FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


この頃、機械翻訳についての話を耳にする機会が多くなりました。

近日発売の「翻訳事典2019-2020」(寄稿者の手元にはもう届いているようですが、ワタクシは発売待ちです)には、「機械翻訳と人間翻訳者」という項目があり、記事内容紹介に「旬の話題である機械翻訳について、翻訳者の立場に立って識者が解説します。他誌にはない必読記事」(出版元の商品詳細記事)と書かれていて、機械翻訳がどんな風に語られているのか読むのが楽しみです。


ワタクシは機械翻訳のPEを体験したことはなくCATツールも使用していないのですが(一概に反対ということでは決してなく、自分には合わないなということで使用していません)、それでもときどき、自分が、これらの注意すべき欠点のひとつとして挙げられることのある「自分で考えない翻訳」をしているなと実感することがあります。それは、「機器や機能名などはこれに合わせて」若しくは「この訳文を参考にして/流用して」と渡された参考資料を確認しながら翻訳しているときです。

一からの翻訳では、まず原文を読み、その構成と意味を理解し、(必要に応じて調べものをし)、翻訳するという手続きを踏むのですが、参考資料があると、まず「使える表現がないかどうか」を探しに行ってしまうのです。そこで該当する文(章)があると、それを土台にして原文に合うように組み立て直すという作業をします。そこから翻訳作業が始まるため、私は「こういう構文でこういう意味だからこんな風に訳そう」と考える作業を怠ってしまうのです。借りた土台から始まる翻訳(もどき)は、参考資料を流用する普通の翻訳でも十分可能です。

何年か前にも、同じようなことを書いたような気がしますが、今ほど自分の思考の流れの違いを実感することはありません。
それは、「翻訳を勉強する会」で翻訳に取り組むことを始めたからのような気がします。もちろん、題材がまったく異なるので、比重を置くべき点も異なってくるには違いないのですが、参考資料を使用した仕事の翻訳から、勉強会の課題にスイッチすると、明らかに「さっきこの(まず色々考える)作業してなかった」と気づくのです。そして、適切な訳語を探してあれこれ思い悩むのが、とても難しく楽しいことにも。

もちろん、そういう流用の多い案件は実際問題としてオイシく、心の中で「ラッキー♪」とガッツポーズしているのも事実ではありますが、何らかのツールや機械翻訳を使用しないとしても「思考回路的に一から考えていない翻訳」であることには違いなく、全体に占める比重は増やさず、せめて「自分は今違う思考回路で翻訳作業している」ということは忘れないようにしようと思うのです。

注:決して「公開勉強会」推しの記事ではありません、念のため。
関連記事
2019.01.29 23:09 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「英文和訳・要約法」(谷田貝常夫・中村保男、文字文化協會)

要約の参考書はこれが2冊目。
1冊目は「パラグラフリーディングのストラテジー ① 読み方・解き方
どちらも、勉強会管理人さんの推薦図書です。

どちらも「要約時に気をつけること」について述べられていますが、あくまで大雑把な印象ですけど、「英文和訳・要約法」の方が、受験をあまり意識しない一般的な「要約」について述べているような気がします。もう少し巨視的な視点から「内容を理解するために要約する」を目的にしているように感じられました。

本書は、ざっくり、以下の3部構成になっています。

第1章「何を省き、何を採るか」
 まず「要約とは何か」が述べられたあと、どのようにして不要部分を省き、必要部分を縮めるかについて、具体的な方法が提案されます。
第2章「文章の構成と論理」
 文章の構成(全体の展開、各段落や文の役割など)とその理解に不可欠な、論理を左右する接続詞について述べられます。
第3章「日本語の短文を書くために」
 要約文の書き方と、その際注意する点がまとめられています。

そして、最後の「後書きに代えて」で、よい要約文の条件として、
1. 読み手が原文にあたらなくても、その文章の基本的な情報が得られ、原著者の発想がわかること。
2. 要約文が明確、手短で、段落中心文のどれにも均等な配慮を加え、バランスがとれているものであること。
3. 原文に含まれている大切な事項は正確に取り上げなければならないが、原文にない情報や意見は含めないこと。
の3点が挙げられています(本文126頁)。

このあたりは、「公開勉強会」の管理人さんのスライドに入ってくると思いますので、出席してくださるという奇特な方は、今日のところは読み流していただいてよいかと(笑)。

要約について簡潔にまとまった、要約初心者にも分かりやすい良書だと思いました。

がだがしかし。
私たちが勉強会でやっているのは、あくまで「翻訳することを意識した」要約。
個人的な考えですが、そのためには、普通に目の前にある文章(やその一部)を要約するより、段落間の流れも段落内の流れも意識しなければならないような気がします。「要約本」の例文は、基本的に文章の一部を取り出して要約するものなので、どうしてもその文章だけで考えがちになってしまいます。「自分は何のために要約するのか」を常に頭の片隅においておかなければならないと、改めて思いました。

本書には、(全体を分かりやすくするために)「語順を入れ換えて要約」がときどき登場します。段落内での完結をめざすのであればそれでいいと思うのですが、「翻訳のための要約」的観点からみれば、「そこ、入れ換えても流れが変わらない?」ということを、少し意識した方がいいのかなと思いました。ただ、「その方が分かりやすい/座りがいい」ということで入れ換えてしまうと、文章構成の比重に違いが出てしまって、翻訳するときに選ぶ言葉が違ってきてしまうかもしれません。

また、本書は、どちらかといえば「バッサリ切る方法」を提案していますが、バッサリ切ることの目的のひとつに(簡潔にまとめる以外に)「バッサリ切らなかった部分=必要な情報を際立たせる」ということがあるんじゃないかと思います。その点を意識しながらばっさばっさ切っていくと、翻訳をする際にもメリハリのついた訳文が書ける(少なくともそのように努力する)のではないかと。

...結局、大事なことは「何のために要約するか」を忘れない、ということに尽きるのかなと思います。
その点を忘れずに読めば、得るところの多い、分かりやすい「要約指南書」だと思いました。

とエラそーなことを書いていますが、普段の要約では失敗ばかりやっています(^^ゞ

でも、そうやって、失敗しながら、考えながら、悩みながら要約に臨むことで、訳出時の原文(と翻訳文)への向き合い方も変わっていくに違いないと信じて、毎月管理人さんに斬られる第1秘書なのです。
関連記事
2019.01.26 01:15 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

ご参加くださった皆さま、足もとの悪い中ありがとうございました。

いつものように空調があまりよろしくなかった(いくぶんかは参加者の皆さんの熱気ですが)以外は、特に問題なく滞りなく、懇親会まで終了することができました(と信じてます)。
これもひとえに、講師のT橋(あ)さん、適宜合いの手を入れて場を盛り上げてくださった参加者の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

マイク回しの重責を担っていたこともあり、一番後ろから拝聴させて頂いておりましたが、食いつくように身を乗り出して聴いてくださっていた方が何名もおられ、無理を言って来て頂いて本当によかったと思いました(ご本人は二つ返事で来阪を快諾してくださっていまして、問題は日程調整だけだったんですが)。

半日楽しく講義を聴いていただき、何かしら(何かひとつでも)得るものがあったと思っていただけたとすれば、運営としてこんな嬉しいことはありません。
まあ、一番楽しんでおられたのは、おそらく「サブカル用正装」(東京編ではこれを忘れられたのですが、それを今でも「痛恨のミス」と悔やんでおられます)で登壇された講師ご自身だったと思いますが。


基本、東京編と同じ流れでしたので、全編、個人的にはかなりリラックスしてお話を聞いておりました。
以下に一聴講者としての感想を少し。


全体は大きく「サブカル以前」と「サブカルチャー」の2部構成で、その間に、いわゆるサブカルが生まれた土壌についての話が挟まれます。
「サブカル以前」では、主に、聖書、シェイクスピア、マザーグースについて、基本的な内容の説明と課題や例題の解説があり、参考書籍も紹介されます(昨年末に出版された聖書協会共同訳をご持参くださったので、実際に中身を確認することができまして、先ほど自信を持って「ほしいものリスト」から「買い物かご」に移動させました)。東京編では端折られた、アリス、オズの魔法使い、聖杯伝説(はあったっけ?)についての言及もありました。
その後、サブカル誕生の背景について簡単な説明があり、いよいよ、帽子屋さんの面目躍如、怒濤のサブカル紹介に突入です。スタートレック、スター・ウォーズ、Monty Phtyhon、指輪物語、銀河ヒッチハイクガイドなどなど。
旧約聖書の時代から遙か未来のSFや異世界ファンタジーまで、時空を駆け抜けた4時間でした。

前にも書きましたが、私は仕事ではこうした「引用」に遭遇することはありません。でも、好んで読んでいる医療系のノンフィクションでは、「むむ、もしや」というものに遭遇することも少なくありません。つい最近も、先輩医師の処置の手際が「Jedi Master」と表現されている場面に出くわしました(引用ではなく捻りもなく「まんま」ですが)。ですから、楽しみで洋書を読むためにも、知っていて損はない知識だと思います。それに、たとえば、今後少し仕事の手を広げたときに遭遇しないともかぎりません。
「サブカル以前」はそこそこ馴染みがありますが、SWは途中脱落だし、STは未見だし、パイソンやヒッチハイクガイドはどちらかといえば苦手、指輪物語よりリフトウォーサーガ(注:引用されるほどメジャーではありません)というワタクシですが、何度か帽子屋さんのお話をお聞きするうちに、「これも読んどかなきゃ(見ておかなきゃ)」ではなく「もうちょっとコレ読みたい(見てみようかな)」という気になりつつあります。話の上手い方が(聞き手を置いてきぼりにしない程度に)題材愛全開で語られる講義ほど面白いものはないと実感しました。

さて、今回は、東京編より少し時間が長かったこともあり、「引用を翻訳にどう活かすか」「翻訳するのかしないのか」などについても、帽子屋さんのご意見ややり方を伺うことができました(この部分は、若干尻切れトンボに終わった前回より発展した部分ではないかと思います)。
ざっくりいえば、やり方としては、「普通に訳した場合も引用を活かした訳にした場合も、引用元の説明コメントをつけ、最終判断はクライアントに任せる」ということになるのかなと思います。
引用を活かして遊ぶのか無難に訳すのかは、最終読者を勘案して決めるとも。ただ、読者だけを見ていても駄目なのかなという気もします。
前回の報告で、私は

***
実は、私は、「日本の読者が読むのだから、日本語に似たような引用があれば、それを使ってもいい場合もあるのではないか」と考えていたのですが、その点については、原文の世界観が変わってしまうような訳語を用いるのは望ましくないのではという回答があり、ナルホドと思いました(それはそれとして、日本文化についても、もっと知っておかなければならないという思いを新たにしたのでした)。
***

と書いています。読者の存在ばかり考えるあまり、原著者の意向や原文が書かれた背景を忘れることがあってはならないのではないかと。だから訳が変わってくるかどうかはまた別問題ですが、翻訳者としてのあり方としては、そういう姿勢を忘れてはならないのではないかと思いました。

「引用」に対する意識も、日本と英語文化圏では大きな開きがあるような気がします(あくまで個人的な感想ですが)。

たとえば、今回の課題に「All Our Patent Are Belong To You」というタイトルがあったのですが、これの元になっているのは、有名なインターネットのミーム「All Your Base Are Belong To Us」です。Your BaseがOur Patentに、UsがYouに変わっていますが、英語圏の読者なら「ああ、あれね」とピンとくる人も多いかもしれません。これは単語の置換えによるもじりがしやすい英語ならではの引用のやり方のような気がします。聖書という共通の拠り所があるということが、引用が多用される背景のひとつとしてあるのではないかというお話がありましたが、単語置換によって連想しやすいもじり句をつくりやすいということも、ひとつの理由としてあるかもしれません。逆に日本語は同じようなもじりがしにくいように思います(あくまでも、漠然と考えていることです<念のため)。そういう意味で「もじり引用」に対する意識自体が低いといえるかも。
実際の翻訳では、場合によっては日本的な言葉遊びなども駆使して翻訳していくことになるでしょうが(講義の中で、言葉遊びに関する書籍などもいくつか紹介されました)、そうした場合に、(文章の内容や著者の引用意図の強さにもよるかと思いますが)「元の句をもじったよ」という著者の意図をガン無視し、発想や世界観を日本的にしすぎてしまわないように注意しなければならないのではないかと、ふと思いました。
そんな、本筋とはあまり関係ないかもしれないことを延々と考えるのも、楽しかったりしたのでした。

...の前に、ワタクシ的には、もう少し広く浅く、英語圏の文化やサブカルチャーを抑えておく必要がありますが。


いつものように、フォーラムさんが、セミナーで紹介された書籍をまとめてくださっています。参加された方もされなかった方も参考にして頂ければ。
(2回のセミナーの紹介書籍のまとめです。「東京編」で紹介され、大阪では割愛されたものもあるのでご注意ください。)
http://fhonyaku.blog.jp/archives/77115808.html
関連記事
2019.01.23 00:43 | 大阪でもレッスン2019 | トラックバック(-) | コメント(0) |

...を開いて頂けることになりました(感涙)。

11月の公開勉強会(大阪)時、関東から来られた方たちと「もう1回、こんな風に『翻訳を学ぶ会』をやりたいですよね」と盛り上がり、その場のノリで開催日時が決まりました(小規模セミナーや勉強会の開催は、こうやってその場のノリで決まっていくのだということを学びました)。

開催日時:3月3日(日) 12時30分開場、13時開始
開催場所:東京都区内施設(別途連絡)

(現在、東京事務局の方々が、「少しでも広い施設を」(...いや、そんなに広くなくていいんですけど...)と奔走してくださっています。申込みくださった方には、別途開催場所をご連絡致します。課題に取り組んでいただく時間も必要ですので、開催場所があいまいなままの告知になりましたこと、ご容赦ください。)

詳細は、以下の告知・申込み画面をご確認ください。
1月19日(土曜日)正午(12時)から、申込みを受け付けます。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0156gy101ytip.html#detail

今回は、前回とは異なる課題を用意しました。
初回要約時に、管理人さん以外のメンバーが等しく「何これ分からへ~ん(怒OR泣)」と反応した、いわくつきの(笑)案件です。
そんなエッセイを課題にするのは自殺行為ではないかという意見もありましたが...
てことで、ワタクシたちにとっても大きな挑戦であります。

東京、というと、「管理人さんと対等に斬り合う&それを楽しむ方が多いオソロシイ場所」という印象(先入観)しかなく、果たして生きて再び大阪の地を踏むことができるのかどうか。
もう、すべてを管理人さんに委ね、ワタクシは、ひたすらホワイトボードと向き合っていようと決意を固めています。

そのホワイトボードの内容も、会場の皆さんの声によって変わってくると思います。会場の声を反映したものになるからです。前回ご参加くださったTerryさんは、それを「ライブ感」という言葉で表現してくださいました。(上の2行のあとではまったく説得力がありませんが)ひとりでも多くの方にライブにご参加いただけると嬉しいです。そうやって、全力で要約や訳文に挑んでいくという作業は、しんどいけれどきっと楽しいはず。3月初旬の、確定申告まっただ中という無慈悲な日程設定、私生活もなにかと慌ただしい時期かとは思いますが、予定を調整してご参加いただけましたら幸いです。

最後になりましたが、今回の東京での公開勉強会は、「『翻訳を勉強する会』公開勉強会 in 東京」事務局の方々のご協力なしには実現しませんでした。中心になって奔走くださる星野さん、高橋(あ)さん、その他、会場探しにご協力くださいました皆さん、当日運営をお手伝いしてくださる皆さん、本当にありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。

それでは、多数の方の(...いや、秘書的にはそんなに多数でなくていいんですけど...)ご参加、お待ちしております!!
関連記事
2019.01.15 19:31 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

「大阪でもレッスン」招致事務局・とりあえず今年も「臨時」スタッフのSayoです。

セミナー開催まで2週間を切りました。

少し早いですが、ご出席の方への最終案内になります。
ご出席の方は目を通してくださるようお願いいたします。
(出席されない方は読み捨ててね)
会場をよくご存じの方は、「会場への行き方」部分は、軽く読み流してください。

*****

再掲になりますが、勉強会会場は以下のとおりです。

場所:神戸大学学友会大阪クラブ・大阪凌霜クラブ セミナールーム(大阪駅前第1ビル11階)
https://www.osaka-ryoso.com/(凌霜クラブHP)
https://www.1bld.com/floor/floor_11.html#container_inner

1 会場への行き方

JR大阪駅方面から来られるかたは、桜橋口を出てヒルトンホテルの方向を目指してください。徒歩5分弱です。
桜橋口と大阪駅前第1ビルの位置関係は下図のとおりです(地下通路もあります)。
https://www.mapion.co.jp/m2/34.70163687,135.4951046,16/poi=L27205020000000000012
(一目盛分拡大すると、「大阪駅前第1ビル」の名称が表示されます)

地下鉄四つ橋線・西梅田駅をご利用の方は、7番出口が、駅前第1ビルへの地下通路に続いています。

地下鉄御堂筋線・梅田駅をご利用の方は、南改札を出てください。
その後は、こちらにお借りした「行き方」の指示に従ってください。
https://seminar-times.com/partner/map-osaka-conference-room/midousujiumeda/
(こちらのSeminar Times様のサイトには、他の駅からの道順も記載されています。JR大阪駅からの行き方は、桜橋口ではなく、中央出口から地下通路を通る方法が記載されています。所要時間はどちらも同じくらいかと思います)

駅前第1ビルの建物の中央にエレベータが何基もありますので、11階まで上がってください。
神大クラブの倶楽部受付とセミナールームが建物の両翼に分かれる配置になっており、たまに間違って倶楽部の方にいかれる方がおられます。
セミナールームの扉に「翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識」と書いた紙を貼っておきますので、目印にしてください。
上記11階フロアマップの⑫の位置になります(ちなみに、倶楽部は⑤ですが、20日は日曜日ですのでクローズされています)

2 当日受付

受付開始は11時30分です。

今回は、QRコードで受付を行います。
申込み画面の「当日の受付方法」の説明をよく読み、事前にQRコードをご準備ください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01j9u2zyw1xp.html#accept

また、懇親会に出席される方、後述の書籍の購入申込みをされた方は、受付で代金をお支払いください。
当日資料も受付でお渡しします。

3 昼食

講義開始が12時と早い時間ため、持参した昼食をお摂りいただけるよう、11時から会場を開放します。
会場の近くにいくつか百貨店があります。会場のある駅前第1ビルの地下2階にもコンビニがあります。
(以下の地下2階フロアガイドの⑫の位置です)
https://www.1bld.com/floor/floor_b2.html#container_inner

会場にゴミ箱はありますが、食べ終えた弁当箱や包装紙等は必ずお持ち帰りください。
また、会場にはペットボトルクーラーがありますが、そちらから飲み物を出されますと、別料金が発生し、後日クラブまで支払いに来なければなりません。
お手数をお掛けして申し訳ありませんが、あらかじめ飲み物をご用意くださるようお願い致します。
コンビニの他、11階にも自販機(会場とは反対側の端になります)があります。

4 懇親会の出欠

出欠の返事がまだの方は、必ず1月12日(土曜日)22時までに、お送りしたメールに返信する形でご連絡ください。
その後に急用や体調不良でキャンセルされる方は、1月18日(金曜日)22:00までにご連絡ください。その後はキャンセル料(全額)が発生します。また、当日、急な事情で勉強会や懇親会に出席できなくなった方は、osaka-lesson@studiokoala.com までご連絡ください。懇親会を当日キャンセルされる方で、メール連絡ができないという方は、お送りしたメールに記載している携帯電話番号までご連絡ください。ご協力宜しくお願いいたします。
出席される方は、当日受付け時に参加費をお支払いください。

5 課題

翻訳フォーラム様から、出席者の方宛のメールで事前課題が出題されています。
メールにもあるとおり、提出の必要はありません。出題者の高橋講師が仰るとおり「楽しみながら」挑戦してみてください(と言っている私もやらねばならないのでした>そのうちね)。

6 書籍の頒布

西練馬さんの著書「悩み別にみる 辞書の選び方」を希望者に頒布します(詳細は課題メールに記載)。
一部取扱い書店や通信販売もあるようですが、基本的に通常ルートでの入手が困難なレア書です。
「どんなときにどんな辞書にあたればよいか」を整理したいという方は、是非この機会にお求めください。
高橋講師が西練馬さんから預かってご持参くださいます。
希望部数を把握する必要がありますので、希望者は、1月15日(火曜日)までに、指定の方法でお申込みください(若干多めにお持ちくださるとのことですが、数に限りがありますので、できるかぎり事前にお申込みいただけますようお願いいたします)。
当日受付にて代金と引換えにお渡しします。
http://lexicography101.net/erabikata/


当日は、昼食・休憩・散会(16時)後退室(16時45分頃)までの時間を利用して、できるかぎり参加者同士の交流を図っていただければと思います。

それでは、当日会場でお待ちしております。
皆さま、気をつけておこしください。
暖かい晴天のセミナー日和の天候となりますよう、祈っております。
関連記事
2019.01.08 00:23 | 大阪でもレッスン2019 | トラックバック(-) | コメント(0) |