屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


1年ほど前に「見出しを文章に、文章から見出しを」という記事を書きました。

だいたい毎日紙版の新聞を読むので、この作業は、その後も続けています(サボる日もありますが)。

続けることで、何か身につくものはあるのか。
...てことで、ちょっと振り返ってみます。

「見出しを文章に」の方は、ちょっと油断すると「本文盛り込みすぎ(見出しにそこまでの情報ないやろ)文」になってしまい、「上達した」感はありません。やはり、「漏れてると言われたらヤバいので」という小心者の性格が災いしているのか。翻訳でも、この「冗長」グセが出てしまうことが多々あります。「見出しを文章に」を続けることで、そういう自分のクセ(弱点)を短い周期で「はいはい、そうでしたね自分」と肝に命じることができている、というのが、「強いていえば」のadvantageかもしれません(なのに、なかなか直らんという...)。

「文章から見出しを」の方は、最近、「そのおかげかも」と思ったことがありました。
(前にも書きましたが、ワタクシは、見出しを考えるという作業はけっこう好きなので、どちらかというとコチラの作業の方が楽しいです)

わが家ではA新聞を購読しているので、「文章から見出しを」には、火~土曜日は3面の「てんでんこ」という記事を、日曜日は(「てんでんこ」の連載が日・月は休みのため)同じく3面の「日曜に想う」を使用しています(月曜日は休日♪)。「てんでんこ」は、「頑張ってやろうかい」と思える程度の絶妙な長さです。記事には、2~4文字の見出しと、30文字程度の副見出しがあります。
たとえば、今は「音楽の力」がテーマなのですが、9月22日の「てんでんこ」は、見出しが「沖縄民謡」、副見出しが「『あす』が津波で一瞬にして失われる現実。宮沢和史は動き始めた。」です。

新聞の副見出しを隠した状態で全文を読み、5分程度で副見出しを考えます。文字数にはあまりこだわりません。自分なりの副見出しができたら、答え合せ。新聞の副見出しに「うーむ、そこを取ってくるか」と敗北感とともに納得したり(←だいたいこちら)、「いやいや、それだと内容モロ分かりでしょ」と若干のケチをつけたりして終わります。頭の中で考えているだけなので、自分の見出しを特に推敲することはありません。

副見出し作成作業を無理に順序化してみると(普段は頭の中でやっていて、特に「こういう流れで」みたいなことは考えていないので...)、頭の中で文を要約 → 一番言いたいことは何かを考える → それを基に何となく骨格的なものを作る → そこに「引き」はあるか(見出しが単なる要約になってしまっていないか、つまり読者に「中身も読んでみよう」と思わせる「何か」があるかみたいなことです)を考える → 最終的な副見出し作成、という流れになるかなと思います。

これを1年と少しやってきた先日、マーケティング(もどき)の仕事が舞い込みました。
たくさんの国語辞書さんと類語辞書さんのお世話になり(ふだん、何と狭い語彙の中で仕事をしていることでしょう!)、遅々として進まない日もあり最後はへろへろでしたが、こういう案件、嫌いではないです(こういう案件ばかりもしんどいので、翻訳会社さんには控え目にアピールしておきました)。

その中で、小見出しの翻訳がありました。いつもの定型的な小見出しではなく、多少の「引き」が求められる小見出しです。その小見出しを考えるのが楽しくて。もちろん、自分で考えるのではなく翻訳ですから、「いやいや、そこまでは言うてへんで」と却下し、無難にまとめた箇所も多かったですが、「見出しを考える」作業をやってきたので、すんなり楽しめた(...若干表現がおかしいですが...)のかなと思っています。

というわけで、1年経って若干惰性になりつつあった「見出しを文章に、文章から見出しを」ですが、初心に戻り(<そもそも「初心」はあったのかという説もありますが)「意識してやる」ことをもう少し取り入れつつ続けていこうと思っています。
関連記事
2017.09.29 17:33 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
MEIのメディカルデバイスデザインコース(モジュール3)を終えて、思いつくままに。
(ホントに雑感で、ほとんど受講感想になっていないという...)

モジュール3(医療機器開発のための機器実習 )の内容はコチラ→
http://mei.osaka-u.ac.jp/mdd2017/m3/
モジュール1(医療機器開発のための臨床医学)の感想はコチラ→
http://sayo0911.blog103.fc2.com/blog-entry-546.html

昨年とダブる実習もありましたが、そうした実習でも新たに気づいたことなどもあり、総じて満足できる内容でした。個人的には昨年度より充実した内容だったと思います。

一番楽しみにしていたのは、昨年受講がかなわなかった「ペースメーカ・ICD・CRTD」でした。模擬皮膚に本体を植え込む実習をしたり、薬事承認されたばかりの新しいタイプの機器を手に取ったりと、期待した以上の内容でした(その過程で、さまざまな鉗子を手にとってつくづく眺めるというオマケもついた)。

それ以外の機器は、実務で扱うことはほとんどないものですが、今後、何がいつどんな形で仕事の役に立つか分かりません(実際、昨年の受講以降、「おお、これはあのときのあの」と間接的にかすったものがありました)。
何より、胃カメラを操作したり、3D腹腔鏡下の作業を体験したりと、さまざまな種類の実機を操作したり間近で見たりできる機会というのはなかなかないと思います。しかも、技術者と営業がペアで来ているメーカーも多く、何を質問してもそれなりの答えが返ってくるという贅沢さ(まあ、言葉を濁されることもありますが...)。

とはいえ、個人参加の場合は、費用がネックなのは事実。もしも翻訳者の方で受講を考えられる方がおられたら、時期を熟考なさることをお勧めします。
ワタクシの場合は、ある程度の期間、医療機器翻訳を経験し、業界や規制についても多少の知識を得た今が、自分にとってベストな参加時期だったかなと思います。もっと早い時期でしたら、たぶん「スゴいなー、スゴいなー」で終わってしまったと思います(あくまで自分の場合ですが)。今回は、機器の詳しい仕組みは分からなくても、説明から「何が重要なのか」「今後この機器はどのように発展していきそうか」「そこに翻訳は絡むか」といったことまで思いを馳せることができました(こともありました<ときどき<たまに)。

念のための書いておきますが、ワタクシは、決してMEIさんの回し者というわけではありません。
MEIさんの第一義の目的は産学提携の推進でしょうから、ワタクシみたいな異端児が増えても困られるに違いありません。

アンケートの最後には、今後受けたい実習として「ステント、ステントグラフト」「歯科インプラント」「人工関節」を挙げておきました。
さすがに来年はもう戻らないと思いますが、上記の実習が含まれていたら、差分受講迷うかも。


昨年は、本当に「借りてきた猫」状態でしたが、今年はリスク分析や知財実習のグループワークで打ち解けたこともあり、ネットワーキングランチョンやディナーで他の受講生の方と話す機会もそこそこありました。
以前は、そうしたネットワーキングの場では、自分は、「医療機器や医療機器事業に関する情報を得る」という、いわゆる「take」しかできず、だから、私との話に時間を割いてくださる方に申し訳ないという気持ちばかりが先に立って萎縮してしまっていたのですが、今は、「自分には何もできないかもしれないが、求められれば、他の翻訳者や翻訳会社に繋ぐという形で役に立つこともできるかもしれない」と考えられるようになりました。実際、翻訳について色々質問してくださった方もあります(社交辞令かとは思いますが)。

そういう「ネットワーキング」で、名詞を見てまず言われるのが「通訳もできるんですね」というひと言。やはり、業界から遠いところでは「通訳翻訳」はひと括りのようです。
とはいえ、ワタクシも、頂いた相手の方の名刺を見て「XXXですね」と返し「いやいや、自分はYYYでXXXはまた別なんです」と訂正されることもザラでしたから、そういう「異業種の詳細は分からない」はお互いさまで、通翻ひとまとめにされるのは仕方のないことなのでしょう。大事なのは、「知らないことはお互いさま」「相手の仕事について知ろう」と思う気持ちかなと思います。
最近では、通翻の違いを「陸上の100メートル走と3000メートル走の違い」にたとえています。「同じ陸上ですけど、両方やる選手はまずいないですよね」と説明すると「ナルホド」と納得して頂ける感じです。実際は(特に社内通翻訳の場合など)通訳も翻訳もやられる方も一定数おられますから、「100メートル走と800メートル走」くらいが妥当な開きかなと思うのですが、外の方は、これくらい離さないと実感が湧かないみたいです。


全体を通して、多くの最先端の機器に触れました。
最先端の画像解析システムでは、CT画像から立体的な臓器の画像が再構成され、さまざまな角度から多くの情報を得ることができます。カラー画像は「そこまでできるの?」て感じ(メーカーや医療従事者の方には普通なのでしょうけど)。しろうと的にはこれだけで十分手術計画が立てられるのではないかとさえ思えました。

...なのですが...

あまりにも画像上でさまざまなことができるだけに、「それだけに頼るようになる」という危うさと隣り合せでもあるように感じました。医療機器の開発・高度化には目を見張るものがあります。それが、医療従事者を雑事から解放し、診断や処置を容易にし、患者を救うものであるのは確かなのですが、それだけに、きちんと患者の顔を見ず患者との対話を軽視する方向に進んで行ってしまう怖さもあるのではないか、と医療機器実習を受けながら不埒な考えを(ちらっと)抱いたことを、ここに白状しておきます。
もっとも、それは、医療機器側の問題というより使う側の問題と言えるのかもしれませんけど。

翻訳では、(内容理解の正しさも含む)訳文そのものの質と、訳抜け・誤記・転記ミス・表記揺れなどのケアレスミスがないという意味での訳文の質が車の両輪に例えられますが(つか、ワタクシが勝手にそう言っているだけなんですが)、医療も、医療機器から得られる情報と患者問診を通して得られる情報を両輪とすることを忘れないで発展してほしいと思うのでした。

...うーん、こじつけすぎ??

「雑感です」と書いたとおり、脈絡のない記事になってしまって、ホントすいません。
関連記事
2017.09.22 11:57 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
今年のプログラムが発表になりました。
https://www.jtf.jp/festival/festival_program.do

昨年は、プログラムの内容を見て初参加を決めたわけですが、(個人的には)今年もそれに勝るとも劣らないプログラムだと感じました。

今年は幸い、さまざまな状況がまだ「行けそう」な感じですので、近日中に申込みさせて頂くことになるでしょう。

とはいえ、来年以降は分かりません、というよりたぶん...無理(とか言ってて、またおったらすいません。幽体離脱した霊体が一瞬かたちをとったものと考えて、見なかったことにしてください)。
ですから、同じレベルのプログラムが来年以降も続くようなら、関西でも入場料を取ってライブ配信してほしいなあと思っていたら、同じようなことを考えている方がTwitterにもおられました。

関西から参加する場合、最低1泊2日が必要です(疲れ具合を考えれば、できれば2泊3日ほしいところです)。地元で何か起こっても、すぐに帰宅することはできません。
関西で聞くことができるのであれば、「丸1日」と「在来線で1時間強で帰宅できる」までハードルが下がります(<あくまで自分のことしか考えていませんが)。

・実行委員の方の負荷(恐らく現在でも相当な負荷がかかっていることは想像に難くありません)
・関西での積極的なサポートが必要(会場準備・設営・事前の確認試験など)
・登壇者の意向(会場のみの発信にしたい方もおられるかもしれない)
・他の地域(九州、中国四国、東北、北海道など)との地域格差

などなど、少し考えただけでも、次々と越えるべきハードルが浮かんでくるので、実現は無理かなと思いますが、将来的な可能性として検討して頂ければなあと思いました。
(技術的なことは分かりませんが、東阪同時配信はMEIの土曜講座で体験済みなので、その部分のハードルはそこそこ低いのかなと)

もちろん、すべての配信は無理でしょうから、たとえば、事前にとったアンケートで人気の高かった4プログラムを配信するなどのやり方になるとは思いますが。
それが無理であれば、(可能であれば)セミナーのように、DVDとして後日有料で販売するという方法も考えて頂ければ嬉しいかなと。
(今回も聞きたいプログラムのバッティングは必至ですから、出席しても購入するかもしれません)

あくまで、事情を分かっていない1翻訳者の勝手な希望です。「事情も知らんと」と言われることは想像に難くありません。
ただ、今後の可能性のひとつとして、心の片隅にでも止めて頂ければ幸いです。

もちろん、後日JTFジャーナルに詳細な報告が掲載されますし、当日のツイートである程度内容を知ることもできます。
ですが、全編を通して話を聞くのとレポートを読むのとでは、伝わる内容や突き刺さる度合いが違います(少なくとも私はそうでした)。

全編を通して聞きたい/多くの人に聞いてもらいたいプログラムが目白押しだと思われただけに、とても残念に感じました。


てことで、最後になりましたが、実行委員の皆さま、今年も粒ぞろいのプログラムをありがとうございました。
無事に出席できた暁には、今年も、一昨年までの自分のように「行きたい、けど行けない」皆さんのために、(私情満載の)詳細なレポートを書かせて頂きたいと思っています。
てか、その前に最後まで脳味噌を保たせる体力をつけないかんのだった。
関連記事
2017.09.20 14:25 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
先日、「医療機器関連の辞書や参考書でお勧めのものはありますか」的な質問を頂きました。
そうなんです、ジツは「屋根裏通信」は医療機器翻訳者のサイトだったのでした(本人も忘れていることが多い)。

そう尋ねたくなる気持ち、分からないでもありません。
製薬分野の翻訳だと、医学辞書を中心にそろえていくことになるかと思うのですが、「医療機器」に関して言えば、あまりにも扱う範囲が広すぎて、一般的な辞書以外に「これはMUST」的なものを挙げるのが難しいのです。私も、機械電気度の高い案件、生体関連度の高い案件、(非)臨床試験関連案件で、使用する基本辞書セット(?)や参考書はビミョーに異なります。そのあたりは、慣れで見当をつけていくしかないような気もします。もっとも、これはどの分野もそうかもしれませんが。


・翻訳者必携の英語・英英・国語辞典については、帽子屋さんのブログやセミナーやさまざまな書きものを参考にしていただくのがよいと思います。
「禿頭帽子屋の独語妄言 side A」 http://baldhatter.txt-nifty.com/
・NESTさんの「翻訳者の薦める辞書・資料」のサイトも大変参考になります(情報が膨大すぎて、ワタクシはいつもキャパ超え死してしまうのですが)。
「翻訳者の薦める辞書・資料」 http://nest.s194.xrea.com/lingua/


こうした大先輩にはもちろん適うべくもありませんが、以下に、医療機器翻訳者Sayoの普段使いの辞書や辞書ブラウザを記しておきます。
技術系翻訳10年(ほとんどが休眠期)+医療機器翻訳6年(わりとがっつり働いてます)の試行錯誤の結果です。
(これまでもそうだったように、今後も少しずつ「自分にぴったりのもの」を取り入れつつ変化していくと思いますので、あくまでも現時点、てことで)


1 対訳君医学版ACCEPT

翻訳会社提供の辞書検索用ツール(内蔵辞書+登録辞書)
http://www.mcl-corp.jp/software/s_main.html
残念ながら、2015年6月でパッケージ版販売が中止になり、その後音沙汰がないので、今後の入手は不可能かもしれません。
ワタクシは辞書ブラウザの一つという感覚で使用しています。
利点:内蔵辞書の「医療統計用語辞典」、別売の「ICHガイドライン+薬局方」が手放せない。対訳入力窓を「かんざし」的に使用して、辞書グループ別に編成した複数ウィンドウの辞書を串刺し検索できる。Windows 10でも動作する(らしい)。
欠点:そもそも新たに入手できない。ICHは古いものしか対訳がなく薬局方は15版である。最新のLogoVista辞書は登録できない/登録できるが文字化けがひどい/登録できるが検索しようとすると「対訳君」が落ちる。「かんざし」で串刺しはできない。

と、利点・欠点ありますが、ワタクシ的にはメインの辞書検索ブラウザとして便利に使っています。
デフォルトで立ち上げる辞書ウィンドウは以下のとおり。

英辞朗(裏取りは必要ですが、やっぱり便利)
WordNet+Webster 1913
英語辞書(ビジネス技術実用大辞典、新編英和活用大辞典、リーダーズ2版+プラス)
医学辞書(ライフサイエンス辞書、医療統計用語辞典、南山堂医学英和大辞典、インタープレス版バイオ・メディカル用語対訳)
研究社新和英大辞典(全文検索にして英和訳語探しに使用)

*英語辞書のビジネス技術実用大辞典、新編英和活用大辞典はPASORAMAでも見られますが、対訳君の方が見やすいため主にこちらを使っています。
*この他にICHと薬局方メインの対訳ウィンドウも開いています。
*現在未使用ですが、SIIエンジニアモデルが寿命を迎え「180万語対訳大辞典」が使用できなくなったときに備えて「日外科学技術45万語対訳辞典」も確保(どのブラウザでも開ける優等生であります)。

2 LogoVistaブラウザ

英語辞書(ジーニアス英和大辞典、リーダーズ3版+プラス)
国語辞書(日本語大シソーラス、日本語コロケーション、類義語使い分け辞典、明鏡国語辞典)

3 EBWin

対訳君とほぼ同数の辞書を登録していますが、現在は「翻訳訳語辞典」のみを開いています。

4 SII電子辞書SR-G9003(エンジニアモデル)をPASORAMA接続
(Dayfiler医学モデルも所持していますが、あまり出番がありません)
*残念ですが、SII電子辞書も販売終了となっていて、現在ではAmazonマーケットプレイスなどでしか入手できません。

2、3、4は、単体で検索する場合もありますが、たいていはかんざしで串刺し検索します。

5 デフォルトで開いている辞書関係のウェブサイト

Japan Knowledge Personal
http://japanknowledge.com/personal/
(主に、英英辞典を使用していますが、日本語の意味の確認などにも使用。まだまだ使いこなせていませんが、それでも便利)
ライフサイエンス辞書
https://lsd-project.jp/cgi-bin/lsdproj/ejlookup04.pl
(対訳君に入っているものは古いので、ワタクシは基本的にウェブのライフサイエンス辞書を使用しています)


ワタクシは「身体に入れる系」の医療機器の翻訳がほとんどですので、医療機器翻訳の中でも医学寄りだと思うのですが、それでも「医学度」の高い案件とそうでない案件があります。
「医学度」が高い案件の場合は、上記の基本セットの他に、必要に応じて、以下の辞書グループや辞書サイトも開きます。

・LogoVistaの医学辞書グループ(医学書院医学英和大辞典、研究社歯学英和辞典)
・循環器用語集(循環器案件が多いので)
http://www.j-circ.or.jp/yougoshu/
・日本医学会用語辞典(訳語が複数あるときは、コチラのサイトの用語を採用することが多い。無料ですが登録要)
http://jams.med.or.jp/dic/mdic.html
・臨床試験用語集(治験関連案件の場合)
http://www.tri-kobe.org/cdisc/glossary/glossary.php


また、マーケティング案件など、日本語で悩むことが多い案件の場合は、以下のサイトも開いておきます。

・少納言(現代日本語書き言葉均衡コーパス、コロケーションを確認したいとき)
http://www.kotonoha.gr.jp/shonagon/
・連想類語辞典(注意して使用する必要はあるかと思いますが、思いがけない訳語を思いついたりするのだ)
http://renso-ruigo.com/


紙辞書や参考書は、案件によって参照するものが違ってきますが、医学関連でよく参考にするのは、

「FDAの事典」(薬事日報社、第2版) 医学和訳者必携(ホンマか<自分)。
「医療機器の生物学的安全試験」(情報機構) 非臨床試験関連案件の場合。いやもう、「使い倒したる」と握り拳せざるを得ないようなお値段です。何といっても「情報機構」さんですから。でも、何度も助けて貰いましたので、たぶんもとは取ったと思う。
「新版・知識整理のためのペースメーカ・ICD・CDT/CDT-D・ILRブック」(メジカルビュー社) この本なしには、特に循環器の電気生理案件には立ち向かえません(あくまでも個人的な感想です)
「医療機器開発ガイド」(じほう) 法規制の確認に。
関連記事
2017.09.05 23:36 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(8) |