屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

やっと少し気持ちに余裕ができたので、ざっと目を通しました。

「翻訳者になりたい人の必読誌(?)」とハテナマークを付けたのは、現役翻訳者にもためになる内容が多々含まれていると思ったためで、実際、ワタクシの周りの翻訳者の方々も、中堅からベテランまで多数の方が本誌を購入されています。

個人的には、S田元幸さん、M井章子さん、翻訳フォーラム・シンポジウムの様子が採録されていたのが嬉しかったです。
(まだきちんと読んでないんですけど...)

M井さんの講演はDVD視聴し自分でも記事にしましたが、こうして他の方が記事にしてくださったのを読むと、また新たな気づきがあります。
S田さんは今回翻訳者・学習者のみを対象にお話されたということで、お話の内容に興味がありました。
翻訳フォーラムのシンポジウムの模様はアルクさんのウエブサイトにも掲載されていたと思いますが、紙版でまとめて読めるのは有難いです。
(ウエブサイトはコチラ→
http://www.alc.co.jp/translator/article/tobira/symposium2016.html 
2月5日追記)

昨年版にあった「訳文吟味教室」と「辞書環境の話」はなくなっていて、それも読み応えのある記事でしたので、その点ちょっと残念でした(ページ数の関係もあるのでしょうね)。
その代わり(?)「翻訳者になりたい人のための8つのドア」という特集が組まれているのですが、これはこれで良記事と思いました。「翻訳を仕事にしよう、と思ったときに頭に浮かぶ疑問に、出版/実務/映像翻訳別に、順に答えてみました」の間に、実際的な部分も本質的な部分も、「これも忘れちゃいけないぜ」的な内容がさり気なく挟み込まれている、みたいな。あくまでも個人的な印象ですが。

J川元子さんのインタビューも含め、ところどころ「翻訳の未来は明るいばかりではない」というメッセージが織り込まれているようにも感じられ、その意味で、現役の翻訳者にとっても、「現状をきちんと理解し、自分のこれからを思い描き、そのために足りない部分を見極め、そこを重点的に延ばすためには具体的にどうすればいいか」を考えるきっかけになるかなと思いました。

しかし。
内容が濃いので、学習者の状態で本書をよんだら、ワタクシはきっと「あれも大事」「これもしなきゃ」と焦って、結局消化不良を起こしてしまったと思うのです(あくまで自分は、てことですが)。
「なりたい人」の中でも「(ビジネス的な側面も含めて)プロの翻訳者とは」「5年後自分はどんな翻訳者になっていたいか」「そのためには何が必要か」ということを考え、優先順位をつけて実行していける人が生き残っていける、ということなのかもしれません(...成行きで翻訳者になったあとで本書に出会えて、よかった...)
「翻訳フォーラム・シンポジウム」のT橋(A)さんパートに、レベル別必要辞書セットが紹介されているのですが、自分が初学者なら、全体的にもう少しこうした「志す人のための合いの手」的なものがあれば嬉しいかな~、とも思いました。

というわけで、各特集、大事に少しずつ読んでいこうと思います。
最後になりましたが、ワタクシはアルクさんの回しものではありません<念のため。
関連記事
2017.02.04 16:36 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |