屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「シンプル病理学」(改訂第6版、2010年、南江堂)
音読了。

この本は、以前にも書いたとおり、Book-Offの片隅でメソメソ泣いていたところを救出したものです。
自分の中では優先順位はそう高くなかったので、泣き声が聞こえなかったら買わなかったと思うのね。

このテキストは、(「序」には、改訂を経て読者層を広げたとありますが)主にコメディカルの方々を対象としたもので、文系出身者が独学するには難易度が高く、かといって、仕事で必要となる情報を得るには記述が簡潔すぎるという、翻訳者にとってはやや扱いにくい書籍のような気がします。あくまで個人的な感想ですが。
実際、「医療機器メーカー社員向け教育資料の翻訳に役立った」と書きましたけれど、その後この本を開いて内容を確認することはなかったのですよね。

でも、ときどきパラパラめくってみると、「そうやって書棚の肥やしにするのはもったいない」と思うことがあったのも事実。
組織病理検査報告書の表現の宝庫、なのです。

ワタクシは体内植込み系の医療機器に関する仕事が多いので、動物を用いる非臨床試験の案件にもそれなりに遭遇します。毒性試験や埋植試験の報告書には、安楽死させた動物の組織を採取し処理して顕微鏡観察する組織病理検査の報告書も含まれます。言葉遣いもそれなりに特殊だったりするのよね(慣れっちゃ慣れですが)。

というわけで。
「書棚の片隅本を音読で解消しよう」キャンペーンの一環として音読しました。

音読してしみじみ分かったんですけど、テキストを意図した書籍なので、やはりそれなりに順番を考えて作られている。

まず総論として、細胞や組織、全身に適用される循環障害、炎症、感染症、免疫機構とその異常、腫瘍、遺伝と先天異常、代謝異常について簡単にまとめたあと、各論で、各器官系について述べています。各章では、はじめにその系の構造について簡単に説明し、その後、代表的な疾患とその疾患によって組織や細胞がどのように変化するかが述べられています(組織病理学的検査で主にお世話になるのはこのあたりです<収穫も多々あり)。写真がそこそこ多いのも嬉しい。


でもだがしかし。
他の同業者の方にこの本を薦めるかというと、そこはビミョー...(Book-Offで「そこそこ新しいのに半額で売られています、私」と泣いているところに遭遇した場合は、救出してあげてください)。
この本は結構難しいのです。たとえば、「文系出身ですが、医薬翻訳講座でひととおり解剖生理を学びました」という状態で手に取った場合、得るものはそう多くないのではないかと思ってしまうのです(「意味はよく分からないが専門用語を覚えることができる」という利点はあると思いますし、それはそれで、実際に翻訳をする上で役に立つとは思いますが)。あくまで個人的な感想です<念のため。
「解剖生理は(短大レベルですがいちおー)きちんと基礎を学んだ、実務で組織病理検査報告書もそこそこやった」今の自分には、包括的復習として最適だったかなあと思いました。

というわけで。
「書棚の片隅本を音読で解消しよう」キャンペーン、次は「異常値の出るメカニズム」(第6版、医学書院)に進むことにしました。
こちらも、仕事の関係で読むところは決まってしまっているので(そしてなかなか覚えられないのだった<年のせいという説もある)、普段読まないところにも目を通すことにしました。まだまだ修行は続きます。
関連記事
2017.03.27 16:14 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(2) |