FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

ある日の夜中、特にあてもなくTVリモコンの選局上下ボタンを押していると、「あの日」の光景に出くわした。

撮影者が走っているのだろう、カメラは激しく上下にぶれ、灰らしきものが厚く積もった路面を、窓の割れた車を、建物の壁を、くもった空を映し出す。
撮影者の激しい呼吸と「水はどこだ」という声が聞こえる。

場面が変わる。ひときわ高くそびえ立つビルが炎上している。旅客機が激突したツインタワー。1棟だけだ。南棟が崩落した直後と思われた。

・・・そうか、あれからもう15年経つのか。

何人かが記録した映像を編集したドキュメンタリーらしかった。

場面が変わる。大スクリーンに炎上する北棟が大きく映し出され(CNNのBreaking Newsのようだった) 、人々が見入っている。背広姿の男性たちが「目には目を」「すぐにアルカイダ攻撃を」と、マイクに向かってまくし立てる。女性の多くは泣いている。故意か偶然か、カメラは一瞬中東出身らしい風貌の男性の姿を捉えた。彼もまた大きなショックを受けているようだった。

また、別の場面。消防士たちが装備の点検をしている。撮影者(記者と思われる)の「どんな指示が」との質問には「言えない」と手を横に振った。カメラが、粛々とツインタワー方向に向かう消防士たちの後ろ姿を捉え続ける。その時点ではまだ「消火に当たれ」との指示があったのか。十数分後にはもう1棟のビルも崩落することなど、誰も考えていないに違いない。

10時28分、北棟が崩落する。

わたしは、その日、病院の予約があって朝から外出していたので、旅客機の激突もビルの崩落もリアルタイムでは見ていない。その後、何度もReplay映像を見たけれど、それは、やはり「メディアに切り取られた一部分」の映像だった。
ドキュメンタリーを見ながら、撮影者のカメラを通して、はじめて連続的な時間軸の中の出来事として、ビルの崩落を見たような気がする。思わず「Oh My God」と呟いていた。

撮影者のマイクも、たくさんの「Oh My God」を拾う。日本語では、文脈によってさまざまに訳される言葉だけれど、こういうときの「Oh My God」は、「何、これ」+「信じられない」+「神様(そこにいるなら助けて)」などいくつもの感情が混じったもののように思う。それだけの感情をひと言で表す日本語は、いくら考えても思い浮かばない。番組でも、いくつもの「Oh My God」が「何だ」「ひどいわ」など、さまざまな言葉に訳されていたと記憶している(←日本語訳はうろ覚えです)。

あたりは、枯草色の灰に覆われている。ところどころ色のついたものが散乱しているのは、紙類なのか、それとも、何か別のものなのか。
爆撃を受けたあと、というのはこういう状態なのかもしれない、とぼーっと考えていた。

カメラがパンする。灰の積もった路面から、割れたショーウィンドウへ、建物の壁面へ、空へ。弧を描くように。灰色の世界に少しずつ色が戻ってくる。そして、青空。そうだ、あの日は本当はとてもよい天気だった。カメラは、最後に、哀しくなるほど青い空を映して静止する。

場面が変わる。ハドソン川を渡るフェリーの上だ。乗客の肩越しに、カメラはマンハッタン島を映し出す。まだ、灰で霞んでいる。そこにツインタワーはもうない。クレジットが重なる。


途中からだったので40分ほどでしたが、息を詰めて見てしまいました。
番組は淡々とした作りで、個人的にはかえって好感が持てました(あくまで個人的な感想です)。
あれから今までを思い返してみると、「憎しみは憎しみを生み、終わりはない」ような気がします。理想論かもしれませんが、争いのない世の中がきてほしいと願わずにはおれません。

*ウチは地元のケーブルTVに加入しています。History CHの番組だったと思います。

過去記事を探してみたら、5年前にも記事を書いていました。
あれから10年・上
あれから10年・下

5年前もこのブログやっとったんか・・・

・・・年取ったな<自分
関連記事
2016.09.09 19:23 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(4) |