FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

出版翻訳者/ライターのJ川さんと実務翻訳者のI口(ふ)さんによる、対談形式のセッション。
今回、個人的に一番楽しみにしていたものです。

もちろん、セッション1も2もお目当てのセッションで(根性で席を取ったさ)、ワタクシ的には花丸五重丸の内容でしたが、登壇者の顔ぶれから、セッションの内容はだいたい想像がつきます。でも、I口(ふ)さんとは面識があるものの、J川さんはお名前をお聞きするのもこれが初めてで(スイマセン)、お二人で何を話されるのか、どんな風に翻訳者の未来を語られるのかまったく想像がつきません。その意味で、とても楽しみなセッションでした。

J川さんは主にファッションやサッカーの出版翻訳に携わられているとか。お名前からブログに辿り着くことができましたので、翻訳祭までに少し前知識を得ておこうと思っていましたが、結局時間がなくなって、最初(直近)の2~3ページを斜め読みすることしかできませんでした。それでも、熱いサッカー愛は伝わってきました。12月に「翻訳というおしごと」(アルク)という著書が出版されますが、セッションはそれを踏まえたものになる、らしい。
I口(ふ)さんは、ご存じの方も多いと思いますが、独←→日、英←→日の実務翻訳に携わっておられます。

セッションでは(パワポ等の資料はなく、本当に2人の対談のみで進められました)、まず、J川さんが、自己紹介を交えて、「なぜこのセッションのオファーを引き受けたか」を語られました。正直なところ、翻訳業界に明るい未来があるとはあまり思えなかったので、一度はオファーを断わられたそうです。その気持ちが変化したのは、「翻訳というおしごと」を書くために11名の翻訳者にインタビューをされてから。さまざまな分野の一線で活躍する翻訳者の話を聞いて、「そうでもないのでは」と考えるところがあったから、とのことでした。

続いて、I口(ふ)さんの自己紹介。I口(ふ)さんも11名のうちのお一人で、それが縁で「二人で対談を」という話になったようです。

J川さんは、「インタビューをするうちに、実務・映像・出版といった分野の壁を壊すところに未来が開けるのではないか」と思うようになったと言われました。ワタクシは正直この言葉がピンとこなかったのですが、「翻訳というおしごと」(当日アルクさんのブースで先行販売された)をぱらぱらとめくっておりましたら、「これがそうではないか」という箇所に遭遇しました(蛇足ですが、当日ブースで販売された50冊の最後の2冊を購入した者のひとりでございます...買えなかった皆さん、スイマセン)。「翻訳者は請負業者という弱い立場であり、一人ひとりができることは限られているが、分野の壁を越えて翻訳者同士が情報を交換し、連携してこれからの変化に対応するための方策を練り、力を養っていけば未来は開けるのでは」という部分です(文言そのままではありません)。ワタクシが受け取ったところをざっくりまとめると、「それぞれが自分のシマのことだけ考えていては未来はないぜ」「同業者は仕事を取り合う敵同士ではなく、仲間同士なのだから、協力して生き残ろうぜ」みたいな感じでしょうか。

続いて、お二人が、自分たちが翻訳の仕事を始めた約20年前と現在を比較して、感想や意見を述べていきます。

印象に残った話題を、順不同にいくつか。

・インターネットの普及で調べものが格段に楽になった。それと相前後して翻訳者の参入も増えた印象。「調べものはただ」という考え方も広まったような気がする。だが、「そんなに簡単に楽に安価にすませていいのか」という思いもある。便利で楽になった代わりに、失ってしまったものもあるのでは?(「必要な調べものにはお金をかける」という姿勢とかそういうことかなと理解)。
・力量のある編集者が減ったのでは。「よい本を」という編集者が減り、「売れる本を」しか考えない編集者が増えた印象。よい本を作るために編集者とやり合うことも減った。(*この話題については、セッションの後の方で、「変わってきているのを感じる」というお話がありました。J川さんの印象では、「残したい本、一気に売れなくても、息長く売れ続けるような翻訳本を出したい」と考える編集者も増えてきたような気がするということです。)
・(講師をしていて)「自分が訳したい本、訳したい著者」を挙げられる生徒や新人が減った印象。

続いて、話は「未来を作るのに大切なものは何だろう」(ここでは取りあえず個人レベルかな?)という話題に移ります。
J川さんもI口(ふ)さんも、口々に、勉強、自律、自己管理の大切さを挙げておられました。

・継続した勉強のないところに未来はない(でも、勉強のための勉強ではだめ)。
・個人事業主としてのビジネスマインドを持ち、「これは自分にしかできない」という形で自分を差別化することも必要(自律と自己管理の延長線上にこれがある、という理解でよいのかな)。

ここで、それぞれが「翻訳をする上で大切にしている三種の神器」の紹介がありました。

I口(ふ)さんは、翻訳以外の世界(翻訳を外から見る)、SNS、勉強会。
J川さんは、辞書・辞典、本を読むこと(リーディングの仕事がきたときに、出版する価値があるかどうかを判断することができる)、人脈(他人に自身を持って紹介できる人とのつながり)。

てことで、ワタクシも、自分の三種の神器について考えてみました。

1. 家族(ウチの場合は旦那だけですが)の理解。旦那自身は英語とは相性が悪いのですが(TOEIC 200点台で海外赴任した<単に勉強しなかっただけ、という説もある)、回し蹴りを喰らわしてやりたいと思うことも度々ですが、「翻訳は右から左にちゃっちゃとできるものではない」ということと「それを取り上げるとヨメは泣き暮らすらしい」ということだけは理解しているようです。
2. 資料とその在り処(手持ちの辞書や参考書だったり、図書館だったり、大型書店だったり、Amazonさんだったり。本の背表紙を眺めているとシアワせという安上がりなヤツです)。
3. 健康管理(「そもそもあまり体力がない」という自分の特性(?)を理解し、無理をし過ぎないよう気をつけています)。

...なんか、ショボいな<自分。

このあたりで残り時間も少なくなってきて、セッションはまとめに入ります。
お二人が掛け合うような感じで、それぞれに思うことを語られましたので、まとめをまとめるのがとても難しいんですけど、そこを強引にまとめてみると、

・お二人にとって翻訳は天職である。
・(生活のためには儲けることを考える必要もあるが)「請負が文化を支えているのだ」という使命感が必要では→そこから未来も開けるのでは。
・どこにどんな仕事があるのかなど、大変なときがきたらどうするかを前もって考えることも必要(そのために外の世界にアンテナをはることも大事)。

という感じになるかなと思います。

ワタクシなりにこのセッションをまとめると、お二人の基本は「やりたい仕事をやる、自分のやり方から外れる意に染まない仕事はしない」+「ビジネスマインド」ということになるのかなと思いました。ここでいう「ビジネスマインド」とは、収入アップということではなく、「自分は個人事業主であるという自覚を持ち、その自覚の上に仕事の絵図を描き、ときには言うべきことは言い、断る勇気を持つ」みたいなことかなと思います(...でも、相手の立場を慮る心の余裕は必要かと...)。自分はまだまだこの「ビジネスマインド」の点で欠けている部分が多いなと思いますので、今後、考えるべきところ、抑えるべきところはもう少しきっちりと抑えていきたいなと思います(あくまで屋根裏的願望ですが)。「翻訳のおしごと」(まだ斜め読み状態ですが)と併せてメモを読み返すと、あとになってじわじわくるセッションでした。

最後になりましたが、「翻訳のおしごと」、副題は「翻訳者に『未来』はあるか?」なんですが、英語はIs There a Future for Human Translators? となっています。ふ、深いがな。



以上で「翻訳祭2016」レポートを終わります。
期間中(?)、記事をUPした日は、通常の数倍のユニークアクセスを頂きました。

昨年までのワタクシのように、実況ツイートなどを眺めて「いいな~、行きたかったな~、来年は行きたいな~」とため息をついておられるに違いないたくさんの翻訳者の方に、セッションの内容をできるだけ詳しくお伝えしたいと思ったのが、しつこく3回に分けて個別レポートをさせて頂いた理由です。ワタクシは、表に出るような性格の人間ではないのですが、それなりに年も取り翻訳歴も(歴だけは)長くなりましたので、朽ち果てる前に、自分にできる形で少しでも「これからの方たち」のお役に立ちたいと思ったのですよね。
数字で見る限り、多少は役に立つことができたのかな、と思っております。

明日から「屋根裏」は通常営業(?)に戻り、1週間に1度の更新を努力目標とする、おおむねユルい内容のブログに戻ります。
「翻訳祭レポート」を読みに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。
今後は、「そういえばあんなブログもあったな」とたまに思い出して頂き、ときどき覗きに来てやって頂けましたら幸いです。
関連記事
2016.12.06 15:33 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(11) |
...に入る前に、前座のお話を。

ジツは、ワタクシ、登壇者のS籐さんという方を誤解していた時期がありました。
(ワタクシが入手し得た乏しい情報では)セミナーなどで、いつもチェック作業やぽかミスについて語られているという印象があり、「(翻訳会社の)なかの人」という立場も相まって、訳文の質より作業ミスのない品質を重視されているのかなと。
でも、ツイッターで呟かれている言葉を拝見すると、どうもそうでもなさそう、というか、逆に訳文の質に厳しくていらっしゃるような。で、あるとき、「どちらも大事にしておられるのだ」と感じることがあり、誤解していたことも正直に書いて「ゴメンナサイ」した上で、「訳文の質を向上させることとぽかミスをなくすことは、言ってみれば車の両輪みたいなものなんですね」という記事を書いたことがあります。だいぶ前のことですし、その記事はご本人も承知されていますので、ここでワタクシの黒歴史をバクロしてもいいかなと。

なぜ、初めにこのことを書いたかというと、ぽかミスをなくしてこそ訳文向上の努力も生き、悲しいことではありますが、ぽかミスが散見されては、訳文の質に目を向けてもらえない場合さえあるのだという現実を、他の翻訳者の方にも頭に留めて頂きたいと思ったからです。その上で、レポートを読んで頂いた方が、「なぜ、そのチェックをするのか」ということが腑に落ちやすいんじゃないかなと。
どちらかだけを重視し、もう片方を軽視するのはよくないんじゃないかと、個人的には思っています(かくいう自分も、訳文の質>ミスで、少々ミスがあっても質のよい訳文の方がいいよね、と考えていた時期もあったことを、ここに謹んで白状致します)。
というわけで、「総括」では、主に訳文の質の部分に特化したセッション1と、チェックによるぽかミス撲滅に特化したセッション2を「コインの表裏」という言葉で表現させて頂きました。

あ、それから、ワタクシ、自分はツイッターはやらない(はまったらヤバいので)くせに、オープンで読めるツイートは随時読ませて頂いております。翻訳者の方のものも多いです。セミナー、勉強会、辞書書籍等の情報は、やはりツイッターが一番早いですし、何といってもフィギュアスケート関連の(ニッチな)情報の早いこと、素晴らしいこと。たぶんこれからも、ときどきこっそり読み逃げにお伺いすると思いますが、温かい心でお許し頂けたらと思います。


てことで、「誰も教えてくれない翻訳チェック~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~」、やっとセッションのレポートに入ります。

このセッションは、最初から最後までが1つのストーリーになっていて、正直、省ける情報を抜き出すのが難しいです。内容的には、それほど濃いセッションだったと思います(別に登壇者の方を持ち上げている訳ではないですが、実際、何度もメモや資料を読み返しても、なかなか落とすべき箇所を決めることができません<ので、逆にさくっと落としました、というか...)。


登壇者のS藤さんは、ご存じの方も多いと思いますが、翻訳の仕事に従事される前に、長く品質保証業務を担当されています。
なので、製造管理における品質保証(Material、Machine、Method、Measurement、Manの5Mの考え方)を翻訳チェックにも導入できないだろうか、という考え方をされます。そうやって試行錯誤して作り上げてきた翻訳チェック体制の集大成が今回のセッションの内容だったと思います。ただ、それは自分のやり方であり、各自が資料とセミナーの内容を足掛かりに自分に最適のチェック方法を見つけてほしい、ということは強調されていました。

S藤さんは、冒頭で、聴衆に、今一度頭の中で確認してほしい6つの質問を投げかけた上で、「翻訳チェックとは何か」から初めて、チェックの重要性について語られました。話を聞くうちに、質問の意図(というか、その質問に明確に回答できることの大切さ)が分かってくるようになっています(というワタクシの理解は、いつものように要点を踏み外している可能性がありますので、ご注意ください)。

(6つの質問)
・何をチェックしているか。
・どんな方法でチェックを行っているか。
・なぜその方法を用いているのか。
・よしあしを判断する基準は。
・翻訳チェックを行う順番は決まっているか。
・なぜその順番なのか。

S藤さんは、細かく分けたチェック項目を、大きく、翻訳チェック(ざっくりまとめると訳文の質)と作業チェック(それ以外すべて)に分類し、ソークラや翻訳会社を対象としたアンケート結果の数字を挙げて、現場では後者の作業チェックが重要視されていることを示してくださいました。確かに、ぽかミスは目に付きやすいですし、「翻訳」という作業の実際を知らなくても、それなりにチェックすることは可能です。もちろん、全体がそうということはないでしょうが、翻訳者がもっとも見てほしい部分(訳文の質)と実際に見られている部分(ぽかミス)には乖離がありそうな感じです。

だからこそ、(翻訳文をきちんと判断してもらうためにも)作業チェックにももっと気を配るべきだが、「ではどうすればいいのか」と話は続きます。
気をつけるべき点が具体例を交えて語られ、どれも大事に思えるのですが、すべてを網羅することはできません。以下に順不同にいくつか挙げておきます。

・人間の能力(注意するとか気合いとか)を過信せず、人間に依存しすぎないチェックの方法を考えること(...自分もまだ、気合いに頼っている部分あります...)。
・最初からミスを出さない方法を考える。
・ミスの多い工程は前へ。
・一度にすべてをチェックしようとせず、チェックを細分化し、思考過程が同じチェックを同じ段階で組み合わせて行う(逆に言えば、一石二鳥を狙いつつも、反復作業と判断を伴う作業など、種類の異なる作業は極力組み合わせない)。
・人間の能力をサポートすると思われるチェックツールの力を借りる(Wildlightとか<決して使い倒しているとは言えませんが、納品前のチェックに活躍してもらっています<Wildlightの回し者ではありません<念のため)。
・より単純な照合作業(参照や判断を必要とせず知覚的にチェックできる、いわゆるEasy-to-noticeのもの)に分解できる方法がないか考える。
・翻訳者モードから読者モードへの切換えを図る。
・比較判断の基準となるもの(スタイルガイドや用語集など)を最初にハッキリさせておく。

セッションの中で、ご自分のチェックフローを紹介してくださいましたが、それぞれ理由があってその位置にあることがよく分かりました。
また、資料として頂いた「翻訳品質保証マトリックス」表は、老眼には優しくないことこの上ないですが、よくぞここまで細分化しグループ化しまとめられたなと、ちょっと感動ものの資料です。

このように書いてくると、チェックだけで膨大な時間を取られそうに思えますが、最初の方でも書いたとおり、それでもチェックは必要なものであり、だからこそ、単純化したりツールの助けを借りたりして、極力時短を図る努力をすべきなのだなあということが、最後まで拝聴して、素直に納得できました。
「チェック作業を納期短縮の矛先にしてはいけない」「自分はこの作業が保証できない納期の案件は受けない」というS藤さんの言葉が印象的でした。翻訳者としての姿勢、という部分で、セッション1とも被る部分があると思います。


冒頭の6つの質問を見ながら自分のチェック方法を思い返してみると、「理由があってそこにある」「理由があってそういう方法を取っている」というものが多かったのですが、「なんか、しっくりくる」という極めて曖昧な理由で始めたものが多く、「こうだから、こうしてみよう」と能動的に考えて始めたものはほとんどありませんでした(そういうええ加減なヤツなんです)。今後、頂いた資料を参考にしつつ、もっと時短・強化が図れないか考えていきたいと思います。
関連記事
2016.12.03 17:09 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(2) |
* 「屋根裏」では講師の方のお名前はそのまま記載しない原則ですので、登壇者4名をI口、F井、T橋(さ)、T橋(あ)とさせて頂きます。で、分かるよね。

「翻訳のレッスン」の著者4名によるシンポジウム「翻訳とはなにか~足元を見直そう~」

キーワードは「絵を描く」。

各自の自己紹介のあと、まずF井さんから、料理手順の説明などの例を使用しながら、「言語Aの著者と言語Bの読者が、頭の中に思い浮かべる絵が同じになるようにするのが翻訳である」というお話がありました。たとえば、長い原文を2文に分ける/分けないや、訳語Aと訳語Bのどちらを使用するかなどを決める際にも、「どちらの方がより原文に近い絵が描けるか」を判断基準とすれば、より適切な判断(翻訳)ができるはずでは、とのお話は、「絵を描く」ことのみならず「自分の拠って立つ揺るがない基準を決める」ことの大切さにも(言外に)言及されているように思いました。

続いて、主に特許翻訳を専門にされるT橋(さ)さんが、絵は(F井さんが主に専門とされる)映像やエンタメだけのものではなく、自分の分野でも、化学式、機械図面、フローチャートなどが「絵」にあたるのだ、というお話から初めて、「読み手が、書き手の頭の中を見る(理解する)ことができる訳文」について説明されました。そのような訳文を作るために、何を読み取ればよいかということで、T橋(さ)さんは、原文に書かれている事実以外に、5つの点を挙げられました。文章外の留意点3点(どんな人が書いたのか、何のために誰に向かって書いたのか、どんな背景知識に基づいて書いたのか)と、文書内の留意点2点(文脈や文同士の関係、きちんと伝えるための書き方の工夫)です。こうした押さえるべき点を押さえた訳文が、読み手がきちんと理解でき、書き手が伝えたいことが正しく伝わる望ましい訳文だとまとめられ、「じゃ、具体的には何が必要かを知りたいですよね」と、次の登壇者にバトンを渡されました。

T橋(あ)さんは、「翻訳のためのツールとは何だろう」というところから、話を始められました。
壇上のスクリーンに、机や椅子から始まって、PC、ソフトウェア、CATツール、辞書、翻訳者の頭など、さまざまな「ツール」が追加されていきます。
翻訳支援ツールとは、「絵を描くことを妨げない」「絵を描くことに役立つ」ツールであるべきで、辞書はそうした強力なツールのひとつであり、だから、最近は各所で辞書に特化した話をするようにしていると、実例を交えながら、辞書の使い方について簡単に説明されました。逆に、きちんと絵を描く妨げとなりかねないツールは、上手く使わなければいけないというような話をセッション2でします、と軽く次の(いわゆるCAT)ツールに関するセッションの前振り(?)をされて、最後のI口さんにバトンタッチです。

I口さんのお話は「用語の統一」について。
うまくまとめられないのですが、「絵を描く」ことと「用語の統一(同じ単語に同じ訳語を用いる)」をどう関連付ければよいか、といったようなお話です。目的はあくまでも「絵を描く」ことで、そのための手段として「用語の統一」があるはずで、目的を達成できる範囲内での手段の効率化はどんどん図っていくべきだが、往々にして「手段の目的化」が起こりがちである、ということを、ご自身の趣味を例として挙げながら説明され、常に「用語の統一は本当に目的を果たし、訳文が読まれる現場を念頭に置いた最善の絵が描けているか、単なる機械的な置換になっていないか」を自分に問いかける必要があることを強調されました。

会場からは、「翻訳会社から用語指定があり、納得できない用語も含まれている場合はどのように対処しているか」といった質問がありました(質問内容はこのとおりではなかったかもしれません。書き殴りからの書き起こしです。大意は取違えていない積もりですので、万一、質問者の方が読んでおられましたら、どうかご容赦ください)

4名の回答をまとめると、「(社内用語や業界用語などで)適切ではないと思うものについては、一度は、コメントその他の方法で自分の意見を述べる」「その上で、聞いて貰えない場合は、その仕事はフェードアウトする」という感じでした。個人的には、F井さんだったと思うのですが、「一番大事なのは最終ユーザー(読み手)であり、そのユーザーのためになることであれば、翻訳者としてきちんと説明しようとする姿勢は大事で、その方が、最終的に評価は上がるはず」と仰った言葉が印象的でした。

その他に、登壇者の方の発言(概ね質問への回答です)で印象に残ったものを記しておくと...
「どこまで機械にやってもらうかを判断するのは人間」
「何か新しいものを導入すると、得るものがある反面、失われるものもある(紙辞書引きの際のスピード、該当単語の前後を読まなくなるなど)」
「お金をかけずに質を上げるよい方法は、スクリーンを大きくすること」
「クライアントが手をいれなくてもよい翻訳を提出するのが翻訳者の仕事である」
...などです。


4名の登壇者は、「該当文(とその周囲)しか目に入らなくなる」ということで、CATツールの使用には否定的で、使用した場合、訳文の質の向上には、使用しなかった場合と比べて多大な努力を必要とするというご意見でした。
私自身は、「使った方がなんかストレスたまりそうやな」&「ノートPC1台で仕事をしなければならない環境です」という理由で、ツールは導入していないのですが、「使用することで訳文の質が下がる」と言い切るのは、そこまでの一般化は、「最近の若者は云々」「最近の老人は云々」と言うのと一緒ちゃうん、という気持ちも...正直、ないではありません。

それに、翻訳支援ツールの使用の有無に関わらず、質の悪い参考資料を使って考えずに翻訳をしていたら、やっぱり同じような結果になるのではないかと思うのです。
以前、「翻訳支援ツールは使用していないが、『自分の頭で考える』というプロセスを飛ばして(参考資料から該当表現を拾うことに傾注して)翻訳しようとしていました<自分、これではいかんのでは」という記事を書いたことがありましたが、たとえツールを使わなくても、「考える」ことをしなければ、訳文の質を上げていくことは難しいのではないかと思います。
きちんとした文章をできるだけ多く読む、「手元にある参考資料は素晴らしいできのものかもしれないが、100%正しいものではないかもしれない」という意識を持つ、ある表現を目にしてざわっとしたらその「ざわつく」気持ちを大切にする(なぜざわついたのか考える)、といったことをこれからも心掛けていかなければ(あくまでも自分はってことですが)と、改めて自戒させてくれた、そんなセッションでした。根性で早起きしてよかったです(<普段はおおむねインド時間で生活)。


暫く(仕事も仕事以外も)バタバタしそうです(師走だし、ね)。
セッション2、3の感想記事のUPにはもう少し時間が掛かるかもしれません。暖かい目で見守ってやってくださいまし。
関連記事
2016.12.01 22:58 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(6) |