FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


ごぶさたしました。
7月は(当社比)超絶忙しくしておりました。

まだしばらく修羅場は続きますが、タイトルにある「シノプシス」を提出して、一瞬気を抜いている今しかブログは書けん! ということで、こんな時間ですが机に向かっています。

そんなわけで、7月は原書を1冊リーディングし、シノプシスを書きました。

詳細は書けないのですが、こちらからの持込みで、とりあえず出版企画会議までは連れて行ってもらえそうな雰囲気です。

今春、初めてざっと読みしたときから、「この本は日本でもいけるかも」と思っていた本でした(ちなみに、これまで聴き流したり読んだりした「これは」という原書が、ジツは翻訳中だった/すでに訳書が出ていた、ということは何回かあったので、嗅覚は悪くないかもしれません)。

ある方に「この本いいです!」と熱く語った結果、その方が、とある出版社につないでくださり、「シノプシスを」という話になりました。
結構急に話が進んで怖くなり、恩師に相談して、「紹介したい本なら、とにかくやってみなさい」と背中を押して頂きました。
(ワタクシは、これからも軸足は医療機器でいくと思いますが、一生に1回は本を訳してみたい、という気持ちはあったりします<貯金のあるうちに)

リーディング講座」を受講したときも、ここまで想定していたわけではなく、ノンフィクション講座を受講したときも、「考え方や表現の幅が広がれば」くらいの気持ちでしたが、本当に、いつ何がどんなかたちで役に立つか分からないものです。(やり方として無駄なやり方というのはあるとしても)無駄な勉強などないのだなと、しみじみ思いました。

シノプシスを書くにあたっては、リーディング講座のレジュメと返却された赤入りシノプシス、それから「文芸翻訳教室」(越前敏弥)の該当部分を参考にしました。

講座では、5日で2冊分のシノプシスを書き上げていましたので、「3日もあれば」と考えていましたが、甘かったです。
週初からぼちぼち書き始め、木曜日から仕事は休み、最後の2日は仮眠を挟みながら、よれよれになって、先ほどやっと書き上げましたです。
章毎に、適切な長さで、必要情報を落とさず要約することの何と難しいことか(まあ、内容にもよるのかもしれませんが)。
パラグラフ毎とはいえ、勉強会で要約をやっていたのが、少しは役に立ったかもしれません(本当に、無駄な勉強などないのだった<しみじみ)。

「リーディング講座」では、私はいつも「あらすじが短すぎる」と指摘を受けていました。
自分では「あまり長いと読んでもらえないし」と考えていたのですが、実際に仕事としてやってみると、「内容の全貌を知ってもらうには、それなりの情報を盛り込まなければならない」ということが分かりました。やはり、講座受講時は、「(シノプシスの)読者が内容を知るにはどこまで書かなければならないか」という意識が甘かったような気がします。
とりあえず、今の自分にできるベストは尽くしました。

今後の流れとしては、

1. 企画会議でボツる
2. 企画会議を通るが、別の方が翻訳する
3. 共訳する

のいずれかになると思います。1か2止まりかな~。
「シノプシス」を書く前は、「力のある訳者さんの翻訳で、この本が世に出てほしい」という清らかな(?)気持ちでしたが、書き上げた今は、何だかこの本が本当に可愛くなってしまって(苦労させられた子ほど可愛いと申します)、自分も訳したいというヨコシマかつ大それた欲も出てきたりしています。
とはいえ、それはワタクシの一存でどうなることでもないですし、万一そうなったらなったで、毎日の仕事との兼合いに悩むことになると思いますので、今は考えずにおこうと思います。
相談したとき、恩師が、「たとえ翻訳できなかったとしても、(シノプシスを書いたことは)Sayoさんの力になるでしょう」と仰ってくださいました。その言葉を忘れず、また日々の仕事に精進します。

疲れた~、明日はまず寝坊するよー。
関連記事
2018.07.30 02:37 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

命知らず(ノーテンキともいう)の集いです。
現在、4名のメンバーが在籍しています。分野はさまざまです。
連絡や訳文の提出、勉強会資料(皆の訳文をまとめたもの)の受渡しは、FB上で行っています。
入会に際しては、管理人さんの厳正な審査があります(うそ>とてもやさしい方です<<ただし、「メンバーは管理人さんに対してとても厳しい」<管理人さん談)。
ワタクシは、自称私設第1秘書を務めています。

設立経緯(主に、なぜワタクシが巻き込まれたか)は、「勉強会、なければつくる」にもう少し詳しく書いています。


「どんな感じの勉強会でしょう」というお問合せをいただきましたので、FBグループに掲載している「勉強会の要旨」(の一部)を再掲しておきます。
「仕事を言い訳にしない、厳しい勉強会にしたいね」というところから出発しているため(...その割に和気藹々とやってますが...)、入会ハードルはかなり高く設定されています(でも、これまで、誰も課題提出の締切りをぶっちぎったことはなく、勉強会出席率も100%なのだった!>でないと、退会させられるのだよ>うそ、管理人さんの前で涙を流せば大丈夫です、たぶん)。

***

* 分野を問わない、英文和訳の勉強会です。「英文を読む力」「日本語を書く力」の向上を目標とします。
* 期間は当面1年を予定しています(2018年2月~2019年1月)。 
* テキストとして「The Best American Science and Nature Writing 2017」を使用します。参加者は自分自身でテキストを購入する必要があります。
* 月1回、基本的に第3または第4金曜日の午後の開催を予定しています(3時間程度)。入会された方には日時・場所を別途連絡します。
* 2回で1本のエッセイ(A4 20枚前後)を取り上げます。各回提出課題があります。1回目で全体の流れを抑えながら、文法について勉強し、2回目で事前に提出していただいた訳文(2~3パラグラフ)を検討する予定です。
* 課題を提出された方のみその回の勉強会に参加することができます。課題を提出された方(勉強会に欠席された方を含む)には勉強会録を配布します。
* 10~12回(予定)の勉強会中、仕事その他の理由で、3分の1以上出席できない可能性が高い方は参加をご遠慮ください(ただし、家族・本人の病気や介護など、やむを得ない事情による欠席はこのかぎりではありません)。
* 途中からの参加は可能ですが、2回で1区切りのやり方を予定していますので、参加表明された時期により、1ヵ月以上お待ちいただく可能性があります。
* 勉強会参加費として、1回につきMAX 1500円を徴収する予定です。

***
* 曜日は、現(1期)メンバーが参加できる曜日を最優先した結果です。ご了承ください。

>1回目で全体の流れを抑えながら、文法について勉強し、2回目で事前に提出していただいた訳文(2~3パラグラフ)を検討する予定です。

の部分は、基本はこれを踏襲しつつ、手法についてはその都度話合って修正しています。


これまでの勉強会から得たものは、各メンバーによって少しずつ違うと思うのですが、皆さん、それぞれ考えるところがあるようです。

ワタクシ個人としては、まず、我流の要約を管理人さんに矯正していただきました(まだ、なかなかそのとおりにはできませんが)。
また、それまで、流ればかりを気にしていましたが、「すべては文法に始まる」ということを再認識し、少しだけ読み方が変わりました(管理人さんの仰る「精読」に若干近づけた感じです)。
さらに、皆さんの訳文を拝見することで、自分には「ときに、自由すぎて、力業で文法をねじ伏せる訳文を作ってしまう」(←勝手訳へのはみ出し)という弱点があることにも気づきました。

今は、「自分はこうなんや」というところに気づいた段階で、「では、どうすればいい」「何をすればいい」という部分はまだ手探りというのが正直なところです。
(我流がすぎた部分もあるように思いますので、もう少し、関連書籍に目を通す必要があるということも痛感しています)
「どうしてもっと早く(老眼が来ないうちに)この勉強会に出会わなかったの~、自分、バカバカ」という思いもありますが、同時に、「この先」を意識した今だからこそできたのかもしれないとも思っています。

詳しくは、公開勉強会で♪...結局、それが言いたかったのだった。
関連記事
2018.07.14 15:25 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

第5回勉強会終了。
ひと月が早い...

今月は新たなエッセイの要約に取り組みました。
エッセイのタイトルは「The DIY Scientist, the Olympian, and the Mutated Gene」。
以下のサイトで全文(+ Update)を読むことができます。
https://www.propublica.org/article/muscular-dystrophy-patient-olympic-medalist-same-genetic-mutation

前回の反省(要約するパラグラフ数が多すぎて「やっつけ」になってしまった)を踏まえ、今回は、パラグラフ数を5分の1まで減らしました。


***
その前に、今日は、管理人さんが教えてくださった、文章難易度確認ツールを紹介しておきます。
それは、Gunning’s Fog Index (FOG) というもの。
http://www.readabilityformulas.com/gunning-fog-readability-formula.php

Fog Index Calculator画面の該当箇所にテキスト(150w~3000w)を貼り付けると、文章の難易度(Grade Level=何年生に適する文章か)を計算してくれます。
もちろん完璧な指標ではないのですが、ある程度の判断材料にはなりそうです。

管理人さんが、このCalculatorを用いてこれまでのエッセイ課題の難易度を測定したところ、
1回目の「The Art of Saving Relics」は15.03
2回目の「A Song of Ice」は12.14、
今回の「The DIY Scientist, the Olympian, and the Mutated Gene」は10.43
という結果になったそう(体感的には「A Song of Ice」が一番しんどかったですが)。

つまり、この指標から判断すれば、今回の課題は、これまでで一番簡単(=読みやすい)ということになります。
確かに、長いっちゃ長いですが、ストーリーも追いやすく、読みやすい文章だったと思います。
***


閑話休題。

そんなわけで、パラグラフ数も減ったこともあり、じっくり要約ができたかと言えば、実際はそうではなく。
今回のエッセイは、非常に要約しにくいものでした。
2~3行の短いパラグラフが多い上に、最後の文が次のパラグラフの頭で言い換えられたりしていて、「てゆーか、トピックセンテンスどこやねん」状態のものが多かったのです。

「要約しにくかった」というのは皆さん感じておられたようで、今回の勉強会は、まず、「今の要約方法でよいか」を議論するところから始まりました。

今のままでよいかどうかを判断し、そうでない場合どうするのが最適かを考えるには、まず、要約の目的に立ち帰らなければなりません。
「パラグラフの内容をきっちり読み取り、前後のパラグラフとの関係にも注意しながら、書かれていることを簡潔にまとめる」というのが要約の目的なのですが(たぶん)、それは、「長い文章をきちんと読み、訳す」という目標に近づくための手段でもあります(たぶん)。

要約自体にも目的はありますが、同時に最終目標を見据えた手段でもあるので、今の方法だけに固執する必要はないのかもしれません。
今回のエッセイのような文章では、パラグラフ毎ではなく、複数パラグラフ(1行開き~次の1行開きの部分まで)をまとめて要約する方が、「全体をきちんと読み、訳す」という目標につながりやすいような気がします。

というわけで、今後は、文章によって、従来の要約法、複数パラグラフまとめ要約法(+各パラグラフの役割明示)のいずれの方法をとるかを選択しようということになりました。
また暗礁に乗り上げるまで(毎回乗り上げているという説もあり)、この二者択一法でしばらくやってみます。

その後、各人の要約の比較と個別パラグラフの吟味を行い、次回訳出箇所(3パラグラフ)を決めました。
また、どちらの要約法を採用するかを話し合うため、次のエッセイもひと通り読んで、いずれの方法が適切かを考えてくることになりました。
(この年になって、夏休みの宿題と戦うことになろうとは...トホホ)

少人数の勉強会のよいところのひとつは、こうやって、そのつどきめ細かな修正をしていけるところかなと思います。
また、それぞれのお勧め図書紹介の時間も(皆、1~2冊お勧め図書を持参)、楽しい息抜きになっています。

今回、要約についてもう少し考えたかったので、Amazonさんに、管理人さんお勧めの「英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編」 を注文してみました。


***

(無謀な)おしらせ

11月10日(土) 13時~3時間程度、神大クラブセミナールームで、当勉強会の公開勉強会を行うことになりました。
(皆、かなり命知らずなのだった)

① 「立上げ準備→立上げ→今」までの経緯を簡単に説明します(今後、自分たちで勉強会を行う際の参考にしていただければ嬉しいです)
② 公開勉強会(課題あり、3000ワード程度のエッセイのうち、2パラグラフ程度を要約、1パラグラフを訳出してきていただく予定です)
③ 課題エッセイを利用したグループワークを考えています。
(順不同)

詳細は、夏が終わり体力が回復してから、告知する予定です。
いっしょに勉強してみたい、講師的位置付けのメンバーがいない自主勉強会の雰囲気を感じてみたいという方は、気楽に参加していただければと思います(スイマセン、うちらも貧乏なので、参加費を頂戴します)。
(と書きながら、「本当に大丈夫なんだろうか」とかなり不安なSayoなのだった>冷房よりもいい感じに涼がとれています)

なお、11月には、E田和子先生のセミナーが予定されているようです。
サンフレアさんのHPには、「11月中旬に大阪で開催いたします」とあります。
http://www.sunflare.com/academy/?p=11223

もしも日程が重なった場合は、躊躇なくE田先生を選んでいただければと思います。
(会場やメンバーの都合上、この日にしか設定することができませんでした、ご容赦ください)
とはいえ、誰にも来ていただけないのも、それはそれで哀しいので、心ある方(?)は冷やかしに来ていただければ嬉しゅうございます(課題あるけどな)。
関連記事
2018.07.13 21:41 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
つつがなく終了しました。
廃人継続中のSayoです(スイマセン、体力ないもんで)。

思いつくままに書き留めておきます。

まずは、おそらくこちらの記事を読んでくださるに違いない、講師の皆さま、ご参加くださった皆さま、ともに実り多く楽しい勉強会を作り上げてくださってありがとうございました。
懇親会でも、各所で翻訳に関する熱い談義が交わされていたようで、出席された方の「もっと学びたい」という気持ちがひしひしと感じられ、お世話させて頂いた側としては、こんな嬉しいことはありません。
今回、勉強会や懇親会に参加できなかった方は、また何かの機会に是非(あ、ワタシがやるとか言ってないです<念のため)。

会場、かなり暑かったですね。あれでも、エアコンは「High」設定で全力で仕事をしていたので、許してやってください(建物かなり古いのです)。

今回、前半の講義部分は、一番後ろの席で、運営目線で(って何さまやねん<自分)全体を見させて頂きました。

皆さんが、熱心に聞き入ったりメモを取ったりなさるのを拝見するのは本当に嬉しいものです。
離れたところから拝見していると、たとえば、皆さんのメモ取りの手が止まったり、T橋(さ)さんが若干早口になられたりしたところで、F井さんが合いの手を入れて交通整理をしてくださったり、T橋(あ)さんが「今、資料のココ~♪」と頭上に資料を掲げて示してひと息入れてくださったりしているのがよく分かります。今回もピッタリ息の合った絶妙のコンビネーションであるように思えました。


配布された資料には、5月のシンポジウムの内容が反映されており、前半の講義は、シンポジウムや翻訳祭で語られた内容を盛り込んだ最新のものになっていました。
前半最後のワークには前回と同じテキスト(T橋(さ)さんご自身の文章)を使用しましたが、前回の自分の結果と見比べてみると、異なる解答をしているものも少なからずあり(しかも、前回きちんと分類できていたものができていなかったりしとるし!)、自分は進歩できているのか退歩しているのか分からんわーと若干落ち込みながら、今この報告書を書いています。

今回は、このワークに関する質疑応答でかなり熱い議論が展開されたのですが、面白いと思ったのは、発言された方の多くが「英訳することを考えると」的なことを仰っていたこと。白状しますと、自分自身はその点をきちんと意識しながらやっていたわけではありませんでした。
今改めて考えてみると、「どんな英文からだと、この日本語ができるだろう」という風に考えながら作業をしていたように思います。それを、自分としては「英訳」と認識していなかったのですが、よく考えてみれば、「こういう英文ならこう訳す」と「この日本語なら英文はこうだろう」は、表裏一体の関係のような気もします。もちろん、英語表現をもっときちんと自分のものにしなければ英訳はできないには違いないのですが、「英訳は和訳の学びになり、和訳は英訳の学びになる」というのは、この基本の部分をしっかり理解し確立させてこそ実現するものではないか、という気がしました。
上手く説明できなくてすいません。「頭のすみをちらっと掠めて何かが行きすぎた」的な気分です。そのときも疲れてましたし、今も廃人ですので(と言い訳してみる)。

後半の訳例カードも前回と同じで、most(の訳語)の現われる位置によって、訳文の書かれたカードを分類するというものでしたが、1枚1枚きちんと復習したわけではないので、ほとんど内容を忘れてしまっており、また新たな気持ちで挑戦しました。
ちらちら見ていると、どの班でも、最後の方では皆さん積極的に発言されていたようで、ゲーム感覚で楽しみながらやっていただけたのではないかと思います。
最後の班別発表では、発表者の方から「実際に音読してみるとまた違いますね」という発言もあったりして、それぞれがさまざまに得るものがあったのではないか--そうであればいいなと思っています。


自分自身を振り返ってみれば、前回「述語から読む・訳す」に参加してから、「位置を固定してぴったりの言葉を探す」ところから、「位置を変えてぴったりの表現を探す」「どこまで表現を変えても文全体として等価になるか」といったところに意識が向くようになったような気がします。
ただ、ワタクシの悪い癖として、「ひとつのことに意識を向けるとその他の部分がお留守になる」ということがあり、最近では、「文全体としての等価」ばかり考えすぎた結果、勉強会で「...かなり自由ですね(注:ほめ言葉ではありません)」と評される羽目になり、シンポジウム後、文の切れ続きばかりに意識が向いてしまって、他が疎かになるということがありました。
「まずは原文の文法をきちんと理解し、その上で、流れも意識しながら、原文の意図・対象読者を考慮した、日本語としておかしくない訳文を作成する」、どれかを置き去りにすることなく、すべてを過不足なくできるようになる、というのが目標です。そのための訓練のひとつとして、(それだけに意識が偏らないよう注意しながら)「述語から読む・訳す」で学んだことを、「自分の中に」もっとしっかり取り入れていきたい、その再確認の場となった「大阪でもレッスン!」でした(とか、カッコいいこと言って、ホンマは段取りと懇親会のことしか考えてへんかったけどな)。


講師の皆さんは素晴らしい方々でしたが、講師が素晴らしいだけでも、事務局がしっかり準備しただけでもだめで、参加者の皆さんが積極的に参加してくださって初めて「よい勉強会」が成立するのではないかと思いました。最初に、F井さんが「翻訳のレッスンの該当箇所を読んできてくださった方」と尋ねられたとき、全員(だったと思う)が挙手されました。始まる前から積極的にご参加頂き、本当にありがとうございました。


事務局は本日をもちまして解散致します...はずでしたが、いろいろとオトナの事情(?)があり、当面存続することになりました。
次のお知らせをすることが...あるかもしれません。期待せず、気長にお待ちください。
関連記事
2018.07.03 18:02 | 大阪でもレッスン2018・跡地 | トラックバック(-) | コメント(0) |