屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


ジツは、私はこのような「翻訳について語る本」(?)はほとんど読んでいません。
文芸翻訳ってどうも苦手意識があって、それで敬遠してしまう部分があるのかも。
なので、越前敏弥さんの「日本人なら必ず誤訳する...」も、狭い我が家のどこかで積ん読されてます(たぶん階段)。

「翻訳教室」は図書館から借りて延長し、返してその場で借りという裏技も使って(そしてまた延長し)、結局1ヵ月半くらい手元に置いていました。

最初の頃は、課題の文章が(ワタクシには)難解すぎて(「よく分からない(←乱暴なまとめでスイマセン)」系の小説は苦手です)、何度も挫折しそうになりましたが、村上春樹の「かえるくん、東京を救う」の英訳「Super-Frog Saves Tokyo」のバックトランスレーションあたりから面白くなり、「Invisible Cities」で始めて「よく分からない系の翻訳も面白いかも」と思い、その勢いで最後まで読みました。

ご存じの方も多いと思いますが、この書籍は、柴田先生による東大文学部の「翻訳演習」の講義を、ほぼそのまま文字化したもの、ということです。
ときどき見かける「課題→講師による解説→訳例提示」形式ではなく、「課題→学生の訳例をめぐる講師と学生のやり取り→講師訳例提示」形式となっており、どんどん話題が広がっていくのが面白く、だから、途中で投げ出さず、最後まで読めたのかもしれません。柴田先生は、学生のどんな質問にも丁寧に答え、自分の訳例よりよいと思うものはよいと認めて採用されました。実務翻訳でも尊敬できる先輩方はみなそんな感じです(てか、だから尊敬されるのか)。

「翻訳演習」をとるような東大の学生さんは、目の付け所も鋭く、「おお」と思うような訳文が出てくるのですが、それでも、最初の頃は、課題文やその中の単語だけをみている発言が多い。それに対して、柴田先生は、引いたり(著者の性格や文章の癖、作品全体のトーンをもとに最適な訳語を考える)、寄ったり(全体をベースにその文や語句の意味を考える)を繰返しながら、学生の質問に答えていきます。
「Super-Frog Saves Tokyo」(蛇足ですが、この回の講義には、途中から、英訳者であるJay Rubin先生も加わります)の回のあと、村上春樹を迎えての特別講座があるのですが、そのあたりから、(あくまでワタクシの感じたところですが)学生の原文への向合い方にも変化が生じ、「引いた」視点からの発言も多く混じるようになった気がします。柴田先生スゴいというか、村上春樹スゴいというか、東大生スゴいというか...たぶん、そのすべてなんでしょう。

村上春樹の語る翻訳はとても興味深かったですし(ワタクシはどちらかというと彼が苦手で、村上作品は、ノンフィクションの「アンダーグラウンド」と英訳された「Kafka on the Shore」(Philip Gabriel訳)しか読んで(正確には「聴いて」)いないのですが)、柴田先生の発言の中には、訳出時の語句選びに際しての実際的なノウハウもてんこ盛りされていて、途中から付箋付けまくりました。でも、返す前には全部取らないといけないですから、心を入れ替えてAmazonさんに注文しましたよ。手元に置いておきたい一冊です。


付箋部分は以下のような感じ(ごく一部を抜き出しました)。

「翻訳は語彙の豊かさが肝腎などと言いますが、むしろ、似合わない言葉を取り除いていく作業だと思います」(柴田)

「英語は動詞がものすごく強い。日本語はだいたい副詞プラス動詞を使うと強さが出るけど、そのまま英語にするとせっかくの強さがなくなる。だからなるべく強い動詞を使って、副詞を使わないようにしています」(Rubin)

(レイモンド・カーヴァーの翻訳が一段落したことで、翻訳にエネルギーを費やさなくなるのではないかと問われて「...やればやるほど技術っていうのは上がっていく...そうするともっともっと訳したくなるんですよ。やればやるほどやりたくなる。おもしろくなってくる...最初の頃より最後のほうが明らかに翻訳スキルが上がっている。それが自分でも分かる。だから、やはり死ぬまでやるんじゃないかな」(村上)

「ものを書くというのは体力がすべてなんですよ...いくら能力があったとしても歯が痛かったらものなんて書けない。肩が凝ったり腰が痛かったりしたら机に向かって仕事なんてできない。そういう意味で体力は必須条件なんです」(村上)

「文章を志す人はほかの人とは違う言葉を探さないといけないんですよ。プロになるにはそれはすごく大事なことです」(村上)

「ヘミングウェイはIceburg theory(氷山の理論)ということを自分でも言っていて、語らないで伝えるというのが彼の文章の最大の特徴だと僕は思います。だから訳す上で、何をやってもたいてい、小さな親切大きなお世話になっちゃうのね」(柴田)

「neverは『決して』と訳したくなったらまずその気持ちを抑えて、なるべく文章の中に盛り込むような形で訳すのがいい」(柴田)

「...原文を見てさんざん考えた我々はそういう訳し方にある程度共感するだろうけど、英文を見ていない読者が読むと、『なんでこんなに「そして」が多いんだ?』と思うだろうね。andと『そして』は重さが一緒じゃないから」(柴田)
関連記事
2017.08.26 18:28 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(2) |