FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

先日の上京の主目的のひとつ(もうひとつの目的のセミナーについてはまた改めて記事にします<たぶん皆さんが忘れた頃<でも、ワタクシも忘れているかもしれん)。
全6回の通信講座なんですけど、希望者は講師先生の直接講義(1回)に参加することができます。

ちなみに通信講座の感想は、以前、「通信講座完走しました」で記事にしています。

直接講義はこれまで学んだことを再確認する、という流れでしたので、疑問点を確認できたり他の受講者さんの意見を聞けたり、ということはあり、その意味で有益でしたが、特に目新しい内容はありませんでした。まあ、20年余のときを経て講師先生に再会することができたのでよしとしましょう。

講座を通して学んでほしかったこととして先生がまとめられたのは「事実の裏付けをもって」「全体的な視点から」「内容をきちんと把握し」「それを目的に沿って表現する」ということ。
この中では、ワタクシ的には「全体的な視点からものごとをみて」「目的に沿って表現する」という部分が、今まであまり意識していなかった点で、講座全体を通してナルホドと思うことも多かったです。とはいえ、(あくまで個人的な感想ですが)ノンフィクション翻訳とワタクシが普段やっている翻訳を同列視することは難しく、講座で教えて頂いたことをそのまま日々の仕事に当て嵌めることはできないかな~、というのが正直なところです。学んだことをどう生かしていくかは、これから考えなければなりません。

ただ、日々の翻訳でも、原文が書かれた目的や、真の最終読者をよく意識するようにはなりました。
ワタクシは、色々考えすぎなのかな。でも、この「意識する」という姿勢は持ち続けたいと思います。

講義の中で、「こういう読者を想定しこういう目的を優先して翻訳しよう」という翻訳の姿勢が定まったら、頭の中に「こういう言葉を用いてこんな風に」というイメージが湧くはずで、そのイメージどおりの言葉で語れば、相応しい翻訳はできるはず、というお話がありました(注:ノンフィクション翻訳はこうあるべき、ということではなく、講師先生はこのような点を大事にしておられるということです<念のため)。「正しくイメージできれば簡単でしょ」ということでしたが、ワタクシにとっては、それは決して簡単ではありません。それは、現時点での先生との語彙Poolの差が原因なのかなと思います。そのことを自分の中で明確化できた、という点でも、出席した価値はあったかなと。

出席者の中には、先生が「他の受講者と(訳文の)レベルが違った、あとは経験だけ」と仰る方がおられて、先生はその方には次の段階(リーディングや売込み)に進むことを勧めておられました。
添削されて返ってくる訳文をみると、自分がまだまだであることは明らかなので、羨ましいという気持ちは起きず、まだそこそこお若い方でしたから、どちらかといえば「頑張りや」という気持ちになりましたが、「では、ワタクシが仕事をしてきた年月(年数としての経験)は何だったのだろう」とちょっと考え込んでしまいました。前にも書いたかもしれませんが、長さ、ではないんですよね。

家の中にいてばかりでは、どうしても視野が狭くなります。日々の翻訳に問題がなく、依頼が続けば、「自分、上達したかも」という慢心も生まれます。
心のどこかで自分でもその慢心に気付いていて、誰かにガツンとやってほしくて、ワタクシは外に出て行くのかもしれません。ワタクシは弱いので、自分で自分の慢心は叩けないのです。

・・・とまあ、そのような意味でも実り多い通信講座ではありましたが、やっぱり、暫くは休みたいかな。
関連記事
2016.09.01 23:42 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |