FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「スイート・ホーム殺人事件」(クレイグ・ライス、1944年)
翻訳は、長谷川修二訳が1957年(ハヤカワ・ポケットミステリ)、羽田詩津子訳が2009年(ハヤカワ・ミステリ文庫、新訳版)。
私は、長谷川訳を、ハヤカワ・ミステリ文庫(1976年初版)で読みました。

14、12、10歳の3姉弟が、ミステリ作家の母に代わって殺人事件を解決するという、コージー・ミステリ。以前にも書いたとおり、「遊園地の移動サーカスで目一杯楽しみました」的な読後感が残ります。
羽田詩津子さんの新訳は未読。きっと素晴らしいものに違いないと思うのですが、なんだかこの長谷川訳が好きで、「スイート・ホーム殺人事件」はこれだけにしておこう、と思ってしまうのです(あくまで個人的な好みです<念のため)。

今読み返すと、言葉遣いは全体に古めかしい(古めかしすぎる)し、米国の暮らしや食べものなど、「それがどんなものなのかよく分からない/日本に入ってきていないので上手く説明できない」ゆえの「?」訳もあるのですが、そうした言葉遣いすら、「70年前ならこんな感じかな」と思えてしまいます。

ストーリーの方は、あまりにも登場人物が多くて(一応、登場人物一覧はあるのですが)最後まで頭の整理ができず、「意外な」というより「この人どんな人だっけ」という人が犯人で(でも、読み返してみると確かに小さな伏線が張られていたりする)、そういう意味で、分かりやすい(?)ミステリーではないのですが、それらの登場人物の多く、特に、3姉弟が「シングルマザーの母の相手に」と画策する独身の警部とその相棒の巡査部長は、魅力たっぷりに描かれています。最初に「殺人事件を解決する」と書きましたが、どちらかといえば「捜査を引っかき回す」に近く、そうしたたくらみや、母と警部をくっつけるために姉弟が繰り出すあの手この手は、読んでいて飽きません。

3姉弟の真ん中のエープリルは、一番賢いのですが、こまっしゃくれた子どもでもあります。彼女の台詞を現代風にしてしまうと、よほど上手く訳さないと「生意気なだけの嫌な子ども」になってしまうような気がします。上手く言えないのですが、古めかしい言葉遣いのゆえに、逆に「やなヤツ感」が緩和されているように感じられるのです。あくまで、個人的な感想ですが。古めかしさが、この作品の雰囲気ともピッタリ合っているような気がします。これも個人的な感想ですが。

ポケット・ミステリでの初版は1957年なので、「嬢や」や「彼女、シャンだわねえ」といった、1970年代後半にはすでに死語に近かった表現がそこここに散りばめられているのですが、そうした表現さえソコハカとなく郷愁を誘います。現代の若い読者には「古い」のひと言で片付けられてしまいそうですが。この小説をもう一度翻訳するとしたら、どんな口調で訳すのがベストなのかはむつかしいところなんじゃないかなあと思ったり。その前に、まず羽田訳を読めよって話ですし、そもそも「古い訳がいいなあ」と勝手に思っているワタクシが言っていることですので、適当にスルーしてください。

ラストの巡査部長の台詞は、長谷川訳では
「ああ、ずっと僕は知っていたさ。僕をだまそうったって無理だよ。僕は九人の子供を手塩にかけたんだもの――だからわかるさ!」
となっています。「手塩にかけた」って、最近はあまり使わないかなと思うのですが、でも、やっぱりこの作品にはぴったりだと思うのです。

そして、最後に原題の「Home Sweet Homicide」。洋書のタイトルは愛想のないものが多いな-、と思うことが多いのですが、これは原題の方に軍配を上げたい見事なタイトルだと思います。
関連記事
2018.09.26 22:27 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

今日はおもに業務連絡です。

申込みサイトのURLは以下のとおりです。
9月23日(日)10時から申込み可能になります。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01brmvzua98m.html

告知に際して何かひと言、と思うのですが、何も思い浮かびません。
正確には、頭に浮かぶことは浮かぶのですが、みな、これまで記事やら告知文やらに書いたことばかりなので、既視感しかなくて。
同じことを繰り返し聞かされる(読まされる)のも飽きますよね。

なので、これだけ書いておきます。

始めてみて実感したんですけど、勉強会って、立ち上げてきちんと続けていくのは本当に大変。
運営ももちろんですが、きちんと訳文に立ち向かおうとすると、まとまった時間を確保しなければならない。翻訳なり要約なりを始める前にいろいろ考える時間が必要なんです(少なくとも私は)。
そのためには、効率を上げる手立てを考えるとか、仕事を若干減らすとか、別の何かを諦めるといったことも必要になってくる。
それでも勉強したいと思うのは、仕事だけに追われていては、いつか自分の中身が枯渇してしまうのではないかという恐れがあるから。

とはいえ、独りで勉強を続けるのはなかなか難しく、どうしても「ま、いっか」と自分に甘くなりがち(←あくまで自分の場合ですが)。
勉強会は、そんな私を半強制的に勉強の方向に向かわせてくれるのです。
その意味では、学校や通信講座とも似ていますが、講座には講師がおられて、最終的には「悪いところは直してもらえる」と甘えることができる。
けれど、勉強会では、何もかも自分たちが責任をもってやらなければならない。ある意味、学校よりも厳しい場であるかもしれません。

というと、厳しく大変なだけと思われてしまいそうですが、それなりの長さのきちんとした文章を読んで、訳文を考える作業はとても楽しい。
仕事では「ここまで言っても大丈夫?」と迷うものも、「勉強会だし」と少し大胆な訳を試してみることもできる(そして滅多斬りされるわけですよ)。
皆さんの訳文をみて(あるいは解釈間違いや言いすぎを指摘されて)凹むことも多いけれど、そうした気づきや指摘も「頑張ろう」という糧になる。

きちんと準備して始めれば、そういう勉強会にすることができる。それも、楽しく。
(今すぐでなくても)自分たちにもできるかもしれないと思ってもらえたら。だって、こんなにシャイで隅っこでこそこそしていた私でさえできるのだから。

私たちの勉強会は、精一杯やってはいますが、決してベストのものとはいえないと思っています。
今後、私たちの勉強会を踏み台に、もっとよい勉強会を運営される方たちがたくさん現れてくださったら、嬉しいな、ちょっと嫉妬したりするかな、などと思いながら、この文章を書きました。

みなさまのお越しをお待ちしております。
関連記事
2018.09.21 00:51 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

第7回勉強会終了。今回は、新しいエッセイ要約の回です。
管理人さんがTwitterで呟いておられたとおり、「ライブ配信したい」濃ゆい内容でした。

公開勉強会(11月)もそれなりに迫ってまいりましたので、当日を意識した、ホワイトボードを使っての要約演習です。
「『翻訳のための要約』伝道師」スイッチの入ってしまった管理人さんの言葉を(時々秘書たちが補足しながら)、ホワイトボードに図解していく形になりました。
書記をつとめたせいもあるかと思いますが、終わってみれば、ハンパない疲れ方でした。心地よい疲労感なんてきれいごとはいいません。もう暫くええわ。

なぜ要約するのか」については、以前、勉強会の記事にまとめています。
読み返してみれば、そうハズれたことを言っているわけではありません。でも、キモの部分を自分の中できちんと咀嚼できていなかったなあと、しみじみ思います。だから性懲りもなく、毎回迷走してしまうのですね。

少し前の記事「パラグラフリーディングのストラテジー ① 読み方・解き方」で、「論理チャートを試してみようと思う」と書いてます。今回、要約にあたって、実際に、段落毎に論理チャート(の・ようなもの)を作ってみました。その結果、どうなったかというと...論理チャートを作ることに気を取られ、知らず知らずのうちに「木を見て森を見ず」の状態になってしまっていました。そうして作成した要約文は、「間違ってはいないけれどどこか間延びした『うーん、なんかなあ』」というシロモノになっていました。公開勉強会では、このリライトしていない状態の要約文を公開しますので、どうぞ笑いに、そして、「エラそーなこと言ってるけどたいしたことないじゃん、自分も頑張れば全然できるじゃん」と感じにいらしてください。
そうやって、失敗できる、失敗して凹める、失敗して学べる、というのが、勉強会のよさだと思います。ある程度厳しくやる必要はあると思いますが(昨日みたいのは、ときどきでええかなー)。


以下、ホワイトボードで整理した、管理人さんを中心にまとめた「要約」について、箇条書きでさらに簡単にまとめてみます。

● 要約は、原文と訳文の間に位置する。
● 原文を分解し再構築する作業。自分の頭の中にあるものを具体化する手段のひとつだ。その意味で、「絵を描く」と通じる部分もあるだろう。
● 翻訳ができる人たちは頭の中でこうしたことをやっている。自分たちは、少なくとも最初は意識的にやってみる必要がある(ということで、要約を試しています)。
● 正しく分解するには、原文を精読する必要がある。その過程で文法の知識も必要になる。
● 再構築するときは、自分の言葉で言い直すことが大切だ。そうすることで語彙も増える。辞書から拾ってきた言葉だけでは、適切な訳に至る要約はつくれない。
● 要約の際は、前後の段落とのつながりも考慮する。その際、接続詞を用いないでつながりをもたせる訓練をしてみる。
● 要約の目的はあくまでも適切な訳文を作成するための中間手段だ。要約が目的になっても要約にとらわれすぎてもいけない←今回、ココを忘れがちになっていたヒト。


勉強会当日は、管理人さんが、もっとやさしく(厳しいのは秘書に対してだけなのでご安心ください)噛み砕いて、説明してくださいます。

...と書くと、「管理人さんを講師とする勉強会」のように誤解される方もいらっしゃるかもしれません。秘書たちが管理人さんから学ぶことが多いのは事実です。でも、管理人さんだって、完璧ではなく、読み間違いもされますし、「...(間違いじゃないんだけど)」という表現を使われることもあります(その稀少な機会に秘書たちが恐る恐る切り込んでいくわけですよ)。ですから、やっぱり、みな同じ立場の自主勉強会だと思っています。当日は、もちろん、秘書たちも積極的に参加します。

興味を持たれた方は、気軽に覗きにきてみてください。
来週中には告知画面を開設し、来週末には募集を開始する予定です。
(その際はまた、本ブログや管理人さんのTwitterなどで告知します)

皆さまのご参加をお待ちしています。
どうぞ宜しくお願いいたします
関連記事
2018.09.14 17:22 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

8月末、図書館に読みに行ってきました。
(まず図書館で読んでから買うか買わないかを決めるという、翻訳者の風上にも置けないヤツです)

今号は、辞書の特集、特に、高橋(うんのさんの辞書)、遠田(オンライン英々辞書)、境田(国語辞典)のお三方の「レッスン」を詳しく読みたかったので、購入を決めました。

高橋さんの「うんのさん辞書活用術」は知っていることが多かったですが、それをもう一度再確認できた感じです。画面のスクリーンショットがたくさん提示されているのもありがたい。
私は普段串刺し検索には「対訳君」を使用しているので、用例の検索がイマイチ分かりにくいのですが、それでも、用例はよく参照します...というより、これまで、どれだけ用例に助けられてきたことか。
他の方も仰るとおり、私にとっても「うんのさん」(ビジネス技術実用英語大辞典V6)は手放せない辞書です。

遠田さんの「目的別おすすめオンライン英英辞典5選」は、「目的別」とあるとおり、「こういう場合はこの辞書」ということが、具体例も含めて明解に書かれていて、とても参考になりました。
私は、普段は、ジャパンナレッジのCOBUILDを愛用しているのですが、もう少し詳しく調べたいときは、Onelookから各種英英辞典に飛ぶことが多いです。遠田さんの記事は、Onelookからまずどこに飛べばよいかを決める指針になりそうです。

そして、境田さんの「本当に役立つ国語辞典の話」。高橋さんも、セミナーなどでよく国語辞典の話をされるのですが、境田さん(今回初めてお名前を知りました)の記事は、それをもっと濃くした(?)感じ。さまざまな国語辞典の特徴を「ナルホド」と思いながら読みました。手元にない辞書では、「基礎日本語辞典」(KADOKAWA)に食指が動きました。我が家的にはなかなか宜しいお値段なので(秋は色々と物入りです)、まずはリアル書店で中身を確認したいかなーと。最後の「目的に合わせて使うためには、トリセツである『凡例』を読む必要があります」という部分は、耳に痛かったです。


「ジャンル別人気辞書ランキング」も興味深く読みました。
「英辞郎」が「英語辞書ならコレ」という英語辞書の1位というのは、若干「...(ビミョー)」。
もちろん、私自身、英辞郎はよく使います。最新の表現で「英辞郎にしか載っていない」というものも多いですから。そして、実際、助けて貰うことも少なからずあるのですが、必ず裏取りをします(たまに、「それはちょっとおかしくない?」という表現も混じっていたりするので)。

「英辞郎」編纂者については、リンク先に「なんでも載っている英和辞書を作りたい」と願う人たち(グループ名=EDP)によって制作されたデータベース(英和形式)です」という記載があるきりで、実際にどなたが編集に関わっているかが分かりません(ウェブの別の場所に記載があったらごめんなさい)。もちろん、皆さん、辞書編纂に長けた方には違いないと思うのですが、編纂者の顔が見えない以上、翻訳会社に申送りをするときにこれだけを拠り所として用いることはできません(少なくとも、自分の中では「英辞郎」はそういう位置付けです)。なので、とても役に立つ辞書ではあるけれど、若干、注意して使用する必要があるかなーと思うのです(生意気言ってスイマセン)。
ちなみに、私は、(「うんのさん」を除外すれば)「ジーニアス英和大辞典」が好きです。

この「ジャンル別」のアンケートの母数は80名だそうです。
私が駆出しの翻訳者あるいは学習者だったなら、たとえばですが、「中堅以上の10名が選ぶ『最初に買う英語辞書3冊+国語辞書(まず1冊)+英々辞書(まず1冊)+その他辞書(余裕があれば)』」+分野別オンライン用語集(信頼度も含めて)みたいな特集を組んでくれた方が嬉しかったかな-、と思いました(あくまで個人的な感想です<念のため)。


辞書特集だけで終わってしまいましたが、他にも読み応えのある特集などがあり、ワタクシ的には、今号は「買ってよかった号」です(辞書特集と「会社を辞めて翻訳者になろう」以外は、まだパラパラとしか見ていないですが)。
そして、1970年代後半から1980年代にかけて、海外SFを読み漁った身としては、SF翻訳家列伝がとても懐かしかったのでした。
関連記事
2018.09.07 01:39 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

8月が終わっても、まだまだ三島由紀夫の『文章読本』が終わらないSayoです(音読なので、と言訳など)
それでも、やっと「文章の実際-結語」まできました(感涙)。

この章には、作家の書く文章に対する三島の考えが書かれているのですが、翻訳者としても考えさせられる部分がいくつもある。その一部を書き留めておきます。

(文章のスピード――枚数/月――は作家によって千差万別という話から)
「文章の不思議は、大急ぎで書かれた文章がかならずしもスピードを感じさせず、非常にスピーディな文章と見えるものが、実は苦心惨憺の末に長い時間をかけて作られたものであることであります。問題は密度とスピードの関係であります。文章を早く書けば密度は粗くなり、読む側から言えばその文章のスピードは落ちて見えます。ゆっくり書けば当然文章は圧縮され、読む側から言えば文章のスピードが強く感じられます」

文学はあまりよく分からないSayoですが、翻訳で考えてみれば、時間をかけてアレコレ考えたり試したりした訳文は、削ぎ落とされた「しまった」訳文になっている場合が多いように感じます。そこが「スピーディな文章」と似ているかなと。翻訳では、「大急ぎで訳した」文章をゆっくりと推敲できるケースは少ないような気がします。特に実務翻訳では。とすれば、やはり「大急ぎで訳さなければならない状況を作り出さない」ということが、まず重要なのかなと思います。やり方は人それぞれだと思いますが。そうやって(推敲も含めて時間を掛けて――と言っても、納期との兼合いがありますが――)「苦心惨憺」した結果が、伝わりやすく「しまった訳文」になるのではないかと。
*蛇足ですが、「大急ぎで訳す」と「翻訳スピードが速い」とは別もので、「速くても大急ぎでは訳していない」という翻訳者の方もおられると思います(ワタクシ自身は、ゆっくりしか訳せないヤツですが)。

「去年書いた文章はすべて不満であり、いま書いている文章も、また来年見れば不満でありましょう。それが進歩の証拠だと思うなら楽天的な話であって、不満のうちに停滞し、不満のうちに退歩することもあるのは、自分の顔が見えない人間の宿命でもあります」

勉強を続けていても、過去より現在、現在より未来の自分は確実に進歩しているというのは、100%事実ではないかも。この言葉は、心の隅に置いておこうと思いました。
だからこそ、長く翻訳を続けていても、折々に「それなりの判断ができる相手に客観的な目で見てもらう」ということが必要なのかもしれません。

(文章が生活環境に左右されるかどうかという文脈で、文章を書くには長い修練と専門的な道程を要する、とした上で)
「われわれの生活環境は、ますます現代(=1973年)の機械化に追いこまれて粗雑な文章の生まれやすいようになってゆきます(中略)しかしそれは文章が生活環境に左右されるかどうかという問題よりも、文章を作るという決意と理想の問題であります」

翻訳も、まず「どんな訳文を作りたいのか」ありきで、「そういう訳文を作りたい」という気持ちがあって、「そのためにはどうすれば」と続くのが理想ではないかと思うのです。


「夏から夏へ」(佐藤多佳子)の感想文を書いたときに、「とにかく何とかして翻訳に結び付けたい病」を発病してしまったSayoです。
「あ、また症状出たね」と、生暖かく見守ってやっていただけると有難く存じます。
関連記事
2018.09.01 18:20 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |