FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


...ラーメン、が話題になりました。

そのセッション、私も聴講するつもりでしたが、体調不良と修羅場により、翻訳祭セッションは全欠席となりました。残念です(←それでも、這って交流パーティには行ったヒト)。

自分の耳で聴いたわけではないので推測ですが、ツイートの内容やセッション内容紹介を読むかぎり、今後、メディカル分野へのMT進出が加速するのは間違いなさそうです。
(*私の機械翻訳の理解は一般的な理解の域を出ませんので、以下の文章は、もしかしたら、機械翻訳を若干取違えているかもしれないこと、ご容赦ください)

他分野の方には「メディカルが(人間翻訳の)最後の砦」みたいな言われ方をすることもありましたが、私は、決してそんなことはないと思っています。
どの分野もそうであるように、文書によっては機械翻訳を用いた方が統一されたものができると思えるものもあります。それもかなり(自分が知っている医療機器翻訳の範囲ですが)。
最初のうちに「機械翻訳→時間を掛けてよいものにPE→機械翻訳にFB」を繰り返して、どんどんよいものを喰わしておけば、それなりの結果が得られるようになるのではないかという気がします。
食べ物にたとえたいのであれば、美味しいものばかり食べてさせれば舌が肥え、不味いものばかり食べさせれば何が美味しいものなのかいつまでも分からない、みたいな。
今は、コスト削減+時短ばかりが叫ばれ、「最初にお金をかけてよいものを仕上げる(その方が最終的によいものができる)」という視点がないような気がします(私の誤解だったら申し訳ないのですが)。

私は決して機械翻訳に反対するものでも拒否するものでもありません。きちんと使えるのであれば、使えるところは使えばいいと思っています(自分がやりたいかどうかは別問題ですが)。前にも書きましたが、「知識の豊富なスキルの高い翻訳者にこそPEをしてほしい」が本音であるならば、PEという仕事を段階評価するなどの工夫をこらし、スキルのあるエディタは高く評価してほしいと思いますが。将来は分かりませんが、現時点では、機械翻訳はまだまだ腕のいいエディタの助けを必要としているように思います。

上記のセッションと同じ時間帯に、「How Machine Translation can help you most」というセッションがありまして、実はそちらにも興味を惹かれていました。

昨晩、パーティ前に頂いた資料を眺めていましたら、某社Bulletinに、このセッションの講師の方へのインタビューが載っていました。そこでは、「MTは注意深く準備されなければならない」「MTは、いわゆる『流暢なエラー』を生み出し...こうしたエラーは、翻訳者が気づきにくいものだ」「ニューラルMTが、どうすれば私たちが望む一定の環境や個別のプロジェクトに適応するのかわからない」とはっきり仰った上で、「それでも機械翻訳のアウトプットが役に立つ」と述べておられます(Post Editor=翻訳者と捉えていらっしゃるようですが)。今となっては、こちらの話の方を聞いてみたかったですね。

私自身は、「自分でいろいろ考えて翻訳するのが楽しい、したい」と思っているのですが、実際的な話をすれば、ここ2~3年で、仕事の内容はかなり変わりました。
ツールを使用しないと公言+処理量が特に多いわけではない、ということから(それが理由の1つであろうと思っています)、出来上り100枚(400字)を超える案件は少なくなり、案件の内容も、「その方が意味が通じるのであれば、原文直訳から離れてもOK」的なものが増えました。今は、これまでと同等の売上げがありますが、現状のまま新規開拓を怠れば(OR単価を上げなければ)確実に売上げは減るだろうと思っています。年齢や環境的なこともあり、今後どうしていくかは悩みどころではありますけど(今の方針は変えないと思いますが)。

今後、機械翻訳+ツール+PEは増えていくのではないかと思います。その流れは止められないのかなと。
そうなったときに「自分で翻訳したい」のであれば、ともかく自分の翻訳力を鍛えておくしかない、というのが今の考えで、それが勉強会にもつながっています。
「これからどんなふうに翻訳に関わっていくのか」に正解はなく、個人個人が決めるしかないことだと思います。でもそこに「自分はどうしたいか」があるべきで、「流されるだけ」はダメなんじゃないかというのが、私の考えです。

ラーメンには私の心も若干ざわつきましたので(笑)、思いつくまま書きました。
あくまで個人的な考えです。念のため。いろいろな考えがあっていいと思います。
関連記事
2018.10.29 00:01 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

今さらレポートですいません。
(軽く体調を崩したり修羅場ったりしていました)

先週日曜日、東京で開催されたK子靖先生の翻訳講座に出席しました。
http://www.aoyamabc.jp/culture/41300/
* 「屋根裏」では、どなたのお名前も、名字の最初の字をアルファベットに変えて表記しています。
K子先生の講座はいつも大人気で、すぐに満席になってしまうそうです。
いつも「いいなあ」と指をくわえて見ていましたが、今回は、通期講座のお試しも兼ねた(たぶん)単発講座でしたので、思い切って上京しました。

事前課題が2題あり、1つはフィクション、もう1つはノンフィクションでした。

フィクションの方は、よく言えば「不思議な味わいのある」、正直に言えば「わけ分からん」短編で、おそらく自分では手に取らなかったであろう一編です。
ところが、不思議なことに、訳出のために何度も読み返し、講義録を見ながら復習していると、これが何とも魅力的な文章に思えてくるのです。
勉強会の課題もそう。最初「わー、これ、苦手」と思っていたエッセイが、最後には何だか可愛いくそガキのようにも思えてくる。
「自分で訳してみる」ことの大切さと楽しさは、そういうところにもあるのかもしれません。殿方や友達同様、「付き合ってみないと分からない」。
話が逸れました。フィクションの方はそんな感じ。
ノンフィクションの方は、意味はとりやすかったですが、児童向けの書籍の一部ということで(FOGスケールでは6~7年生相当の難易度でした)、そういう文章ってどんな感じに訳したらいいんだろう」というところに意識が向きがちになってしまい、原文をきちんと読み込めなかったように思います。3週間前に戻れるなら、自分に「それより先に原文しっかり読め」と言ってやりたいところです。


当日の講義は、先生の試訳と学生訳(通期講座の受講生又は卒業生の方と理解しています)を中心に先生が解説され、当日参加者の訳文からも随時「これは」という訳が取り上げられました。筆がついていけなくて、書き漏らしたものも多いのですが、そうやって紹介される訳には自分の思いもつかないものも多く、他の方の訳文を拝見するのは本当に勉強になりますね。
講義では、描出話法や現在形(フィクションの方は、ほとんどが現在形で書かれたものでした)の翻訳、主語代名詞の処理など、ふだんの仕事ではまず意識することのない翻訳手法の話なども聞くことができ、とても興味深かったです。また、原文の短い文、長い文は、なぜその箇所でそのように書かれているのかを考えながら、訳文にも反映させる(短い文は短くたたみかけるように、長い文はリズムを意識しながら同じように長く)というお話も、訳文を作る際にはあまり意識できていなかった部分でして、恥ずかしくもとても参考になりました。
この他に、27ページにわたる講義録をいただきましたが、実に詳しく丁寧に書かれていて、先生は大変忙しい方と伺っていましたので、これだけのものを用意してくださったことに、本当に頭の下がる思いです。特に、フィクション部分の解説は、ゆっっくり読み返してみると、「なるほど、こうすれば/こう考えればいいのか」という部分が多かったです。

2時間半という時間の中での2課題でしたので、多少早足になってしまった感は否めませんが、改めて自分の弱点を見つめ直すことができ(すぐに実践できるかどうかは置くとして)、実り多い講座だったと思います。


今回、講座を終えて、特に「気をつけなければ」と思った点を2点。
*文法をきちんと押えられていない-この頃では、以前より辞書を隅々まで読むようになったとは思うのですが、まだまだ足りてないなーと実感しました。
*1つのことが気になると、他の部分への注意が疎かになる-前から自覚していることではあるのですが、なかなか「引いてみたり寄ってみたり」が上手くできません。

普段の仕事は、そこまできちんと意識しなくてもそれなりに訳せる場合も多いのですが、他分野、特に勉強会のエッセイや今回の課題のような作品になると、「いいものを作ろう」と力みすぎてしまうせいでしょうか、ひとつことにしか注意が向かなくなってしまいます。寄って、引いて、でも最後は原文、なのに。自分の欠点(のひとつ)だという意識はあるのですが、なかなか。
今回のような講座は、それを改めて自分の前に突きつけてくれます。日帰りで疲れましたが、行ってよかったです。


***
講義では、研究社のオンライン辞書であるKODの紹介もありました。
ジツは、私は、KODからJapan Knowledge(JK)に乗り換えた過去があります。 百科や日国も一度に検索でき、JKの方が何かと便利なのですが、インタフェースは(あくまで個人的な感想ですが)KODの方が使いやすいような気がします(講座出席者は1ヵ月間フル装備のKODを試用できるので、今、両者を併用中)。必要なら両方とも契約すればいいって話ですが、KODの方が手持ち辞書と被っているものが多いので、当面、今のまま様子をみるかな-と思っています。新カトリック辞典をもう少し試してみて、これだけ単体で購入するかも。
関連記事
2018.10.28 23:43 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(0) |

11月10日に予定しております「翻訳を勉強する会(仮称)」公開勉強会、本日予定席数を完売致しました。

改めまして、参加を申込みくださった皆さま、FBやツイートで本会の宣伝にご協力くださった皆様に心より感謝致します。

申込み案内に書きましたとおり、申込み後のキャンセルはできません。
申込み後に参加できなくなった方は、可能でございましたら、FBやツイートで、席の譲り先(代わりに参加したいという方)を探していただき(参加料の決済は、たとえばAmazonギフト券をやり取りするなどして当事者間で決済していただけるようお願いいたします)、譲り先が決まった場合は、osaka-lesson@studiokoala.com まで、欠席の旨と代わりに出席される方のお名前をお知らせください。
お手数をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します。


さて、今回は、遠方からもたくさんの方にご参加いただいております。

企画はしたものの、「なんでそこまで」というのが第1秘書の偽らざる気持ちです(とてもとても嬉しいですが)。
管理人さんが提案して始まった「要約し(これがきちんと読み取ることにつながるわけですが)訳す」というやり方が興味深いということもあるでしょう。
専門外の文書の翻訳に取り組んでみたいという方もいらっしゃるかもしれません。
また、「みなが参加して勉強する」というやり方を体験したいという方もいらっしゃるのかもしれません。

参加の動機が何であれ、「頭を使って翻訳することは、しんどいし疲れるけど楽しいよね」という気持ちになっていただけたら最高です。
全員が、自分なりに積極的に参加していけば、大変だけれど楽しい勉強会にすることができる――8ヵ月を過ぎた今、秘書はそう感じています。

参加者の方は、ベテラン、中堅、仕事を始めて間もない方、学習者の方と多岐にわたっております。
学習中の方は、もしかしたら多少の気後れを感じていらっしゃるかもしれません。
でも、心配することはありません。誰だって最初は学習者だし、駆出しだったのですから。
ベテランや中堅の方々も本当によい方ばかりです。
おずおず話しかければ(最初はやっぱり「おずおず」になりますよね~)、1を聞いても3答えてくださるような方々ばかりです。
ですから、どうぞ臆せず参加してください。

当日ご参加いただく皆さんのどなたにも、その方なりに「何か」を得て帰っていただくにはどうすればいいかと、準備室で今知恵を絞っています。
(当日は、(おもに「しんハム図書館」蔵書ですが)、私たちがこれまでに勉強会で紹介し合った書籍も(できるかぎり実物も合わせて)紹介したいと思っています)。

私たちも学習者ですから、大したことはできません。でも、これまでに自分たちが得たものを、当日皆さんとすべて共有したいと思っています。
当日は、どうぞ私たちを助けてください。そして、参加者全員でよい「公開勉強会」にしていけたらと。
どうぞ宜しくお願い致します。

たくさんの方のお申込み、本当にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。
関連記事
2018.10.19 16:43 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

...になります。このブログを始めてから。こんなに長く続くとは...

...思ってました。何か書いてないと気がすまないヒトなので(注:文章のヘタウマはここでは忘れてください)。


この8年を振り返って、ほんの少し「成長したかも」と思える点があるとすれば、それは、「自分はこういうふうに翻訳したい」「ここは譲れない」という部分が固まってきたということでしょうか。

3年目くらいから、SNSやFace-to-faceで、同業の方々と少しずつ交流するようになりました。
そうした交流は私にとっては諸刃の剣で、とにかくどんな情報も仕入れておかないと置いて行かれると焦り、キャリアの長い方が勧める方法はよく考えずとりあえず試そうとした時期もありました。
今も、焦ったり「これをやらなきゃ」と思ったりすることも多々ありますが、実行に移す前に「それは本当に私に必要なのか」を(前より少しだけ)考えられるようになったような気がします。
そうした交流のきっかけになったのはこのブログなのですが、同じブログが、書くことで考えをまとめる場にもなりました。流されやすい自分を、少しだけ流されにくくする助けになってくれたように思います。

2年ほど前に若干の心境の変化がありました。
将来義父母(+義妹)と同居する覚悟を決めたことで、それまでの間、翻訳で「やりたい」「やってみたい」と思ったことは全部やってみようと思うようになりました。
そして今、翻訳に関わること(翻訳やらリーディングやら勉強会やらセミナーの裏方とやら)と家事以外はほとんど何もしていない状態です。
たまに、そういう生活って外から見たらつまらない生活と思われるのかなと思うこともありますが、死ぬときにはそれなりに満足して死ぬんじゃないかという気がしますので(そのときが来てみないと分からないですが)、変化の少ない幅の狭い生活、自分にはあっているのかもしれません。ただ、さまざまな意味で視野狭窄にはならないように気をつけなければならないと思いますが。

不思議なことに、きちんと自分の方向を決めて進めば進むほど、翻訳すればするほど、自分の力のなさを痛感し、翻訳に対する畏怖の念のようなものが湧いてきます。
それなのに、翻訳することは楽しい。年とともに長時間机に向かうのがしんどくなり、納期に追われて胃が痛い思いをすることもあるのですが、それでもやはり、訳語候補と格闘し、椅子にもたれて天井を見上げ、最適の言葉が「降りて」きてくれるのを待つ時間は、至福の時間なのです。あとから思い返せば、ですが。

そんなわけで、このブログは、この先、ますます「翻訳オンリー」化(セミナー・勉強会関連記事多め?)していく可能性が大です(+ときどき読書感想文)。
自分にツッコミいれるのも、文章の性質上なかなか難しくなりました。それだけが無念です。
そんなブログでも、ときどき覗いてやっていただければ幸甚です。
関連記事
2018.10.17 23:22 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

第8回勉強会終了。今回は、翻訳回です。
公開勉強会の打合せも兼ねていましたので、翻訳量はいつもよりやや少なめでした。

なので、きちんと訳せるはずだったのですが、まだまだ見落としているところがそれなりにありまして、いつものように凹んでいます。
ただ、第2秘書も言っておりましたが、勉強会を始めたときとは、下手なりに、明らかに原文の読み方が変わってきたような気がしています。
ただ漫然と定冠詞や不定冠詞の有無、名詞の単複などを確認するのではなく、その文脈の中でなぜその(不)定冠詞なのか、単複形なのかを考えるようになり、前後の文や(余裕があれば)前後の段落との関係にも目がいくようになり、常に情景を脳内再生してから訳すようになりました。まだ「あと3歩」くらいの訳文しかつくれませんが、考え方や向合い方という点で、8ヵ月前より確実に進歩しているような気がします(気のせいかもしれませんが)。
考えることが多くなり、ふだんの仕事でも翻訳速度が遅くなりました。でも、それは、今の自分には必要な過程なのだと思っています。

さて。
前回、公開勉強会を意識して使い始めたホワイトボードですが、勉強会録の代わりになるという点でも(ボードが一杯になった時点で、各自がスマホでボードを撮影し、全部消してまた書き始める)、大事な点を全員が「本当に」共有できるという点でも(誰かの発言を書き留めながら「これ少し違うよね-、もっといい言葉ない?」「説明足りてない、誰か足して、足して」というような会話が飛び交う中で、それぞれが理解を深めていっているような気がします<気のせいかもしれませんが)、本当に役に立つように感じています。
少人数での勉強会では、とてもアナログなやり方ではありますが、上手く使えばホワイトボードが結構威力を発揮するような気がします。

ちなみに、今回のホワイトボードの内容を箇条書きでまとめると、こんな ↓ 感じです。

● 要約の目的は、作者の意図を明確にすること→「誤読されないように訳す」ことにつながる。
● 辞書の訳語をそのまま使用すると、画一的な訳しかできない。
● まず、原文+原文の意図ありき。日本語のリズムだけを整えようとすると誤訳や超訳になるおそれがある。
● 勉強会を通して何が変わったか?
 *原文の読み方が変わった。
 *つながりを意識しながら訳すようになった。
 *表現の幅を広げる努力をするようになった。
 *推敲の仕方(見るところ)が変わった。
 *単語単位、文単位の読み方から脱却しつつある。


...と書いてくると、毎回スゴいことをやっているように誤解されるかもしれませんが、脱線ばかりだし、次の回からすぐに欠点・弱点が改善されるというわけでもありません。
ただ、続けることで、「(どんな翻訳/文書であっても)こういう姿勢で向かっていったらいいんじゃないか」ということが、少しずつハッキリしてくるような気がしています。
公開勉強会で、その一端でも感じて頂けたら幸いです。


****

以下は、出席される方への業務連絡です。

1 懇親会について

近日中に、お申込み頂いた方宛てに、「公開勉強会」準備室から懇親会の案内を送らせて頂きます。
お申込み頂いた方で、2~3日経っても「メールが届かない」という方がおられましたら、osaka-lesson@studiokoala.com までご連絡ください。

人数を確定する必要がありますので、メールに書かれた期日までに出欠のお返事をお願い致します。
また、出席を予定されていた方が、急用や体調不良などで出席できなくなった場合は、キャンセル期日までにご連絡ください。
それ以降に連絡を頂いた場合は、キャンセル料金が発生します。
懇親会参加費は、当日受付でお支払いください。
(キャンセル料金が発生した方には、後日、準備室から連絡させて頂きます)

2 課題について

課題送付メール本文や募集案内にもあるとおり、提出は任意です。
ただし、当日の理解度が深まると思いますので、提出されない場合も、該当エッセイ2本に目を通してきて頂けるとありがたいです。

提出いただいた課題をまとめたもの(順不同・無記名)を作成し、公開勉強会の数日前までにDL先URLを連絡します。
各自印刷して当日ご持参ください。
これはあくまでも参考資料で、当日皆の前に曝されるのはメンバーの要約文・訳文のみです。
安心して(?)提出して頂ければと思います。
関連記事
2018.10.13 23:32 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |