屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

...正直ワタクシも好きではありません。

最初の訳文を作る時点で最終稿の90%以上のものができるような訳し方をしますので*、分納時点で見直して納品する、ということ自体はあまり苦にならないのですが、それでも、かなり訳出が進んでから訳語を変更することもありますし、分納、なければないにこしたことはありません。

* このあたりのやり方は人それぞれだと思います。ワタクシの場合は、「分からないことを分からないまま取りあえず訳しておく」というやり方が性格的に苦手なのと、実親を看ていたときの「訳したところまでは常に完成品に近い状態にしておく」というやり方が身体に染みついてしまった結果、今ではそのやり方が自分にとって一番心地いいやり方になっている、ということです。


ワタクシ的分納には、多数ファイルを1案件として受けたときの「ABCを○日までに、DEFを▲日までに、GHを△日までに」というパターンと、大型の1ファイル案件を「○日までにXXページまで、▲日までにYYページまで、△日に最期まで」というパターンの2種類があります。前者も、たいていは関連ファイルで、最低、機器、部品、機能の名称は統一しなければならないのですけど、気を遣うのはやはり後者の方です。

とはいえ。
図表満載の原文原稿に対して、ナンバリング対応のWordベタ打ち納品の指示を頂いたりすると、「これ全部キレイな原稿にするの大変だよな」「訳文チェックと切貼りは早いうちから少しずつやっておきたいよな」とかも思うわけで(実際にそういうやり方をされているかどうかは分かりませんが)。そう考えると、翻訳会社さんの負担軽減にもできる限り協力したいと思ってしまうのです。

でも、訳出作業に大きく支障が出るような分納は避けたいので、ワタクシの場合は、次のことを心掛けるようにしています。

1. 調べものや訳語決めに時間がかかるため、最初に訳出できるページ数は少なく、また、最初の間は頻繁に戻って訳語の変更を行っているという事情を説明し、初回分納日をできる限り遅く設定してもらう(クライアント様からも分納指示が出ている場合は別ですが、たいていの場合はかなり遅めに設定していただけます)。

2. 後追いのマイナー変更が可能かどうかを確認する(「マイナー」を強調するのがポイント、できると分かれば自分自身も心安らかに翻訳することができます)

3. 2回目以降の分納時にも、全体の訳文を納品し、前回(まで)の納品分からの変更部分があれば目立つ色でハイライトする(メールにその旨を記載。3~4語句ある場合は、メール本文にも変更内容を記載、又は秀丸変更メモを添付する)

...と、この3点を実行するだけで、ワタクシ的にはかなり心安らかに分納に対応することができます(1、2の点は、お付合いの長い翻訳会社さんとの間では、この頃は暗黙の了解みたいな感じになっていましたが、ときどきは言葉にしてきちんと確認しなければとちょっと自戒しました)。翻訳会社さんからの「助かります」的なコメントは特にないですが、どこからも何も言われず仕事の依頼も切れない、ということは、このやり方で大きな問題はないのだろうと勝手に思っています(だといいが<自分)。
「最初から最終稿に近いものを」という自分のやり方も分納に合っているのかもしれません。分納間の表記ゆれも、Wordの検索機能にWildright辞書を加えてかなりチェックがラクになりました。

とはいえ。
なければその方がありがたい分納ではあります。
関連記事
2017.03.16 15:05 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |