屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

この先」で若干気弱になっていたワタクシですが、「バタバタ」以外に体調不良という理由がありました。
そのとき記事に書かなかったのは、ポリペクトミーの結果が出る前にフライングした(=記事にした)結果、悪性判定をくらってしまった苦い過去があるから。
験を担いでみたりなどしてみました。

3月後半から胃の不調が続いていました(てか、「います」継続ですが)。
ときどき胃痛を伴う胃部不快感という、「我慢すれば普通に日常生活ができる」、ある意味一番厄介な状態です。
先月初めに掛り付け医のじいじ先生に相談して胃薬も処方していただき、最悪期を10とすれば今は平均3くらいの状態まで回復しました。
この「ときどき胃痛を伴う胃部不快感」というヤツは、疲れたりするとときどき背部痛を引き連れてやってくるのですが、これだけ長く続くのは珍しい。
5月1日にドックで胃カメラを飲むことになっていたので、「カメラを早める必要はないでしょう」というのがじいじの見解。
「ストレスが原因でしょう。逆流性食道炎か昔なら神経性胃炎と言ったヤツ」
ワタクシの「理性」も同じことを告げています。去年の胃カメラも問題なかったし。確かに、仕事も含めてストレスあったと思うし。
しかしワタクシの「妄想」は囁きます。「去年問題なくて今しんどいってことは、ソレ、かなり進行してるってことだよね」
想像力(妄想力?)はかなり豊かです。考え出すと留まるところを知らず、かなり疲弊した1ヵ月でした。

で、今日の人間ドック。
胃カメラ所見は異常なしでした。
それ以外にいくつか小さな異常はありますが、年も年なので、許容範囲内です。
ほんならその胃部不快感何やねんという話ですが、今ではこうした状態を表す「機能性ディスペプシア」という便利な言葉があるようです。

調子が悪いときは、妄想ループの罠にはまり「実家をたたむことに傾注し、仕事はやめなあかんかも」と思い詰めたりもしましたが、当面仕事も続けていけそうです。ていうか、まあ、いろいろ考えすぎなんですけど。
ホッとするとともに、すごく大きなプレゼントをもらった気分なのでした。改めて、自分はこの仕事が好きなのだなと思いました。大事に続けていきたいです。

てことで、今日は、人間ドック終了後BOOK OFFを攻めたりして、ワタクシ的には珍しく、仕事は全面オフなのだ~。また明日から頑張ります。
関連記事
2017.05.01 22:21 | 健康 | トラックバック(-) | コメント(6) |