FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「訳例で読み解くノンフィクション翻訳」(M井章子)
 *「屋根裏」ではセミナー等の講師の方のお名前は、原則として一部アルファベット表記です。ご了承頂ければと思います。

以前、「原文が見えない」で書いたワタクシの祈りが通じたらしく(<ホンマか)DVD出ましたので、購入し拝聴しました(3週間の放置期間があったことはナイショ)。


* 「DVD視聴」についての感想

今回のセミナーに関して言えば、出席よりDVD視聴の方がよかったかも。
 ・停止、リピートができた(ゆっくりメモを取ることができました)
 ・当日配布された訳例を事前に予習することができた(講師自身が「悩んだ」と仰る訳例を集めたものなので、その場でざっと目を通しただけでは原文すらきちんと理解できないものも多く、その状態で当日解説を聞いたのでは、右から左に抜けるだけだったと思います<あくまで自分の場合ですが)
ただ、DVDでは会場の雰囲気は伝わらないので、「心にぐさっと」度は、実際にセミナーに参加した方がずっと大きかっただろうと。


* セミナーについての感想・・・の前に

昨年から今年にかけて、書籍、雑誌記事、通信講座などを通じて、「翻訳とは」についての諸先輩方の考えをお聞きする機会に恵まれました。
皆さん表現の仕方は違うのですが、「翻訳とは、原文の言っていることを(意味が等価になるように)日本語で表現することである」という点は共通していたと思います。
ですから、翻訳者としては、そこは本来無意識にできていないといけない部分なのでしょう(ワタクシなどは、まだまだ、つい字面に囚われ言葉だけで訳文を処理してしまいがちなのですが・・・)。
その「基本」が根底にあって、「わたしの翻訳はこう」「自分はこの点を一番大切にしている」という部分が、それぞれで微妙に異なる(場合もある)、ということなのかなと。
セミナーDVDを視聴しながら、そんなことを考えました。


* で、やっとセミナーについての感想

配布資料の最初に「翻訳とは、外国語を読んで理解する→理解した内容を日本語で書く」こととあります。M井さんの言葉で定義されていますけど、上で書いた「基本」と同じことを仰っているかな、と。そこには翻訳者としての原文の解釈が存在するわけだから、翻訳者には覚悟が必要だというのがM井さんの翻訳に対する姿勢です。

その後、「読む」「書く」「見直す」の3つの観点から、翻訳について語られます。出版翻訳を念頭に置いての話ではありますが、実務翻訳にも当てはまるものです。

「読む」
翻訳は「深い読書」であり、書き手の人格や意思を感じとることが必要
→ 原文の言っていることを正しく理解するためにはそうする必要があるということだと思います。それができていれば「大外れの訳はしない」と。
文法に頼っていては危ない
→ 文法を軽視するということではなく(M井さんは「文法が正しく解釈できているということが大前提」と仰っています)、原著者の言いたいことが正しく理解できていない状態で(OR 理解する努力を怠って)文法のみに頼って訳すことは危険、ということだそうですが、これは、ワタクシの日々の仕事にも当てはまることです(頭の中に動作や情景が浮かんでいない状態で訳そうとしているときは、そんな感じ)。

「書く」
訳文も日本語
→ というのはというごく当たり前のことなのですけど、話が翻訳となると、「日本語らしい日本語で訳文を作成する」ことがなかなか難しい(<自分の場合、てことですが)。目の前の原文だけに目がいって、翻訳の目的や読者を忘れてしまうことも、その一因なのかもしれません。M井さんは、読み手には本来集中すべき本の内容に集中してほしいので、スラスラ読める素直な文章を心掛けている、と仰います。常にその点を忘れないことが、日本語として読みやすい文章を書かれることに繋がっているのかなと思いました。言葉に対する感度を高めるため、新聞・雑誌はもとより、電車の中吊り広告などにも目を留めておられるそうです(というより、自然と目がいってしまうとか)。
→ お話の中で、語順を変えるだけで格段に読みやすくなるということで、「語順」を強調しておられました。

「見直す」
見直しはクオリティの決め手
→ 「白紙の心」や「第三者の目」という言葉を用いておられましたが、要は、訳者モードから読者モードに切り替えることが大切、ということかと思います(最後に仰った「最後は読む速さで読んでみる」というのも、読者モードで読む、ということかと)。


* まとめてみた

正味2時間半強のこのセミナーでM井さんが伝えようとしてくださったことを自分なりに(強引に)まとめてみると、「小手先の技術で処理しようとせず、常に(著者背景、文章のクセ、原語文化などすべてを含めて)『書き手は何が言いたいのか』を意識しながら訳す」ということかなと思います(あくまでワタクシの解釈です)。まとめると2行くらいなんですけど、これが難しいんだよね~。人間、いくつになっても修行です。

余談ですが、質疑応答の「毎日どんな風に生活されていますか」という質問に対し、「できるときはいつも仕事をしています」と仰ったのが、「そこだけは自分と同じだわ~」とちょっと嬉しくなってしまったのでした。
関連記事
2016.10.05 22:24 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(7) |