+と、主催者側としては「・・・」な数字だったかもしれないのですが、ワタクシ的には「いい感じ」の数字でした。
10日ほど前、「資料の1稿だいたいできた!」という頃になって、英語ネイティブ話者の方の参加が発覚! 面識はあり、日本語も使っておられたような記憶はありますが、概ね英語でやり取りしていた方です。ええと、日英両方で説明せなアカンのかな<自分(頭まっしろ)。
結局、日本語の説明のあとに、英語で短い説明を付加することにし、パワポのノート部分に、急遽、英語での説明を(一部)併記しました。
「基本は日本語でやります」ということは、発表前に本人に了解を得ておくことにしました。少人数の勉強会だからこそできる技ですね(結局、当日、ご本人から「自分の日本語の勉強のためにも、日本語で発表をやってほしい」との申し出があり、ワタクシ的にはメデタシメデタシの結果となりました)。

主催者側準備の都合もあり、原稿データは、5日前に世話人の方に送付しました。

この勉強会用資料に、喋りたいことをまとめたメモを追加したものを、「自分用資料」として作成しました。メモは、ナレーションの部分もあり、箇条書きの部分もあり、という感じです。


[練習]

手足声の震えをminimizeするには、これはもう、練習して自信をつけておくしかなかろう、ということで、1週間ほど前から練習に入りました。といっても、毎日の音読の時間を練習にあてる形でしたので、「前半だけ」「後半だけ」「モデルだけ」のような練習になりましたが。
前日は、時間を計って1回通し練習しましたが、1時間強と、質疑応答(<いや、正直、質問は回避したいんですが)も考慮すると、なかなかいい感じの数字になりました。


[当日]

簡単に感想のみ書いておきますと・・・最初は声も手も震えましたが、関西もんの身上の「1人ボケツッコミ」(笑いを取ろうと思っている訳ではないんです、やらずにはおれんのです、サガです)に、皆さんが軽く笑ってくださってから、多少気が楽になりました。あとは、とにかく「伝えたいことは全部伝えて帰るで」と必死で最後まで喋り、終わったら、1時間15分が経過していたという感じです。心臓模型に興味を持ってくださった方も多く、連れてきた甲斐がありました(嬉泣)。


[反省]

・出席者の方の反応を確認せず、とにかく自分のペースで「がーっ」と行ってしまいました(すいません、すいません、余裕がなかったんです)。
・白板を消す時間やその他もろもろを計算に入れていなかったため、質疑応答の時間がなくなってしまいました(嬉しい誤算でした<狙ったわけではありません)。休憩時間に質問に来てくださった方に説明するという形で、一部は解決しました。
・内容的に、「復習ONLY」になったのではないかと思われる方も出てしまい、大変申し訳なく思っています。トピックもそうですが、話す内容を考えるのは本当に難しいですね。
・一部、調べが不十分でした。特に、発音は「自分が教わった内容の範囲でまとめる」形に逃げてしまい、もう少し色々調べ、発展させる、といったこともできたのではないかと、その点心残りです。
・「スライド+ノート」という配布資料について皆さんの正直な感想をお聞きしてみたかったのですが、できずに終わってしまいました。


というわけで、「やり終えた」満足感はありますが、「もっとうまく分かりやすく伝えられたのではないか」という思いも残った人生初発表でありました。
次はもちっと上手く・・・はなく、今回が最後の発表となります(と思ったからできたんだよ~ん)。
出席してくださった皆さま、(毎度のことながら)世話人のSさん、本当にありがとうございました。
心臓模型よ、よく頑張った!!
関連記事
2016.04.27 23:35 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
今回の勉強会は、メンバー2名による発表+交流のある(でいいのか?)関西の勉強会のメンバーをお招きしての発表の3本立てでした。

メンバーの1人Sさんは、お仕事等で目の回る忙しさの中、「興味のあるトピックについて調べた内容をまとめて提示する」という高度な発表に(しかも全編英語で!)挑戦されました。発表のトピック、放射線治療については、断片的に知識はあったのですが、今回の発表を聞いて、少し体系的に身につけることができたような気がします。配布頂いた用語集やご紹介頂いた参考資料・URLも充実していて、その点でもありがたかったです。

また、外部発表者のNさんからは、EVERNOTE自身を使用して、EVERNOTEの使い方についての発表がありました。
これまで、多くの方から「EVERNOTE便利だよ」という話を伺っていたのですが、自宅でPCを使用するほかはガラケーのみ、というアナログなワタクシには、いまひとつピンときませんでした。が、実際に使用しているところを見せて頂くと、一目瞭然でして、「アナログなワタクシも、『お気に入り』に放り込んでは溜まっていく情報の管理がもっと楽になるかも~」ということで、とりあえず、無料サービスをダウンロードし、あれこれ試している今日この頃です。

そして、ジツはですね、3人目のメンバーというのは、ワタクシでございました。
というわけで、今回は、当日に至るまでの悪戦苦闘と終了後の反省点を、まとめてみました。
もしかしたら(もしかしたらですけど)、「これから発表やるよ~」という素人の方の参考になるかもしれません。

内容決定

情報収集

資料作成と修正

練習

当日

反省

の順番でまとめてみたいと思います。

周りの方には、「発表は人生初めてだよ~」とお伝えしていまして、その事実に嘘偽りはないのですが、会社員時代には、採用補助要員として、50名程度の学生を前に「会社説明会」というものを何度も経験しています。
なので、マイクを持ってひと前で話すことは問題ないと常日頃思っていたのですが・・・思っていたのですが・・・、2年半ほど前、20年ぶりに、やはり50名前後の方の前で3分程度話をする機会が巡ってきたときは、声が震え手が震えまして。自分でもがく然と致しました。以後、たとえ一瞬でも大勢の方の前で発言する機会があると、必ず手足声が震えるようになってしまいました。

そんなチキンなワタクシが、勉強会世話人Sさんの「発表しませんか」というお話を引き受けさせて頂いたのは、やはり、「医療への興味/医学関係の仕事に従事」という共通項を持った、異業種のメンバーが、それぞれの得意とする分野の情報を提供することにより、自身/メンバーの知識/意識の向上を図る」という会の設立趣旨に大きく共感するところがあったからです(今日は概ねマジメにいくんだよ<たぶん)。筆を折る前に、1回くらい恥をかくのもいいかな~、という気持ちもありました。


[発表内容決定] 1月頃

正式な打診を頂いたのは6ヵ月以上前だったと思います。12月上旬には日程が決まりました。
その後、1月下旬にSさんが来阪される機会があり、Nさん、5月登壇予定のKさんも交えて、軽く打合せをしました(という名目でランチ会をしました)。

このあたりで、「何を発表しよう」の輪郭を決めるのですが、発表のやり方には、さくっと大きく分けて、「自分の得意分野の知識をまとめる」という比較的ラクなやり方と、「(興味はあるが決して得意とはいえない分野から)トピックを決め、学び得た情報をまとめて伝える」というしんどく時間もかかるやり方の2種類があると思うのですね。今回、ワタクシは前者を(根性ねえんで・・・)、Sさんは後者の茨の道を選び、勉強会では、期せずして、2つの異なるアプローチの結果が「発表」という形で提供されることになりました。

1時間15分の持ち時間を頂いたワタクシは、

・注意したい発音(←ESLで発音のクラスを取ったことがあります)
・心臓の解剖学的構造(←仕事の半分以上が循環器系関連です)

の2本立てで攻めて(?)みることにしました。
心臓モデルも持参すれば、それだけでも時間が稼げそうです。

(その2に続く)
関連記事
2016.04.27 23:28 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
以前から、時々こっそり通わせて頂いているウエブサイトがあります。
恐らくもう更新されることはないと思うのですけれど、何度か読み返しに。

今回読み返した記事に「添削はしない」とありました。
(以前はさらっと読み流してしまったようです<きっと、若かったのね<違<自分)

「未完成な翻訳で1カ所(誤訳を)直したら、周辺の(誤訳でない)表現も連動して変えていかなければならない」ので、その意味の添削は「それで商品になるレベルだから成り立つ」ものなのだと。

ナルホド-、そういえば「治験翻訳講座」でも、最終的に、もう一度リライトを提出させられたよな~。そのときは、特に何も考えなかったのですが、「自分の言葉でもう一度最初から最後まで書き直す」(短い文章ですけどね)ということに大きな意味があったのですね。


でもだがしかし。
今回、ワタクシが頭に思い浮かべたのは、「差分翻訳」という言葉でした。
「そこだけかえりゃーええんかい」というのは、産業翻訳者の多くが向き合わなければいけない問題ではないかと思います。

支援ツールは使用しないものの、一部(変更部分のみ)翻訳の案件を打診させることは結構あります。個人的には、以前より増えてきたような印象です。メイン取引き先の翻訳会社さんは、前後もそれなりに含めてくださる場合が多いので、「差分翻訳」とはいっても、作業時にはあまり気になりません。たまに文の一部が指定されることもありますが、「文章全体が代わるので文全体を翻訳しました」とコメントを付ければ、その分もカウントしてくださいますし(訳文に対しての支払いです)。良心的な会社だなあと思います。

元資料(翻訳先言語<ワタクシの場合は日本語)がある場合は、できる限り、その表現や文のクセを見つけて踏襲するようにしています。意外にカメレオン得意なんで(とはいえ、ワタクシにも、ワタクシの文章のクセというのはありますんで、どうしても、そちらを使いたくなるんですけど)。
訳語の整合性を取ることが一番大切ではありましょうが、それは、翻訳者としては当たり前にやるべきことではないかと思います。その上で、表現や文のクセも似せることができれば、読者が少しでも楽に訳文を読むことができるのではないかと思うのです。医薬翻訳のような概ねかっちりした文章でも、途中で作成者が変われば、何となく読みにくくなるものです。
まあ、ワタクシは、決して「できるヤツ」ではないので、肝に銘じている努力目標ではありますが。

「そこだけかえりゃーええんかい」問題には、「ヒトが変わればクセも変わり、その差が大きいほど、全体として読みにくい文章なる」ということも含まれているのではないかと。
少なくとも自分はその点は常に意識して翻訳をしていきたいです。

AIが微妙な「クセ」も含めてきちんと差分を修正できるような、そんな日がきたら、人手による翻訳の多くが本当になくなるのかもしれません。


今日の記事は、(あくまで屋根裏比)深いなあ(のでしんどかったわい)。てか、添削から強引に持ってきたよね<自分。
でも元記事は、もっと深くもっと色々考えさせられる記事のように思います(全然別の意味でね)。

引用もさせて頂きましたし、記事を書かれた方が記事中で一番、あるいは記事全体を通して仰りたかったことが誤って伝わってしまうと申し訳ないので(あっしの強引な関連付けとは何の関連もありませんので、ええ)、元記事URLを書いておきます。
ご本人様の承諾を得ておりませんので、リンクは貼っておりません。
http://aiwasaka.parallel.jp/webmagazine/岩坂彰の部屋│e翻訳スクエア 第34回 知の快感、あるいは翻訳学習における添削について.htm


ichinichi mo hayaku heion na hibi ga modorimasuyouni.
関連記事
2016.04.21 23:13 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
この春、また何名かのアスリートが競技の世界から引退します。
屋根裏でも、ときどき、一流アスリートの引退を記事にしています。

引退
引退考

今回、(いつものように)翻訳と強引に関連付けようとしているのは、フィギュアスケートの小塚さん。
年齢的なことや怪我のことなどを考えると、引退の報に接したとき「やっぱり」という感じはありました。
丁寧で美しく、Nobleという言葉がぴったりの滑りをされる方でしたが、演技中も自分を抑えているように見えることも多く(常に「もう1人の小塚崇彦がいて、小塚崇彦の滑りを見ている、的な?)、(あくまで好みの問題ですが)ワタクシはどちらかといえば、「感情を出してくる」系の高橋さんや町田さんの滑りの方が好きでした。それでも、ときどきそのスケートに見とれてしまうことがあり、特に、彼のスプレッドイーグルは絶品でした(というか、その角度でナゼ倒れない??)。今後はショーにも出演されないということで、あのイーグルをもう過去映像でしか見られないと思うと、残念でなりません。

以下は、その小塚さんへのスポナビのインタビュー(3回シリーズ)です。
いつものように、強引に「翻訳」方向にもってきたいと思います。


小塚崇彦の「凝縮された」スケート人生
今あらためて振り返る栄光と挫折
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201604020007-spnavi

「それぞれの先生に個性があり、その先生たちが振り付けてくれるプログラムというのは僕のレベルの少し上を目指すものでした。最初はできないんですけど、それに追いつくことで成長していくというその繰り返しでやってきたと思います。今は何が必要で、この先はどうすべきか。それを気づかせる振り付けをしてくれているんだなというのは感じました。それぞれに得意、不得意な分野があると思うんですけど、その先生の色に染め上げられることによって自分のキャパシティーが広がっていき、どんどん成長していったのは感じます」

翻訳者としても、成長を目指すのであれば、この「(今の自分より)少し上のレベル」を与えてくれる講座や参考書をきちんと見極めることは重要かなと思います。
そして、ある程度経験を積んだら、(可能であれば)タイプの違う一流の先達の話(講座)を聞いてみることも。合う合わないはあると思いますが、何かしら得るものはあると思うので。ただ、自分の中に「こう」というものがない状態でこれをやるのは、引き摺られる可能性があるので危険かも。ワタクシは、様々なものに引き摺られやすい人間なので、駆出しの頃にこれをやったら、PANICって終わりだったかも・・・


小塚崇彦、単独インタビュー
引退発表後に語った「氷上を去る」理由
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201603260003-spnavi


引退する小塚崇彦がファンの質問に回答
佐藤信夫コーチを怒らせた出来事とは?
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201604020008-spnavi

「Q ―今後のフィギュアスケート界はどうなってほしいと思いますか?
いち個人としての意見ですけど、2004年から今の新採点方式になって、時間を経るごとに、どんどん昔の良いフィギュアスケート感というか、そういうものがなくなっているかなと。フィギュアスケート感というのは何かというと、言い方は悪いかもしれないけど「無駄なこと」。例えば氷で遊んでいるような動作です。そういうのが少しなくなっている気がするので、点数にはならないかもしれないけど、スケートでしかできないことを大事にしてもらいたいなと思います」

翻訳でも「(一見)無駄なこと」は大事ではないかと思っています。ワタクシも、毎日無駄なことをたくさんやっているし(注:SNSやAmazonさん家に入り浸っている、という意味ではありません<まあ、そういうときも多いですが)。もちろん、訳出作業そのものについて、極力翻訳に関係しない無駄は省くべきだと思いますが。音読やリスニングや読書。医薬翻訳でいえば、生物学、解剖学、生理学、病理学のきちんとした基礎知識もこれにあたるのかなと思います。日々の翻訳にそれがどう影響しているのかとても見えにくいですし(そもそも、ほとんど影響していないのかもしれません)、身についていなくても仕事はできると思いますが、ワタクシはやはり、これからも無駄は大事にしていきたいと思います(兼合いが難しいですけど・・・)


「Q ―今はジュニアも構成が非常に高難度化していて、ケガをする選手も増えていると思いますが、こうした世代の競技の在り方について思うことはありますか?
小さいころからケアに対する意識を持っていたほうがいいかなと思っています。筋肉痛が2日後にくるとか、すごい年を取ったように感じるかもしれないですけど、あれは感じていないだけで実は体にきているんですよ。それに小さい子たちも若いから大丈夫というわけではなくて、小さいけど体には負担がかかっているんだよということを知れる世界でなければいけないと思うんです。それはスポーツ界全体の話です」

つい、小さい頃=翻訳を学び始めた頃、高難度の技=CATツール、感じていないだけで実は体にきている=分からないだけで日本語はおかしくなっている、と深読み(?)してしまいました(お許しくださいませ)。
ワタクシは、自分は(特に翻訳会社から使用を指定されるという意味での)ツールは使用していませんし、今後もたぶんそういう風に使用することはないと思いますが、他の方の使用を否定するものではありません。そこのところは誤解しないでくださいね。ただ、あまり早いうちからツールを使うことに対しては「どうなんだろう」と思うことはあります(←特にワタクシとよく似た「引っ張られやすい」感のあるヒト)。
最終的には、「自分がしっかりして、自分のやっていることをよく理解する」しかないのだろうなと思います。
ある程度「大きくなった」今でも、「ケアに対する意識」(=きっちんとした日本語に対する感度)を鈍らせずにいたいと、改めて自戒しました・・・というのは、「翻訳の方向にねじ曲げてみました」感ありありで、あまりにも強引すぎる気もするのですが・・・


小塚さんは、今後トヨタの社員として普通に勤務されるそうです。
過去には、引退した(国際試合出場レベルの)フィギュアスケーターの進む道は、指導者、解説者、ショースケーターくらいでしたが、昨年、町田さんが「普通に大学院に進学する」という新たな選択肢を示し、今回、小塚さんが「一社員として普通に勤務する」という選択肢を追加しました。こうやって、選択肢が増えていくのは、後進が「その後」を考えるきっかけにもなり、よいことではないかと思います。
今日が最後のショーになります。

hayaku subeteno jishin ga osamarimasuyouni
関連記事
2016.04.17 15:19 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |