屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

ワタクシ、どうも「諦め」という言葉が好きらしく(笑)。

決してNegativeな意味ではありません。
本当にほしいものとそうでもないものを取捨選択し、本当にほしいもの大事にして丁寧に生きていきたい、みたいな文脈でよく使っています。

試みに「諦める」で自分のブログを検索してみましたら・・・・・・結構出る。おかしい、ここは基本「読書感想文&翻訳ブログ」のハズやのに。

4年前に書いた「50歳からの人生」と、その1年後に書いた「新聞から-その4」が、今でも自分の基本的な姿勢に近いかな~、と思いましたので、それぞれリンクを貼っておきました。

後者では、その頃、どちらかというと「親送り仲間」としての絆の方が強かったAさんと、コメント欄で「優先順位の高い事項まで諦めざるをえない現実に直面したとき、人間の真価が問われるのかもしれない」というやり取りをしています(ふ、深い話しててんな・・・)。

それから3年。自分の中で変わったことはあったかなー、と思い返してみました。

「本当に失いたくないものにはしがみつくで」「それ以外のものは諦めてもええで」「好きなことができる毎日がGiftやで」な基本姿勢は変わっていないような気がします。
ただ、「自分は本当は弱いな」と思ったことと「こうありたい」と思ったことがひとつずつありました(ひとつずつかよ<自分)。

「自分は本当は弱いな」の方は、ある病気が発見されたときに明らかになりました。ごく早期でしたので全摘で経過観察のみの今日この頃ですが(先日6ヵ月検診をクリアしました)、「早期」と前置きして病名を告げられたとき、恥ずかしながらその場で軽く貧血を起こしてしまったのでした。

というわけで、あれこれエラそーなことを言っても、自分には実際に死と向き合う準備はできていないし、どんなに心準備ができていると思っていても、実際に直面してみないと、自分の心はどう動くか分からないのだと思い知らされたのです。
「そのとき」(そして「優先順位の高い事項まで諦めざるを得ない現実に直面したとき」)始めて、「その先に見える風景をどう見るか」という意味で、私の人間としての真価が問われるのかもしれません。

「こうありたい」の方は、表題にも挙げた「恩送り」です。
「恩送り」という言葉は、今回少し調べものをしていて始めて知りました。
私が思い浮かべていたのは「Pay It Forward」という映画の方でした。この「Pay it forward」という考え方が好きだな-、と思って、この言葉が字幕でどう訳されていたのか確認しようと[(親切を)先送りする、とされているようです]調べる過程で、同様の意味で使われている「恩送り」という言葉を知りました。ナルホド-、「恩返し」じゃなくて「恩送り」なんだ-。
若い頃は、様々なことに対して「誰の助けも借りず、自分の力と努力で掴み取ったぜ」!」的な思い上がりもありましたが、今では、決断こそ自分でしたかもしれないけれど、周りの有形無形の助けや支えがあってここまで来れたのだとしみじみ思うようになりました。そうして支えてくださった方々の多くは、疎遠になったり亡くなられたりしています。なので、感謝の気持ちを何らかの形で先送りできたらいいかなー、と思い始めた今日この頃なのでした。


ワタクシがこういうことを考えるときって、凄く分かりやすくて、だいたい、誰かの訃報に接したときなんですよね。
今日は、実家のお寺のご住職の訃報が届きました(少し前に亡くなっておられたようです)。
こ、こういう場合のお香典はどうしたらええんやろ、と超世俗的に悩んでおります。
関連記事
2016.07.28 22:54 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |
数年前から駅前留学中のA**Nの先生に、「英文を読んでいて、文法や使い方でちょっと確認したいときにおススめの本はないですか」とお聞きしたところ、「帰国するまで持ってていいよ」という力強い言葉とともに、表題の書籍を貸してくださったのでした。

「Practical English Usage 3rd Edition」(2005年、Oxford)

A**Nの先生は結構入れ替わりがあるけれど、ワタクシは、彼が日本人の奥さまと一昨年生まれた息子さんとともに、奥さまのご実家にほど近いマンションに暮らしているのを知っているのだ。「帰国するまで」て「ずっと持ってていいよ」とほぼ同義語じゃーん、うっしっしっ。

というワタクシの内なる(ヨコシマな)呟きは置いておいて・・・

「文法的にAcceptableなのか」「そういう使い方はあるのか」という英文に突き当たることはそれなりにあるのですよね。そんなとき、ワタクシの場合は、「表現のための実践ロイヤル英文法」(2006年、旺文社)を確認するか、ウエブ上で文法的な説明を探す(OR使用頻度を確認する)、ということになります。が、完全に満足できないことも多々ありまして(それは、もしかしたら、ワタクシの英語力、英語読解力、ぐぐ力の問題なのかもしれないのですが<汗)。

なので、英語で書かれたよい説明本がないかな~、とずっと探していたのです。「Practical English Usage」も、これまで何度か同業者の方が紹介されていた記憶があり、「ほしいものリスト」には入れていました。

てことで、早速、中身を拾い読みしてみます。

「文法的に間違いのないきちんとした英語を書く」ための本だなと思いました。その意味では「表現のための実践ロイヤル英文法」と似ているかなと。説明の英文も分かりやすい。でも、「まずは辞書を当たってみたけど、イマイチよう分からんかったけん、もっと詳しい説明知りたいねん」(もはやどこの方言か不明)という和訳者にとっては、やや物足りないというか多少説明不足というか。あくまで、ワタクシの場合ですが。本書自身も、Introductionの中で、体系的に文法を学びたい人は、「Oxford Learner's Grammar」とか「A Student's Grammar of the English Language」とか「Collins Cobuild English Grammar」とか参照してね、と言っています。

もう少し詳しく書かれた書籍はないのかな~、とAmazonさんを探していたところ、

「The Grammar Book: Form, Meaning, and Use for English Language Teachers」(2015年、 Heinle & Heinle Pub)

という本を見つけました。この本の心惹かれるところは、昨年改訂版が出たばかりだということ。ただし、「Practical English Usage」さんの倍くらいのお値段なので、次回都会遠征時に、ジュンク/丸善さんで、実物がないかどうか確認してこようと思います。手元には「これなら」という1冊を置いて置きたいしね。てことで、とりあえず、ほしいものリストに入れました。

「Practical English Usage」ですが、これはこれでとてもためになる参考書と思います。持っている(正確には「借りている」)だけではもったいないし、書かれているTopicsも軽く頭に入れておいた方が使いでがあるかなと思いましたので、明日から音読サイクルに組み入れることにしました。ちょうど音読本が1冊終わったところなので。

ただ、本文約600ページなので、「その厚さに萎える」という方には、「The Elements of Style」(Strunk Jr. & E.B. White、1999年、 Longman Publishers)をお勧めしておきたいと思います。全100ページ未満に明解な英語を書くために最低限必要なElementsが凝縮されている感じです(自分の意志で購入した訳ではなく、ガッコで買わされたんですけど)。たまに(いちおー五輪開催的頻度くらい)読み返しています。


実務ではあまり役に立たないかな~、という気はしますが、ついでなので、和訳者として、同義語の微妙な違いを確認したいとき、たまにお世話になる参考書をもう1冊挙げておきます。

「Choose the Right Word」(2nd Ed., 1994年、Harper Perennial)
収録語数は少ないのですが、同義語の違いが詳しく説明された、どちらかと言えば「読む辞書」。
たとえば、Modernという見出し語の下には、contemporary、current、present-day、recent、timelyの語が、また、Misleadingという見出し語の下には、deceitful、deceiving、deceptive、delusive、dissemblingの語がひとまとめにされていて、各語の微妙な違いが説明され、場合によっては使用例も示されています。Amazonさんではなく、書店で出会って買ってしまった本。巻末索引はかなり充実。
関連記事
2016.07.26 16:29 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |
文章力をつけるには、とにかく大量に読み大量に書くことだと、以前、どこかで読んだ(それとも聞いたのかな?)ことがあります。


ワタクシは、1997年10月から2004年5月まで日本を離れていました。

その間、仕事は休んでいましたが、3年超に及ぶ「『近々本帰国させるで』詐欺」が「『ホンマに本帰国させるで』内々示」に変わると、当然のことながら、「帰国したらガンガン仕事するで」モードに入ったりなんかするわけで。当時は両親もそれなりに元気でしたので、自分の(自分たちの)生活のことだけ考えていることができました。

そのとき一番不安だったのは、翻訳者としての自分の日本語。
インターネットが常時接続になってからまだ日が浅く、日本語の情報を得るのは主に雑誌か書籍(かビデオ<がまだ主流)からでしたが、レンタルビデオは別として、いずれも、安価にすぐに手に入るという訳にはいきません。
友人は同じ「駐妻」の立場の日本人の方が多く、日常の会話は主に日本語でしたが、「その方が話早いよね」ということで、「今日は、スクールバスキャンセルで子供をピックアップ」とか「4時にドクターのアポ」とか「スノーアラート出た」とか、その地の日々の暮しに慣れていない方が聞くと、頭の中が疑問符だらけになるようなルー英語的日本語会話が、ワタクシたちの間を日常的に飛び交っていたのです。
いや、その日本語、やっぱ変だし。日本語を読むのも大切だけど、書く訓練も必要じゃね<自分?

そうだ、おはなしを書こう!

という発想は「ちょっと違うやろ」かもしれないのですが、小学生の頃、こっそりおはなしを書くのが好きだったワタクシにとってはごく自然な流れで、こうして、ワタクシは、一時的二次創作の世界に足を踏み入れたのでした(注:世間ではこれを「駄文」という)。

2004年から約4年間、ときには、ただただ書くのが楽しくて、ときには、現実から逃れるために、ひたすらに書き散らしました。
ときには駅のベンチで、ときには病院のランドリールームで、広告紙の裏紙に。世間様にはアヤしいおばさんと映ったことでありましょう。
今でも、ときどき、あのとき「書くこと」に費やした時間とエネルギーのたとえ半分でも翻訳の勉強に費やしていればなあ、と思うことがあります(まあ、そんだけ書いてたってことです)。

書き始めた当初は、文法知識は記憶の彼方、「 」で括られる台詞の終わりには読点は打たない、など基本的なルールさえ知らなかった(というか、そもそも気に留めていなかった)ワタクシですが、それでも、慣れない言葉を使うときは、「この言葉でよかったっけ」と、ネット様や国語辞典様にお伺いを立て、類語辞典様を繰ることはしていました。また、書いているときは、頭の中で同じ動作をやっていて、「いや、その状態で外は見えん」とか「その関節の動き、人間としてありえん」とかやっていました。それが、今「頭の中に状況を思い浮かべて翻訳する」ということに繋がっているかなという気はします。

というわけで・・・

「大量のOUTPUTは日本語力の向上に繋がる」という仮説が、ここに証明されるに違いない(1例の症例報告なのでエビデンス的には弱いですが・・・)。

しかしながら・・・

ときどき、現実逃避に、当時の駄文を読み返しにいくことがあるんですけど、最初の頃と最後の頃を比べてみると、期待した(OR思い込んでいた/誤解していた)ほど日本語作成力が上達したとは、とうてい思えないのです。
しいて言えば、いかつくゴツゴツしていた日本語が、いくらか柔らかくなり、少し漢字が減って、多少読みやすくなっている、かも、しれない、もしかしたら、という程度。
「このおはなしを最後まで書くぞ!!!!」というエネルギーがハンパなかった最初の頃の方が、文章に勢いがあるくらいです。

そもそも、「文章を書く」ということは同じでも、翻訳と「自分の書きたいものを書く」ということは同じではないのですけれど(翻訳には原文があり、いくら「翻訳しにくい」とはいっても、書かれている内容や書き手の意図をねじ曲げるわけにはいきません)、そうは言っても、読み手を意識し、読み続けてもらえる、日本語としておかしくない文章にしようと努力するという点では、似ているはず。
「大量に書けば上達する」のであれば、ワタクシの日本語は、あの4年間で格段に上達している、はず。でもって、通信講座の講評で表現力を問われたりはしない、はず(・・・問われましたが)。

したがって・・・

結果から、書くことは必要だとしても、「大量に書けばよいというわけでもないようだ」ということが示唆されます。

「大量に書いた過去」がまったく力になっていない、ということはないと思います(医薬翻訳者としてはどうよ、という部分はあるかもしれませんが)。でも、「大量に書く」と平行して、あるいは「大量に書いた」後では、「自分に足りないものを意識しながら書く」「言葉を選択し、比較し、吟味しながら書く」ことも大切なのかなと(ブログは息抜きなので、できれば、大目に見てやって頂きたく(^^ゞ)。

そうしたことを高速に行えるようになる、というのも、もしかしたら、ひとつの効率化なのかもしれません。そのために必要なのが表現(力)の蓄積で、それを助けてくれるものの一つに(ワタクシの場合ですけど)辞書や辞書引きの効率化があるのかなと、今日のところはそんな風に考えております。
関連記事
2016.07.19 17:32 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(8) |
正確には、最終課題の提出がまだですが。

でも、最終推敲を残して、「ほぼ訳」を完成しましたので、気分はもう完走です\(^O^)/

年初に、気分は奈落の底状態で、「『やります』宣言しておかないとめげてしまいそうなので」と「通信講座始めます」宣言をさせて頂いたのが、遠い昔のようです。お情け最底辺から出発したワタクシですが、その後、評価レベル的なことだけでいえば、平均点キープです(良くも悪くも、何ごとも平均的な人間のようです)。でも、他の受講者さんもレベルアップされているに違いないので、全体としてみれば、やっぱり底辺をうろちょろしているのかも。生真面目すぎて、色々な意味で枠から出られない、ということもあるかもしれません。

さて。
受講に当たっては、最低限2つのことを心掛けました。

1. 仕事を言い訳にしない。
2. 本当の仕事と思って取り組む。

成績は脇に置くとして、調べものへの貪欲さも含め、この2つの約束ごとだけは守れたかなと思います。そこだけは褒めてやろう<自分。

自分の中で一番難しかったのは、仕事モードと課題モードの切替えでした。課題モードから仕事モードへの切替えは、慣れた分野/文体に戻るので、いったん机を離れる程度の切替えで問題ありませんでしたが、「きちんと立場を決めて訳す」ことが求められる課題モードへの切替えは、もともと要領のよくないワタクシには至難の業で、1日の最初の作業は課題にするなど、それなりに気をつけた積もりでしたが、うまくいかず、訳文に出てしまったことも多々あります。

講座全体を通して、考えるようになったことが2つあり、自分では、それが講座の一番の収穫と思っています(先生の思惑はハズしているかもしれませんけど)。

ひとつは、(原文と訳文の仲介者として)「翻訳者としての自分の立ち位置を明確にする」ということ。
原著者の意図する原文に書かれた情報を、過不足なく対象読者に伝える、ということはもちろん基本なのですけれど、翻訳される目的、読者の内容理解の程度なども勘案しながら、自分のスタンスを決め、その上で翻訳を行う、というようなことです。立ち位置がブレなければ、訳出に迷う箇所でも、その文章に一番適切な訳語を当てはめることができる、はず、です・・・できてませんけど。そこは、今後の課題というか修行なのかな。まあ、「立ち位置」を意識することで、「その訳語は本当に適切か」を考えるケースは増えました。

もうひとつは、ひとつ目とも関わってくるのですが、「常に全体の流れを意識しながら、読者にとって親切な(一読して容易に理解できる)自然に流れる文章の作成を心掛ける」ということ。
立ち位置を明確にすることで、(自分の場合ですが)若干これがやりやすくなるような気がします。

これまで、仕事では、(訳文でも)きちんと論理展開がなされているかという意味で全体の流れに注意することはあり、対象読者(医師、技術者、患者など)を意識して語句を選択するということはありましたが、上の2点のようなことを強く意識することはなかったと思います。「書かれていることをそのまま正確に訳してナンボ」の部分もありますし。
そんなわけで、仕事の訳文が大きく変わるということはありませんが、意識することで、多少、細かい部分に気を配るようになったかなという気はします。また、原文の内容を正確かつ分かりやすい訳文にすることを意識することで、以前より「原文を読む」ことにもっと注意が向くようになったかなとも思います(読んどらんかったんかーい、というツッコミはなしってことで・・・)。

課題訳文の音読を機に、これまで、時間がないときは端折ってきましたが、仕事でもきちんと音読をするようにした結果、「漢字は続けすぎてもいかん」ということが実感として分かりました。もちろん、定訳語なので使わないわけにいかない、という場合も多いのですが、見慣れない言葉の場合、迷いなく正しい箇所で切りながら一気に読むことのできる漢字の羅列は8文字くらいのような気がします(あくまでも自分の場合ですが)。読み手のことを考えた場合、決めごとの有無にもよりますが、漢字の連続にも気を配った方がいいかもしれないと思うようになりました。
また、簡単なことから翻訳に関係ない部分の効率化を図って、翻訳に掛ける時間をもっと捻出したいという気持ちが強くなったのは、嬉しい副産物でした。

実務を続けていく上では、ここまで考える必要はないという考え方もあるかもしれません。ワタクシ自身も、(分野の景気と人手不足の波に乗った部分も大きいかもしれませんが)上のようなことを意識し始める前も、それなりに切れ目なくお仕事を頂いていましたし。仕事のことを考えるのであれば、同じ分野の講座を選んだ方が実利という意味でもっと実になったかもしれません。
でも、ワタクシ個人としては、少し迷いもあったこの時期に、「翻訳をすること」と真正面から向き合わなければならなかったこの講座を受けることができてよかったと思っています。

そんなわけで、もう少し先生のお話をお聞きしてみたくなり、幸い最終課題も提出できそうですし、時間も取れそうですので(てか、取るよっ)、遠方ですが、最後の直接講義に参加してみようと思います。
(その前に、そもそも会場まで辿り着けるのか、という問題があったりしますが<超方向音痴)

ノンフィクションということで、ニュース記事から、インタビュー、論文、サイエンス書とさまざまな種類の課題に取り組んできましたが、締めは翻訳理論でした。
6ヵ月間、「早く終われ-」と思ってやってきましたが、いざ、次の課題がない状態になると、ホッとすると同時に、一抹の寂しさを感じる今日この頃です。
関連記事
2016.07.14 20:26 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(4) |
これまで、「マクロ」と聞くだけで、「ワタクシには無理」と何となく敬遠してきました。

が。
ここにきて、どうしても、マウスクリックを含むいくつかの操作を、左手の1操作だけでやりたいと思うようになりました。
これまで、「便利そう」とは思っていたものの「ま、いっか」と流してきましたが、ここ1~2ヵ月、「(その分長く)翻訳にかける時間がほしい」という思いが切実になりまして。

まあ、こんなショートカットがほしい! と思うのはワタクシくらいのものだと思いますし、多くの方は朝飯前の作業と思いますので、テキトーに聞き流して頂き、操作の部分だけ参考にして頂ければと。

ひとつは、文字色を変えるショートカット。

ワタクシは、対訳用のワードファイルを作成したあと、訳した日本語のみが目立つよう、文字色を薄色に変えてから作業を始めるのですが、段落毎に入力文字色を変更するという操作が結構面倒くさいのです。
てことで、いろいろやり方を検索し、結局辿り着いたのは、N田さんのワードマクロのページでした。うーむ、やっぱりココなのね~。

操作は以下のとおり(Word 2013)。

1 リボンのところで右クリックして「リボンのユーザー設定」を開く
2 「ショートカットキー:ユーザー設定」を開く
3 コマンドの指定の「分類」で「すべてのコマンド」を選択する
4 右欄の「コマンド」で「Color:」を選択する
5 操作しやすいショートカットキーを割り当てる
*操作を始める前に、キー操作で変えたい文字色に変更しておく必要があります(ウチの子の場合、デフォルトは赤色ですので自動に変更)

これで気をよくして、次はワードマクロに挑戦。

対訳用ワードファイルを作る際、PDFのもと原稿をまずWordに変換(FineReader、読取革命)してからコピペするのですが、PDF原稿がコピペ可能原稿である場合は、PDFから直接コピペすることも結構あります。ところが、これをやると、たいてい不要な改行が入ってしまう。一気に改行を消すことができれば一番よいのでしょうが、さすがにそれは難易度高過ぎ、ていうか、一気に消すことで、必要な改行も消されては困るし。
最初さえマウスで行頭にカーソルを置けば、1つの操作で改行がひとつ消えて、次の行頭にカーソルが移ってくれれば、ワタクシとしては十分です。ええ、多くは望みません。身の丈に合った生活で十分です(??)

操作は以下のとおり。

カーソルを行頭に持ってきた状態で、
1 「表示」の「マクロ」で「マクロの記録」を選択
2 マクロにテキトーな名前をつけてOKすると、次の操作からマクロに記録されます
3 Backspace(改行をなくす)→スペース(英単語間にスペースを入れる)→END(その行の行末にカーソルを移す)→次の行の行頭にカーソルを移す
*ワタクシがやってもらいたい一連の操作です
4 「記録の終了」を選択

マクロの記録自体はこれで終了なので、後は、文字色変更ショートカットと同様の操作で、ショートカットを割り当てます。
(コマンド指定で「マクロ」を選択するところだけが違います)

これで、左手で指定したショートカットキーを押し続ければ、必要部分の改行が一行ずつ消えていくはず・・・はず・・・できたぞ-\(^O^)/

ついでなので、デフォルトのワードショートカットキーを確認し、「便利そうだが、使用頻度はそう高くないので、たぶん忘れる」系のショートカットキーもいくつか書き出して、キーボードに貼りました。
(改行マクロも、基本的には整形時しか使用しないので、上記のメモに書き加えています)
また、使用頻度が高いけれど片手ではやりにくいショートカットをやりやすいものに変更しました(ワタクシの場合は「テキストのみを貼付け」ショートカット)。

毎日使用しているWordですが、一気に便利になりました。メデタシメデタシ。
やっぱり、「他の方もやっていて便利そうだから」では駄目なんだなあと改めて認識したのでした。
関連記事
2016.07.09 15:45 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |