FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


巷で話題の(笑)最新版、私も手にとった。
(蛇足ながら、「翻訳事典」は、ここ4年ほど毎年購入している)

アルクさんの「翻訳事典」頁の目次 ↓
https://ec.alc.co.jp/book/7019007/

一時はAmazonの売上げ順位が2桁までいったとか(それはとてもスゴいことらしい)。
ツイッター等では、「機械翻訳と人間翻訳者」という特集が話題になっていたが、正直なところ、「翻訳ガール」という漫画と特別付録のDVDに惹かれた読者も多かったのではないかと思う。
けれど、それはそれでいいと思う。手にとって読んで貰わなければ、そもそも何も始まらないのだから。

漫画やらDVDやら新たな試みもあるが、全体の構成は例年どおり。
(記事では割愛するけれど、このDVDの内容もとても豪華だし、2つのイベントのレポートもとても興味深い)

で、話題の(笑)「機械翻訳と人間翻訳者」という特集。
「翻訳事典」が機械翻訳を取り上げるのは、これが初めてではない。
昨年版にも、「誌上講演会」の「演目」のひとつに「機械翻訳の変遷と『これから』」という記事があるし、一昨年版にも、「翻訳者になりたい人のための8つのドア」という特集に「機械翻訳で翻訳者の仕事はなくなるのか」という記事がある。

だが、今年は「何かの一部」ではなく「機械翻訳と人間翻訳者」という独立した特集がある。そこに私もやはり「きちんと翻訳できる翻訳者に育ってほしい」という出版社の思いを感じるのだ。私は、あまりムック本を読まない方なのだけど、この雑誌が、一番翻訳者に寄り添った雑誌ではないかと思う。

まず、機械翻訳の歴史とPEという仕事の内容が簡単に語られたあと、高橋さきのさんが、ニューラル機械翻訳を検証する。
これまでも、「単文や2~3文の機械翻訳を誌上でポストエディットしてみる」という誌上デモのようなものや、「G翻訳を試してみました」的な個人翻訳者のブログ記事を目にしたことがあるが、さきのさんは、句点を入れたり外したりするだけで似たような一つの文が少しずつ違う訳文になってしまうこと(日→英)を、実例を挙げて示されている。句点の有無(=微妙な意味の違い)によって、同じことを伝える動詞が複数の異なる動詞に訳されたり、ときには意味が逆転してしまったりする。異なる動詞の使用は、文字面だけをみれば小さな差違にすぎないように見えるけれど、出力全体を通じて表記揺れが生じているということになり(しかも無作為に)、仕上げ(修正)を施すときに、無視することはできない。これは、(少なくとも私には)誌上ポストエディットや「試してみました」では分からなかったことだ。
このような、人間と同じ思考回路で生成されたものではない訳文を人間の思考回路で修正するという作業は、人間の脳に多大な負担を強いるものなのではないかと思う。

続いて井口耕二さんが「私が考える『翻訳』」というタイトルで、自分がどんな風に翻訳作業をするのか、それは機械翻訳+PEとどう違うのかについて語られる。この「どんな風に翻訳作業をするか」の部分を読んで、「自分が(そして勉強会が)めざしている方向と同じだ」(私の場合、恥ずかしいくらいまだまだなのだけれど)と嬉しくなってしまい思わずツイートしたら、思いがけず多くの方から「いいね」をいただいた(その節はありがとうございました)。
実は、私は、いろいろ迷っていた時期に、この翻訳事典(2017年度版)で井口さんの「わたしの提言」を読み、迷いを減らすことができた(なかなかゼロにはできない)。以来、翻訳事典を毎年購入し続けている。心に刺さる言葉は人それぞれで(そして同一人でもそのときどきで)違うものだし、この先輩の言葉が誰に対しても絶対とも思わないけれど、迷っている方がおられたら是非読んでほしい文章だ。

とはいえ、機械翻訳に向かうのは世の流れだ。今後、機械翻訳の利用は加速していくだろう。翻訳業もビジネスなのだから、それも当然かなと思う。
ただ、今は、効率化・時短・安価のみがクローズアップされ、それのみが目的になっているような気がして残念だ。「少しでもよい翻訳を」という理念はどこへ行ってしまったのだろう。

私たち一人一人が自分の進む道を決めなければならない。私は「自分で考える翻訳」をやりたいけれど、PEという仕事も、どちらかといえば添削的なそれ自体面白い、極めればやりがいもある仕事なのではないかと思う。ただ、翻訳とは別ものではないかと思うし、人間の書いた文章の校正より大変ではないかとも思う。そして、業界もクライアントも「一から翻訳しないのだからずっと安くていいよね」という方向に向かっているのは確かだ。

翻訳を志す方、仕事を始めたばかりの方は、そうしたことをすべてよく理解した上で、この先どうしたいのか決めていただきたいなと思う。どんな選択をしても、理解した上での選択であれば、「あのときああしていれば」と自分の選択を悔やむ以外の後悔はないのではないか。自分にとって最良の選択をするために、翻訳会社や翻訳エンジンをつくる側からみた機械翻訳に関する記述と、実際に翻訳をする側からみた機械翻訳に関する記述(本書)の両方を読んでみてほしいと思う。

もうひとつ、「これから」という方に読んでいただきたい記事は、「翻訳者志望者への直言、助言、愛のムチ」の中の「AI時代に賢く生きる勝者」(豊田憲子さん)という記事だ。「AI時代」と書かれているけれど、本来、翻訳の仕事を始めるときにはきちんと抑えておきたい、でもなあなあで始めてしまうことの多い内容が(…すいません、私もそうでした…)、Q&Aの形で分かりやすく書かれている。

副題にもあるとおり、「翻訳者になりたい人の」ための雑誌という性格の濃い一冊だと思う。


他にも盛りだくさんな内容ですが、とりあえず特集に特化してみました。

*「翻訳事典」や「アルク」さんの回しものではありません>念のため*
関連記事
2019.02.05 00:03 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |
そんなわけで、10席分の追加募集も満席となりました。
ご参加の申込みをしてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

当日の受付やキャンセルポリシーなどは「翻訳を勉強する会」公式ブログで連絡させて頂いております。
申込み画面にも記載している内容ですが、念のためご確認くださるようお願いいたします。
https://osaka-lesson.studiokoala.com/2019/02/01/full-lesson-in-tokyo-0303/

また、大阪事務局から、参加者全員に課題を連絡するメールをお送りしました。
万一届いていないという方がおられましたら、お手数ですが大阪事務局までご連絡ください。
(Passmarketからのメールを受信しない設定になっていないかどうか今一度ご確認ください)


で、ここからは、自称私設管理人第1秘書の非公式のひとりごととして読んでくださいませ。

今回、参加の動機として「少人数参加型の勉強会に惹かれた」というものがありました。
...しかしながら...
東京事務局さまのご尽力により、当日、欠席がなければ、出席者は50名を超える予定です。
これだけ多くの方に少しでも「参加した」感を抱いて頂くにはどうすればいいか、これから、東京事務局さまのお知恵もお借りしながら、考えていきたいと思っています。少しでも「楽しい翻訳勉強会」にできるよう、大阪事務局一同、知恵を絞りたいと思います(と言いつつ、内心はどうやって背景の一部と化そうかと考えていたりするのだった)。

当日は、学習中の方から、仕事として翻訳を始めて年数の浅い方、大ベテランの方まで、翻訳年数も翻訳分野も本当にさまざまな方がご参加くださいます。
そうした大ベテランの方もこの記事を読まれるかもしれないと思うと筆も止まりがちなのですが、以下に、ワタクシが課題とどう戦ったか(<大げさ)を書いてみたいと思います(ワタクシたちは来週ひと足先に斬合いをやるので、明日が訳文提出の締切りなのです)。皆さまが課題に立ち向かう際の参考にしていただければ。
(要約については、これまでの勉強会ブログでも触れていますし、当日、管理人さんの方から説明があると思いますので、特に触れません)

課題を読んでまず思ったのは「何これ、分からへーーーーん!!」
課題を一読して「?」マークが浮かんだ方、それは決してアナタだけではありません。

とりあえず時代背景を調べ、著者がどんな人なのか、Google検索で当該エッセイに関する記述がないか(英語)を調べてみます。
(ワタクシたちは12月の勉強会(要約回)からこのエッセイに取り組んでいて少し時間もありましたので、著者の作品も読んでみましたが...やっぱりよく分かりませんでした)

そうして、単語を調べながら二度三度と読み返すうちに、若干表現がくどいヒトであることや、文章自体はそんなに難しいものではないことが分かってきます。英文法も調べ、辞書引きの際には、単語によっては1913年版のWebsterも確認しました(この版は、EPWING版があり、そちらについては、帽子屋さんがとても丁寧な記事を書いてくださっていますので、リンクを張っておきます。ワタクシはEPWING版を見ることもありますが、Onelook.comで表示される1913年版を見ることが多いです)
1913年版のWebster辞書

...でも、著者がいいたいことがよく分からない。いや、結論はおぼろげに分かるのですが、パラグラフ単位で読んだとき「何が一番いいたいのか」「パラグラフ内でどう話がつながっているのか」が分からないパラグラフがたくさんありました(そして、それはもちろん、ひとえにワタクシの読解力不足のせいには違いないのですけど)。

で、とにかく読み、考え、悩み、いったん忘れ、戻ってきてまた悩みました。その頃には「『in 東京』の課題はこれでいこう」という話で固まりつつありましたので、手を抜くことはできません(泣)。そして、とりあえず自分なりに解釈して(全然自信なかったけど)要約を行い、勉強会(12月)に臨みました。そうしたら、勉強会の中で、管理人さんの「このパラグラフで一番いいたいのはこの部分ですよね」というひと言にすべての謎が氷解した瞬間があったのです(それとも、そう錯覚しただけかもしれないんですけど>それは、たぶん、当日明らかになると思います)。
内容について悩んでいる時間は要約の方がずっと長く、「流れを間違わないように」と考えながら進めた翻訳は、「訳語どうしよう」が難しくはありましたが、要約ほどには難しくありませんでした(<いや、それも錯覚なのかもしれませんが)。「翻訳のための要約」がきちんとできれば、それなりの自信をもって訳し進められるということを実感したような気がします(当日、「それでこの訳文かよ」という感想は自分の胸の内だけに収めていただければ大変ありがたく)。

ということで、今、課題を前に唸っている方がもしおられたら、時間の許すかぎり悩んで、間違っていてもいいから「こうじゃないか」と自分なりに解釈してほしいと思います。それが間違っていても全然かまわない(実際、ワタクシの要約の解釈も的を外したものでした)。悩んだ分、当日「あ」というまさに目からうろこの瞬間があるかもしれません。「正しいものを持っていかなくてもいい(そもそも、正しいただひとつの解釈などないかもしれません)、たくさん悩んで考えた結果を持っていく」というのが、私たちの考える勉強会のあるべき姿ではないかと思っています。そして、皆がその結果を出し合う(公開勉強会ではそこまではできないと思いますが)。

どうやって戦ったかの内容が「悩み考える」かよー、詐欺かよー、と思われたら申し訳ありません。でも...

そうやって、苦しんで課題に取り組んでから仕事に戻ると、明らかに原文の読み方が変わっているのを感じます。ひとつひとつは「もっと英文法に気を配る」とか「動詞の態に気をつける」とか「単複をないがしろにしない」とかちょっとした心掛け的なものなのですけど、この1年で、そうした気配りが少しずつ増えてきたような気がします(でも、それでもまだまだなんですけど)。
けれど、仕事に追われているうちに、自分の中でそれらがまた少しずつないがしろになっていく。それくらいのタイミングで、また次の勉強会がやってくる――(あくまで自分の場合ですが)毎月の勉強会は、よいリセットにもなっているような気がします。
短期間でぐんぐん力をつけていく方もおられるでしょうが、ワタクシのように常に悩みながら行きつ戻りつされる方も多いことでしょう。そういうワタクシのようなタイプには、「翻訳を勉強する会」のような、ある程度自分を追い込まなければならない形での継続する勉強会が大きな助けになってくれるのではないかと思います。厳しさを保つっちゅうのもなかなか大変ですが。
でも、ときどき書いていますけど、ワタクシたちが1年続けられたのだから、誰だってやってやれないことはない。こうした勉強会が、今後も生まれ育っていってくれたらいいなと思っています。


ご参加の方、当日は仲良くしてやってね。
関連記事
2019.02.02 15:37 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |