FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「エッセイの贈りもの2」(岩波書店編集部編、岩波書店)収載
この書籍は、次の音読本を探していて、図書館でたまたま目に留めたもの。5巻まで全巻そろって並んでいたが、ドナルド・キーンという名前に惹かれて2巻を借りてみた。5巻で1938年から1998年までの60年間を網羅するのだが、2巻には1961年から1970年までに書かれた文筆家のエッセイが収められている。

「近松を英訳して」は1962年7月に「図書」という雑誌に掲載された短いエッセイ。訳者の名前はないので、ご本人が日本語で書かれたものだと思う。ここは省略できるという「私(主語)」、副詞の使い方がもやっとする箇所、日本語なら「それ」とするだろう「それら」が数カ所あり、若干かっちりしすぎている印象を受ける以外は、実に美しい日本語の文章だった。

けれど、私が一番興味を惹かれたのは、「英訳」に対する彼の考察だ。
近松の浄瑠璃を英訳するにあたり、キーン氏は、日本語では省かれる主語を英語では補って訳さなければならなかったと述べている。日本語の曖昧さはときに日本人をも当惑させるものだが、英訳することで「現代語訳を読むよりも原作の意味をよく掴むこともあろう。私の英訳を更に日本語に直したら面白いかもしれない」。

蛇足ながら、この「英訳を日本語に訳し直」したものに「A・ウェイリー版 源氏物語」がある。これは1925年から9年の歳月をかけて現代英語訳された「The Tale of Genji」(Arthur Waley)を、もう一度日本語に訳し戻したものだ。平凡社から「ウェイリー版 源氏物語」が刊行されているが(これは知らなかった)、昨年、左右社から新たな訳し戻し訳(全4巻)の刊行が始まり、現在第3巻まで刊行されているようだ(第1巻をずっとほしいものリストに入れたままのワタクシをお許しください)。訳者の毬矢まりえ氏は俳人、森山恵氏は詩人とのことだ。この書籍の装幀がまた、ため息が出るほど美しい。

閑話休題。

キーン氏は、曖昧さを排除し、単複を区別することに時間を掛けたが、一番苦労したのは「翻訳に一種の統一を与えること」だったと書いている。「文句が一つ一つの独立した表現として終わらないで、統一した意義のある文章になるように相当努力した(中略)これ(「冥途の飛脚」中之巻のある箇所の解釈)は言うまでもなく大胆な解釈であるが、たとえこの解釈が誤っていても全体の意味を掴もうとする努力によったもので、、無難なちぎれちぎれの解釈に不満を抱いたためである」。
そして、「もし外人の読者が『心中天の網島』などを読んで、『なるほど、日本人には面白いだろうが、日本のことを余り知らないわれわれには十分その意味が理解できない』と言ったら、私の英訳は失敗だといわねばなるまい。日本独特のもの(障子、下駄など)や独特の考え方(義理人情関係等々)があっても、何か普遍性のあるテーマが西洋の読者たちの心にうったえるだろう」とも。
この文章から、氏が、日本語と英語(そして日本独特の文化と英語圏の文化)の違いを理解した上で、近松の物語を貫くエッセンスのようなものを、正しく読者に伝えようと努力なさっていることが伝わってくる。これは英訳の話だが、和訳についても同じことが言えるのではないかと思う。「どんな形で」「どんな風に」「どこまで原文から離れていいのか」という問題は一筋縄ではいかず、作品や文書の種類によっても力点を置くべきところは違ってくると思うが、彼我の違いを理解・意識し、エッセンス(著者の言いたいこと)を汲み取ろうとする姿勢は同じではないか。

最後に、氏は、「近松浄瑠璃集」があまり読まれていないとしたら、それは、現代の読者に興味を持たせる力がなくなっているからではないかと推測している。もしも、「自由自在に生きている現代語で近松の文章を生かす」現代語訳が発行されたら案外読まれるのではないかと。なぜなら、近松の登場人物はどこにでもいるような人間が多く、誰しも彼らの中に自分自身の姿をみるからだというのが氏の考えで、「そう信じているので近松の英訳をやることにした」とエッセイを結んでいる。

「 」内はキーン氏の文章からの引用だ。1962年の時点で、氏がどれほどきちんと日本語を理解しておられたかお分かり頂けるのではないかと思う。氏の文章がもっと読んでみたくなって著書を一冊注文した(「源氏物語」はまだほしいものリストに入ったままであることは、今日のところはスルーしてやってください)。
関連記事
2019.03.15 01:46 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |

昨日、大阪事務局の方から、「公開勉強会」申込者の皆さんに、各種資料とアンケートをお送りしました。
これで、精算以外の処理が終わり、私たちもやっと前を向くことができます(笑)>すると、そこには、次回の課題が仁王立ちしているなど。

今回の課題は、私には(そして、おそらく大部分の参加者の方にとっても)とても難しいものでした。

私のふだんの仕事は、報告書や試験実施計画書が中心です。
機器の説明や動作が難解なものもありますが、それは、英文そのものが難解であるというより、動作原理や作用機序がきちんと理解できていないことに起因するものです。文章の流れを追うのが困難ということは、まずありません(英語がおかしい、または言葉足らずで分かりにくいということはたまにある)。
読者も、最初からほぼ想定されています。こうした文書は、最終的に、厚労省(PMDA)に提出される機器承認申請資料の一部となることが多いと思われるので、私は「医療機器全般について専門知識はあるが、開発技術者ほどの知識はない」という読者(審査官)を想定して、その読み手が「内容を理解する以外のところで無駄に頭を使わないでよい」訳文をつくるよう心がけています(もちろん、その前にクライアントの手でリライトされる可能性もそれなりにあるんですけど)。
文書作成者の意図に思いを馳せる、ということもありません。基本的に、「いかにスムーズに申請を行うか」が主目的なので。

けれど、課題では、本当にたくさんのことに気を配らなければなりませんでした。
具体的な事例から普遍的な考察へと移っていく文章の流れだったり(そこをきちんと読み取るには、ひとつの冠詞も時制もおろそかにはできないということが今回身に沁みました)、文章の書き方だったり、時代背景だったり、対象読者だったり。そして、彼の国とこの国の文化や歴史の積み重ね、感じ方や考え方の違いも。

対象読者といえば、勉強会で読者レベルに関する手掛かりを得るひとつの指標が示されましたが、それを使うと、あのえげつない課題は高校3年生向けの文章という結果になっていましたよね。私も、最初にレベルを聞いたときは「え」と思ったのですが、よく考えてみれば、自分たちも、学生時代けっこう難しい文章を読んでいたなと。思い出せる範囲でも、森鷗外の「舞姫」「最後の一句」、福永武彦の「あなたの最も好きな場所」など(最後のは公開模試で読んだものだったかも)。母国語だとはいえ、高校時代にそういう文章を鑑賞していたのだから、英文を正しく読み解くことができれば、課題エッセイももう少し深く鑑賞することができるのではないかと思わないでもありません(<それともそれは錯覚か)。

そうやって、ウンウン唸って得たものを、日本語でしかその文章を読まない読者にどういう表現で伝えれば、原文の意図(OR 自分が「意図」と錯覚したもの)を一番正しく伝えられるのか――といったことを考えると、本当にキリがないのですが、そうやって(できるかぎり)ギリギリまで頭を使うことが勉強会の目的のひとつなのかなと思います。勉強会は、そうやって、原文と訳文の間をいったりきたりする頭の使い方を自分の身体に覚え込ませるトレーニングの場でもあるのではないか(仕事ではここまでいったりきたりしないので)、そう考えると、また勉強会に対する意識も少し違ってくるような気がします。

これまでの勉強会を通じて、私は「自分には巨視的な視点が欠けている(実務翻訳って、微視的な視点だけでそれなりに訳せてしまうことってあるんですよね)」「ひとつ『これは大事だ』と思うことがあるとそれ以外のことをお座なりにしてしまいがち」だと自覚するようになりました。そうした欠点は、他のメンバーとのやり取りを通じてハッキリ見えてきたもので、勉強会には、そうした「自分の欠点を際立たせ気づかせやすくしてくれる」効果もあるように思います。
そして、今回の公開勉強会では、始めてしみじみと「英語の文体」について考えました。日本語で書かれる文章に人それぞれのクセや文体があるように、英語にも、その人その人の文章のクセや文体があるはずです。私は、これまで洋書はそれなりに読んできましたが、ストーリーや流れを追ったり内容を理解したりするのに精一杯で、「これはどういう英語なのだろう」ということを意識したことはなかったような気がします。というか、ハッキリ言ってまだよく分からない。恥ずかしながら、今回の課題の文章についても、管理人さんに「こうですよね」と言われて始めて「あ、そうなのか」と思う始末でして。この「文体」との戦い(おおげさ)が、今後の自分の課題のひとつになるかなと思います。

というふうに、回を重ねるごとに、新しい気づきがある勉強会。
ギリギリまで頭を使おうとすることで、「では、考える時間を長く取れる作業法はないか」とか「語彙(脳内辞書+Excelなどの手持ち辞書)を充実させるにはどうすればよいか」とか「考えるプロセスをもっとスムーズにできないか」といったことを考えるようにもなります。この頃では、それこそが究極の効率化ではないかと思うようにもなりました。そうした考え方や頭の使い方は、実務に戻ったときにも役に立つのではないかと思うのです。

順不同に書き連ねてきましたが、要は、勉強会の準備をするのは大変だけれど、得るものも大きく、毎回何らかの気づきがあるということです。
もちろん、どなたにもそれぞれの事情があり、すぐにも勉強会を始めたり参加したりできるものではないと思います。勉強会のメンバーはみな、子供がいなかったり子育てが一段落していたりする方ばかりで、そこそこ自分中心に時間を使うことができます。子育てまっただ中の方は、それもなかなか難しいでしょうし、家族の介護に携わっている方もいらっしゃるかもしれません。私自身、今後、義父母がもっと弱ってきたら、勉強会や仕事にどれだけ時間が割けるか分かりません(「だから今」という強迫観念のようなものがあるのは事実です)。
でも、結局、始めてみないと何ごとも始まらないし、始めてみたら、案外できてしまうものかもしれません。ちょうど私がそうだったように。
「公開勉強会」が、そうした「何か」のひとつのきっかけになれば嬉しく思います。

翻訳は、深く、難しく、一筋縄ではいかなくて、けれど面白くもある。
翻訳をひと言で言い表そうとすると、私の頭の中にはいつもawestruck という言葉が浮かんでくるのです(この単語もなかなか上手く訳せないんですよね)。
関連記事
2019.03.11 03:09 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |

Side 運営ときどき Side 参加者

「翻訳を勉強する会」自称管理人第1秘書です。
昨日、無事に公開処刑…もとい公開勉強会を終了することができました。

H野靖子さん、T橋(あ)さんを始めとする東京事務局の皆さんには、本当にお世話になりました。
参加者が交流しやすい会場を確保し設営してくださった上に、充実(以上)の糖分!
誰も、糖分不足のために最後まで頭がフル回転しなかったという言い訳はできますまい。
準備に奔走して下さった皆さんに、心から御礼申し上げます。

また、当日、足下の悪い中ご参加下さった皆さん、本当にありがとうございました。
参加人数も多く、なかなか発言しづらかったと思います。そんな中、ようやっと意見が出始めたなというところで時間切れになってしまい、bell で強制終了しなければならなかったこと、心苦しく思っております(…と言いつつ、ジツは、ベルを押すのが快感になっていたりして)。それでも、「自分も参加する」という雰囲気の一端でも感じて頂けたとしたら、大変嬉しく思います(発言を促して下さったF井さん、口火を切って下さった「8番」さん、ありがとうございました)。
昨日の会は、管理人さんによる要約の説明はありましたけれど、基本的には「私たちは、こう考えてこんな風に要約と翻訳に取り組んでいます」というところをお見せするつもりの会でした。その中で、同じ原文に取り組んだ参加者の皆さんにも「斬合い」に参加して頂こう、というのが私たちの目標とするところだったのですが、私たちの準備不足・力不足で、なかなかそういう方向に持っていけなかったこと、「今さら言われても」ではありますが、お詫び致します。
それでも、この公開勉強会が、皆さんが「自分に足りないものは何か」「それを強化するにはどうしたらよいか」といったことを改めて「考える」きっかけになれば嬉しいなと思います。「他人がやっているからいい」では何ごとも本当に身につかないのではないかというのが、秘書の考えです(過去、何度そういう小さな失敗を繰り返してきたことか…)。勉強会は要約や翻訳を検討し合う場所ではありますが、同時にメンバーそれぞれが自分の翻訳を顧みて、足りない箇所を伸ばすべく自分のテーマをもって取り組む場でもあります。そうやって考えてみた上で「要約をやってみよう」ということになれば、取り入れてみて下さい。その際、どうか最初の頃の私のように「要約が目的」にならないでくださいね。要約はあくまで最適の訳文をつくるための「手段」です。

当日の要約の説明については、私があれこれ言うより、以下のまとめを見て頂く方が、流れも分かり理解しやすいと思います。まとめを作成してくださったF井さん、管理人さんが喋った内容をリアルタイムでがんがんツイートしてくださった(おもに)Terryさん、本当にありがとうございました。

https://togetter.com/li/1324936


さて、皆さんがパシャパシャ撮影してくださったホワイトボード、質問がありましたので、ちょっとだけ書いておきます。
ツイートやFBでもボードの写真を公開してくださった方がいるので、参加者以外で目にされた方もいらっしゃるかと思いますが、ジツは、同じ板書でも(自分の中で)2つのモードがあって、今回の板書は2つのモードを行き来しています。
1つは、「要約」モードで、このときは、喋られた内容を分かりやすくまとめようと結構考えながら板書しています。通常の勉強会はこのモードです。議事録も兼ねているので、どうしてもそうなります。もう1つは「全書き(もっと適切な言葉が思い浮かばないので)」モードで、あとでそこから必要な部分、大事だと思う部分を拾っていくことが目的なので、「聞いたことは全て書き取る」が目標です(あくまで、目標ですよ、目標)。シンポジウムの際のノートの取り方はこちらです。
今回の板書でいうと、Q&Aの部分が後者になります。で、これは、私だけかもしれませんが、後者の板書をした内容は(あとで読み返すと思い出せますが)書いた直後はほとんど覚えていません。たぶん「考える」ということをほとんどしていないのだと思います。
今まで何となく当たり前のようにやってきた板書ですが、昨日改めて考えてみて、そういえば2モードあるなあと思いました。


以下は、参加者モードで、順不同に思ったことを。

● 要約の目的(きちんと流れを掴み最適の訳文をつくるための要約)を常に忘れないようにしなければと(何度目かに)自戒するなど。

● 通常の勉強会もそうなのですが、今回の公開勉強会でも、皆さんの訳文を拝見して、訳語や表現や解釈など「こうきたか」「こう処理するのか」「おおこの表現はまったく思いつかなかった」と思うものがいくつもありました。正直「負けたー」「悔しー」と思ったものも(いやいや、勝ち負けじゃないんですけど、正直な気持ちってことで)。でも、そういう思いをすると、次からそこには気を配ろうと思いますよね。ひとつのことしか見えなくなりがちな私も、この1年で、以前よりかなりさまざまなことに気が配れるようになったと思います(訳文の向上はとりあえず置いておいてね)。そういう経験を重ねて少しずつ翻訳をする力がついていくのではないでしょうか(と信じたい)。

● 懇親会の二次会(スイーツによる締め)で、「常体か敬体か」という話をしていたとき、I口(こ)さんから、「それもだが、翻訳するときには相手との距離を正しく測ることが大切ではないか」という意見が出ました。ざっくり言うと「読者の想定」ということになるのでしょうか。自分とどれくらいの距離にいるどんな相手(配偶者~近しい友人~それほど親しくない知人~見知らぬ一般大衆 etc.)に語りかけるかによって自ずと語調が決まるのではないか、というような話です。そのご意見にハッとするものがありました。ジツは、私は、今取り組んでいる少し納期長めの仕事で最近「何だかしっくりこない」と感じていることがあったのですが、それは、この部分が自分の中できちんと定まっていない状態で訳しているからなのかもしれない、と思い至ったのですね(もちろん、全然別の理由によるのかもしれませんが)。
勉強会もですが、翻訳者が集う懇親会や二次会は、こういう「あ」と思うような「がっつり翻訳な話」が出ることがままあるような気がします。子育て・介護・その他の事情で、懇親会まで出席するということが難しい方も多いかもしれません(私も、親を看ていたときは、そもそも勉強会やセミナーのことすら考えたことがありませんでした)。でも、もしも少し余裕ができたら、懇親会にも顔を出して頂き、そういう幸せな瞬間を体験して頂けたらなと思います。


大変なこともありプレッシャーもありましたが、終わってみれば幸せな1日でした。
皆さんのおかげです。ありがとうございました。
関連記事
2019.03.04 22:25 | 勉強会 | トラックバック(-) | コメント(0) |