屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「足音もなく不意打ちで冬が背後に立っていました」感のある今日この頃ですが。


夏以降、「医療機器だけど何やねんそれ」的な案件を2、3回担当しました。
そのときにお世話になった辞書たち。いずれも、フリーでウェブ上で参照/ウェブからDLすることができます。

「鉄道技術用語辞典」(公益財団法人鉄道総合技術研究所)
http://yougo.rtri.or.jp/dic/

グラフィックデザイン用語英和辞典
http://www.fishtailstudio.com/pages/gd.html

上の辞典は、提供元から考えて信頼度はかなり高いのではないかと思いますが(紙版も出版されています)、何しろ鉄道案件は初めてでしたから、勘が働かず、いちいち「辞典にある訳語は案件の文脈に照らして適切かどうか」を確認しなければなりませんでした(鉄道も奥が深そうなのだった...)。

下の辞典は個人の方の提供ですが、説明が分かりやすく、相互参照も豊富で、適宜裏取りしながら使用する分には問題ないと思います。

上は確認に時間を取られ、下は「マーケティングもどき案件」でしたので訳語選びに呻吟し、疲弊度はハンパなく時間単価も低かったのですが、終わって思い返してみればなかなか面白い案件でした(とはいえ、こんな案件ばかりでも収入的にツラいので、ときどきがいいかなと思ったりしますが)。
今後は、医療機器をベースに「循環器分野が得意だが、医療機器関連であれば、広くさまざまな内容・分野に対応可能」というスタンスでいくのも悪くないかなと思ったりしています。読者を想定し、文体を考え、どのレベルの言葉を使用するかを考えるのって、結構楽しかったり(量的に一番多い報告書はあまりそういうことを考えることはないので...ラクっちゃラクですが)。

そんなわけで、日本語辞書環境と使うヒト(ワタクシ)の性能をもう少し強化したいなと考えている秋の夜なのだった。
関連記事
2017.10.18 23:56 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |