FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


巷で話題の(笑)最新版、私も手にとった。
(蛇足ながら、「翻訳事典」は、ここ4年ほど毎年購入している)

アルクさんの「翻訳事典」頁の目次 ↓
https://ec.alc.co.jp/book/7019007/

一時はAmazonの売上げ順位が2桁までいったとか(それはとてもスゴいことらしい)。
ツイッター等では、「機械翻訳と人間翻訳者」という特集が話題になっていたが、正直なところ、「翻訳ガール」という漫画と特別付録のDVDに惹かれた読者も多かったのではないかと思う。
けれど、それはそれでいいと思う。手にとって読んで貰わなければ、そもそも何も始まらないのだから。

漫画やらDVDやら新たな試みもあるが、全体の構成は例年どおり。
(記事では割愛するけれど、このDVDの内容もとても豪華だし、2つのイベントのレポートもとても興味深い)

で、話題の(笑)「機械翻訳と人間翻訳者」という特集。
「翻訳事典」が機械翻訳を取り上げるのは、これが初めてではない。
昨年版にも、「誌上講演会」の「演目」のひとつに「機械翻訳の変遷と『これから』」という記事があるし、一昨年版にも、「翻訳者になりたい人のための8つのドア」という特集に「機械翻訳で翻訳者の仕事はなくなるのか」という記事がある。

だが、今年は「何かの一部」ではなく「機械翻訳と人間翻訳者」という独立した特集がある。そこに私もやはり「きちんと翻訳できる翻訳者に育ってほしい」という出版社の思いを感じるのだ。私は、あまりムック本を読まない方なのだけど、この雑誌が、一番翻訳者に寄り添った雑誌ではないかと思う。

まず、機械翻訳の歴史とPEという仕事の内容が簡単に語られたあと、高橋さきのさんが、ニューラル機械翻訳を検証する。
これまでも、「単文や2~3文の機械翻訳を誌上でポストエディットしてみる」という誌上デモのようなものや、「G翻訳を試してみました」的な個人翻訳者のブログ記事を目にしたことがあるが、さきのさんは、句点を入れたり外したりするだけで似たような一つの文が少しずつ違う訳文になってしまうこと(日→英)を、実例を挙げて示されている。句点の有無(=微妙な意味の違い)によって、同じことを伝える動詞が複数の異なる動詞に訳されたり、ときには意味が逆転してしまったりする。異なる動詞の使用は、文字面だけをみれば小さな差違にすぎないように見えるけれど、出力全体を通じて表記揺れが生じているということになり(しかも無作為に)、仕上げ(修正)を施すときに、無視することはできない。これは、(少なくとも私には)誌上ポストエディットや「試してみました」では分からなかったことだ。
このような、人間と同じ思考回路で生成されたものではない訳文を人間の思考回路で修正するという作業は、人間の脳に多大な負担を強いるものなのではないかと思う。

続いて井口耕二さんが「私が考える『翻訳』」というタイトルで、自分がどんな風に翻訳作業をするのか、それは機械翻訳+PEとどう違うのかについて語られる。この「どんな風に翻訳作業をするか」の部分を読んで、「自分が(そして勉強会が)めざしている方向と同じだ」(私の場合、恥ずかしいくらいまだまだなのだけれど)と嬉しくなってしまい思わずツイートしたら、思いがけず多くの方から「いいね」をいただいた(その節はありがとうございました)。
実は、私は、いろいろ迷っていた時期に、この翻訳事典(2017年度版)で井口さんの「わたしの提言」を読み、迷いを減らすことができた(なかなかゼロにはできない)。以来、翻訳事典を毎年購入し続けている。心に刺さる言葉は人それぞれで(そして同一人でもそのときどきで)違うものだし、この先輩の言葉が誰に対しても絶対とも思わないけれど、迷っている方がおられたら是非読んでほしい文章だ。

とはいえ、機械翻訳に向かうのは世の流れだ。今後、機械翻訳の利用は加速していくだろう。翻訳業もビジネスなのだから、それも当然かなと思う。
ただ、今は、効率化・時短・安価のみがクローズアップされ、それのみが目的になっているような気がして残念だ。「少しでもよい翻訳を」という理念はどこへ行ってしまったのだろう。

私たち一人一人が自分の進む道を決めなければならない。私は「自分で考える翻訳」をやりたいけれど、PEという仕事も、どちらかといえば添削的なそれ自体面白い、極めればやりがいもある仕事なのではないかと思う。ただ、翻訳とは別ものではないかと思うし、人間の書いた文章の校正より大変ではないかとも思う。そして、業界もクライアントも「一から翻訳しないのだからずっと安くていいよね」という方向に向かっているのは確かだ。

翻訳を志す方、仕事を始めたばかりの方は、そうしたことをすべてよく理解した上で、この先どうしたいのか決めていただきたいなと思う。どんな選択をしても、理解した上での選択であれば、「あのときああしていれば」と自分の選択を悔やむ以外の後悔はないのではないか。自分にとって最良の選択をするために、翻訳会社や翻訳エンジンをつくる側からみた機械翻訳に関する記述と、実際に翻訳をする側からみた機械翻訳に関する記述(本書)の両方を読んでみてほしいと思う。

もうひとつ、「これから」という方に読んでいただきたい記事は、「翻訳者志望者への直言、助言、愛のムチ」の中の「AI時代に賢く生きる勝者」(豊田憲子さん)という記事だ。「AI時代」と書かれているけれど、本来、翻訳の仕事を始めるときにはきちんと抑えておきたい、でもなあなあで始めてしまうことの多い内容が(…すいません、私もそうでした…)、Q&Aの形で分かりやすく書かれている。

副題にもあるとおり、「翻訳者になりたい人の」ための雑誌という性格の濃い一冊だと思う。


他にも盛りだくさんな内容ですが、とりあえず特集に特化してみました。

*「翻訳事典」や「アルク」さんの回しものではありません>念のため*
関連記事
2019.02.05 00:03 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |