FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

文章力をつけるには、とにかく大量に読み大量に書くことだと、以前、どこかで読んだ(それとも聞いたのかな?)ことがあります。


ワタクシは、1997年10月から2004年5月まで日本を離れていました。

その間、仕事は休んでいましたが、3年超に及ぶ「『近々本帰国させるで』詐欺」が「『ホンマに本帰国させるで』内々示」に変わると、当然のことながら、「帰国したらガンガン仕事するで」モードに入ったりなんかするわけで。当時は両親もそれなりに元気でしたので、自分の(自分たちの)生活のことだけ考えていることができました。

そのとき一番不安だったのは、翻訳者としての自分の日本語。
インターネットが常時接続になってからまだ日が浅く、日本語の情報を得るのは主に雑誌か書籍(かビデオ<がまだ主流)からでしたが、レンタルビデオは別として、いずれも、安価にすぐに手に入るという訳にはいきません。
友人は同じ「駐妻」の立場の日本人の方が多く、日常の会話は主に日本語でしたが、「その方が話早いよね」ということで、「今日は、スクールバスキャンセルで子供をピックアップ」とか「4時にドクターのアポ」とか「スノーアラート出た」とか、その地の日々の暮しに慣れていない方が聞くと、頭の中が疑問符だらけになるようなルー英語的日本語会話が、ワタクシたちの間を日常的に飛び交っていたのです。
いや、その日本語、やっぱ変だし。日本語を読むのも大切だけど、書く訓練も必要じゃね<自分?

そうだ、おはなしを書こう!

という発想は「ちょっと違うやろ」かもしれないのですが、小学生の頃、こっそりおはなしを書くのが好きだったワタクシにとってはごく自然な流れで、こうして、ワタクシは、一時的二次創作の世界に足を踏み入れたのでした(注:世間ではこれを「駄文」という)。

2004年から約4年間、ときには、ただただ書くのが楽しくて、ときには、現実から逃れるために、ひたすらに書き散らしました。
ときには駅のベンチで、ときには病院のランドリールームで、広告紙の裏紙に。世間様にはアヤしいおばさんと映ったことでありましょう。
今でも、ときどき、あのとき「書くこと」に費やした時間とエネルギーのたとえ半分でも翻訳の勉強に費やしていればなあ、と思うことがあります(まあ、そんだけ書いてたってことです)。

書き始めた当初は、文法知識は記憶の彼方、「 」で括られる台詞の終わりには読点は打たない、など基本的なルールさえ知らなかった(というか、そもそも気に留めていなかった)ワタクシですが、それでも、慣れない言葉を使うときは、「この言葉でよかったっけ」と、ネット様や国語辞典様にお伺いを立て、類語辞典様を繰ることはしていました。また、書いているときは、頭の中で同じ動作をやっていて、「いや、その状態で外は見えん」とか「その関節の動き、人間としてありえん」とかやっていました。それが、今「頭の中に状況を思い浮かべて翻訳する」ということに繋がっているかなという気はします。

というわけで・・・

「大量のOUTPUTは日本語力の向上に繋がる」という仮説が、ここに証明されるに違いない(1例の症例報告なのでエビデンス的には弱いですが・・・)。

しかしながら・・・

ときどき、現実逃避に、当時の駄文を読み返しにいくことがあるんですけど、最初の頃と最後の頃を比べてみると、期待した(OR思い込んでいた/誤解していた)ほど日本語作成力が上達したとは、とうてい思えないのです。
しいて言えば、いかつくゴツゴツしていた日本語が、いくらか柔らかくなり、少し漢字が減って、多少読みやすくなっている、かも、しれない、もしかしたら、という程度。
「このおはなしを最後まで書くぞ!!!!」というエネルギーがハンパなかった最初の頃の方が、文章に勢いがあるくらいです。

そもそも、「文章を書く」ということは同じでも、翻訳と「自分の書きたいものを書く」ということは同じではないのですけれど(翻訳には原文があり、いくら「翻訳しにくい」とはいっても、書かれている内容や書き手の意図をねじ曲げるわけにはいきません)、そうは言っても、読み手を意識し、読み続けてもらえる、日本語としておかしくない文章にしようと努力するという点では、似ているはず。
「大量に書けば上達する」のであれば、ワタクシの日本語は、あの4年間で格段に上達している、はず。でもって、通信講座の講評で表現力を問われたりはしない、はず(・・・問われましたが)。

したがって・・・

結果から、書くことは必要だとしても、「大量に書けばよいというわけでもないようだ」ということが示唆されます。

「大量に書いた過去」がまったく力になっていない、ということはないと思います(医薬翻訳者としてはどうよ、という部分はあるかもしれませんが)。でも、「大量に書く」と平行して、あるいは「大量に書いた」後では、「自分に足りないものを意識しながら書く」「言葉を選択し、比較し、吟味しながら書く」ことも大切なのかなと(ブログは息抜きなので、できれば、大目に見てやって頂きたく(^^ゞ)。

そうしたことを高速に行えるようになる、というのも、もしかしたら、ひとつの効率化なのかもしれません。そのために必要なのが表現(力)の蓄積で、それを助けてくれるものの一つに(ワタクシの場合ですけど)辞書や辞書引きの効率化があるのかなと、今日のところはそんな風に考えております。
関連記事
2016.07.19 17:32 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(8) |