屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「OUTPUT」でも書いたとおり、ワタクシは、お話を書くのに勤しんでいた時期がありました(なんで、あの膨大な時間を翻訳の勉強に費やさなかったんだろう)・・・という記事を書いたら、また書きたくなってしまいました。でも、まあ、それは、老後の楽しみにとっておこうと思います。体力も落ちたので、今は余力ないし。

ということで、ときどき読み直しては、一部分を取り出して、「校正する」「推敲する」という目線でちまちま直しています。で、やり始めたら、自分の癖が分かったりして、これが意外と面白い。ワタクシはどうも「漢字好き」人間のようで、かなりの漢字を平がなにしました。あと、文章くどい。くどいぞおお<自分。がっつり書き直したい部分もありますが、そうすると未校正部分からそこだけ浮いてしまうような気もするので、誤字/脱字の修正、表現一致、「なんか変」部分の修正程度に留めました(それでもたくさんあったことよ)。数字の表記は、今は取りあえず手を付けずにおきました。翻訳の推敲とはまた少し違うんですけど、気分転換になるし(仕事の絡まない推敲作業は結構楽しい)、国語辞書にもお世話になるし、で、たまにやるにはいいかも。

本体の内容が分からない部分だったので、「ひと休み」的に置いてみました。
お好みでスルーの、いつものパターンでお願いできれば、と思います。
(そしてまた、悪の道にはまろうとしているSayoなのだった<じゃなくて、翻訳頑張る)


*****

 私の通っていた小学校は、小高い丘の上にあった。
 350段の階段を下り(男の子たちは、手すりを滑り降りる方を好み、いつも半ズボンの尻をてかてかに光らせていた)、走るように急坂を下り、その先の緩やかなカーブを抜けてしばらく行くとバス通りに出る。そこからバス停4つ分バスに乗り、さらに10分ほど歩いたところに、当時私の住んでいた団地があった。
 今にして思えば、小学生にはかなりきつい道程だが、当時は、親も子もそれを当たり前と思っていた。私自身、特に通学に不満を抱いた記憶はない。毎日の下校の道程は本当に楽しく、そのために学校に通っていたといっても過言ではない。
 団地に住む子供たちは、登校にはバスを使ったが、帰りは、だいたい、学校の裏の柵を乗り越え、お隣の高校の校庭を横切り、その向こうに広がる林を抜けて(毎日がちょっとした探検だ)、最後は岩のごろごろした崖の細道を下りて住宅の裏に出る、というコースを取った。バス通りは大きく迂回していたが、林を抜けるコースはほぼ直線的な経路を取るので、私たちの足でも、1時間弱で家まで辿り着けるのだ。田舎町のこととて、バスは30分に1本しかなかったし、何より、子供が、毎日何かしら新しい発見のある「道草コース」の方に心引かれるのは当然のことだろう。
 ただし、このコースにはかなりのアップダウンがあったから、私たち子供の間では、その道は4年生になるまで使えない、という暗黙の了解があった。それまでは、途中までバスを使い、そこからときどき河川敷に下りて遊びながら川の堤を帰るという、危険(=魅力)の少ない「半道草コース」で我慢しなければならない。この子供世界の掟を破った者には一週間の仲間外れという厳罰が待っていたから、私たちはみな、指折り数えて4年生になるのを待ったものだ。
 子供だけの ―― しかもそんな長距離の徒歩の ―― 下校がごく当たり前だった、古きよき時代の話である。
 もっとも、本当は、崖道を通るのは「危険だから」という理由で固く禁じられていて、畑仕事をしていた老爺に告げ口されて、親からお仕置きを喰らったことも一度や二度ではない。
 もうひとつ、私たちが、それぞれの親に禁じられていることがあった。それは、林の中に点在する熊の住処(絵本なんかで見たそれだけど)のような穴倉には絶対に入ってはならない、というものだった。親たちは、その穴をボウクウゴウと呼んだ。それが、戦争中空襲を避けるために造られた防空壕であるということを知るのは、もう少し後のことである。親たちは、この禁止事項に関しては厳格この上なく(崖道通行禁止の比ではなかった)、この禁を破ったことがバレると、私は母親に尻を引っぱたかれ、アキヒロは父親に拳骨を喰らい、カヨコは晩ご飯のおかずを取り上げられた ―― まあ、つまり、私たちは頻繁にその禁を破っていたということだ。
 ボウクウゴウは顔を背けて走って通り過ぎるには数が多すぎたし、私たち子どもが苦もなく滑り込める大きさの丸く暗い入口は、まるで異世界への入口のように見えた。それは、いつも「おいでおいで」をして、私たちを招いていた。
 穴の中は意外に広く、一部に天井を支える木組みが組まれている大掛かりなものもあった。その木組みの間からは、絶え間なく土塊が転がり落ちていたが、私たちにはそれさえも面白く、薄明かりの中で、その土塊を集めて小山を作り、トンネルを掘ったりしたものだ。
 長じて、「防空壕」遊びを親たちが厳しく禁じたのは、その多くが、いつ崩落し私たちを生き埋めにしてもおかしくない状態だったからだということを知った。私も、もしも自分の子供が同じことをしようとすれば、母と同じく夜叉のような顔で、その遊びを禁ずるに違いない。
 けれど、ともかく、「いけない」と言われれば言われるほど、その禁を犯したくなるのは、これはもう子供の業(あるいは本能?)のようなものである。
 というわけで、夏休み最初の登校日の帰り道、私とアキヒロとカヨコは、性懲りもなくボウクウゴウに足を踏み入れた。
 うだるような暑い日だったが、穴の中はひんやりとしていた。汗ばんだ肌には心地よい涼しさだ。林の中を抜けてきた時は、セミ時雨でたがいの声も聞き取りにくいほどだったのが、穴の中では、そのセミの声さえひどく遠いものに聞こえる。まるで、そこだけ時間が止まってしまったような不思議な感覚に襲われた。
 私たちは、いつものように土塊を集めて小山を作り始めたが、きっとそのうちに寝入ってしまったのだ、と思う ―― つまり、そう考えるしか説明がつかないような体験を、私たちはしたのだ。


(中略)


 次に目を覚ましたのは、病院のベッドの上だった。ベッドの脇に両親が座っていた。防空壕に入ったことがバレたのは、明らかだった。お仕置きを覚悟して布団の中で身を縮めたが、母親は泣き出し、父親は「よかった、よかった」と言いながら頭を撫でてくれたので、何だか拍子抜けしてしまった。

 私たちは、防空壕の中で倒れているところを発見されたのだった。
 穴の入口にランドセルが3つ放り出してあるのを見つけた畑仕事帰りの老爺が、「親の言いつけを守らない悪ガキどもをどやしつけてやらねば」と中を覗いて、私たちが倒れているのを見つけたのだそうだ。最初は眠り込んでいると思ったが、身体を揺すっても頬を張っても反応がないので、さてはガス中毒かと、慌てて私たちを穴から引きずり出すと、助けを呼びに走ってくれたのだという。
 結論からいえば、私たちは、ガス中毒ではなかった。
 壕内の調査でも有毒ガスの存在は確認されなかったし、第一、私たちを救出し、最寄りの人家まで往復した老爺は、体調不良を訴えることもなく、最初から最後までぴんぴんしていたらしい。
 脈拍も呼吸も何もかも正常な状態で、ただ意識だけが回復せず、私たちは、2日2晩正体なく眠り続けたのだそうだ。その原因は、今もって不明である。
 防空壕の中には、私たち3人以外誰もおらず、かつて誰か ―― 大勢の人間 ―― がそこにいたような形跡も、もちろんなかったという。


(後略)


「夏の日のふしぎ」(初稿2009年)
関連記事
2016.09.27 14:48 | 好きなもの・こと | トラックバック(-) | コメント(2) |
同業者の友人と「両方向(英→日、日→英)の翻訳を行えば、両方向の翻訳力が強化されるのか」というような話をしました。

その友人はとても優秀な英日翻訳者さんなのですが、先日、翻訳会社から「日英翻訳もどうですか」的なことを言われたそうです。本人は、当面日英翻訳まで守備範囲を広げる積もりはないようですが、翻訳会社の方の話を聞いていて「仕事で英語ばかり読んでいるので、絶対的に日本語への曝露が少ないのは確かなんですよね。平行して日英もやれば、確かに分野の日本語に大量に曝露されるということはありますよね」とも思ったそう。
そのときは、「確かに、分野でよく使用される語句や言回しに慣れるということはあるけれど、必ずしも質のよいきちんとした日本語原稿ばかりを読むとは限らないので、その点を心しておかないと、自分の書く日本語がおかしくなるコワさもあるよね」というような(取りあえずの)結論になりました。

和訳率95%のワタクシが接した限りですが、医療分野の日本語は、独特の言回しは多いものの、以前接していた別分野の日本語よりは、ずいぶんきちんとした日本語だと思います。たまに、ながながと文章が続いていて、「この分かりにくさはわざとかい」と深読みしたりすることもありますが。

そのあと、しばらくの間、「和訳は英訳の勉強になり、英訳は和訳の勉強になるのか」(自分の場合はどうだったのか)ということを、折りに触れて考えていました。

あくまで自分の場合ですが、単語(特に専門用語)や使用する動詞、フレーズについての知識が双方向に増える、ということは確かにありますけど、それ以上の「強化」はあまり実感できないなあ、というのが実感です。もっとも、医薬分野の英訳は圧倒的に少量ですし、ワタクシの要領の悪さも大きく関係しているかもしれませんので、一般論ではなく、「そういうケースもあるかも」程度の気持ちで読んでいただけたらと思います。ホント、要領悪いのよー。

自分の訳出作業を考えてみると、和訳時は、英文を読みながら、状況を思い浮かべ(試験報告書とかプロトコールとか多いので・・・)、「それを日本語で言うとどうなるか」ということを考えています。英訳時は、逆に、「この日本語を英語の発想で英語にするとどうなるか」ということを考えます(←上手くできるかどうかは別問題です<念のため)。なので、訳出が終わったあと、「原文のあの表現は、いい英語(又は日本語)表現だったな」という記憶はほとんど残っていません。苦労した用語や動詞、フレーズなどは頭に残りますし、My用語集にも残しますので、その部分については、上で書いたように「知識が双方向に増える」ということはあります。

うまく説明できないんですけど、和訳時は、英語を英語のままだけで読んではおらず(同意の日本語の表現を考えながら読んでいる)、英訳時も、日本語をそのまま読んではいない(頭の中で英語的発想の同意の文に変換しようとしている)のだと思います。しつこいようですが、あくまでも、自分の場合です。

こんな風に多少整理して考えてみたことは、これまでなかったのですが、そういったことを考えた上で思い返してみると、勉強のために英語のテキストや日本語の書籍をを黙読・音読しているときの方が、英語を英語のまま(あるいは日本語を日本語のまま)理解して、「この表現は自分では思いつかん」「こんな簡単な英語で言えるやん」と惚れ惚れしたり、日本語文法や文章の流れといったことを考えていたりするのです。

というわけで、自分の場合は、日英・英日両方向の仕事をたくさんすることで、自然にどちらの翻訳力も向上する、ということはなさそうで、やっぱり毎日の勉強の積み重ねが欠かせないようです。誰か、ワタクシにさぼるなと言ってくれ~。
関連記事
2016.09.21 16:29 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(4) |
・・・ちゃんと受講料を払って受講したんですけど、周りはメーカー開発担当者や理工系大学院生と覚しき方々ばかりで、気分としては「部外者ですが勇気を振り絞って潜入してみました」です。

MEIは、大阪大学国際医工情報センターの略称。

医学、工学、情報科学分野などの研究者の連携を図り、「医学に精通した工学・情報科学系研究者および工学・情報科学分野に精通した医学系研究者の養成を行う」ことなどを目的に2004年に設立された大阪大学臨床医工学融合研究教育センターが母体です。

毎年、主に中之島センターで、理工系大学院生や社会人を対象とした土曜講座(エクステンション講座)を開催していて、医療機器について学べる場はそう多くはないため、4月中旬に発表されるMEIのプログラムには注目しています。

今年は、エクステンション講座の一環として、社会人と大学院生が対象の「メディカルデバイスデザインコース」が新設されました。

パンフレット→
http://mei.osaka-u.ac.jp/wp-content/uploads/2016/03/MDDpamphlet.pdf

6月~10月末まで全4ユニット、230,400円也の受講料を払い、途中2週間の夏季・秋季休暇が1回ずつ入るとはいえ、毎土曜日9:30~17:00の講義への出席を決断するのは、いろいろな意味で、なかなか勇気がいります。すでに、通算1年分の通信講座(翻訳)の受講料も払い込んでいたし(上述のように、MEIの講座は毎年4月中旬発表です)。

ということで、悩んだ結果、通信講座の「某マスターコース」終了後に開催される「医療機器開発の実際」ユニットのみ受講することにしました(ユニット単位の受講も可能です)。それでも50,000円強の受講料が必要なんですが、「メーカー担当者による講義+実機による演習」という殺し文句に負けてしまったのでした。今年は貯金切崩し度がハンパないSayo家であります。うう、もっと働かな。

「医療機器開発の実際」の講義&実習スケジュールはコチラ→
http://mei.osaka-u.ac.jp/cou01_05

このうち、8月27日のみ、前半3講を東京会場で受講しました。事前に申請すれば、席に空きがある限り、もう片方の会場で講義を受講することが可能です。ただし、主会場は中之島センター(大阪)なので、東京会場は映像と音声による講義と演習(小型の機械等で実機がある場合は、演習時に実機が順次回覧される)になります。
パンフレットにも「実機に触れることを希望される方は大阪会場にお越しください」との注意書きがありますので、事前に分かっていたことであるとはいえ、正直、このユニットに関しては、東京・大阪両会場の受講料を同じにするのはかなり不公平だなあと感じました。

これだけ、多岐に渡る分野の医療機器を、短時間とはいえ(各機のデモ・実機演習は20~30分、ひとクラスは10人前後)実際に見ることができる機会は、展示会でもない限りそうないと思います。日程、受講料等ハードルは決して低くありませんが、大阪会場まで通うことができる方にはお勧めできると感じた講座でした。ただ、まあ、「肩身が狭い」感はあり、「あのおばはんは何やねん」的な視線は痛いほど感じましたけど。

事前に「講義資料の内容は外部に出さない、転用・使用しない」という誓約書を提出しますので、あまり詳しい内容は書けませんが(スケジュールのURLをみてね)、個人的には、普段仕事で遭遇するもののイマイチ画面の見方が分からない「超音波診断装置」、実際に内視鏡や手術器を操作することができた「胃カメラ・腹腔鏡」、医薬品医療機器等法(改正薬事法)で単体で医療機器とみなされることになった「ヘルスケアソフトウェア」に関する講義・演習が興味深かったです。

会場はほぼ満席で、2割程度が学生さん風、残り8割が社会人という感じでした。確かなことは言えませんが、来年も同じコースが開催されるのではないでしょうか。もしそうであれば、状況が許せばですが、別の講座の受講も検討しようかなと思ったりしています。


蛇足ですが、以前は、クリニカルリサーチプロフェッショナルコース(CRPコース) 内の「医療機器のエッセンス」という講座(2日間)の内容がなかなか充実していて、広く浅く「医療機器業界」全体に関する知識を仕入れるにはなかなかよかったのですが(注:あくまで個人的な感想です)、メディカルデバイスデザインコースが新設された関係でしょうか、今年から少し内容が変わってしまいました。

現時点では、医療機器業界(特に薬事申請)に関する知識を得るには、医療機器センターさんが公開されているe-learning教材(PPT資料+音声)を使用するのが一番よいような気がします。毎年2月に実施される教育研修プログラムを収めたもののようです。ご参考まで。
http://www.jaame.or.jp/koushuu/yakuji/yakuji2802.php

とりあえず、「医療機器規制について」「医療機器の開発から製造へのプロセス(設計開発プロセス含む)」「生物学的安全性試験概論 」「臨床試験デザイン概論 」「医療機器プログラムの取扱い」あたりにひととおり目を通しておくと、医療機器開発の流れや、「なぜその試験が必要なのか」といったことが分かっていいかも、と思います(そういうワタクシも、昨年度分はまだきちんとチェックしていないんですけど・・・<こそこそ去る)。
関連記事
2016.09.17 20:35 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |
翻訳では準備が大事という言葉をよく聞きます。
「翻訳のレッスン」では「準備7割」とされていましたっけ。

というわけで、自分の場合を振り返ってみました。
(普段あまり詳しく記録を取らないので結構テキトーですが)

全体を10とすると、

原文通読・精読 1.0 (注1
訳出前作業 0.5 (注2
訳出前の調べもの 2.0 (注3
訳出中の調べもの 2.0~2.5 (注3
訳出 2.0~2.5
見直し1 1.5 (注4
見直し2 0.5 (注4

という感じです(足したら10になってますよね<算数苦手)。

注)の説明に進む前に(時間のある方は)「こんな手順で翻訳していますRevision」に目を通して頂ければと思います。2年前の記事ですが、大きな流れは変わっていません。

注1) 最初に原文通読を、訳出作業を行う前日に翌日の予想処理枚数分の精読を行います。

注2) スキャナを用いて対訳用のファイルを作成。ナンバリング対応で訳文を作成する場合は、ナンバリングを反映したものを作ります。

注3) 「訳出前の調べもの」では、対象(または同等の)機器の詳細、動作の仕組みや原理、試験の詳細など、全体的な内容について調べます。「訳出中の調べもの」は、訳出作業中のさらに詳しい調べもので、対象機器(慣れた機器かどうか)や文書の性質などによって、多少ばらつきが生じます。辞書引きは「訳出」作業に含めました。

注4) 「見直し1」では訳文の見直し(原文と訳文の突き合わせによる見直し、訳文のみの見直し)を行い、「見直し2」では、数字や英語スペルアウト情報(規格、商品名など)の正誤の確認、文書内の使用語句の統一(主にWord検索機能を使用)、翻訳会社やクライアントのスタイルガイドへの準拠(Wildlightを使用)を確認します(「見直し1」の後に「見直し2」を行うということではありません<念のため)。

こうやってみると、調べものは全体(10)の4.0~4.5割ということになってしまい、「(準備)7割に達してないじゃーん」という話なのですが、対訳出作業ということで比較すると、約2倍になります。まあ、調べものをしながら訳語を考えたり、精読しながら訳語を考えたり、ということはありますので、境界もう少し曖昧で、単純に「約2倍」とは言えない気もしますが。まあ、ひとつの例ってことで。


ここまで、自分の作業については「調べもの」という言葉を使ってきましたが、それは、改めて考えてみましたら、「調べもの」は「翻訳をする上での準備の一部」で、準備と同義ではないと思えてきたためです。翻訳の準備というのは、新たに案件を受けたときではなく、その前から始まっていて、専門分野の基本的な知識を学んだり、日々新しい情報の収集に努めたり、関連する参考図書を揃えたり、語彙の拡充に努めたり、といったこともすべて「翻訳の準備」に含まれるのかなと(広義には辞書類や検索ソフトの充実も含まれるかなと思います)。

そんなことを考えていたら、訳出時間を増やすには、1件毎の案件の4.0~4.5割という「調べもの」時間を(多少ですが)減らす、という考え方もありなのかなとも思えてきました。専門分野をある程度絞り、翻訳筋トレは怠らず、でも戦略的に「準備」を進めていけば、それもまた可能ではないかと。ただ、それが、自分の進みたい方向なのかどうか、ということはまだ何とも。ただ、そういう考え方もありかも、てことで。

いずれにせよ、「訳文を作成する」という作業は、「準備」という形で蓄積されたさまざまなものの一部であり、そういう意味で、氷山の見えている部分に当たるものという言い方もできるかもしれません。隠れている部分が大きい翻訳者になるのが理想です(いや、あくまでも理想ですが)。
関連記事
2016.09.14 21:33 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
ある日の夜中、特にあてもなくTVリモコンの選局上下ボタンを押していると、「あの日」の光景に出くわした。

撮影者が走っているのだろう、カメラは激しく上下にぶれ、灰らしきものが厚く積もった路面を、窓の割れた車を、建物の壁を、くもった空を映し出す。
撮影者の激しい呼吸と「水はどこだ」という声が聞こえる。

場面が変わる。ひときわ高くそびえ立つビルが炎上している。旅客機が激突したツインタワー。1棟だけだ。南棟が崩落した直後と思われた。

・・・そうか、あれからもう15年経つのか。

何人かが記録した映像を編集したドキュメンタリーらしかった。

場面が変わる。大スクリーンに炎上する北棟が大きく映し出され(CNNのBreaking Newsのようだった) 、人々が見入っている。背広姿の男性たちが「目には目を」「すぐにアルカイダ攻撃を」と、マイクに向かってまくし立てる。女性の多くは泣いている。故意か偶然か、カメラは一瞬中東出身らしい風貌の男性の姿を捉えた。彼もまた大きなショックを受けているようだった。

また、別の場面。消防士たちが装備の点検をしている。撮影者(記者と思われる)の「どんな指示が」との質問には「言えない」と手を横に振った。カメラが、粛々とツインタワー方向に向かう消防士たちの後ろ姿を捉え続ける。その時点ではまだ「消火に当たれ」との指示があったのか。十数分後にはもう1棟のビルも崩落することなど、誰も考えていないに違いない。

10時28分、北棟が崩落する。

わたしは、その日、病院の予約があって朝から外出していたので、旅客機の激突もビルの崩落もリアルタイムでは見ていない。その後、何度もReplay映像を見たけれど、それは、やはり「メディアに切り取られた一部分」の映像だった。
ドキュメンタリーを見ながら、撮影者のカメラを通して、はじめて連続的な時間軸の中の出来事として、ビルの崩落を見たような気がする。思わず「Oh My God」と呟いていた。

撮影者のマイクも、たくさんの「Oh My God」を拾う。日本語では、文脈によってさまざまに訳される言葉だけれど、こういうときの「Oh My God」は、「何、これ」+「信じられない」+「神様(そこにいるなら助けて)」などいくつもの感情が混じったもののように思う。それだけの感情をひと言で表す日本語は、いくら考えても思い浮かばない。番組でも、いくつもの「Oh My God」が「何だ」「ひどいわ」など、さまざまな言葉に訳されていたと記憶している(←日本語訳はうろ覚えです)。

あたりは、枯草色の灰に覆われている。ところどころ色のついたものが散乱しているのは、紙類なのか、それとも、何か別のものなのか。
爆撃を受けたあと、というのはこういう状態なのかもしれない、とぼーっと考えていた。

カメラがパンする。灰の積もった路面から、割れたショーウィンドウへ、建物の壁面へ、空へ。弧を描くように。灰色の世界に少しずつ色が戻ってくる。そして、青空。そうだ、あの日は本当はとてもよい天気だった。カメラは、最後に、哀しくなるほど青い空を映して静止する。

場面が変わる。ハドソン川を渡るフェリーの上だ。乗客の肩越しに、カメラはマンハッタン島を映し出す。まだ、灰で霞んでいる。そこにツインタワーはもうない。クレジットが重なる。


途中からだったので40分ほどでしたが、息を詰めて見てしまいました。
番組は淡々とした作りで、個人的にはかえって好感が持てました(あくまで個人的な感想です)。
あれから今までを思い返してみると、「憎しみは憎しみを生み、終わりはない」ような気がします。理想論かもしれませんが、争いのない世の中がきてほしいと願わずにはおれません。

*ウチは地元のケーブルTVに加入しています。History CHの番組だったと思います。

過去記事を探してみたら、5年前にも記事を書いていました。
あれから10年・上
あれから10年・下

5年前もこのブログやっとったんか・・・

・・・年取ったな<自分
関連記事
2016.09.09 19:23 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(4) |